【プロ野球】振り逃げでサヨナラ!?三振の少ないイチローのオリックス時代の珍記録
2023年7月18日 更新

【プロ野球】振り逃げでサヨナラ!?三振の少ないイチローのオリックス時代の珍記録

サヨナラゲームと言えば、サヨナラホームラン、サヨナラヒット、サヨナラ犠牲フライ、サヨナラ押し出しなどはよくありますが、"サヨナラ振り逃げ"は聞いたことがありません。しかし、長い日本のプロ野球史上、2回だけ記録があるようです。そのうち史上初めての記録が、なんと三振の少ないことで有名なイチロー選手。当時の珍記録を振り返ります。

200 view

「振り逃げ」とは

まずは「振り逃げ」についておさらいします。

バッターは、ストライクを3つ取られると「三振」となりますが、キャッチャーが正規の捕球ができなかった時に限り、一塁への進塁を試みることができます。

進塁に成功すれば、三振でもアウトになりません

このプレイを俗に「振り逃げ」と呼んでいます。

振り逃げが可能な条件は、次の通りです。

1. バッターが3つストライクを取られて、三振となった。
2. 第3ストライクで、キャッチャーが正規の捕球ができなかった。
(ボールを落としてしまった場合や、ワンバウンドのボールをキャッチした場合など。)
3. 2アウトである。あるいは、0アウトまたは1アウトで、1塁にランナーがいない。

ただし、バッターがベンチに下がってしまえば、振り逃げの権利を放棄したことになります。

さて、そもそも三振が少ないことで知られているイチロー選手。サヨナラ振り逃げを記録したのは、1994年6月のことです。どのようにして、記録が成立したのでしょうか。

1994年のイチロー

1994年のオリックス・ブルーウェーブは、仰木彬監督が就任。イチローを大抜擢すると、イチローはその期待に応え、開幕からレギュラーで大活躍します。登録名を、本名の鈴木一朗からイチローに変えたのもこの年です。

まずは、この年のイチローの記録を振り返ります。主な成績、タイトル・表彰は次の通りです。

成績
130試合 546打数 210安打 13本塁打 54打点 111得点 29盗塁 51四球 10死球 53三振
打率.385 出塁率.445 長打率.549 OPS.994


タイトル・表彰
首位打者 .385
最高出塁率 .445
最多安打 210
最優秀選手
ベストナイン
ゴールデングラブ賞
月間MVP 2回


打率.385は、パ・リーグ新記録210安打は、NPB史上初めて200安打を超えたということで、なんとこの年から「最多安打」がタイトルとして制定されました。

因みに、月間MVPを獲得した1994年6月は、正にサヨナラ振り逃げを記録した月。記録の前日までには、1番打者としてレギュラーに定着し、打率は.380とリーグトップでした。

1994年6月の月間MVPとなったイチロー

イチロー .460 (87打数40安打) 初の月間MVP 1994年6月

史上初!サヨナラ振り逃げ!

サヨナラ振り逃げを記録したのは1994年6月12日、本拠地グリーンスタジアム神戸で行われた試合、オリックス・ブルーウェーブ対千葉ロッテマリーンズの12回戦のことです。

試合は、ロッテが2回表に3点を先制すると、オリックスはその裏に1点、7回裏に2点を挙げ、3対3のまま延長戦に入ります。オリックス先発は星野伸之で、10回表まで4安打3失点に抑える好投。一方、打線は9回までに12安打を放つもわずか3得点で、チャンスをモノにできない苦しい試合展開でした。

迎えた10回裏、オリックスの攻撃。下位打線で2アウト満塁とし、最高のお膳立てで一番バッター・イチローという絶好のチャンスを迎えました。しかし、イチローは、ロッテの守護神・成本年秀のフォークに空振りの三振。イチローといえば三振が少ないことで有名ですが、この年記録した53三振の一つがこの時です。

ところが、延長11回を迎えるかと思いきや、キャッチャーの定詰雅彦がボールを後逸。1塁にランナーはいましたが、2アウトなので振り逃げが成立する場面です。その間に、3塁ランナーの本西厚博がホームイン!オリックスが得点し、史上初、振り逃げでのサヨナラゲームとなりました。

この幸運が契機となったかはわかりませんが、その後のイチローは絶好調で、6月を終わって打率はなんと.407!史上初4割打者誕生の夢を抱かせるような凄まじい活躍ぶりでした。
三振を喫したにもかかわらず、結果的に勝利の立役者になったイチローは「ラッキーとしか言いようがない。まあ、勝ったからいいじゃないですか」とニッコリ。

NPB史上2回だけの記録

イチローのサヨナラ振り逃げから20年後の2014年5月6日北海道日本ハムファイターズ対福岡ソフトバンク・ホークス戦で、史上二度目のサヨナラ振り逃げが成立します。

9回裏、1アウト1-3塁で、バッターは松田宣浩。1塁ランナーが盗塁し、1アウト2-3塁で振り逃げが可能な場面となります。松田は空振り三振となるも、キャッチャーがボールを後逸。3塁ランナーがホームインし、史上二度目、20年ぶりに、振り逃げでのサヨナラゲームが成立しました。

2023年6月現在、"サヨナラ振り逃げ"の記録は、日本のプロ野球史上、この2回だけです。

NPB史上二度目のサヨナラ振り逃げ

珍決着!松田のサヨナラ振り逃げ 2014.05.06 H-F
11 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

本日開催のライブ配信【イチ問一答】イチローが転職や離婚など”大人の悩み事”に生回答!!

本日開催のライブ配信【イチ問一答】イチローが転職や離婚など”大人の悩み事”に生回答!!

2023年1月18日20時から、イチロー初のインスタライブ「イチ問一答」が開催されます。仕事や転職、恋愛・結婚・離婚など”大人の悩み事”に対して、イチローが向き合い、自身なりの回答を行っていきます。
イチロー「プロ野球における通算最多安打数」として7個目のギネス記録に!

イチロー「プロ野球における通算最多安打数」として7個目のギネス記録に!

イチローが2016年6月15日に達成した「プロ野球における通算最多安打数」がギネス記録に認定された!イチロー自身7個目のギネス認定となる。イチローのギネス記録やオリックス時代の「日本プロ野球記録」もご紹介する。
【プロ野球】三冠王まであともうちょっと!惜しくも逃した稀代の強打者たち

【プロ野球】三冠王まであともうちょっと!惜しくも逃した稀代の強打者たち

日本のプロ野球史上、たった8人しか達成していない三冠王。首位打者、打点王、本塁打王のうち二冠を獲得した選手はたくさんいますが、三冠となると途端に少なくなります。過去には、三冠目前でわずかに届かなかった選手も。。。今回は、2リーグ12球団になった1958年以降で、惜しくも三冠王を逃した稀代の強打者たちを紹介します。
izaiza347 | 507 view
【池谷公二郎】三振かホームラン!? 被本塁打のシーズン歴代最多記録を持つ広島のエース

【池谷公二郎】三振かホームラン!? 被本塁打のシーズン歴代最多記録を持つ広島のエース

シーソー投法と呼ばれたダイナミックな投球フォーム。広島ファンならずとも、真似しようとしたプロ野球ファンは多かったのではないでしょうか。ストレート真っ向勝負が多かったことから、奪三振も被本塁打も多かった投手で、広島の躍進に大いに貢献したエースです。そんな池谷公二郎投手の記録を振り返ります。
izaiza347 | 170 view
【ブライアント】シーズン204三振!本塁打王と打点王も同時に達成!三振王は強打者の証?

【ブライアント】シーズン204三振!本塁打王と打点王も同時に達成!三振王は強打者の証?

三振かホームラン。ハズレかアタリ。でも、当たればでかい!いつの時代も、そんな大味な打者がいました。その典型ともいえる選手がラルフ・ブライアント。シーズン204三振は歴代最多記録で、しかも同じ年に、本塁打王、打点王の二冠を達成しています。正に怪物。そんなブライアントの当時の記録を振り返ります。
izaiza347 | 339 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト