細野晴臣・忌野清志郎・坂本冬美のユニット“HIS”、W記念に『日本の人』の高音質のスペシャルCD&アナログ盤を発売!!
2016年12月17日 更新

細野晴臣・忌野清志郎・坂本冬美のユニット“HIS”、W記念に『日本の人』の高音質のスペシャルCD&アナログ盤を発売!!

演歌の坂本冬美、ロックの忌野清志郎、テクノの細野晴臣の3名からなるユニット“HIS”のアルバム『日本の人』が、坂本冬美のデビュー30周年を記念して高音質SHM-CDとアナログ盤が発売された。また、『日本の人』も2016年に発売25周年を迎え、坂本とのW記念となっている。

509 view

細野晴臣・忌野清志郎・坂本冬美のユニット“HIS”『日本の人』高音質のスペシャルとアナログ盤を発売!!

演歌の坂本冬美、ロックの忌野清志郎、テクノの細野晴臣の3名からなるユニット“HIS”のアルバム『日本の人』が、坂本のデビュー30周年を記念して高音質SHM-CDとアナログ盤が発売された。

今回、『Oh,My Love ~ラジオから愛のうた~』『幸せハッピー』の2曲をボーナス・トラックとして収録。この2曲は2005年にNHKのラジオ放送80周年を記念して作られた作品。坂本冬美名義で発表されているが、曲を依頼された細野が作詞を清志郎に、歌を坂本に指名して作られた。実質的にはHISの3人の再会曲である。

また、2016年に『日本の人』は発売25周年の節目にあたり、坂本とのW記念となるこのアルバムの再リリースは、とても意味のあるものとなっている。
1991年に発表された『日本の人』は、5曲のカバー曲と9曲のオリジナルの計14曲が収録されている。タイトル曲『日本の人』は、細野の楽曲『中国の人』(1985年)に清志郎が詞をつけて生まれ変わった曲である。収録曲『恋人はいない』は坂本冬美のソロアルバムにも別バージョンにて収められている。

HISの作詞・作曲の大半は、清志郎が手がけており、曲によって歌を坂本と清志郎にふりわけている。のどに鈴が入ったような坂本の美声のこぶしと、柔軟自在な清志郎の歌声が一枚のアルバムに共存すること自体めずらしく、デュエット曲ではお互いの個性を生かして歌われている。本作では、ロックや演歌に敬意を払いながらジャンルの枠を超え、清志郎と坂本の爽快な歌声を聴くことができる。

また、細野はYMO散開後に、テクノ、アンビエント、ワールド・ミュージックなどを統合した音楽で注目される中、音楽的なプロデューサーとしてHISのメンバーとして参加。「日本の人」では、アコースティックな感覚を生かし、簡潔で透明度の高い唯一無二のサウンドを披露している。

音楽ユニット「HIS(ヒズ)」

1990年の『ロックが生まれた日』というイベントにSMI(坂本冬美、RCサクセションの忌野清志郎、MOJO CLUBの三宅伸治によるトリオ)が出演したことからはじまった。当時溜池山王にあった東芝EMIのロビーの催しで坂本がうたっているのを、同じレコード会社にいた清志郎が聞いて強い印象を受け、一緒にやりたいと声をかけたのがバンド結成のきっかけだ。

坂本にとって、清志郎はポップスシンガーとしての境地に導いてくれた恩人。「25年前の出会いがなかったら、ただの『演歌歌手』で終わっていたかもしれないし、カバー曲『また君に恋してる』を歌うこともなかったかもしれない」と坂本は振り返っている。
HIS(ヒズ)

HIS(ヒズ)

【概要】
細野晴臣、忌野清志郎、坂本冬美のメンバーで構成された音楽ユニット。
バンド名は、3人の名前の頭文字をとって付けられている。
当時、バンドは初々しい学生服姿のジャケット写真で話題を呼んだ。
坂本は「とても恥ずかしかったけれど、いつもの着物姿じゃないから開き直って撮影ができました」と明している。しかし、CD再発売に合わせ、再びセーラー服を着る事は今はできないという。

【関連映像】

HIS LIVE

HIS - 500miles

【関連記事】

18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

年齢も性別も不詳!?謎のアイドルグループ「スターボー」を覚えてますか?

年齢も性別も不詳!?謎のアイドルグループ「スターボー」を覚えてますか?

巨額のプロモーション費用をかけ、松本隆や細野晴臣も動員し「太陽系第10惑星・スターボー星から脱出し、地球に“A・I(愛)”を伝えるためにやってきた」謎のアイドル「スターボー」を覚えてますか?
となりきんじょ | 12,062 view
1997年に開始した『NO MUSIC, NO LIFE.』ポスターが300回に到達!記念企画始まります

1997年に開始した『NO MUSIC, NO LIFE.』ポスターが300回に到達!記念企画始まります

1997年4月に山崎まさよしさん&竹内鉄郎さんの出演でスタートしたタワーレコードのコーポレート・ボイス『NO MUSIC, NO LIFE.』ポスターシリーズが、細野晴臣さん出演回で300回を迎えました。記念企画を行います。
YMOのパチモン?OMY(オリエンタル・マグネチック・イエロー)の魅力!!

YMOのパチモン?OMY(オリエンタル・マグネチック・イエロー)の魅力!!

皆さんご存知の3人組「YMO」。実は90年代に彼らと名前のそっくりなテクノ系ユニット「OMY」というのが活動していたのをご存知ですか?この記事では謎の「OMY」について書いてみたいと思います。
となりきんじょ | 21,314 view
「美空ひばり生誕80周年チャリティー」に、五木ひろし、坂本冬美、さだまさしら豪華メンバーが集結!

「美空ひばり生誕80周年チャリティー」に、五木ひろし、坂本冬美、さだまさしら豪華メンバーが集結!

国民的歌手、故・美空ひばりさん(享年52)の生誕80周年を記念したチャリティーコンサートが開催され、五木ひろしをはじめ、坂本冬美、さだまさしら豪華アーティスト全22組が集結した。
red | 305 view
忌野清志郎を偲ぶ野外フェス「『感謝の日』vol.8~奥三河 Rainbow Rock Fes」が開催決定!三宅伸治が参加

忌野清志郎を偲ぶ野外フェス「『感謝の日』vol.8~奥三河 Rainbow Rock Fes」が開催決定!三宅伸治が参加

4月2日(日)、忌野清志郎の誕生日に、愛知県新城市ふれあいパークほうらいにて「三宅伸治Presents『感謝の日』vol.8~奥三河 Rainbow Rock Fes~」が開催決定。このイベントは、清志郎を偲ぶ野外イベントになっている。
red | 391 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト