音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第4弾!「マツドデラックスがお送りするプロレス入場曲元曲ヴァージョン集」をご紹介!
2018年12月7日 更新

音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第4弾!「マツドデラックスがお送りするプロレス入場曲元曲ヴァージョン集」をご紹介!

音楽配信サイト「AWA」の公式プレイリスターの「マツドデラックス」こと「山本圭亮」がお送りする「まるでカセットテープのような」シリーズ!今回は番外編を特別にご紹介するわ!どうかアクセスして聴いて頂戴ね!

2,358 view

今回はプロレス入場曲で輝いた名曲オリジナルヴァージョン集よ!

これがあたしのプレイリストの8曲よ!

1.パワーホール/異母犯抄→長州力
2.サンライズ/スペクトラム→スタンハンセン
3.ワイルドシング/ザ・トロッグス→大仁田厚
4.アリ・ボンバイエ/マンドリル&マイケルマッサー→アントニオ猪木
5.スカイハイ/ジグソー→ミルマスカラス
6.スピニングトーホールド/クリエイション→ザ・ファンクス
7.移民の歌/レッド・ツェッペリン→ブルーザーブロディ
8.吹けよ風、呼べよ嵐/ピンクフロイド→アブドーラ・ザ・ブッチャー

さあ!張り切って全曲紹介するわよ!

パワーホール(B面) 

パワーホール(B面) 

出典 amazon.co.jp
1986年に発売された言わずと知れた「長州力」のテーマ曲「パワーホール」。でもB面なのよね。作曲の「異母犯抄」はご存知の方もいるかもしれないけど「YMO」「一風堂」と並び80年代の日本のテクノ界を引っ張った「P-MODEL」のリーダー「平沢進」よ!プロレス界にテクノを持ち込むなんてお互いに「革命戦士」だったのかしら?しかし、当の本人である平沢氏はプロレスに全く興味がなかったらしいの。それで、あの長州にピッタリの曲を作り上げるなんてやはり天才だわ!
サンライズ/スペクトラム

サンライズ/スペクトラム

出典 amazon.co.jp
1980年に発売された4枚目のシングルなんだけど、「スペクトラム」の「サンライズ」は元々はインストロメンタルではなくちゃんと歌詞付きの曲だったの。ハンセンのテーマ曲でお馴染みの最初の部分は、全く違った入り方なのよね。わずか3年の活動期間だったのだけど、下積みは長く「あいざき進也」や「キャンディーズ」のバックバンドで腕を磨いていたわ。インパクトのあるスタイルは今でもファンが多いのよ!
ワイルドシング/ザ・トロッグス(邦題は「恋はワイルドシ...

ワイルドシング/ザ・トロッグス(邦題は「恋はワイルドシング」)

出典 amazon.co.jp
1966年に発売された「ザ・ドロッグス」の「ワイルドシング」。この曲をオリジナル扱いしたいのだけど、皆さんの頭の中は映画「メジャーリーガー」で使われていた「X」の曲がオリジナルと思うわよね。だけど、実は66年のドロッグスの前に1965年に「ワイルド・ワンズ」(日本のバンドではない)と言うバンドがオリジナルなの。でもね、音源がなかなかなくて~(言い訳)で、結局一番有名なこのドロッグスヴァージョンをオリジナルで紹介させてもらうわ!
アリボンバイエ/マンドリル&マイケルマッサー

アリボンバイエ/マンドリル&マイケルマッサー

出典 amazon.co.jp
メジャー過ぎて書くのも恥ずかしいけど、原曲「アリボンバイエ」は1977年に発表された映画「アリ・ザ・グレイテスト」のサントラ盤に収録されていた曲よ。これを1976年の「アリ&猪木」戦の時にプレゼントしてアリも猪木も77年からこの曲を入場曲として使い始めたと思うの。この曲にどれだけ力をもらった少年やオッサン達がいた事でしょう?あたしもその一人よ!ちなみにG1馬の「キンシャサノキセキ」はアリVSフォアマンの逆転劇のキャッチコピーとして使われたわ。それをお馬さんの名前にしたのよ!どうでもいいかしら?
スカイハイ/ジグソー

スカイハイ/ジグソー

出典 amazon.co.jp
この曲は、超有名なので皆さんおわかりかと思うんだけどジャケットを見て「あれ?」って思われてる方もいるんじゃないかしら?そう。日本で一番売れたシングルジャケットは「ミル・マスカラス」がフライングチョップをしてるジャケットだと思うの。でもこの曲は実は1975年に発売のサントラ盤よ!香港とオーストラリアの合作映画の主題歌なのよ!ちなみにマスカラス版は1977年の発売よ!来日に合わせたのかしら?
スピニングトーホールド/クリエイション

スピニングトーホールド/クリエイション

出典 amazon.co.jp
この曲は当時では珍しく、レスラー達に併せて曲を作ったのよね。でも、「ザ・ファンクス」の代名詞の技、「スピニング・トー・ホールド」をそのままタイトルにしてスピーディーな曲を「クリエイション」が作り上げたわ。これが、大ヒットとなりレスラーもアーティストの大人気となり「全日本プロレス」のアイドル的レスラーとなったわ!そしてクリエイションはのちに「サンタナ」や「フリード・ウッド・マック」とツアーをするまでになったのよ!レスラーテーマ曲の大成功例のひとつよね。
移民の歌/レッド・ツェッペリン

移民の歌/レッド・ツェッペリン

出典 amazon.co.jp
こちらも「ブロディ」と言えばこの曲がプロレスファンには染みついているわ。あたしの大好きなブロディが天国(?)に旅立ってから30年もたってしまうのよ。今でもあの「キングコング・ニー・ドロップ」は目に焼き付いているわ。この移民の歌は、当時ロック小僧だった私にとって「ツェッペリンの曲を入場曲に?」と思っていたあたしが、彼のファイトを見て虜になってしまった事を鮮烈に覚えているの。うん!ブロディにはこの曲がピッタリだったと。
吹けよ風、呼べよ嵐/ピンクフロイド

吹けよ風、呼べよ嵐/ピンクフロイド

出典 amazon.co.jp
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第3弾!まるでカセットテープのような「アイドルヒットパレードPART2」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第3弾!まるでカセットテープのような「アイドルヒットパレードPART2」をご紹介!

音楽配信サイト「AWA」の公式プレイリスターの「マツドデラックス」こと「山本圭亮」がお送りする「まるでカセットテープのような」シリーズ!それを皆様に聴いて欲しいのでこんな企画をやっちゃったわ!どうかアクセスして聴いて頂戴ね!
音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第2弾!まるでカセットテープのような「J-POP BEST  女性アーティスト編」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第2弾!まるでカセットテープのような「J-POP BEST 女性アーティスト編」をご紹介!

音楽配信サイト「AWA」の公式プレイリスターの「マツドデラックス」こと「山本圭亮」がお送りする「まるでカセットテープのような」シリーズ!それを皆様に聴いて欲しいのでこんな企画をやっちゃったわ!どうかアクセスして聴いて頂戴ね!
音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第1弾!まるでカセットテープのような「沢田研二 BEST」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第1弾!まるでカセットテープのような「沢田研二 BEST」をご紹介!

音楽配信サイト「AWA」の公式プレイリスターの「マツドデラックス」こと「山本圭亮」がお送りする「まるでカセットテープのような」シリーズ!それを皆様に聴いて欲しいのでこんな企画をやっちゃったわ!どうかアクセスして聴いて頂戴ね!
誰もが知ってる!印象的なイントロ特集! BOOK OFF 元店長のオススメ アーティスト&アルバム 番外編!

誰もが知ってる!印象的なイントロ特集! BOOK OFF 元店長のオススメ アーティスト&アルバム 番外編!

昭和から平成の初めに活躍したアーティストたち。時代の大きなうねりの中で私たちに音楽と言う安定剤を処方し続けてくれた作品をマニアックに紹介できればと思っております!今回は誰もが知ってる「イントロ」特集です。
【プロレスラー入場テーマ曲・80~90年代】まさに花道、プロレスラー達の入場テーマ曲を主なヘビー級レスラーの歴史とともに振り返る。

【プロレスラー入場テーマ曲・80~90年代】まさに花道、プロレスラー達の入場テーマ曲を主なヘビー級レスラーの歴史とともに振り返る。

プロレスを愛する人々にとって贔屓のプロレスラーの入場ほど気持ちが高揚する瞬間はありません。アントニオ猪木、ジャイアント馬場から始まる数々の名レスラー達、その入場時には自らとファンのボルテージが一気に高まる入場テーマ曲を用意して試合に臨んでいました。そんな興奮を味わいたくて会場に足を運んだ人も多いのではないでしょうか。80~90年代の名レスラー達とともに振り返ってみましょう。
青春の握り拳 | 462,045 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト