生きてきた中で一番幸せ!日本中が感動と驚きに! 競泳岩崎恭子
2016年11月25日 更新

生きてきた中で一番幸せ!日本中が感動と驚きに! 競泳岩崎恭子

1992年バルセロナオリンピックの最大の番狂わせと言えば、競泳女子200m平泳ぎでの金メダルではないでしょうか。正直、全く無名だった彼女が一気にスターダムにのしあがった当時の感動と驚きをプレイバックしていきましょう。

1,428 view

生きてきた中で一番幸せ!日本中が感動と驚きに! 競泳岩崎恭子

1992年バルセロナオリンピックの最大の番狂わせと言えば、競泳女子200m平泳ぎでの金メダルではないでしょうか。正直、全く無名だった彼女が一気にスターダムにのしあがった当時の感動と驚きをプレイバックしていきましょう。
 (1742105)

出典 9rious.jp
岩崎 恭子(いわさき きょうこ、本名:斉藤 恭子、旧姓:岩崎、1978年7月21日 - )は、静岡県沼津市出身の日本の元水泳選手、指導者。専門種目は平泳ぎ。スポーツコメンテーター、日本オリンピック委員会事業・広報専門委員、日本水泳連盟競泳委員・基礎水泳指導員(水泳インストラクター)。

バルセロナオリンピック金メダリスト。競泳史上最年少金メダル獲得記録保持者であり、日本人全種目の金メダリストの中でも最年少記録保持者。

沼津市立第五中学校から日本大学三島高等学校を経て日本大学文理学部心理学科卒業。 水泳を始めたのも、姉が水泳を習っていて、自分も水泳を習いたいと言って水泳を始める。姉が目標であり、姉の背中を追い続ける。 1992年、バルセロナオリンピックでも当初は千葉すずが期待の星であり岩崎は全くの無名の選手であり全くのノーマークであった。岩崎自身もバルセロナオリンピックの前、「決勝に残れればいい方だと思います。」とテレビで語っている。当時の世界記録保持者のアニタ・ノールとタイムの差が大きく開いてあったため、岩崎本人もまさか自分が金メダルが取れるとは夢にも思わなかったという。

1992年のバルセロナオリンピックの競泳女子200m平泳ぎで金メダルを獲得し、記録は2分26秒65だった(当時の五輪新記録&自己の生涯ベスト記録)。競泳女子200m平泳ぎでの金メダルは、1936年ベルリンオリンピックの前畑秀子以来、日本人として56年ぶり史上2人目の快挙達成だった(日本女子選手で競泳種目の五輪金メダリストは、1972年ミュンヘンオリンピックの100mバタフライの青木まゆみ以来20年ぶり3人目)。また、競泳では史上最年少(14歳6日)の金メダル獲得(2011年8月現在も競泳最年少記録)で、日本選手としての五輪メダル獲得の最年少記録でもあった。金メダルを獲得したレース直後にインタビューで岩崎は「今まで生きてきた中で、一番幸せです。」と語り、一躍時の人となった。その他出場種目ではメドレーリレーでは7位入賞、100m平泳ぎでは13位だった。

競泳女子200m平泳ぎでの金メダル

【1992年バルセロナオリンピック】競泳 岩崎恭子

岩崎恭子は1:37頃~
バルセロナオリンピック時の女子競泳の注目株はアイドル化していた岩崎の3個上・千葉すずで、当時14歳で中学生だった岩崎は完全にノーマーク、無名の存在だった。
しかし、岩崎は大会に入り絶好調!予選で、早くも日本新記録をたたき出し、決勝では驚異的な追い上げで、当時の五輪新記録を更新しての、まさかまさかの金メダル獲得となった。
世界中がバルセロナオリンピック最大の番狂わせと驚きに包まれた。

生きてきた中で一番幸せです

岩崎恭子14才「バルセロナの奇跡」

本人もびっくりの金メダルで、勝利後すぐの岩崎恭子のインタビューに注目が集まった。金メダルを獲得したとは思えないほどあどけない顔の岩崎は、
「今まで生きてきた中で一番幸せです」
と素直に気持ちを吐露。その言葉は流行語にもなった。

岩崎恭子、現在は?

 (1742124)

現在は、競泳日本代表コーチなど競泳と関わりを持ち続け、またオリンピック時などは解説者としてテレビ各局などで大活躍している。
また、2009年には元ラグビー日本代表の斉藤祐也氏と結婚、2011年に長女を出産し、プライベートも充実しています。
バルセロナから考えると大人になりましたね。

オリンピックその他の番狂わせ

マイアミの奇跡(サッカー日本オリンピック代表)

1996年アトランタオリンピックにて、絶対王者ブラジルを、まさかまさかの日本代表が1-0で破る大波乱を起こした。

マイアミの奇跡~前園真聖~1996アトランタ五輪

サラエボの驚愕

26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

金メダリスト岩崎恭子が水着を脱いだ!ヌードありと騒がれた写真集

金メダリスト岩崎恭子が水着を脱いだ!ヌードありと騒がれた写真集

中学二年生の14歳でバルセロナ五輪に出場、競泳女子200m平泳ぎで金メダルを獲得した岩崎恭子。 彼女が2004年に発売した『ヌードあり』写真集&DVDについて豊富な画像で紹介♪
どるぶっしゅ | 160,667 view
悲運のスイマー千葉すず。奔放な発言や五輪選考では提訴も!強烈な個性!

悲運のスイマー千葉すず。奔放な発言や五輪選考では提訴も!強烈な個性!

千葉すず。オリンピックはバルセロナ大会、アトランタ大会に出場。専門は自由形。久米宏のニュースステーションでの発言は議論を呼んだ。シドニーオリンピックの出場を巡ってスポーツ仲裁裁判所へ提訴するなど、千葉すずは強烈な個性を持ったスイマーだった!
ひで語録 | 19,158 view
ソウルオリンピック水泳で金メダルを獲得した鈴木大地長官が、久々にバサロ泳法を披露!

ソウルオリンピック水泳で金メダルを獲得した鈴木大地長官が、久々にバサロ泳法を披露!

ソウルオリンピック競泳の金メダリストで、スポーツ庁の鈴木大地長官(49)が25日、あの「バサロ」を報道陣の前で約25メートルにわたって披露した。報道陣の前で披露するのは約7年ぶりだという。鈴木大地の金メダルで当時「バサロ恋愛」という言葉も流行した。
怪我を乗り越え!バルセロナオリンピック柔道古賀稔彦の奇跡の金メダル

怪我を乗り越え!バルセロナオリンピック柔道古賀稔彦の奇跡の金メダル

『柔道』が『JUDO』になってからしばらく経ちますが、今も昔も日本柔道は「柔よく剛を制す」の精神でしょう。この精神を体現していたのが平成の三四郎・古賀稔彦。なかでも練習中の怪我を乗り越え金メダルを獲得した1992年バルセロナオリンピックは今も語り草です。
yt-united | 1,483 view
祝!日本柔道復活!1984ロスオリンピック時の日本柔道はまさに最強!

祝!日本柔道復活!1984ロスオリンピック時の日本柔道はまさに最強!

2012ロンドンオリンピックでは、まさかの金メダルゼロと「柔道」が「JUDO」に飲みこまれたとまで言われた男子柔道日本代表。しかし、2016リオオリンピックでは、全階級メダル獲得と完全に復活!まるで1984ロスオリンピックの時のような全盛期が再びやってきました。そこで、ここでは1984ロスオリンピック時の日本柔道をプレイバックしていきましょう。
yt-united | 2,194 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト