悲運のスイマー千葉すず。奔放な発言や五輪選考では提訴も!強烈な個性!
2016年8月18日 更新

悲運のスイマー千葉すず。奔放な発言や五輪選考では提訴も!強烈な個性!

千葉すず。オリンピックはバルセロナ大会、アトランタ大会に出場。専門は自由形。久米宏のニュースステーションでの発言は議論を呼んだ。シドニーオリンピックの出場を巡ってスポーツ仲裁裁判所へ提訴するなど、千葉すずは強烈な個性を持ったスイマーだった!

19,209 view

日本競泳界屈指のスイマーだった千葉すず

ちばすず。現在は結婚して山本すず。元競泳選手。
1975年8月11日生まれ。神奈川県横浜市保土ケ谷区出身(実家は仙台)。

身長172cm、体重58kg。
血液型はB型。
千葉すず

千葉すず

現役時代は自由形を専門にしていた。
オリンピックはバルセロナ大会、アトランタ大会に日本代表として出場。
日本記録を何度も塗り替えるなど、知名度も高かった。

過激とも言える発言(後述)で、気の強い性格と見られがちだが、自分の意見を持った芯の強い水泳競技のプロフェッショナルであった。
日本を代表するスイマーだった!

日本を代表するスイマーだった!

小学生時代から将来を期待されていた千葉すず!

5歳から競泳を始め、小学校5年生の時、400m自由形で日本学童新記録を樹立し、一躍脚光を浴びる。
近畿大学附属中学校入学と同時に大阪イトマンスイミングスクールへ。

日本選手権で3冠を達成するなど、国内では無敵を誇り、1991年世界選手権(オーストラリア、パース)400m自由形で3位に入り銅メダルを獲得。
同年カナダのエドモントンで行われたパンパシフィック水泳選手権では200m自由形と400m自由形で銅メダルを獲得した。
千葉すず

千葉すず

日本を代表するスイマーに成長した千葉すず。
その成長と共に過剰なまでにオリンピックでのメダル獲得を期待されるようになっていく。

オリンピックでの成績は以下の通り。

≪1992年バルセロナオリンピック≫
・200m自由形6位入賞
・メドレーリレー7位入賞
・400m自由形8位入賞
・100m自由形9位

≪1996年アトランタオリンピック≫
・200m自由形10位
・400m自由形13位
・メドレーリレー予選落ち
・800mフリーリレー4位入賞

1995年にアトランタで開催された「パンパシフィック水泳選手権」では、200m自由形で金メダルを獲得するなど、翌年のオリンピックでの金メダルを期待されたが、メダルには縁が無かった。

バルセロナオリンピック_競泳女子200m自由形決勝

久米宏のニュースステーションでの議論を呼んだ発言

10代の頃から世界と戦ってきた千葉すず。自分の意見をはっきりと主張する性格が、思わぬ形で顕在化した発言があった。

アトランタオリンピックの際、久米宏がキャスターを務めていたテレビ朝日「ニュースステーション」に出演し、衛星中継を通じたインタビューで「そんなにメダルというなら自分で泳いで獲ってみて下さい」や「日本の人はメダル気違いだ」という趣旨の発言をして論議を呼んだのである。

「楽しい大会にしたい」と発言していた千葉。
しかし、オリンピックでメダルを取れなかったことで、女子水泳チームのキャプテンでもあった千葉に対してメダルに関する質問が相次ぎ、つい感情的になってしまったのかも知れない。
ニュースステーションの久米宏

ニュースステーションの久米宏

シドニーオリンピックの出場を巡って「提訴」に発展!

その後一時競技から離れたが1999年に復帰し、第76回日本選手権では100m・200m自由形でそれぞれ当時の日本新記録を達成し復活する。

カナダを拠点に練習を積み、翌2000年シドニーオリンピックの競泳日本代表選考を兼ねた第76回日本選手権に出場。
日本水連が代表選考の条件の一つとしていた、国際水泳連盟(FINA)が指定する五輪A標準記録2分0秒54を突破して200m自由形で優勝したにも関わらず、シドニーオリンピック代表には選出されず、落選となった。

千葉はこれを不服として、スポーツ関連問題を一括して取り扱う国際機関「スポーツ仲裁裁判所」(CAS 本部:スイス・ローザンヌ)へ提訴した。
千葉の訴えは全面的には認められなかったものの、裁定では日本水泳連盟側にも選考基準の曖昧さがあったことを認め、訴訟費用の一部負担を言い渡した。

結局シドニー五輪には出場を果たすことなく、そのまま現役引退となった。
千葉すず

千葉すず

千葉すずの自由形での日本記録(当時)

・200m タイム「1.58.78」(1999年日本選手権)
・100m(高校記録) タイム「55.56」(1993年日本選手権)
・200m(高校記録) タイム「1.59.56」(1993年パンパシフィック選手権)
・200m(中学記録) タイム「2.00.58」(1991年パース世界選手権)
・400m(中学記録) タイム「4.11.44」(1991年パース世界選手権)
笑顔が可愛い千葉すず

笑顔が可愛い千葉すず

出典 kokkio.com

2012年に久米宏のラジオへ出演した千葉すず!

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「こけちゃいました」谷口浩美・’92年バルセロナ五輪映像&当時を振り返る本人コメント

「こけちゃいました」谷口浩美・’92年バルセロナ五輪映像&当時を振り返る本人コメント

誰のせいにもしなかった谷口。彼の優しい人柄のにじみでた「こけちゃいました」は、当時、全国民を感動の渦に巻き込んだ。
ヤマダゴロー | 19,057 view
リレハンメル五輪直前に起きた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」疑惑のライバル、ハーディングのお騒がせ女ぶり

リレハンメル五輪直前に起きた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」疑惑のライバル、ハーディングのお騒がせ女ぶり

1994年に開催されたリレハンメルオリンピック。その直前に、女子フィギュア・アメリカ代表権をかけて一つの事件が起きます。それが「ナンシー・ケリガン襲撃事件」でした。ケリガンのライバルであるハーディングの元夫が起こした事件についてまとめます。
ひで語録 | 6,127 view
【90年代】名曲「I Knew I Loved You」等で有名な世界的デュオ!「Savage Garden」についてふりかえる

【90年代】名曲「I Knew I Loved You」等で有名な世界的デュオ!「Savage Garden」についてふりかえる

90年代、2枚のアルバムを残して解散した人気デュオ「Savage Garden」メンバーが残したものを「I Knew I Loved You」を中心にふりかえります。
たまさん | 893 view
カール・ルイス「以外」で100m走で輝いた選手、90年代の世界記録上位5選+日本人最速!

カール・ルイス「以外」で100m走で輝いた選手、90年代の世界記録上位5選+日本人最速!

80年代から90年代前半にかけて、”史上最速の男”はアメリカの「カール・ルイス」であった。そのルイス「以外」にどんなスプリンターが居たかを振り返ってみたい。”20世紀最速の男”は誰だったか思い出して欲しい。
ひで語録 | 8,525 view
長野五輪銅メダリスト・岡崎朋美さんとスケートを楽しむ!富士急ハイランドで教室開催!!

長野五輪銅メダリスト・岡崎朋美さんとスケートを楽しむ!富士急ハイランドで教室開催!!

2月19日(日)にアミューズメントパーク富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)で、冬季五輪のメダリスト・岡崎朋美さんと一緒にアイススケートを楽しめる企画が開催。かつて岡崎さんをスカウトした富士急行スケート部の長田照正元監督(現顧問)も指導に加わる。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト