『ガンプラり歩き旅』その61 ~番外編 はばたけ! 宇宙の勇者ザンボット3!(前)~
2021年6月22日 更新

『ガンプラり歩き旅』その61 ~番外編 はばたけ! 宇宙の勇者ザンボット3!(前)~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をしてきた『ガンプラり歩き旅』。 今回は前後編で、ガンプラブームと共にロボットプラモブームを牽引した、アオシマ製プラモデル群から、『ガンダム』の富野由悠季監督の名作『無敵超人ザンボット3』(1977年)の、当時から現代に至るプラモデルを紹介していきます!

11,879 view
バンダイのガンプラを、形だけ真似たアオシマの稚拙さか。それとも、見るからに高い自由度を誇るガンダムと、ザンボットやダイターンといった鎧を着込んだ風体の、デザインの差か。おそらく微妙に両方なのだろうが、それでもこの時期、バンダイ一人勝ちの「アニメロボットアクションフィギュア仕様模型化商品」にいち早く追従したのは、今井や有井よりもアオシマであったことは動かない事実であった。
一生懸命頑張って、必殺技のムーンアタックっぽいポーズを...

一生懸命頑張って、必殺技のムーンアタックっぽいポーズをとらせてみたのだが……。上腕がロールしないのでここまでが限界

なんにせよ、猿真似であっても柳の下の二匹目のドジョウであっても、当時のティーンズとしては、ガンプラのフォーマットで、他の富野アニメのロボットが出てくれるだけでうれしく、たとえそこでアオシマが「ティーンズ向けであれば、元の色がどういう配色でも、白一色で成型しなければ」と信心したかも定かではないが、真っ赤なイデオンもブルーイメージのダイターン3も、トリコロールのザンボット3も、潔いまでに白一色でキット化されたのも、今となっては中学生モデラーの、塗装チャレンジへのよいモチベーション上げに繋がったと言い切れる(今回紹介しているアニメスケールのイデオンが赤いのは、近年の雑誌の付録版の赤成型特別版イデオンを一部に用いているからである)。
同じアニメスケールのイデオンと並んで。

同じアニメスケールのイデオンと並んで。

80年代初頭。
「ガンプラを初めとして」プラモデル屋や駄菓子屋の店頭を賑わせ始めた「300円のロボットプラモ」は、確実にアオシマの牽引力が、時代を動かす下地として機能していたといえる。

アオシマ ザンボット3 1/240 アニメスケール 1981年7月 1000円

明らかに幼児向けではなく、ハイティーンを意識したパッケージ

明らかに幼児向けではなく、ハイティーンを意識したパッケージ

1/420 イデオンと並んで、アニメスケールシリーズではたった2つで終わった大サイズ商品。
ちょうどこの時期は、『機動戦士ガンダム』が、映画版2作目の公開を直前に控えていて、1/144ではシャア専用ゲルググやリック・ドムが、大サイズの1/100ではシャア専用ザクがキット化されたタイミングで、アオシマメインの『伝説巨神イデオン』のプラモも、300円箱サイズ統一シリーズがメインで、まだ1/600シリーズが始まる前のタイミング。
完成したザンボット3。ブルー中心だが、大サイズなので成...

完成したザンボット3。ブルー中心だが、大サイズなので成型色は3色で構成されている

ある意味では、アオシマが、イデオンやザンボット3やダイターン3の、どれがメインストリームになるか、決め打ちにかからなければならなかったタイミングでもあって、「イデオン以外」の番組ロボットが脇ではなくセンターに立てる最後のタイミングであったともいえるこの時期。「よりハイブロウな内容の作品の主役ロボットを」という意図がアオシマサイドにあったのかは定かではないが、2つしかない大サイズのアニメスケールには、「もう一つ」はこのザンボット3が選ばれた。
完成したザンボット3のサイドビュー。今度は逆に、前後に...

完成したザンボット3のサイドビュー。今度は逆に、前後に薄すぎなような気が……

このキットの、いやこの時期のアオシマの、最大のエポックな点は、後々バンダイのガンプラでは、80年代中盤を過ぎる頃から取り入れられるようになる、関節可動支援用のマテリアル「ポリキャップ」が、早くも導入され始めていたことではないだろうか。

ポリキャップは、既に同社の「ポケットパワー」シリーズや「合体ロボット」シリーズで導入されていたが、それらにおけるポリキャップは、関節可動支援というよりは、合体パーツの抜き差し摩耗対策で組み込まれていた感が強く、やがてガンプラでは定番になる「関節の軸を適度に保持するための用法」としては、このアニメスケール大サイズのザンボット3がパイオニアだったのではないかと思える。
なぜか首に段差があるが、顔の造形自体はなかなか出来が良い

なぜか首に段差があるが、顔の造形自体はなかなか出来が良い

むしろ、同じアニメスケール大サイズのイデオンが、それでも合体変形に拘った分、ザンボット3の方が、純粋に関節可動モデルに突き進むことが出来たともいえる。
しかし、このアニメスケール大サイズザンボット3は、イデオンと共に秘められた仕様があった。
完成品のバックビュー。なぜこんなにバックパックの位置が...

完成品のバックビュー。なぜこんなにバックパックの位置が低いのかというと……

アオシマという会社は、同じ金型を使って、何種類ものバリエーションを商品展開する術に長けていたことは、前回までのイデオンの「ポケットパワー」や「合体ロボット」でお分かりになっていただけると思うが。
この2つのアニメスケール大サイズは、その後、電飾ユニットと電池を別パーツで商品に組み込むことで「光るイデオン」「光るザンボット3」という商品として流通する使命があったからだ。
「光るザンボット3」用に、背中が開けられ、電池ボックス...

「光るザンボット3」用に、背中が開けられ、電池ボックスが入るスペースを確保するために、バックパックが取り外しやすく下の位置に付けられていたのだ

筆者はその「光るザンボット3」を手にしたことがないので憶測で語るが、多分、いきなり細かく黄色パーツで別パーツ化された、腰の両側の、ザンベースの黄色いドームなどがクリアパーツ化して、光る仕様に代わっていたのではないかと思われる。
設定画と、あえて同じ角度から写真を撮ってみると、意外と...

設定画と、あえて同じ角度から写真を撮ってみると、意外とアニメ版に忠実に造形されていることが分かる。

1/460にはなかったレゴンもバスターも今回は付属している。
その上で、今回は小サイズにはなかった、「肩を前後に動かす関節」も、当然ポリキャップ仕込みで設置されている。
72 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • やのしん 2018/5/7 09:50

    ザンボの上腕は、曲がる金属で出来ているので、間接が無いのです。最近の戦闘ヘリのローターヘッドが複合材料を使ったヒンジレスなので似たような構造なのでしょう。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その62 ~番外編 はばたけ! 宇宙の勇者ザンボット3!(アオシマVSバンダイ編)~

『ガンプラり歩き旅』その62 ~番外編 はばたけ! 宇宙の勇者ザンボット3!(アオシマVSバンダイ編)~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をしてきた『ガンプラり歩き旅』。 今回は前後編で、ガンプラブームと共にロボットプラモブームを牽引した、アオシマ製プラモデル群から、『ガンダム』の富野由悠季監督の名作『無敵超人ザンボット3』(1977年)の、当時から現代に至るプラモデルを紹介していきます!
市川大河 | 22,046 view
『ガンプラり歩き旅』その60 ~イデオン編・8 番外編の番外編! 瞳こらせよ、産卵の時! 人よ命よ、生首を見る! スペシャルデラックスイデオン~

『ガンプラり歩き旅』その60 ~イデオン編・8 番外編の番外編! 瞳こらせよ、産卵の時! 人よ命よ、生首を見る! スペシャルデラックスイデオン~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をしてきた『ガンプラり歩き旅』。 今回は全8回で、ガンプラブームと共にロボットプラモブームを牽引した、『機動戦士ガンダム』(1979年)の日本サンライズ・富野由悠季監督の次作品『伝説巨神イデオン』(1980年)のアオシマ製プラモデル群から、現代に至るまでのイデオンフィギュアを、追いかけてみたいと思います!
市川大河 | 17,457 view
『ガンプラり歩き旅』その58 ~イデオン編・6 現代に蘇った1/600 伝説の巨神2つ! 瞳こらせよ、復活の時!~

『ガンプラり歩き旅』その58 ~イデオン編・6 現代に蘇った1/600 伝説の巨神2つ! 瞳こらせよ、復活の時!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をしてきた『ガンプラり歩き旅』。 今回は全8回で、ガンプラブームと共にロボットプラモブームを牽引した、『機動戦士ガンダム』(1979年)の日本サンライズ・富野由悠季監督の次作品『伝説巨神イデオン』(1980年)のアオシマ製プラモデル群から、現代に至るまでのイデオンフィギュアを、追いかけてみたいと思います!
市川大河 | 11,578 view
『ガンプラり歩き旅』その59 ~イデオン編・7 歴代1/600 イデオン総登場!~

『ガンプラり歩き旅』その59 ~イデオン編・7 歴代1/600 イデオン総登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をしてきた『ガンプラり歩き旅』。 今回は全8回で、ガンプラブームと共にロボットプラモブームを牽引した、『機動戦士ガンダム』(1979年)の日本サンライズ・富野由悠季監督の次作品『伝説巨神イデオン』(1980年)のアオシマ製プラモデル群から、現代に至るまでのイデオンフィギュアを、追いかけてみたいと思います!
市川大河 | 9,596 view
『ガンプラり歩き旅』その57 ~イデオン編・5 アオシマが意地でも1/600で揃えたバッフ・クランメカ選り抜き紹介編!~

『ガンプラり歩き旅』その57 ~イデオン編・5 アオシマが意地でも1/600で揃えたバッフ・クランメカ選り抜き紹介編!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をしてきた『ガンプラり歩き旅』。 今回は全8回で、ガンプラブームと共にロボットプラモブームを牽引した、『機動戦士ガンダム』(1979年)の日本サンライズ・富野由悠季監督の次作品『伝説巨神イデオン』(1980年)のアオシマ製プラモデル群から、現代に至るまでのイデオンフィギュアを、追いかけてみたいと思います!
市川大河 | 14,750 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト