【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS千堂武士
2020年4月9日 更新

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS千堂武士

現在も連載中の人気コミック「はじめの一歩」。連載初期からずっと読み続けているミドルエッジ読者も多いのではないでしょうか。数々の試合の中でも人気が高かった幕ノ内一歩と千堂武士が繰り広げた日本タイトルマッチに焦点を当てて、その試合内容を振り返っていきますので、ぜひ記事をご覧になってください。

1,304 view

『はじめの一歩』とは?

https://www.amazon.co.jp/%E7%AC%AC1%E8%A9%B1-%E3%80%8CThe-First-Step%E3%80%8D/dp/B00FIZ6VCS/ref=sr_1_fkmr0_2?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%AE%E4%B8%80%E6%AD%A9+29&qid=1584702626&sr=8-2-fkmr0&swrs=8B44F0DC5078B76A296D03457B01F737 (2179057)

はじめの一歩

作者 :森川ジョージ
出版社:講談社
連載誌:週刊少年マガジン
発表号:1989年43号~
『はじめの一歩』(はじめのいっぽ)は、ボクシングを題材とした森川ジョージによる日本の漫画作品。1989年から『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中。
母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門。「強いとは何か?」という問いの答えを求め、プロボクサーとして、また人間としても成長していく過程を、周囲との交流やライバル達との戦いを通じて描いてゆく。

幕ノ内一歩VS千堂武士

いじめられっ子だった一歩は、プロボクサーとして活躍していた鷹村に助けられたことを機にボクシングを初めるのでした。
プロデビューしてからは、新人王にもなり、とうとう日本タイトルにまで挑戦しますが、チャンピオンの伊達英二には勝てませんでした。伊達は世界挑戦をするため、日本タイトルを返上し、空位となった日本チャンピオンの座を巡って王座決定戦が行なわれました。新たに日本タイトルを獲得したのは、かつては一歩が新人王戦の決勝でぶつかり、勝ち星を収めた千堂武士でした。
千堂は新人王戦で一歩と試合した時とは比べ物にならないほどの進化を遂げ、戦った相手に恐怖を植え付けるチャンピオンになりました。成長したのは一歩も同じで、互いに再戦を楽しみにするのでした。

幕ノ内一歩の成長ぶり

一歩が千堂と新人王戦で闘ったときからの成長ぶりについて、習得したパンチを紹介していきます。

ガゼルパンチ

鴨川会長に授けてもらったパンチで、ダッキングして、伸び上がる動作と連動させてフックを打ち込むといったものです。そのため、パンチの軌道はフックとアッパーの中間から描かれるといった特性があります。
柔軟な下半身づくりが重要となりますが、軌道が分かりづらいうえに抜群の破壊力をもちます。

デンプシーロール

無理がたたって鴨川会長が入院してしまった期間に、一歩が独自に考えて習得したパンチとなります。攻防一体のファイトスタイルを考えたもので、上半身を振って、その反動を活かして左右から連打を叩き込むといったもの。
一歩の強烈なパンチ力との融和性は高くて、代名詞といえる必殺技になりました。

千堂武士の成長ぶり

千堂が一歩と新人王戦で闘ったときからの成長ぶりについて、パワーアップしたところを紹介していきます。

下半身の強化

千堂はもともと不良で喧嘩ファイトを得意としていたため、腕力が強く、手打ちでも呆れるほどのパンチ力がありました。しかし、トレーナーからの指示で本格的な下半身強化を始め、タフネスの向上、相手との間合いを一気に詰めるダッシュ力を身に付けました。
さらには、体重を拳に乗せることも覚え、もともと高い攻撃力に磨きがかかっています。

右のスマッシュ

スマッシュは千堂のサンデーパンチで、新人王戦で一歩と試合したときにも繰り出していました。右のスマッシュは動作が大きくなってしまうため、基本的には左で打つパンチなのですが、試合では左右逆のサウスポースタイルにスイッチして、右のスマッシュを放つといった芸当を見せました。
利き手で放たれるスマッシュの威力は抜群で、相手の体を浮かせてしまうほどです。

一歩VS千堂の試合展開

いきなりデンプシーロール

いきなりデンプシーロール

今回の試合に採用されたキャッチフレーズは「ララパルーザ」、地鳴りがするほどのパンチの応酬という意味をもちます。ハードパンチャーとして知られる両者の試合のイメージにはぴったりの言葉といえるでしょう。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!宮田一郎VSアーニー・グレゴリー

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!宮田一郎VSアーニー・グレゴリー

現在も連載中でミドルエッジ世代から圧倒的な人気を誇るボクシング漫画『はじめの一歩』。 今回の記事では、主人公・一歩のライバルであり、憧れの存在である宮田一郎が東洋太平洋タイトルに挑戦する試合について振り返っていきます。対戦相手でありながら紳士的な戦いぶりをみせるアーニーにも好感がもてる対戦です。
tsukumo2403 | 1 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!鴨川源二VSラルフ・アンダーソン

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!鴨川源二VSラルフ・アンダーソン

ミドルエッジ世代の青春といえるボクシング漫画『はじめの一歩』。今回は主人公・一歩の師匠といえる鴨川会長の若き日のエピソードを振り返っていきます。現代のボクシングでは絶対にありえないマッチメイクですが、だからこそ熱くなってしまい、惹き付けられる魅力があるように思えます。
tsukumo2403 | 875 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS沢村竜平

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS沢村竜平

現在でも根強い人気を誇るコミック『はじめの一歩』。これまで数々の激戦が描かれてきましたが、主人公・一歩が最も苦戦した試合といえば、沢村竜平との対決を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。今回の記事では、幕ノ内一歩VS沢村竜平のデンプシーロール破り破り…について振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 905 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS島袋岩男

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS島袋岩男

ミドルエッジ世代の青春の1ページと言っても過言ではない『はじめの一歩』。今回の記事では同キャラ対決といえる対決、幕ノ内一歩と島袋岩男の試合を振り返っていきたいと思います。海で育ってきたという境遇や、選手としてもクロスレンジでの打ち合いを得意とするファイタースタイルなど、似ている要素が多い両者の戦いぶりを見ていきましょう。
tsukumo2403 | 740 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!青木勝VS今江克孝

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!青木勝VS今江克孝

多くのミドルエッジ世代が胸を熱くしたであろう「はじめの一歩」。今回は、作中の数々の名試合の中でも、凡人同士の激戦を描いた青木VS今江戦に注目していきます。見逃せない展開や試合内容を振り返って、面白いポイントや感動をぜひ共有しましょう。
tsukumo2403 | 732 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト