【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!鴨川源二VSラルフ・アンダーソン
2020年5月6日 更新

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!鴨川源二VSラルフ・アンダーソン

ミドルエッジ世代の青春といえるボクシング漫画『はじめの一歩』。今回は主人公・一歩の師匠といえる鴨川会長の若き日のエピソードを振り返っていきます。現代のボクシングでは絶対にありえないマッチメイクですが、だからこそ熱くなってしまい、惹き付けられる魅力があるように思えます。

927 view

『はじめの一歩』とは?

はじめの一歩

はじめの一歩

作者 :森川ジョージ
出版社:講談社
連載誌:週刊少年マガジン
発表号:1989年43号~
『はじめの一歩』(はじめのいっぽ)は、ボクシングを題材とした森川ジョージによる日本の漫画作品。1989年から『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中。
母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門。「強いとは何か?」という問いの答えを求め、プロボクサーとして、また人間としても成長していく過程を、周囲との交流やライバル達との戦いを通じて描いてゆく。主人公のみならず脇役である仲間やライバル達の戦いも詳細に描いている点が特徴的であり、作者は「登場人物全員が主人公です」とコメントしている。

鴨川源二VSラルフ・アンダーソン

過去の思い出として描かれる名トレーナー・鴨川源二の若き日のエピソード。親友や宿敵として登場する猫田・団吉などの出番もあって、プロボクサーとしての試合展開だけではなく、ドラマチックに展開する人間模様も注目のパートとなります。
時代背景は戦後であり、対戦相手のアンダーソンはGHQとして日本国内に駐在するアメリカ兵です。鴨川や猫田・団吉はバンタム級であるのに対し、アンダーソンはウェルター級と6階級も上位のボクサーと対決することになってしまいます。

主な登場人物たち

鴨川源二

本来のスタイルは技巧派のアウトボクサーで、知識を重んじ、理論的に試合を組み立てるタイプです。アンダーソンとは全く階級が違うこともあって、試合に前向きな気持ちではありませんでした。
猫田とアンダーソンの試合を観て、反則してまで勝ちにいったアンダーソンに怒りを覚え、猫田の敵討ちするために試合に臨みます。

猫田銀八

鴨川のライバルであり、親友という不思議な立ち位置の存在。これまでの試合のキャリアからパンチドランカーの症状を自覚するようになります。ユキに対して特別な感情を抱いていて、彼女を元気づけたいとアンダーソンとの試合に臨みます。
アンダーソンとの試合開始直後はパンチドランカーの症状が表れず、猫田は試合を優位に進めますが、反則行為である後頭部狙いのラビットパンチを受けて形勢は逆転。この試合をきっかけに、パンチドランカーの症状は悪化して引退を余儀なくされてしまいます。

浜団吉

鴨川・猫田のライバルであり、プロの拳闘家として名の知られた存在。鴨川との対戦で顎に大きなダメージを負ってしまい、ボクサーとしては致命的な弱点を抱えています。
このパートで登場する三人の拳闘家の中では、最初にアンダーソンと試合して負けてしまいました。

ユキ

広島出身の被爆者で、拳闘に興味をもつ可愛らしい女性ファン。鴨川や猫田の試合を観戦していたことをきっかけにして仲良くなっていきます。
住む場所に困っていたため、鴨川の住まいで同居することになるのですが、二人が同居することを快く思わなかった猫田も鴨川の住まいに居座るようになり、賑やかで楽しい三人の不思議な生活が始まります。

ラルフ・アンダーソン

GHQとして日本に駐在するアメリカ兵。日本の生活でフラストレーションが溜まっているらしく、ボクシングでは日本人男性を傷めつけ、日が落ちて暗くなると日本人女性を襲うといった悪党といった印象の強い存在です。
猫田との試合では反則を使ってまで勝ちにこだわりますが、この一件では本人も罪悪感に苛まれており、鴨川との試合ではボクサーとしての純度を高めています。

試合の見どころ

体格差があり、あまりにも階級が違うことでアンダーソンとの試合に前向きではなかった鴨川。しかし、自分の目の前で、親友である猫田がルールを無視した反則行為によって、アンダーソンに負けてしまったことで、鴨川は敵討ちするためにアンダーソンと試合することを決意しました。
鴨川は、素手の拳で丸太を土手に打ちつけるといった無謀な練習を重ねてアンダーソンとの試合に臨むのでした。
試合直後の展開

試合直後の展開

猫田には反則してまで勝ちを拾ったアンダーソンでしたが、本場のアメリカで身につけたテクニックは凄く、鴨川はアンダーソンに全く歯が立ちませんでした。
アウトボクシングは通用しないと判断した鴨川は、積極的に距離を詰めて、至近距離でのインファイトに持ち込もうとします。
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!宮田一郎VSアーニー・グレゴリー

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!宮田一郎VSアーニー・グレゴリー

現在も連載中でミドルエッジ世代から圧倒的な人気を誇るボクシング漫画『はじめの一歩』。 今回の記事では、主人公・一歩のライバルであり、憧れの存在である宮田一郎が東洋太平洋タイトルに挑戦する試合について振り返っていきます。対戦相手でありながら紳士的な戦いぶりをみせるアーニーにも好感がもてる対戦です。
tsukumo2403 | 1 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS沢村竜平

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS沢村竜平

現在でも根強い人気を誇るコミック『はじめの一歩』。これまで数々の激戦が描かれてきましたが、主人公・一歩が最も苦戦した試合といえば、沢村竜平との対決を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。今回の記事では、幕ノ内一歩VS沢村竜平のデンプシーロール破り破り…について振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 905 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS島袋岩男

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS島袋岩男

ミドルエッジ世代の青春の1ページと言っても過言ではない『はじめの一歩』。今回の記事では同キャラ対決といえる対決、幕ノ内一歩と島袋岩男の試合を振り返っていきたいと思います。海で育ってきたという境遇や、選手としてもクロスレンジでの打ち合いを得意とするファイタースタイルなど、似ている要素が多い両者の戦いぶりを見ていきましょう。
tsukumo2403 | 740 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!青木勝VS今江克孝

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!青木勝VS今江克孝

多くのミドルエッジ世代が胸を熱くしたであろう「はじめの一歩」。今回は、作中の数々の名試合の中でも、凡人同士の激戦を描いた青木VS今江戦に注目していきます。見逃せない展開や試合内容を振り返って、面白いポイントや感動をぜひ共有しましょう。
tsukumo2403 | 732 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VSハンマー・ナオ

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VSハンマー・ナオ

1990年代に圧倒的な人気を誇った『はじめの一歩』。当時の驚くような人気ぶりでしたが、本当に凄いのは現在も連載が続いているということでしょう。今回の記事は、一歩とその後輩であるハンマー・ナオとの試合について振り返っていきたいと思います。心の優しい一歩は心を鬼にして後輩に本気のパンチを打てるのでしょうか。
tsukumo2403 | 838 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト