「愛とは何か?」を問う、野島伸司ドラマの傑作『世紀末の詩』
2017年6月14日 更新

「愛とは何か?」を問う、野島伸司ドラマの傑作『世紀末の詩』

1998年に日本テレビ系で放送された、野島伸司脚本の連続ドラマ『世紀末の詩』。山崎努・竹野内豊のW主演で話題を呼んだものの、平均視聴率は14.6%と振るいませんでした。しかし、「愛とは何か?」という深淵なテーマを、多彩なアプローチで描いた本作に根強いファンがいるのも事実。今回は、そんな『世紀末の詩』の魅力についてまとめてみました。

2,319 view

「愛とは何か?」をおとぎ話チックに描いた名作ドラマ『世紀末の詩』

『世紀末の詩』(1998年・日本テレビ)は、これまで野島伸司が手掛けたどのドラマとも違う異色の作品でした。たとえば、『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』(1994年・TBS)や『聖者の行進』(1998年・TBS)などのような、過激な暴力描写を含んだ社会派ドラマではありません。
 まして、『101回目のプロポーズ』(1991年・フジテレビ)や『ひとつ屋根の下』(1993年・フジテレビ)などに見られたような、少々野暮ったい一途な愛を謳ったドラマでもありません。どこか現実離れした、おとぎ話のような雰囲気の作品なのです。
もともと構想自体は、ドラマの放送7~8年前からあった模様。

野島曰く「これまでのどのドラマの種類にも入らない寓話(ぐうわ)的な作品にしたい」という理念のもと描かれた本作は、たしかに全話を通して寓話的なムードに包まれたおり、そして、すべての野島作品に共通した主題ともいえる「愛の追及」をより戯画的に表現しようとした作品でもありました。
『世紀末の詩』タイトル

『世紀末の詩』タイトル

放送期間:1998年10月14日~12月23日(日本テレビ)

人生に絶望した2人の主人公と、不思議な少女の共同生活が描かれる

物語は、大学教授の主人公・百瀬夏夫(山崎努)が、学長選挙で落選したショックにより、ビルの屋上で飛び降り自殺しようとするところから始まります。その際、向いのビルで同じように飛び降りようとする、もう一人の主人公・野亜亘(竹野内豊)を発見。2人は自殺を思いとどまり、同じ場所に居合わせた不思議な少女・ミアと共に、奇妙な共同生活を始めるのです。
山崎努と竹野内豊の共演で話題になった

山崎努と竹野内豊の共演で話題になった

主人公の一人を山崎努が演じる

まずは『世紀末の詩』における主要な登場人物を振り返っていきます。主人公の一人は山崎努演じる百瀬夏夫(ももせなつお)。バラック小屋で野亜と共に「旅に出るため」潜水艦づくりに取り組む元大学教授です。スケベでユーモアのセンスがあり、生真面目な性格の野亜とは、ボケとツッコミのような掛け合いをしてみせます。
山崎努演じる元大学教授の百瀬夏夫

山崎努演じる元大学教授の百瀬夏夫

苗字は、聖書の登場人物「モーセ」から取っている

もう一人の主人公は、当時27歳の竹野内豊

もう一人の主人公は、竹野内豊演じる野亜亘(のあわたる)。婚約者に裏切られた失意から「もう誰も愛さない」と言いながらも、どこかで愛の存在を信じているナイーブで自惚れ屋な青年です。「なんでボクがこんなことを…」と言いながらも、百瀬の潜水艦づくりに協力していきます。
なお野亜は、竹野内がこのドラマ以前に『ビーチボーイズ』『WITH LOVE』などで演じてきたクールな役柄とは異なる、ちょっと陰キャラっぽい性格をしており、当時の女性ファンをやや困惑させました。
竹野内豊が演じたのは、フィアンセに裏切られた青年・野亜亘

竹野内豊が演じたのは、フィアンセに裏切られた青年・野亜亘

苗字は、聖書の登場人物「ノア」から取っている

木村佳乃・坂井真紀・吉川ひなのなどの女優陣がわきを固める

その他の主要キャストも今から振り返ると、けっこう豪華です。百瀬・野亜と共に共同生活をする天真爛漫で片言の日本語をつかう少女・ミア役は、坂井真紀。
ミアを演じた坂井真紀

ミアを演じた坂井真紀

ひょんなきっかけでバラック小屋へ遊びに来るようになる、野亜が密かな恋心を寄せる小学校教師・羽柴里見役には、木村佳乃が抜擢されます。

また、野亜に一目ぼれする百瀬の娘・百瀬祐香役を松本恵(現・松本莉緒)、同じく野亜に片想いしている貧しい兄弟の長女・牧野千秋役を吉川ひなのが演じています。
吉川ひなの、木村佳乃、松本莉緒がレギュラーキャストとし...

吉川ひなの、木村佳乃、松本莉緒がレギュラーキャストとして、ドラマを盛り上げた

“野島伸司オールスターズ”ともいうべき豪華なゲスト俳優陣

世紀末の詩は、各話ごとにゲスト俳優を起用しています。その陣容は、“野島伸司オールスターズ”ともいうべき豪華な顔ぶれでした。

第1話『この世の果てで愛を唄う少女』では、『聖者の行進』(1998年・TBS)に出演していた広末涼子が登場。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【90年代女優】薄幸の名女優、桜井幸子。その魅力を振り返る!

【90年代女優】薄幸の名女優、桜井幸子。その魅力を振り返る!

90年代、ドラマ「高校教師」での女子高生役で大ブレイクした桜井幸子。類稀なる美しさを持ちながらどこか幸薄い役柄を演じたら右に出る者はない彼女の魅力を振り返ります。
t.yoshidati | 27,979 view
運命の糸が二人を再び出会わせる『まだ恋は始まらない』

運命の糸が二人を再び出会わせる『まだ恋は始まらない』

90年代の連続ドラマで大ヒットしていた「まだ恋は始まらない」何度も再放送されるほど素晴らしい作品でした。今回は、小泉今日子と中井貴一がW主演をした「まだ恋は始まらない」をご紹介します!
まろにぃ | 5,904 view
野島伸司の連ドラマデビュー作 『君が嘘をついた』

野島伸司の連ドラマデビュー作 『君が嘘をついた』

三上博と麻生祐未を中心に繰り広げられるトレンディドラマ。 あの脚本家・野島伸司の連続テレビドラマデビュー作品。
pocoapoco | 6,182 view
いまだ語り継がれる悲恋…「この世の果て」

いまだ語り継がれる悲恋…「この世の果て」

登場人物みんな孤独やそれぞれの闇を抱えているという、重く、暗いテーマのもとに描かれた野島伸司脚本の「この世の果て」。純愛とは何かを考えさせられます。清純派女優の鈴木保奈美さんのアウトローな役柄も当時話題になりました。名作ドラマのあらすじと、最終回(ネタバレ)をまとめてみました。
utaka | 29,035 view
野島伸司脚本「聖者の行進」を振り返ります! 

野島伸司脚本「聖者の行進」を振り返ります! 

実際に起きた事件をもとに、障がい者への暴力シーンなど、様々な議論をよんだ野島伸司脚本の衝撃作。 主演のいしだ壱成さんをはじめ、キャスト陣の高い演技力も注目を集めました。 そんな「聖者の行進」は切なく悲しいドラマですが心に残る名作です。 気になる結末とともにストーリーを振り返ってみたいと思います。
utaka | 62,035 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト