プロ野球選手の歴代年俸 年度別1位はこの人だ!70年代〜90年代
2016年11月25日 更新

プロ野球選手の歴代年俸 年度別1位はこの人だ!70年代〜90年代

プロ野球選手と言えば、年俸が高額で他のスポーツより高い印象がありますよね。そして、落合博満の契約更改は有名な話ですよね。

54,165 view

1977年〜1980年 王貞治

王貞治

王貞治

1977年 6480万円
1978年 7680万円
1979年 8160万円
1980年 8170万円
1970年代の大学初任給が40,000万円前後の時代ですから、さすがですね。

1981年・1982年 山本浩二

山本浩二

山本浩二

1981年 5200万円
1982年 6500万円
1981年も43本塁打、103打点で2年連続の二冠を手にした。1983年より長嶋清幸と山崎隆造が台頭してきたこともあり、左翼手にコンバート。同年は開幕戦から好調を維持し、4月30日の対阪神戦(甲子園)ではサイクル安打を記録した。前半戦を打率.371で折り返すなど三冠王を狙えるほどだったが、腰痛にも関わらず無理して出場を続けたため、打率が2割台に落ちるなど急失速した。最終的に復調してリーグ4位の打率.316を残し、大島康徳と並ぶ36本塁打で自身4度目の本塁打王を獲得。
さすがですね。ミスター赤ヘル

1983年・1984年 江夏豊

江夏豊

江夏豊

1983年 7800万円
1984年 7800万円
大沢の親分肌は江夏の気性に合っていたようで、大沢も「江夏を最後に使うのが我がチームの勝ちパターン」として江夏を信頼、それに応えるように移籍1年目の1981年、リリーフエースとしてチームの19年ぶりの優勝に大きく貢献し、シーズンMVPに輝いた。両リーグでのMVP受賞は、プロ野球史上初めてのことであった。また、広島時代の1979年から1983年まで5年連続、セパ両リーグに跨って最多セーブ投手のタイトルを獲得し、同時期、12球団全てからセーブを挙げる史上初の記録も作り上げた。1982年、通算200勝を達成し、日本プロ野球名球会に入会。

1985年 山本浩二

山本浩二

山本浩二

1985年 8500万円
1984年から打撃コーチを兼任し、この年はタイトルを逃したものの好成績を残して日本一に貢献、王貞治(現役最終年の1980年当時)を抜いて球界最高額となる年俸8500万円で契約した。

1986年〜1996年 落合博満

落合博満

落合博満

1987年 1億3000万円
1988年 1億3000万円
1989年 1億3000万円
1990年 1億6500万円
1991年 2億2000万円
1992年 3億円
1993年 2億5000万円
1994年 3億8000万円
1995年 3億8000万円
1996年 3億8000万円
1997年 3億6000万円
日本人初の年俸1億円プレーヤーとなった。
1991年2月、年俸を不服として日本人選手として初めて調停を申請。
【落合博満の契約更改】
1982年 1600万円→5400万円
・(29歳)打率.325、本塁打32、打点99で史上最年少三冠王に輝く。
・当初の提示は4500万円も、「もう一度よく考えてくださいよ」とだけ発し、沈黙。900万円の上積みを勝ち取った。
・交渉後には、「オレも28歳。せいぜいバリバリやれてあと4、5年がいいところ。もらえる時にもらっておかないと。成績が悪かったら半分カットでも構わない。その代わり4割打ったら1億円もらいますよ」と言い残し、球団事務所を去った。

1985年 5940万円→9700万円
・(30歳)打率.367、本塁打52、打点146で2度目の三冠王。

1986年 9700万円→1億3000万円
・(31歳)打率.360、本塁打50、打点116で2年連続3度目の三冠王。
・稲尾監督解任を機にトレードで中日へ移籍。「自分を一番高く買ってくれる球団に行く」
・初の1億円プレーヤーに。

1989年 1億3000万円→1億6500万円
・(36歳)打率.321、本塁打40、打点116で史上初の両リーグ打点王。
・1度保留した後、2度目の交渉で更改。記者会見の席に現れる、着席するなり笑顔で開口一番「いち・ろく・ご」

1990年 1億6500万円→2億2000万円
・(37歳)打率.290、本塁打34、打点102で本塁打と打点の二冠。
・日本人初の年俸調停を経て、2億2000万円に収束。

1993年 2億5000万円→3億8000万円
・(38歳)打率.285、本塁打17、打点65
・FAで巨人へ移籍。

1996年 3億8000万円→3億円
・(43歳)打率.301、本塁打21、打点86
・巨人に自由契約を申し入れ、日本ハムへ移籍。

1998年 3億円
・(45歳)打率.235、本塁打2、打点18
・現役引退。

1997年 清原和博

清原和博

清原和博

1997年 3億6000万円
1997年は開幕から4番を務め、開幕3試合目に移籍第一号となる本塁打を放って、西武時代の終盤と遜色ない成績を残すものの、シーズンを通じて阪神の4番・桧山進次郎と三振数を争い、当時のリーグ新記録152三振を記録[注釈 2](桧山は150三振)、求められたものが大きかったためか一時は応援ボイコット(応援歌・コールなし)も受けた。最終的には打率.249、32本塁打、95打点の成績で、本塁打、打点は前年よりも上回り巨人の右打者での30本以上の本塁打は1988年の原辰徳以来であり、90打点以上も1987年の原以来の達成であった。しかし、勝負どころで相手チームが松井秀喜を敬遠、清原勝負を選択、清原が凡退した結果敗戦した試合も度々あり清原のエンジンがかかり始めたのも優勝争いから脱落してからであり、また4番での出場試合数的には清原がトップであったが清原以外に4番に座った広澤克実や石井浩郎の方が勝利に結びつく打撃をしていたこともあり、数字以上に大いに期待外れの印象を残してしまった。巨人はこの年、優勝戦線から早々に離脱し、清原自身プロ入り初のBクラスのシーズンを終えた。

1998年 イチロー

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

クイズ【ファミコン版・ファミスタ】懐かしい当時の選手やチームに関する問題です。

クイズ【ファミコン版・ファミスタ】懐かしい当時の選手やチームに関する問題です。

ファミコン世代の野球ゲームと言えばナムコの「ファミリースタジアム(ファミスタ)」ですよね。そんな懐かしいファミスタに関するクイズです。ファミコン世代なら簡単かも?!
あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

1981年から1986年まで『週刊少年サンデー』にて連載された野球漫画の名作、あだち充の『タッチ』。『月刊少年サンデー』の人気コーナー「カメントツの漫画ならず道」にあだち充が登場し、タイトルの意味をサラリと告白し、ファンを驚かせている。
ズームイン朝の“プロ野球いれコミ情報”で活躍していた「イレコミ君」が25年ぶりに復刻発売!!

ズームイン朝の“プロ野球いれコミ情報”で活躍していた「イレコミ君」が25年ぶりに復刻発売!!

株式会社タカラトミーは、1988年から1993年まで展開し大人気を博した、表情を自由自在に変化させることのできる人形「プロ野球人形 イレコミ君」の25年ぶりの復刻発売を決定しました。第一弾として「プロ野球人形 イレコミ君 西武ライオンズ」を、9月7日(金)よりライオンズストアとライオンズストアオンラインで販売します。
隣人速報 | 443 view
あの“大ちゃんフィーバー”の記憶を呼び起こす『荒木大輔のいた1980年の甲子園』が発売決定!!

あの“大ちゃんフィーバー”の記憶を呼び起こす『荒木大輔のいた1980年の甲子園』が発売決定!!

高校野球史上、1人の選手が大きく騒がれた中でも最大級ともいえる「荒木大輔フィーバー」。その記憶を呼び起こすスポーツ・ノンフィクション「荒木大輔のいた1980年の甲子園」が7月5日、集英社より刊行されます。
隣人速報 | 323 view
国民的野球漫画「ドカベン」が週刊少年チャンピオン31号にてついに完結!!

国民的野球漫画「ドカベン」が週刊少年チャンピオン31号にてついに完結!!

株式会社秋田書店が、2018年6月28日発売の「週刊少年チャンピオン31号」にて、生誕46年の「ドカベン」シリーズの最終章「ドカベン ドリームトーナメント編」が完結することを公表しました。
隣人速報 | 2,591 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト