勇気を身軽さに変えて突き進め!カイの冒険
2017年1月24日 更新

勇気を身軽さに変えて突き進め!カイの冒険

ナムコが発売したファミリーコンピュータ用アクションゲームを振り返る

2,237 view

バビロニアン・キャッスル・サーガシリーズの一つとして登場

カイの冒険は高難易度のアクションゲーム。
その操作方法は何とジャンプと移動のみ、
攻撃手段は一切ない……という過酷なものでした!

ゲームセンターCXで有野課長がプレイしていたことも記憶に新しく、
現在はNTTドコモ端末向けサイト“ナムコ・ゲームス”で、
カイの冒険がアプリとしてプレイできるようです。

どんなゲーム?

塔の最上階を目指すジャンプアクションゲーム

塔の最上階を目指すジャンプアクションゲーム

主人公・カイはバビリム王国に使える女神イシターの巫女。
ブルークリスタルロッドという繁栄と平和の象徴を狙うスーマール王国の侵攻により、
カイの許婚ギル王子は塔の崩壊に巻き込まれ重症を負ってしまいます。

ブルークリスタルロッドで封じられていた悪魔が復活し地上は悪魔のなすがままになってしまいました。
カイは信仰を失うことなく献身的にギル王子の介抱を続けながら神々に祈りを続けていました。

そんなカイの姿に心を打たれたイシターは、勇気を身軽さに変えるティアラをカイ授けてブルークリスタルロッドの奪還を命じるのです。

ドルアーガの塔を攻略してくことがこのゲームの目的であり、カイに許されるのは飛ぶことだけ!

フロアに設置されたアイテムを取得しながら敵やトラップを避けて塔を上がっていきます。
『カイの冒険』(カイのぼうけん、THE QUEST OF KI)は、1988年7月22日にナムコが発売したファミリーコンピュータ用アクションゲーム。「ナムコット ファミリーコンピュータゲームシリーズ」第41弾。
「バビロニアン・キャッスル・サーガ」の一つ。物語の時系列的には『ドルアーガの塔』の前日談にあたる。

ジャンル アクションゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ[FC]
アーケードゲーム[AC]
携帯アプリ
開発元 ゲームスタジオ
発売元 ナムコ
人数 1人
AC: 1〜2人
メディア FC: ロムカセット
AC: 任天堂VS.システム
携帯アプリ: iアプリ、S!アプリ
発売日 FC: 1988年7月22日
AC: 1988年
iアプリ: 2008年3月1日
S!アプリ: 2009年3月31日

登場人物たち

主人公・カイ

主人公・カイ

バリウム王国の巫女。
ギル王子の許婚で強い魔力を持つ。
愛と戦いの女神・イシター

愛と戦いの女神・イシター

「ドルアーガの塔」にも登場する愛と戦いの女神。
カイに勇気を身軽さに変えるティアラを授ける。
一部フロアにて攻略のヒントをくれるが、エンディング後のフロアでは余計なお喋りしかしなくなるらしい。
精霊・クオックス

精霊・クオックス

ブルークリスタルロッドの精霊であるドラゴンクオックス。
カイの味方として登場し秘密の通路によりカイを手助けしてくれる。

設定の割りに楽しげな世界観

NES カイの冒険 / The Quest Of Ki in 20:13 - YouTube

癖になる軽快な音楽です。
華麗に垂直飛びするカイちゃん可愛いですね!

ゲームセンターCX #55 カイの冒険 GameCenter CX Episode 55 Quest of Ki Pt 2 - YouTube

ゲームセンターCX有野課長のプレイ動画です。
一緒に手に汗を握って、「あぁー!」と叫んだ人も多いのではないでしょうか。

思わず肩を落としてしまうエンディング

敵と激闘(避けるだけですが)を繰り返したどり着いた60階。
そこで待っていたのはブルークリスタルロッド!

……だったのですが。
悲しくもカイはドルアーガに捕まってしまい、石にされてしまいます。
カイの冒険のエンディングは石にされたカイで終わっています。

そして物語はシリーズに続く続くなのです。
石になってしまったカイ

石になってしまったカイ

やっと迎えたエンディング!なのに……

カイの冒険 エンディング+スタッフクレジット - YouTube

こんなのってないよー!

本番はここから!?エンディング後の激ムズステージ

なんとカイの冒険、エンディング後に裏面が用意されています。
その面数全40!
表のステージは60なのでかなりのボリュームになっています。

しかも、ここからはステージの難易度が大幅アップ。
味方だったケオックスが悪の手先になり、ワープをさせてくれません!

イシターもロクなアドバイスをくれず、カイの孤独な冒険が続きます。

裏ステージを全てクリアすると、スタッフからスペシャルなメッセージを見ることができます!

カイの冒険 エンディング - YouTube

こちらが真のエンディングと言っても過言ではないでしょう。
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

クイズ【ファミコン版・ファミスタ】懐かしい当時の選手やチームに関する問題です。

クイズ【ファミコン版・ファミスタ】懐かしい当時の選手やチームに関する問題です。

ファミコン世代の野球ゲームと言えばナムコの「ファミリースタジアム(ファミスタ)」ですよね。そんな懐かしいファミスタに関するクイズです。ファミコン世代なら簡単かも?!
「ファミリーサーキット」はナムコから発売されたトップビューレーシングゲーム!視点が変わるとレースゲームはどうなる?

「ファミリーサーキット」はナムコから発売されたトップビューレーシングゲーム!視点が変わるとレースゲームはどうなる?

ファミリーサーキットは1988年にナムコから発売されたファミリーコンピュータ用のゲームソフトです。 デザイナーは遠藤雅伸さん。F1などのカーレースを題材にした1人用のレースゲームですね。車を自由にセッティングできるのが魅力でした。上から眺めるトップビューというのは斬新だったように記憶しています。それではご紹介していきましょう!!
おかむらゆうり | 11,025 view
トランポリンやドアを駆使するナムコの「マッピー」は『相手に倒される=死』ではないところもよかった♪

トランポリンやドアを駆使するナムコの「マッピー」は『相手に倒される=死』ではないところもよかった♪

軽快な音楽と爽快なアクションで人気だったナムコの「マッピー」。私はファミコン版で楽しんだものです。マッピーは難易度はしっかりと高くなっていくのですが「キャラクターが倒される=死」ではなかったり、トランポリンやドアを駆使する世界観がコミカルで、ついついハマってしまうゲームでした。
青春の握り拳 | 8,064 view
プロ野球ファミリースタジアム’88は初代ファミスタからどれくらい進化したのか?検証してみる!

プロ野球ファミリースタジアム’88は初代ファミスタからどれくらい進化したのか?検証してみる!

プロ野球ファミリースタジアム’88は、1988年12月20日にナムコが発売したファミコンソフトです。売上本数は109万本。結構売れてますよね。この頃のファミスタは面白かったですよね。まだパワプロがでてない時期ですよね?ナムコのファミスタの黄金期ぐらいじゃ内でしょうか?それではどれくらい進化したのかも含めて紹介していきましょう!!
おかむらゆうり | 26,427 view
本当は楽しいアドベンチャーゲームなんです「えりかとさとるの夢冒険」

本当は楽しいアドベンチャーゲームなんです「えりかとさとるの夢冒険」

アドベンチャーゲームとしては斬新なシステムが搭載されており、2人同時プレイが可能。ただし、1人だと1.2コントローラーを両方操作しなくてはならなくて、少し操作が面倒くさいのが難点。
ほうみん | 1,841 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト