プロレスリング・ノアの生き字引!「中年の星」杉浦貴選手の素顔に迫ります!!
2018年1月23日 更新

プロレスリング・ノアの生き字引!「中年の星」杉浦貴選手の素顔に迫ります!!

かつて三沢光晴さんがその志を体現すべく立ち上げたプロレスリング・ノア。同団体のデビュー1号で以来ノア一筋17年間、緑のマットを牽引し続けるのが杉浦貴だ。30歳でのプロデビュー、代名詞である必殺技「オリンピック予選スラム」にみる彼のバックボーンを”硬軟織り交ぜながら”お届けしたいと思います!

5,889 view

「中年の星」杉浦貴選手を訪ねてプロレスリング・ノアへ!

プロレス界において「エメラルドグリーンのマット」といえば紛れもなくプロレスリング・ノア。かつて三沢光晴さんが、その志を体現すべく立ち上げたプロレス団体です。

そしてプロレスリング・ノア最初の新人レスラーとして30歳でプロレスデビューしたのが杉浦貴選手。
元自衛隊、レスリングでのオリンピック出場を志した20代。30歳という年齢からプロレスラーとして駆け上がった杉浦選手を、人は「中年の星」と称します。

そんな杉浦選手の生い立ちからプロレスデビューに至るまでのお話、そして20代の頃の「ぶっちゃけ話」まで、ミドルエッジ編集部(ミド編)がインタビューしてまいりました!
プロレスリング・ノア杉浦貴選手

プロレスリング・ノア杉浦貴選手

1970年5月31日生まれ、愛知県名古屋市出身。プロレスリング・ノア所属のプロレスラー、格闘家。
元自衛官でノアのデビュー第1号レスラー、ノアの至宝GHC(グローバル・オナード・クラウン)4王座すべてを奪取した経験を持っています。

少年時代はご多分に漏れず?野球、サッカー!

-現在47歳でいらっしゃる杉浦選手の少年時代、1970年代後半から80年代はどんなことに興味を抱かれていましたか?例えばプロレスへの興味は当時からお持ちだったでしょうか?
プロレスに興味を持ったきっかけはタイガーマスクですね。アニメのタイガーマスクではなくて新日本プロレスのタイガーマスク。プロレスが好きになったきっかけはソコです。四次元殺法とか。

で、子供の頃やっていたのは野球ですね。僕は丁度、王貞治さん世代なんです。王さんが世界記録を作ったのが、僕がちょうど小学生の頃でした。僕は名古屋育ちなのですが、巨人ファンでした(笑)「好きな選手がいるチーム」を好きになっていく感じなので、その当時の僕はやっぱり王貞治さんで、その後掛布雅之さんの阪神ファンです。
-実は私も名古屋育ちなんです!少年時代は中日ドラゴンズファンでしたが…(笑
僕はドラゴンスにはいかなかったですね~…。
(1982年の中日ドラゴンズ優勝時)まあ地元なので喜びましたけど、でもその時すでにちょっと野球から興味が離れてました。ちょうど小6くらいで、その頃にはすでにプロレスに気持ちが行ってたので(笑)小学校低学年くらいまでなんです、野球が好きだったのは。
-中学校に入ってからの部活は何をなさいましたか?
サッカー部です。小学校の時は野球をしたくて野球部だったけれど、その当時の名古屋って春・夏は野球、秋・冬はサッカーをやらないといけなかったんスよ。女子は春・夏はソフトボールで秋・冬はバスケットボールで。
で、小学校の時からサッカーもやってて、少年ジャンプでキャプ翼(キャプテン翼)が始まって、完全に気持ちがサッカーにいっちゃって。だから中学ではサッカー部なんです。
-丁度その頃ですと草野球派と草サッカー派で勢力争い!なんていうこともありましたよね(笑)
そうそう(笑

キャプ翼は中学生編まで読んでました。日向小次郎とか東邦学園とかね。
僕はサッカー部ではフォワードでレギュラーでやらせてもらってました。プロレスも好きだったけど、サッカーはリアルにやってたんでいまでも好きです。

マンガといえばちょっと古くなるけど「あしたのジョー」、「がんばれ元気」などのボクシング系が好きで。「キン肉マン」はキン消し集めにハマってました(笑
もうちょっと遡るとスーパーカー消しゴムってのがあって、学校の机の上でペンでピンピン相手のスーパーカーをはじき落として。落とした相手のスーパーカーをもらえるんですよね。
よく滑るように細工してやったりしました、で、あんまり滑りすぎると自爆したりしてね(笑。
少年時代を語る杉浦選手

少年時代を語る杉浦選手

キン消し集め、スーパーカー消しゴム×BOXY。
やはり定番の遊びは世代共通です!
-話がちょっと脱線しますが、当時の中学校って荒れていませんでしたか?(笑
荒れていましたね~。丁度、校内暴力とかが流行った時期で。テレビで「積み木崩し」とか金八先生(3年B組金八先生)の再放送とかが流れていた、そんな時代でしたよね。金八は再放送で見ていました。というのも、金曜8時はプロレスを見ていて、同時刻放送の金八はリアルタイムで見れなくて。だから再放送(笑)

それで高校…まあ中学の時も憧れていましたけれど、高校に入学すると漠然とプロレスいいなあ~…っていう気持ちが芽生えてきて。卒業したら入門したいな、って考え始めたんです。親に言ったら「何バカなコト言ってんだ!?」って言われましたけどね。

レスリングでオリンピックを志した自衛隊時代

-中京高校(現・中京大学付属中京高等学校)を卒業後、自衛隊に入隊されました。
1988年にソウルオリンピックがありまして、高校の時レスリング(アマレス)を習っていたのでレスリングに興味を持ちまして。それで自衛隊に入隊したんです。

入隊後は一年間、一般の自衛官をさせていただいて、その間にレスリングの集合訓練(特別体育課程集合訓練)をやって、3ヵ月オリンピック選手とかと練習させていただきました。で「コイツは良いな」ということで残れて、次の年から自衛隊体育学校に入校しました。体育学校はオリンピック選手を育てる機関なんですよ。
-1999年まで、オリンピックを目指して体育学校に在籍してレスリングに取り組まれました。当時(90年代)のプロレス業界についてはどのようにご覧になっていましたか?
僕はUWFでしたね。新日本プロレスが好きでUWFが出来て、そこからはもうUWF!
佐山聡さんが新日本プロレスを退団しUWFになって…ですから、佐山さんを追っかけていたのかな、やはり(笑。UWF解散後は修斗を見ていましたから全部佐山さんを追っかけていましたね!

まあでも、その間も一番好きだったのはUWFでしたし、テレビで新日本プロレスは見ていましたね。プロレスは全体的に見ていたのですが一番好きなのはUWFみたいなスタイルなんです。
-それを伺うと、杉浦選手が格闘技に出られた時の姿勢とリンクします。
これまでに4度、総合格闘技のマットで戦った杉浦選手

これまでに4度、総合格闘技のマットで戦った杉浦選手

杉浦選手は過去にPRIDE.21、PRIDE 武士道 -其の四-、PANCRASE 2006 BLOW TOUR、戦極 〜第五陣〜の総合格闘技のマットで戦っています。
なかでもPRIDE21、グレイシー一族であるダニエル・グレイシーとのフルタイムの激闘は非常に注目を集めた一戦でした。
僕の中に、そういう闘争心みたいなものが根底にあるんだろうなと思います。
-そんな杉浦選手ですが、全日本プロレスの最後からプロレスリング・ノア(以下「ノア」)へ…という動きをとられますが、ノア入団の時は練習生として?
そうです。当時三沢(三沢光晴)さんに呼ばれて「ちょっとみんなで新しい団体やるけど何も気にせず付いてこい」と言われまして。当時の僕はまだデビューもしていないし、まだちょっとプロレスファン気質が残っていたのかワクワクしてたんです。「ああどうなるんだろう。すっげえ!新団体設立すげぇじゃん」みたいな、そういうファン目線が。

プロレスリング・ノア最初の新人レスラーとしてデビュー

-私たちプロレスファンもそんな風にブラウン管を通して見ていた記憶があります。2000年にノアが立ち上がっていった中、杉浦選手は緑のマットのド真ん中目掛けてキャリアを重ねていかれます。

全日本プロレスから移り、1990年代から2000年代、2010年代と時代とともにリングの中で表現するモノ・求められるモノが変化したということはございますか?
一番の根本は「強くないといけない」とか「すごくないといけない」とか、そういう意識はプロレスラーとしては変わらないですね。

一方、キャバクラ好きの杉浦選手だからこその企画も?

-あの、ファンとして憶えていることがありまして、杉浦選手のGHC(キャバクラ)というのがあったと思うのですが、GHC(キャバクラ)は自ら立案なさったのですか?
そうですね~…まあでも、あれはレスラーとして完全に「ブレていた」時の企画ですね。芯がないっていうか。あの企画はジュニアの頃なんですよ。
悪い先輩から「ジュニアに行った方が良い」と言われてジュニアに行った頃(笑。でも、どうしていいか分からなくなって、完全にブレていたから、あんな企画もやったりして。闘いだけを見せてやっていきたかったのに、ああいうのに走っていったっていう(汗
-話題性を高めたかったという狙いもあったのでしょうか?
いやあ…何の狙いも無かったんですよ。何も考えていなかった。とにかく、ヘビー選手として「僕はあの(ヘビーの)中に噛みつきたいんですけど」と言ったら、その先輩から「お前に順番は回ってこねえぞ、ジュニアにいけ」と言われたんで。で、ブレたりしたけど、でも本当にUWFとかが好きでプロレス始めてプロレスラーになって、全日本プロレスからノアになって。

実際自分がプロとして試合をやってみて「ああ、でもやっぱり三沢さんとかがやってきたプロレスが好きだなあ」と思いますよ。プロレスの技術とか上手さはすごいなと感じましたね。自分でやってみて、プロレスの奥深さを学んだり色々な事を経験すると、「三沢さんすげぇな、やっぱり」というのはあります。

逆に、いちプロレスファンとして好きだった人のプロレスを「なんだこの人全然下手くそじゃん」と感じたりすることもありましたしね、プロとして。プロレスラーとしてのキャリアを振り返ってみても、間違いではなかったと思います。全日本プロレスを選んでノアに移ったことは。

緑のマットを駆け上がり、団体を牽引する立場へ

-2010年代になると、団体の看板選手としてノアを引っ張っていくようになりました。キャバクラ企画をされていた頃から5~6年ほどの間で団体を背負うほどに立ち位置の変化がありました。この変化はどうお感じになっていましたか?
よく「立場が人を変える」という言葉もありますが、もともと僕はそういう風になりかったから。団体でチャンピオンになりたいと思ってプロレス界に入ったし、メインイベンターになりたいと思って入ったから、一時期ブレたけど、その場所に行ったらブレなくなりました。

遅咲きのプロレスデビューとご家族の支え

-ちょっとデビューの頃にお話を戻しますが、ご家族もいらして生活もある中で自衛官からプロレスラーになる決断をされたと思います。当時ご家族からは反対や心配などあったのでしょうか?
僕の気持ちは完全にイケイケだったけど、既に結婚をして子供も1人いたので、確かにそこは考えましたね。自衛隊だったら54歳(数え55歳)まで給料・ボーナスがいただける上に退職金もあるのに、それを捨てて…ですからね。しかも30歳で急に、ですし。だから「何を言い出すの!?」と思われそうで、なかなかカミさんに言えなくて。

カミさんから「で、どうするの?(体育学校を出て)自衛隊に残る?それとも他の何かをやる?」と言われた時も「ん~……、どうしようかなあ」と。プロレスの「プ」が、なかなか言い出せなくて(笑。そうしたらカミさんの方から「プロレスラーになれば?」って言ってくれて。カミさんもなんとなく分かってたんでしょうね。で、「そうなんだよ!本当はプロレスラーになりたいんだよ!」って返事して。そしたらカミさんが「じゃあ応援するから、(プロレスラーに)なれば?」って言ってくれて、そこからはもうトントン拍子です。
-プロレス団体からお声がかかっていた、とか?
73 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • おちゃ 2018/1/23 19:52

    素晴らしい記事だった。こんなにもファン目線なルーツの方だとは思わなかった。会場で応援したいと思います。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

元女子アームレスリング世界王者の山田よう子さんは「ママだから強い!」

元女子アームレスリング世界王者の山田よう子さんは「ママだから強い!」

「ママでも金!」全日本女子アームレスリングで無敵の13連覇、世界王者にも君臨した山田よう子さんは日本を代表するアームレスラー。長門裕之、南田洋子の姪として芸能界に進むはずだった彼女はいつしか無敵のアームレスラーに!現在は4児の母として「まだまだ世代交代はさせない!」と笑う山田よう子さんにお話を伺いました。
【秋山準&大森隆男 独占インタビュー①(秋山準編)】デビュー25周年!全日本プロレス秋山社長が語る、これまでとこれからの全日本プロレス!

【秋山準&大森隆男 独占インタビュー①(秋山準編)】デビュー25周年!全日本プロレス秋山社長が語る、これまでとこれからの全日本プロレス!

10月21日にデビュー25周年記念大会を横浜文化体育館で行う秋山準・全日本プロレス社長。全日本プロレスの象徴である馬場さんにスカウトされての入団から25年。今は全日本プロレスの社長を務めている秋山選手に、25周年記念大会を迎えるにあたって、これまでとこれからの全日本プロレスをミドルエッジ読者に対して語って頂きました。
マルチタレントを目指した若き日から一転、猪木モノマネ一筋16年!アントニオ小猪木!!

マルチタレントを目指した若き日から一転、猪木モノマネ一筋16年!アントニオ小猪木!!

お笑いプロレス「西口プロレス」を代表する人気タレント、アントニオ小猪木!小柄ながらそのキレッキレの動きを武器に「とんねるずのみなさんのおかげでした」名物コーナー「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で一躍ブレイクしたことを憶えている方も多いのでは?猪木モノマネ一筋16年、アントニオ小猪木がそこに辿り着いた道程を伺った。
プロレス一筋26年!「大日本プロレス」登坂栄児代表に宿る在野精神の魂!!

プロレス一筋26年!「大日本プロレス」登坂栄児代表に宿る在野精神の魂!!

東京・足立区生まれの近鉄バッファローズファンだった大日本プロレス、登坂栄児代表。 野球を愛し、特撮ヒーローを愛し、ゲームを愛した登坂代表がプロレス業界に職員として身を投じて26年。いまやインディー団体の雄である、大日本プロレスを率いる登坂氏の素顔に迫ります。
【三島有紀子監督インタビュー】映画「幼な子われらに生まれ」公開-アナタの琴線に触れる登場人物は?

【三島有紀子監督インタビュー】映画「幼な子われらに生まれ」公開-アナタの琴線に触れる登場人物は?

2017年8月26日公開の映画「幼な子われらに生まれ」。”親愛なる、傷だらけのひとたちへ。”と綴られたこの映画には結婚、離婚、再婚、連れ子、大事な人の死と、ミドルエッジ世代に無関係でない幾つもの人生の”ひだ”が描かれています。傷つきながらも幸せを紡ごうとするオトナたちを、ドキュメンタリーのようなリアリティで表現した三島有紀子監督に、インタビューの機会を頂戴しました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト