ミサワの恐ろしい武器、エルボーについて。
2016年11月25日 更新

ミサワの恐ろしい武器、エルボーについて。

惜しくも2009年に急逝した天才プロレスラー三沢光晴。ここでは三沢最大の武器エルボーについて紹介したいと思う。

14,448 view

プロレスラーまでの道のり

三沢の少年時代
1962年6月18日、北海道夕張市に生まれる。父親は北海道炭礦汽船に勤務していたが、三沢が生まれて間もなく夕張炭鉱が閉山同然の状態となったため、一家は埼玉県越谷市へ転居した。
三沢は子供のころから体が大きく、小学校時代に越谷市が開催した走り幅跳びの大会で優勝するなど、運動神経が良かった。中学校では器械体操部に入部。三沢曰く、器械体操を経験したことがプロレスの飛び技に生きているという。
中学2年の時、テレビで全日本プロレス中継を見て「観るよりやるほうが絶対におもしろい」と直感した三沢はプロレスラーを志すようになる。三沢は中学校を卒業してすぐにプロレスラーになるつもりだったが、担任の教師と母親にアマチュアレスリングの強い高校へ進学して基礎を学んでからの方がよいと説得され、足利工業大学附属高等学校に特待生として進学した。レスリング部に入部した三沢は高校の3年間を学校の寮で過ごし、ハードな練習に明け暮れる日々を送った。休みは大晦日と正月三が日のみであった。三沢は3年の時に国体(フリースタイル87kg級)で優勝するなど活躍したが、本人にとってアマチュアレスリングはプロレスラーになるための手段に過ぎず、競技自体を好きになることはなかった。
なお、高校2年の時、三沢は寮を抜け出して全日本プロレスの事務所を訪れ、入門を志願したことがある。この時はジャンボ鶴田に高校を卒業してから来るよう諭され、断念している。
http://goemon1977.blog93.fc2.com/blog-entry-9.html (32655)

出典 http://goemon1977.blog93.fc2.com/blog-entry-9.html
http://ginrou-enr34.blog.so-net.ne.jp/archive/c2301150987-1 (32656)

出典 http://ginrou-enr34.blog.so-net.ne.jp/archive/c2301150987-1

ジュニアヘビー級からヘビー級へ

当初は2代目タイガーマスクとして華麗な空中殺法などを主体として活躍していた三沢も寝技中心のプロレスやりたいという決意からヘビー級転向することとなる。そして天龍の脱退に合わせてポスト天龍をなのりジャンボ鶴田、スタンハンセンといったビックネームに勝ちその過程でエルボーを習得していくこととなる。

2代目タイガーマスク(三沢光晴)デビュー戦 1/2 - YouTube

ローリングエルボー - YouTube

エルボーへのこだわり

ヘビー級のでかい相手ではスープレックスは通じず、投げることができない。スマッシュ系ならば相手にダメージを与えることが出来る。
そう確信を持った三沢はとにかくエルボーを考え、ダイビング式、ランニング式、回転式といったバリュエーションを生み出し相手選手と戦った。
その威力はくらった者たちがこう証言するほどである。
秋山準
「エルボーの衝撃の凄さに驚きましたね。見ているのと実際に受けるのでは全然ちがう」
高山
「まあ、三沢さんのエルボーは凄いよ。初めて受けたときは驚いた。痛いっていうレベルじゃない。口から頭蓋骨が出てきそうな感じっていうのかな」
齋藤彰俊
「今もアゴの骨が変形してるんですけど、三沢さんのエルボーをくらいすぎたせいなんですよ。奥歯が縦に割れたこともあったし…本当に凄かったですね、あのエルボーは」
http://murasakilg.blog64.fc2.com/blog-entry-373.html (32664)

出典 http://murasakilg.blog64.fc2.com/blog-entry-373.html
http://page.freett.com/y_yasutake/ProWrestling/981114AJP/Report.htm (32665)

出典 http://page.freett.com/y_yasutake/ProWrestling/981114AJP/Report.htm

プロレスに生きプロレスに殉じた男 三沢光晴

こうして考えると三沢の一生は戦いの連続であったといえる。全日本プロレスでの確執、ノアの立ち上げ、そしてジュニアヘビー級からヘビー級への転向。これらすべてに打ち勝つ説得力を持つエルボーを生み出した男、三沢光晴。
どんな困難があっても打ち勝てることをその肘1つで証明したと言っても過言では無い。三沢さん本当にお疲れ様でした。心よりご冥福を祈りいたします。

三沢光晴 必殺技集 - YouTube

16 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

プロレスラー三沢光晴。全日本プロレスのトップからプロレスリング・ノアを立ち上げたエルボーの貴公子

プロレスラー三沢光晴。全日本プロレスのトップからプロレスリング・ノアを立ち上げたエルボーの貴公子

1990年代にスタンハンセンやジャンボ鶴田と数々の激闘を繰り広げ、全日本プロレス四天王に君臨した三沢光晴。数々の難敵を撃破した魂のエルボー、ヘビー級離れした華麗な跳躍力、どんな技も真正面から受け立ち上がる不屈のスピリット。黙して語らない男の美学に私たちは酔いしれました。後にプロレスリング・ノアを設立してプロレス界の頂点に君臨した三沢。2009年に急逝したものの、彼の栄光が色褪せることはありません。
青春の握り拳 | 26,187 view
【四天王プロレスの極み】「三沢光晴VS小橋建太」闘いを通してお互いの覚悟を確かめ合う、”死して悔いなし”の至高のプロレス!!

【四天王プロレスの極み】「三沢光晴VS小橋建太」闘いを通してお互いの覚悟を確かめ合う、”死して悔いなし”の至高のプロレス!!

永遠の黄金カード「三沢VS小橋」。互いのプロレス技術、プロレス努力の結晶を全力でぶつけ合い、そして全力で受け止めあう至高のファイト。観る者をして「危険すぎる」「どこまでやるんだ!?」と思わせるのは当たり前、二人にしか分からない真剣なプロレスラーとしての信頼感。多くを語らない二人が、リング上で誰よりも雄弁に語り合う姿にファンは酔いしれ、勇気と感動を与えてもらいました。そんな思い出の「三沢VS小橋」を振り返ります。
青春の握り拳 | 18,219 view
昭和のプロレス黄金時代が楽しめる「ジャイアント馬場バル」で大仁田厚がイベントを開催!

昭和のプロレス黄金時代が楽しめる「ジャイアント馬場バル」で大仁田厚がイベントを開催!

東京・新橋にある昭和の良きプロレス黄金時代を思いだしながら飲める店「ジャイアント馬場バル」にて、イベント『ジャイアント馬場バルDE大仁田厚とデスマッチとコーヒーと』の開催が決定しました。
隣人速報 | 269 view
【訃報】“暴走戦士”の異名で日米のプロレス界で活躍した「ロード・ウォリアーズ」のアニマル・ウォリアーさん死去。

【訃報】“暴走戦士”の異名で日米のプロレス界で活躍した「ロード・ウォリアーズ」のアニマル・ウォリアーさん死去。

アメリカ出身の元プロレスラーで、タッグチーム「ザ・ロード・ウォリアーズ」として活躍したアニマル・ウォリアーさんが、9月22日に亡くなっていたことが明らかとなりました。60歳でした。
隣人速報 | 1,740 view
【小橋建太インタビュー(後編)】元祖・絶対王者「幾多の苦難を乗り越えて」

【小橋建太インタビュー(後編)】元祖・絶対王者「幾多の苦難を乗り越えて」

幾多の怪我、病気を乗り越えて多くのプロレスファンを魅了し続けた「鉄人プロレスラー」小橋建太。波乱万丈なレスラー人生を不屈の精神で歩み続けた小橋さん、その真っ直ぐな生き方に迫ります。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト