【取材】本物の競馬を感じられるゲーム『ダービーストーリーズ』武豊が発表披露会に登壇!リアルな描写に太鼓判!
2017年9月7日 更新

【取材】本物の競馬を感じられるゲーム『ダービーストーリーズ』武豊が発表披露会に登壇!リアルな描写に太鼓判!

競馬ゲーム『ダービーストーリーズ』の発表披露会が行われた。「本物の競馬がここにある」をキャッチコピーにした圧倒的なリアリティが売りの同作。武豊さん、大島麻衣さん、ラジオNIKKEI中野アナらが登壇した。

685 view

【取材】名作の予感がする競馬ゲーム『ダービーストーリーズ』の発表披露会に行ってきた!

7日、株式会社Donutsによる競馬ゲーム『ダービーストーリーズ』の発表披露会が行われた。外は雨の降りしきる中での会だったが、会場にはズラリとカメラが並び、その注目度の高さがうかがい知れた。
競馬ゲーム『ダービーストーリーズ』

競馬ゲーム『ダービーストーリーズ』

株式会社Donuts ロゴ

株式会社Donuts ロゴ

「本物の競馬がここにある。」所以は動画にあった!

「競馬。それは血統のドラマ。」〜ダービーストーリーズ〜スペシャル動画

競馬はブラッドレースと呼ばれるほどに、血統に左右されるスポーツです。競馬の熾烈さや奥深さ、そして血のつながりの美しさを感じていただきたく、実写の映像を利用した「競馬。それは血統のドラマ。」編を公開いたしました。
同作は、徹底的にリアリティを追求したグラフィックスに加え、競馬ファン同士が交流できる「クラブ機能」、ラジオNIKKEI中野アナによる本格実況が楽しめる超本格派の競馬のモバイルゲームだ。
リアリティのある世界観に仕上がった力作!

リアリティのある世界観に仕上がった力作!

中野アナの実況付き!

中野アナの実況付き!

発表披露会には、その中野アナだけでなく、日本を代表する騎手の武豊さん、競馬好きとしても知られる大島麻衣さんが登壇し、同作のクオリティの高さを熱く語り、会場を盛り上げた。
左から武豊さん、大島麻衣さん、中野アナ

左から武豊さん、大島麻衣さん、中野アナ

同社の根岸心 取締役の挨拶から始まった発表披露会。根岸氏は同作について、小倉悠吾プロデューサーの”こだわり”が高いクオリティを引き出したと分析。また、小倉氏に対しても、全幅の信頼を寄せている事が伝わる挨拶となった。

続いて、その小倉氏が登壇し、商品のプレゼンテーションを行った。自分がオーナーとしてゲームに参加するだけではなく、何千人ものユーザーと遊ぶことが可能な同作の利点を、誇らかに強調した。
また、ゲームシーンを美麗3Dで表現した同作の圧倒的な臨場感の裏で、同氏の並々ならぬ熱意と幾度もの試行錯誤が繰り返されたのだと感じさせるプレゼンテーションとなった。
根岸心 取締役

根岸心 取締役

小倉悠吾プロデューサー

小倉悠吾プロデューサー

実際に同作は、ユーザー自らがオーナーとなり、様々な条件でレースを主催可能なだけでなく、「クラブ機能」を利用して、競馬仲間と週末のGIの話や育てた馬の話をしたりと、常にユーザーがゲームを通じて、自らの世界を拡張できる面白さをシステムに組み込んでいる。

「本物の競馬がここにある」をキャッチコピーに、群雄割拠のモバイルゲーム業界に名乗りを挙げた同作。後に”競馬の名作ゲーム”と呼ばれる可能性を秘めた、秀逸なゲームであることは間違いなさそうだ。
レース設定画面

レース設定画面

多彩な機能が充実!

多彩な機能が充実!

武豊さんと大島麻衣さんが”対決”!中野アナの実況も!

さらに同作では前述した通り、中野アナによる本格実況が楽しめる点も魅力のひとつだ。
登壇した武豊さんは同作に対して「実際の馬の動きが再現されている」と太鼓判を押し、大島麻衣さんは「いつか馬主になりたいと思っていたが、ダービーストーリーズですぐなれる」と早くも夢が叶った様子だった。

会の途中、ある対決が組まれた。それはゲーム内で武豊さんの馬「タケノコウシロウ」と大島麻衣さんの馬「マイマイクイーン」が、東京競馬場でレースを行うというものだった。
そして、本来ゲーム内では最新の合成技術を基に「声」が生成され、リアルな実況がされるが、今回は特別に中野アナがその場でレース実況を担当した。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

初代プレイステーションアーカイブスに「ぷよぷよ通 決定盤」「熱血親子」が登場。そう。あの「熱血親子」が――

初代プレイステーションアーカイブスに「ぷよぷよ通 決定盤」「熱血親子」が登場。そう。あの「熱血親子」が――

セガゲームスはPSPとVitaに向けたゲームソフト配信サービス《初代プレイステーションアーカイブス》にて「ぷよぷよ通 決定盤」と「熱血親子」の2タイトルの配信を開始いたしました。価格は「ぷよぷよ通 決定盤」が税込823円、「熱血親子」が税込617円。
ブラジルで『新型メガドライブ』が発売へ!見た目はほぼ当時の本体のまま!往年の名作ゲームも付属する!

ブラジルで『新型メガドライブ』が発売へ!見た目はほぼ当時の本体のまま!往年の名作ゲームも付属する!

80年代以降、ブラジル向けにセガ公式ライセンスのメガドライブ/マスターシステム互換機を製造販売しているTectoyは、『新型メガドライブ』を発表した。公式サイトにて予約受付を開始し、日本のゲームファンを驚かせている。
漫画・賭博黙示録カイジに登場する究極のギャンブル『鉄骨渡り』がVR用ゲームに!落下の恐怖が襲う!

漫画・賭博黙示録カイジに登場する究極のギャンブル『鉄骨渡り』がVR用ゲームに!落下の恐怖が襲う!

ソリッドスフィアは、福本伸行の『賭博黙示録カイジ』の鉄骨渡りをテーマにしたPlayStation VR用ゲーム『カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~』を、今冬発売する。コントローラーを使いバランスを取り、鉄骨を渡りきって賞金の獲得を目指す。
90年代のヒットゲーム『バーチャファイター』がLINEスタンプに!セガ名作シリーズの第2弾!!

90年代のヒットゲーム『バーチャファイター』がLINEスタンプに!セガ名作シリーズの第2弾!!

90年代に人気を博したゲーム『バーチャファイター』。「セガ名作シリーズ 2」としてLINEスタンプがリリースされた。バーチャファイターは1993年にアーケードゲームで登場し、セガサターン等のゲーム機でも展開された。
競走馬「シュ」ミレーションの誤植も懐かしい『ダービースタリオン』

競走馬「シュ」ミレーションの誤植も懐かしい『ダービースタリオン』

アスキーから1991年に発売された『ベスト競馬・ダービースタリオン』を第1作目とする競馬シミュレーションゲームのシリーズ。略称は「ダビスタ」。開発者・薗部博之氏のプロフィールやイメージガールに起用された広末やさとう珠緒、優香などの動画をご紹介する。
ひで語録 | 1,999 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト