アラフォーが夏になるとカラオケで歌いたくなる定番ソングまとめ!
2021年6月10日 更新

アラフォーが夏になるとカラオケで歌いたくなる定番ソングまとめ!

毎年夏にカラオケに行くと歌ってしまう定番の夏の歌ってありませんか?青春時代に着いた夏の歌は、何度夏が巡っても歌いたくなり、そして盛り上がりますよね。カラオケにはなかなか生きずらいご時世ではありますが、カラオケで鉄板の夏うたをまとめてみました。

4,125 view

「HIGH PRESSURE」/T.M.Revolution

Amazon.co.jp: HIGH PRESSURE: 音楽 (2283108)

T.M.Revolutionの5枚目のシングル。1997年に発売されました。西川貴教さんが雨に降られたり、風に吹かれながら歌っているPVが印象的でしたよね。

全編通して、斬新な歌詞で耳に残りますね。特に
「ウッカリ タカノリの 期待の楽園」
という「ウッカリ タカノリ」にざわつきました。

作詞は井上秋緒さん。作曲は浅倉大介さんです。

T.M.Revolutionの名前を一躍有名にした一曲でもあります。

翌年の1998年の夏には「HOT LIMIT」をリリース。こちらは全身黒いサポーターのような衣装でこちらも話題になりましたね。

「HOT LIMIT」の方が夏に浮かれている感じが出ている楽曲ですね。作詞作曲は「HIGH PRESSURE」と同じです。「HIGH PRESSURE」には本人「タカノリ」が歌詞に登場しますが。「HOT LIMIT」にはプロデューサーである浅倉大介さん、「ダイスケ」が歌詞に出てきますよ。

個人的に「HIGH PRESSURE」の方が最初でインパクトがあったのでこちらを代表にしてみました。皆様はどっちが好きですか?

「夏祭り」/Whiteberry

Amazon.co.jp: 夏祭り: 音楽 (2283100)

2000年に発売されたWhiteberryの3枚目のシングル「夏祭り」。自身の最大のヒット曲になりました。

JITTERIN'JINNのカバーなのですが、アラフォー世代はJITTERIN'JINNのも知ってはいるけど、青春時代に聞いていたのはこっち、という人が多いと思います。

最初と最後がソロから始まるので、カラオケで歌うと緊張しますが上手く歌えると気持ちがいいですよね。オリジナル版と聞き比べるのも楽しいです。

「secret base~君がくれたもの~」/ZONE

Amazon.co.jp: secret base~君がくれたもの~: 音楽 (2283106)

2001年に発売されたZONEの3枚目のシングル「secret base~君がくれたもの~」。井上真央さんが主演していた「キッズ・ウォー3」の主題歌です。ドラマも人気が高かったのでこの主題歌もヒットしました。

「キッズ・ウォー3」のストーリーそのままで、転校によって離れ離れになってしまう切ないストーリーです。恋愛にも友情関係にも取れますよね。中高生はもちろん、ちょっと上の世代でもその頃の気持ちを思い出してキュンとなるような楽曲です。

「10年後の8月 また出会えるのを信じて」というフレーズが強くはかないです。実際に10年後の8月にカラオケで歌った思い出があります。

「夏色」/ゆず

Amazon.co.jp: 夏色: ゆず: Digital Music (2283102)

1998年に発売されたゆずのメジャーデビューシングルです。7月の第一週に発売された時はオリコントップ30でしたがそこから徐々に順位を伸ばし、9月第3週に最高位17位を記録しました。徐々に売れていったんですね。それだけ名曲で広まっていたっというのが分かります。

夏の何気ない出来事を歌っていて、歌詞の情景が目に浮かびます。明るい内容ですがどこか切ないというか、ノスタルジックな感じがするところもいいですね。

翌年1999年には「センチメンタル」という夏の終わりの情景を歌った歌をリリースしています。こちらも名曲ですね。

「渚にまつわるエトセトラ」/PUFFY

Amazon.co.jp: 渚にまつわるエトセトラ: PUFFY: Digital Music (2283104)

「カニ食べいこう~」のフレーズが印象的な「渚にまつわるエトセトラ」。1997年に発売されたPUFFYの4枚目のシングルです。よく考えると、カニは冬なんですけどね。このフレーズのおかげで2人はカニを食べに行くと感謝されるそうです。

デビュー曲のアジアの純真と同じく作詞・井上陽水さん、作曲・奥田民生さんの楽曲。PUFFYらしいサウンドと歌詞ですよね。

この曲に限ったことではないですが、PUFFYの歌はカラオケでフリつきで歌うと盛り上がりますよね。ダンスが得意ではなくても簡単に覚えられるところがいいです!大人数のカラオケで歌うと盛り上がる夏の一曲ですね。

「花火」/aiko

Amazon.co.jp: 花火 (instrumental version): AIKO: Digital Music (2283098)

1999年にリリースされたaikoさんの3枚目のシングル「花火」。デビューしたばかりで忙しかったsikoさんはいつもいっていた花火大会にも行けなくなり、ベッドで花火大会のことを想っていた時にカーテンの隙間から星が見え、この曲の歌詞ができたそうです。

すごくリアルな歌詞は実体験だったからなんですね。冒頭の「眠りにつくかつかないかシーツの中の瞬間はいつも あなたのこと考えていて」というところがすごく好きでした。これは花火大会のことを想っていたんですね。

失恋の歌ですが、明るく歌うとスカッとするので私の周りでは失恋すると歌う人が多かったです。

「サマーナイトタウン」/モーニング娘。

Amazon.co.jp: サマーナイトタウン: 音楽 (2283204)

21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

第一回トラウマ漫画道場【真夜中のシンデレラ】

第一回トラウマ漫画道場【真夜中のシンデレラ】

幼いなかよし読者を震撼させた、こいわ美保子の【真夜中のシンデレラ】。美しい主人公が「幸せになりたい」ただそれだけの為、自分の欲望のままに殺人を重ねていく!規制なき古き良き時代だからこそ掲載できた(?)美しくも忌まわしい名作を振り返ります。
けん | 1,443 view
ポニーテール白書って覚えてる?水沢めぐみの青春ラブストーリー

ポニーテール白書って覚えてる?水沢めぐみの青春ラブストーリー

1985年からりぼんで連載されていた水沢めぐみの「ポニーテール白書」を覚えていますか?主人公の結と初恋と結の家族について描いた作品です。あらすじからラストまでご紹介していきますね。
saiko | 1,686 view
『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 2,615 view
【70年代サンリオキャラシリーズ】74年デビュー!サンリオ長寿キャラ『ハローキティ』

【70年代サンリオキャラシリーズ】74年デビュー!サンリオ長寿キャラ『ハローキティ』

サンリオを代表するキャラクターといえばキティちゃんですね!74年にデビューしたハローキティ!今では世界中で愛されています!どんなキャラクターなのか振り返ってみましょう!
ロングアゴー | 3,607 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

【80年代歌手】「会いたい」の大ヒットで一躍トップスターとなった沢田知可子の世界に浸る

【80年代歌手】「会いたい」の大ヒットで一躍トップスターとなった沢田知可子の世界に浸る

「会いたい」の大ヒットで一躍トップスターの仲間入りをした沢田知可子。90年代の代表する歌手としてヒット曲を量産し女性が歌うカラオケの定番曲のひとつとされている「会いたい」を始めとした沢田知可子のヒット曲を聴く!
はんまのまま | 1,579 view
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 161,952 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 163,227 view
朝ドラ『ふたりっ子』出演者たちのその後

朝ドラ『ふたりっ子』出演者たちのその後

連続テレビ小説『ふたりっ子』から早25年。今もなお朝ドラの名作として多くの視聴者の心に残っていることでしょう。今回は当時、一大ムーブメントを巻き起こした出演者たちのその後に迫ってみたいとおもいます。
mimi | 766 view
【1995年】ヒットチャートとはまた違う!カラオケベスト10ソングを振り返ろう!

【1995年】ヒットチャートとはまた違う!カラオケベスト10ソングを振り返ろう!

1990年代以降に急速に増えていったカラオケボックス。95年頃には今のように中高生でも気軽に行ける娯楽の1つになっていましたよね。95年のカラオケヒット曲を見ると、売上のヒットチャートとはまた違うランキングになっていました。ベスト10を振り返ってみましょう!
saiko | 590 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト