「砂の城」?「有閑倶楽部」?一条ゆかりマンガで特に印象に残っているのは?・・・『デザイナー』
2016年5月11日 更新

「砂の城」?「有閑倶楽部」?一条ゆかりマンガで特に印象に残っているのは?・・・『デザイナー』

「りぼん」という少女漫画誌に異色の彩を放つ存在で、少女というより大人の物語です。正直一度読めばもうそれきりのマンガがゴマンとある中、『デザイナー』はなぜかまた読みたくなってしまう。あんな悲惨な結末なのになぜ!?その不思議な魅力を検証していきたいと思います。

10,884 view

『デザイナー』

『デザイナー』は、一条ゆかりの少女漫画作品、及びそれを原作としたドラマ化作品である。
集英社『りぼん』(集英社)1974年2月-12月号に掲載された。キャラクターのひとり「柾」の絵は漫画家のおおやちきが担当した。
一条ゆかりマンガは子供のころは、正直ちょっと苦手だったかも。白目が妙に怖くて・・・(笑)
ショッキングなインパクトを感じ、それでも絵柄の美しさなどに魅了され、苦手だけど気になる存在でした。
でも「デザイナー」は白目がないので安心して読めたかな!?
とはいえ大矢ちき作画の「柾」(まさき)の目にぞっとしたものを感じたのは亜美だけではないんですね~。かくいう筆者もですw

大人になってこれはなんてすごいマンガだろう!読むたび違う感情が溢れかえるのです。
子供のころはたぶん絵柄の美しさから入り、ストーリーは後からついてきているのです。

そんな少女漫画誌のドロドロサスペンス「デザイナー」の魅力を筆者の独断と偏見で紹介していきます! 〈ネタバレ有り〉

『デザイナー』あらすじ

デザイナー

デザイナー

苗字・年齢・出生すべて謎に包まれ、誰にも心を開かず独自の雰囲気を持つトップモデルの亜美。
ある日、育ての親の墓参りの時に偶然当時のメイドと会い、自分の生みの親がファッション界のトップデザイナーで、仕事を共にしている鳳麗香だと知ってしまう。
デザイナー / 一条ゆかり | 中古 | B6コミック | 通販ショップの駿河屋 (1639412)

そのショックで車の運転中に事故にあい、トップモデルとしての道を閉ざされた亜美は、結城コンツェルンの若きオーナー結城朱鷺(とき)に出会い、鳳麗香への復讐をそそのかされる。
『デザイナー』 一条ゆかり | mixiコミュニティ (1639457)

  
わけもわからぬまま朱鷺に身を委ねるが、目的は一つ、あくまでも自分を捨てた鳳麗香をデザイナーのトップの座から引きずり下ろすためと決意。

彼女以上のデザイナーを目指して朱鷺が集めたその道の専門家たちに師事し、わずか一か月で朱鷺やその秘書柾(まさき)らの力で華々しくデザイナーとしてデビューする。
出典 mixi.jp
 (1639453)

デザイナーとして出発した亜美は、ファッション雑誌の青石氏に心の安らぎを求め、はじめて人を愛するようになる。

カメラマンでプレイボーイの土屋明は亜美に特別な想いを寄せていた。青石氏を愛する亜美に、明は強引にも亜美を自分にひきつけようとするが、あっさりと躱されてしまう。

亜美の唯一の友人のアリサは明を愛していた。
明は傷心のままアリサの気持ちを受け入れる。しかしやがてそれは別の愛として成り立つ。
Iriza (1641012)

亜美は青石氏に自分の気持ちを告白するが、鳳麗香が母親だと知ると、青石氏はかつて麗香と結婚していたことがあり、自分が父親だと名乗り、亜美のもとを去って行く。
出典 Iriza
Iriza (1641014)

傷心の亜美は辛い現実からただ逃れたいがため睡眠薬を多量に取るが、窒死に至らず朱鷺の介抱で命を取りとめる。
出典 Iriza
Iriza (1641593)

そんな中でもデザイナーとして鳳麗香とのし烈な争いは行われ、亜美も朱鷺のサポートの中でどんどん腕を上げていく。

一方、亜美のデザイナーとしての快進撃に鳳麗香も日々不安にさい悩まされる。亜美と朱鷺、お互いの育ってきた環境の共通点からか次第に惹かれあうようになる。

亜美の中で日々朱鷺の存在が大きくなっていく。

そんな二人の様子に気づいた秘書の柾は、朱鷺に警告をする。
しかし朱鷺は聞き入れない。
出典 Iriza
MG:旅人Jのひとりごと:So-netブログ (1640278)

そんなおり亜美と朱鷺
仕事を忘れ
ただの男と女として
たった2日間だけのアバンチュール
Iriza (1641587)

「あなたにそんな顔ができるとは思わなかった。

まるで少女の顔だ。」







<そういう朱鷺だって
まるで少年の笑顔だ💛>
出典 Iriza
Iriza (1641614)

鳳麗香との対決ファッションショーも両者とも大成功に終わる。
出典 Iriza
Iriza (1641615)

だが、麗香は自分の限界を感じ、もう一度勉強をするためにパリへ向かう。
亜美もデザイナーとしていくつかの経験から鳳麗香をデザイナーとして認める。
パリへ向かう空港のロビーで麗香にひと言。

「あなたは一流のデザイナーだわ。」
出典 Iriza
2008年2月 - 冗談倶楽部 (1639470)

二人は結婚を誓い合っていた。

ショーの成功、愛する人との結婚と、亜美もようやく幸せになれるかと思っていたその時ー

幸せの絶頂の亜美にある記者から二人の事実を告げられる・・・!

朱鷺は有能な経営者になるべく、感情を廃除されて育てられてきた。亜美に近づいたのも初めはゲーム感覚のはずだった。亜美に近づいた理由はもうひとつ。亜美と同様、鳳麗香への復讐・・・!亜美と朱鷺はともに鳳麗香の子で、双子であるという事実だったのだ!

この秘密を記者にタレこんだのは朱鷺を愛している柾だった。

嵐の夜、
亜美は今度こそ言いようのない絶望感の中
自ら作ったウェディングドレスに身を包み、はさみを握りしめ・・・

朱鷺が亜美のもとに駆け付けたときはすでにそのはさみは亜美の胸をを貫いていた・・・!

ファンの声

とにかく線が綺麗で、登場するキャラも非常に魅力的で活き活きしているのはさすが!ファッションも70年代当時のものが様々に描かれ、見ているだけでも楽しいのよね。現代のレディコミは性的な描写が表立ってストーリーが崩壊しているきらいがあるけれど、こうしてストーリーも作画もレベルの高いものは、ジャンルを超えて生き残っていくのだと痛感したわ。
 主人公の亜美が、まったく絶望して町をさまよいながら、「こんな風になっても、なぜ、私は歩いていられるのか・・・」とつぶやく場面は、ものすごくリアル。
歳月が過ぎても色あせない、不思議な魅力を持つ作品だわぁ。
「デザイナー」が面白いのは、通常の少女マンガでは主人公になるはずの純真なアリサを脇役にし、
嫌味で高慢ちき、負けず嫌いでプライドが高い亜美を主役に持ってきたことだろうなぁ。
機会があれば、ぜひ「デザイナー」一読を。スペクタクルな作品でございます。
65 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

女子高生と男性教師が結婚したらトラブル続出!な少女漫画「Oh!myダーリン」~ ストーリー編 ~

女子高生と男性教師が結婚したらトラブル続出!な少女漫画「Oh!myダーリン」~ ストーリー編 ~

Oh!myダーリンは、上田美和による少女漫画で、1992年から別冊フレンドで連載されました。担任教師と女子高生の秘密の結婚を描いた当作品は、当時少女たちの間で話題になりました。
おにいちゃん | 1,284 view
70~80年代に流行った「アンノン族」とは?

70~80年代に流行った「アンノン族」とは?

山ガールやリケジョなど、いつの時代も何かに夢中になる女子を、世間はカテゴライズしたがります。1970年代から80年代にかけて流行した「アンノン族」もその一つ。創刊したばかりの『an・an(アンアン)』『non-no(ノンノ)』片手に、オシャレな国内旅行をする女子たちを指したこの社会現象について今回振り返ってみました。
こじへい | 2,425 view
♡らんま1/2の美女キャラ集めてみました♡

♡らんま1/2の美女キャラ集めてみました♡

らんま1/2は高橋留美子作の漫画作品で、1987年から1996年まで小学館「週刊少年サンデー」に連載され、アニメ化もされました。
おにいちゃん | 7,779 view
みんなだいすき! かわいいペット、ふわふわな動物、年末年始でもそうでなくても見たくなる動物映画をまとめてみました!

みんなだいすき! かわいいペット、ふわふわな動物、年末年始でもそうでなくても見たくなる動物映画をまとめてみました!

人生の良き友人であり、パートナーであり、家族。それがペットであり動物たちというものです。そんな彼らやわたしたちを描いた、心がほっこりするような【動物映画】などをまとめてみました。ぜひ挙げられている「グリズリー」などの映画をもう一度見てみましょう!
Fレン | 947 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 1,400 view
少女漫画『ときめきトゥナイト』が女性誌BAILAとコラボ!婚姻届が付録!初キスシーン等が描かれる!

少女漫画『ときめきトゥナイト』が女性誌BAILAとコラボ!婚姻届が付録!初キスシーン等が描かれる!

池野恋による少女漫画『ときめきトゥナイト』。同作と女性ファッション雑誌BAILA(バイラ)7月号の別冊付録「婚BAILA」と連動した企画で、スペシャルな婚姻届が登場する。
23年ぶりの新刊「姫ちゃんのリボン短編集」!90年代当時のファンから感嘆のコメントが相次ぐ!

23年ぶりの新刊「姫ちゃんのリボン短編集」!90年代当時のファンから感嘆のコメントが相次ぐ!

90年代少女漫画の金字塔『姫ちゃんのリボン』の番外編を収録した『姫ちゃんのリボン 短編集』が発売。当時を知るファンから感嘆のコメントが相次いでいる。また、同作の新刊が刊行されるのは23年ぶりとなる。
80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 2,102 view
少女漫画雑誌「りぼん」の"ふろく"に焦点を当てた展覧会が12月8日から京都で開催!90年代をメインに展示!

少女漫画雑誌「りぼん」の"ふろく"に焦点を当てた展覧会が12月8日から京都で開催!90年代をメインに展示!

1955年の創刊以来、少女文化をリードし続けている少女漫画雑誌『りぼん』の「ふろく」に焦点を当てた展覧会「LOVE♥りぼん♥FUROKU」展が、12月8日から2017年2月5日まで「京都国際マンガミュージアム」(京都市中京区)で開催される。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト