「重陽の節句」9月9日は「男色の日」でもある!?
2017年9月12日 更新

「重陽の節句」9月9日は「男色の日」でもある!?

現代社会ではあまり馴染みがない9月9日の節句は「重陽の節句」。その一方で別の記念日として「男色(だんしょく・なんしょく)の日」でもあるということ、ご存知でしたか?

708 view
9月・・・そろそろ秋ですね。そんな9月の節句は9月9日。「重陽の節句」とも「菊の節句」とも呼ばれてきました。

節句は全部で5つ

そもそも、節句は全部で5つ。

①人日(じんじつ)(正月7日)
②上巳(じょうし)(3月3日)
③端午(たんご)(5月5日)
④七夕(しちせき)(7月7日)
⑤重陽(ちょうよう)(9月9日)

です。
①~④までは馴染みがある気がしますが、⑤・・・つまり9月の節句は現代社会ではあまり馴染みがない気がしないでもない、そんな自分です。

⑤重陽(ちょうよう)(9月9日)

しかし、9月9日は「9」が2つ重なることから、陰陽思想上、現在では良い日とされています。陰陽思想では万物を陰と陽に分け、かつ奇数を陽の数としており、この陽数の極とされるのが「9」。「陽(9)」が「重なる」から「重陽」と言うのです。そして、この時期は菊が咲く頃でもあるため、菊を使った食事を出したので、「菊の節句」とも。

個人的にオススメなのが「菊酒」。菊の花びらを浮かべた日本酒を飲んで長寿を祈り、祝うのですが、菊の香りが良い感じなんです♪ですから、スーパーで食用菊をご購入いただき、節句無関係に菊酒を楽しんでいただきたいなあ、と思います。

別の記念日でもある「9月9日」

そんな9月9日ですが、実は別の記念日もあります。
分かりやすいのが「救急の日」。「きゅう(9)きゅう(9)」の語呂合わせです。語呂合わせといえば「くる(9)くる(9)」ということで「手巻寿司の日」「ロールケーキの日」もあり、こちらも分かりやすいかと思います。そして、分かりやすいような分かりにくいような記念日が「世界占いの日」。これはノストラダムスの週末の予言の日が1999年9月9日とされていたからだそうです(汗)。ミドルエッジ世代には分かりやすいけれど、平成生まれの方々には分かりにくいような・・・(汗)
しかし、ここは民俗学コネタコラム。他の記念日を紹介します。

9月9日は「男色(だんしょく・なんしょく)の日」

9月9日は、実は「男色(だんしょく・なんしょく)の日」でもあります。男色とは男性同士の恋愛・性愛のことです。この性愛行為ではお尻(の穴)の存在が不可避。そしてお尻の穴の隠語が「菊門」。そんな繋がりから、9月9日が男色の日となっています。
男色は男性同士の恋愛・性愛

男色は男性同士の恋愛・性愛

色々なご意見やお考えがあるかと思いますから長々しく書くことは控えますが、同性愛の文化は日本の歴史上確実に存在してきた事は事実です。

ちなみに・・・もしも「男色って何?」と興味が出たりするようでしたら、個人的には鎌倉時代の絵巻『稚児草紙』(稚児之草紙)をオススメいたします。エロ本も動画も写真も無い時代、何を使ってエロ本としたかというと・・・そりゃもう、絵画と文章しかありませんから(笑顔)
15 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日本版七夕伝説は「聞き間違いで年に1回デートになった」???

日本版七夕伝説は「聞き間違いで年に1回デートになった」???

7月間近なこの頃。何となく世間が「七夕」を打ち出し中です。七夕と言えば短冊に願い事を書く、7月7日の行事です。学校や世間で聞く七夕の由来と言うと、織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)のラブストーリーではないでしょうか?
山崎敬子 | 734 view
「地獄絵には女性が嫉妬しすぎると落ちる地獄があるんだよ」というコネタ。

「地獄絵には女性が嫉妬しすぎると落ちる地獄があるんだよ」というコネタ。

最近、タレントさんなどの不倫報道が多い気がします。個人的には他人の不倫はどうでもいいのですが、不倫に関わる地獄が日本にはあったなあ・・・と思い出したので、今回は不倫の地獄ネタ。
山崎敬子 | 3,441 view
手足も髭もボーボー眉毛も!全国のダルマあれこれをご紹介。

手足も髭もボーボー眉毛も!全国のダルマあれこれをご紹介。

先日、高崎に行きました。高崎名物といえば駅弁「だるま弁当」♪…ではなく、いや、合ってるけども、どちらかというと達磨(ダルマ)本体が名物かと思います。多くは赤色の張子(はりこ)で製作され、目の部分は書き入れずに空白のままに残すイメージが強いかと思います。そして高崎以外のダルマに目を向けてみますと、目玉があるダルマさんは勿論、手足があるダルマさんも居たりして、奥が深いです。
山崎敬子 | 114 view
北海道登別温泉に、鬼がぶち上げる花火があるのをご存知ですか?

北海道登別温泉に、鬼がぶち上げる花火があるのをご存知ですか?

時が過ぎるのは早いもので、世間にはそろそろ夏の情報も出始める今日この頃。夏のエンタメといえば、花火を思い浮かべる人もいらっしゃるかと思います。そこで、民俗コネタ的にオススメ花火をば。北海道登別温泉には鬼がぶち上げる花火があるんです。
山崎敬子 | 171 view
自衛隊の部隊のマークとその由来、ご存知でしたか?

自衛隊の部隊のマークとその由来、ご存知でしたか?

4月某日。私の双子妹とその娘はここにおりました。それは・・・『ニコニコ超会議』。その会場で二人が最後に立ち寄ったのが自衛隊ブース。ということで、自分の領域(日本民俗)と自衛隊の関わりについて考えました。
山崎敬子 | 674 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト