ムードというだけで何やら怪しげな「ムード歌謡」。そのディープでオリジナルな世界を覗いてみましょう。
2017年10月20日 更新

ムードというだけで何やら怪しげな「ムード歌謡」。そのディープでオリジナルな世界を覗いてみましょう。

日本が誇る世界にも例を見ない音楽ジャンルのひとつ「ムード歌謡」。なんとなく怪しげですが、その独特な世界は一度はまると抜けられなくなりますよ。ちょっと恐々覗いてみませんか?

1,554 view

ムード歌謡

決定盤 ムード歌謡ベストコレクション

決定盤 ムード歌謡ベストコレクション

CD全5枚組(全100曲)
■歌詞・解説書付 ■化粧ケース入り
ムード歌謡。ムードというだけで何やら怪しげですが、その歴史は意外に古く第二次世界大戦後にまでさかのぼります。特に1952年頃から日本独自に発達したポピュラーミュージックのひとつ、それがムード歌謡です。
サウンド的には聴いてもらうしかありません。因みにムード歌謡の中でもコーラスを主体としたものは、ムードコーラスとよばれています。

もともとはナイトクラブで客のリクエストに応じてダンス音楽を演奏したことから始まったとされるムード歌謡。そのあまりにもディープでオリジナルな世界を覗いてみましょう。

ブランデーグラス

ムード歌謡にはカラオケボックスは似合いません。歌うのであればスナック。ママに「いつものヤツ」と一言いってから思い入れたっぷりに歌いだすのが正しいように思います。いえ、そうであってほしいと切に願います。

で、それが似合う男性像と言えば、ズバリ、裕ちゃん。石原裕次郎ではないでしょうか。いえ、そうであってほしいと切に、切に願います。

ブランデーグラス 石原裕次郎

これです。「女泣かせ」、そんな言葉が聞こえてきます。やはり、声ですかね。それと、アイテムとしてムード歌謡には酒が似合います。とは言え、日本酒や焼酎では演歌になってしまいますから、やはりここは水割りでしょうか。そうですね、ブランデーなのでしょうね。

実はお薦めしたいのはムードコーラスなのですが、ムード歌謡にしろムードコーラスにしろ、ボーカリストに求められるのがビジュアル。2枚目の中でも、のっぺりとした日本人顔でなければいけません。
そういった意味では石原裕次郎は異質ですが、ムードコーラスに移る前に、楽曲、ビジュアル、声などムード歌謡の全てを兼ね備えたアーティストをご紹介します。

うそ

中条きよしが歌う1974年発売の「うそ」ですが、これはもうムード歌謡として完璧です。嘘ではありません、ホントのはなしです。

うそ 中条きよし

如何です?メロディやアレンジもさることながら歌詞が、歌詞がもうムードしています。
そして、しみじみ感じるのですがムード歌謡のボーカリストは、やはりホスト顔でなければいけません。ホストといっても勿論70年代のホストです。

さて、それでは以上をふまえてムードコーラス、いってみましょう!

ラブユー東京

ラブユー東京

ラブユー東京

う~ん、これぞムードコーラス!と思わずうなってしまうのが、1966年に発表された黒沢明とロス・プリモスの「ラブユー東京」です。
しかし、発表当時はヒットせず、ジャケットを一新し再発売されたことで大ヒットしました。
1968年1月4日付のオリコンで見事1位となっているのですが、実はオリコンチャートが正式に発表されるようになって最初の1位獲得曲なんです。

ラブユー東京 黒沢明とロス・プリモス

うっとりしますね。この曲は現在までにナント250万枚も売れているんですよ。

星降る街角

ムード歌謡の帝王と異名をとるのが、敏いとうとハッピー&ブルーです。1971年のグループ結成後、1974年「わたし祈ってます」、1977年「星降る街角」と立て続けにヒット曲を放ちその地位を築きました。
リード・ヴォーカルを務めるのは森本英世。完璧なムード歌謡歌手と断言できます。
よせばいいのに

よせばいいのに

そして1979年に大ヒットしたのが「よせばいいのに」です。

実はこの曲、1976年に三浦弘とハニーシックスが発売したのがオリジナルで、敏いとうとハッピー&ブルーはカバーということになります。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

昭和を駆け抜けた大スター!書籍『石原裕次郎の軌跡』!舘ひろしらがインタビューに登場!

昭和を駆け抜けた大スター!書籍『石原裕次郎の軌跡』!舘ひろしらがインタビューに登場!

昭和を駆け抜けた大スター・石原裕次郎。没後30年を迎えた2017年には、北海道小樽の石原裕次郎記念館が惜しまれつつも閉館。書籍『石原裕次郎の軌跡』にはその記念館の所蔵品を中心に日活・石原プロの映画・ドラマ写真、小道具、衣装等を掲載。
携帯電話向け着信メロディサイト「日本有線大賞」の人気コーナー「昭和懐かし館」で着メロを楽しもう!

携帯電話向け着信メロディサイト「日本有線大賞」の人気コーナー「昭和懐かし館」で着メロを楽しもう!

株式会社ネクストリが運営する携帯電話向け着信メロディサイト「日本有線大賞」。サイト内コーナー「昭和懐かし館」では昭和歌謡や昭和のスター、TV番組などを取り上げ、楽曲や歌手にまつわるエピソードを読み物として連載するとともに、懐かしいヒット曲を着メロにしてお届けしています。
戦国時代を題材にした映画・TVの中で「上杉謙信」を演じた印象に残る俳優たち①【1960年代中盤~1980年代初期】

戦国時代を題材にした映画・TVの中で「上杉謙信」を演じた印象に残る俳優たち①【1960年代中盤~1980年代初期】

久しぶりに時代劇ねたでも取り扱って見ようと思うのですが、今回は戦国史上で最強だったと評価の高い「越後の龍」こと「上杉謙信」を演じた歴代の俳優にスポットを当てることにする。
【週刊 20世紀Walker】Vol.9 団長がショットガンをぶっぱなし、鳩村が走り、木暮課長がブランデーで乾杯!?西部警察商品が満載だ!

【週刊 20世紀Walker】Vol.9 団長がショットガンをぶっぱなし、鳩村が走り、木暮課長がブランデーで乾杯!?西部警察商品が満載だ!

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!
【50年代歌手】低音ボイスが心地よかった昭和のムード歌謡シンガー、フランク永井の魅力に迫る

【50年代歌手】低音ボイスが心地よかった昭和のムード歌謡シンガー、フランク永井の魅力に迫る

50年代にデビューしたフランク永井。低音の魅力に心奪われる?!「有楽町で逢いましょう」のヒットから往年のデュエット曲まで今は亡きフランク永井の魅力にどっぷりと浸りきりましょう!
はんまのまま | 1,274 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト