OVA版【ミノタウロスの皿】藤子-F-不二雄のSF短編!食用家畜としてウシに飼われる人間!
2021年7月20日 更新

OVA版【ミノタウロスの皿】藤子-F-不二雄のSF短編!食用家畜としてウシに飼われる人間!

天才漫画として『藤子不二雄』の名前を二分した藤子-F-不二雄さん。そんな彼が生み出した読み切り短編マンガ『ミノタウロスの皿』は、ウシと人間の立場が逆転した不思議な世界観を描く作品です。今回の記事では、それを原作として制作されたOVA版『ミノタウロスの皿』について、その本編動画やストーリー・魅力などを振り返っていきます。

374 view

『ミノタウロスの皿』とは?

『ミノタウロスの皿』

『ミノタウロスの皿』

作者:藤子-F-不二雄
   (※当時は藤子不二雄名義)
出版:小学館
掲載:ビッグコミック
   →1969年発表
『ミノタウロスの皿』は、藤子-F-不二雄さんによるSF短編マンガ。
1969年に小学館『ビッグコミック』に大人向けの短編漫画として掲載され、1977年には、ゴールデンコミックス『異色短編集』の第1巻として、単行本にも収録されました。
1990年には、オリジナルビデオ作品としてアニメ化も実現しています。
OVA版『ミノタウロスの皿』

OVA版『ミノタウロスの皿』

原作:藤子-F-不二雄
監督:望月智充
制作:スタジオぎゃろっぷ
   小学館
   東宝
発売:1990年
当時、発売されたVHSビデオは『ウルトラ・スーパー・デラックスマン』も同時収録されていて、お得感のある商品です。今回の記事では、こちらのOVA版『ミノタウロスの皿』の内容を中心に振り返っていきたいと思います。

OVA版『ミノタウロスの皿』の本編動画・ストーリー

SF短編 ミノタウロスの皿 1/3

SF短編 ミノタウロスの皿 2/3

SF短編 ミノタウロスの皿 3/3

宇宙船の故障により、地球に似た惑星に緊急着陸することになった主人公・立花。不時着によって宇宙船は爆発してしまうも、その寸前に命からがら脱出した立花は、ミノアという少女に救出されて一命を取り止めるのでした。

その惑星では、人間はウシに似た種族に家畜として飼われており、地球でのウシと人間の関係とは真逆であることに驚きを隠せない立花。命の恩人である少女ミノアは美しいうえに気立ても良く、立花はそんな彼女に惹かれていきます。
しかし、ミノアは食用種としてウシたちに飼われており、最高級の食材に与えられるといわれる称号”ミノタウロスの皿”に選ばれ、近々行なわれる祭典で民衆に食べられる運命にあったのです。それを知った立花は一連の行事を阻止しようと奔走するのですが、当の本人であるミノアは喜んで食べられようとしており、支配者であるウシたちも立花の主張を聞き入れようとはしませんでした。
文化が異なる惑星に緊急着陸した立花や、高級食材としてウシたちに食べられようとしているミノアが迎える結末とは…!?

OVA版『ミノタウロスの皿』の魅力とは?

それまでは子供向けのコンテンツを手掛けてきた藤子-F-不二雄さんが、大人向けの作品を手掛けるきっかけになったのが『ミノタウロスの皿』。
当時、連載作品が次々に終了して落ち込んでいた藤子・F・不二雄のもとに、『ビッグコミック』から執筆依頼が来た。「子供向け漫画ばかり描いてきたから」と断ったが、当時の同誌編集長・小西湧之助の熱意ある説得に応じて引き受けた。こうした経緯から描かれた本作について、藤子は小西編集長が話してくれた、残酷な展開を持つ民話から着想を得たと書いている。大人向けコミック誌である『ビッグコミック』に執筆することに対し「自分の絵は子供向きでダメ」と難色を示す藤子に、小西は「かわいい絵だからかえって怖い」と執筆を薦めており、実際に仕上がった本作の原稿の感想を「背筋に寒気が走るほど興奮した」「怖かった」と語っている。この作品の好評をきっかけに、藤子は『ビッグコミック』と『S-Fマガジン』を中心に大人向け漫画を長きに渡り、多数発表するようになった。
『ミノタウロスの皿』は、藤子-F-不二雄さんが漫画家として転機を迎えた作品といえるのです。OVA版『ミノタウロスの皿』は原作コミックの内容を忠実に再現したものに仕上げられており、その秀逸さを堪能できるところが嬉しいですね。

主人公・立花の声を演じている古川登志夫さんの仕事ぶりも素晴らしいです。古川登志夫さんといえば、
カイ・シデン /『機動戦士ガンダム』

カイ・シデン /『機動戦士ガンダム』

諸星あたる /『うる星やつら』

諸星あたる /『うる星やつら』

ピッコロ /『ドラゴンボール』シリーズ

このようなキャラクターを演じてきており、ミドルエッジ世代の記憶にもその声が刻まれている声優かと思います。軟弱・軟派な人物から主人公の強敵まで、幅広い役柄を演じられることでも一目置かれる存在といえますよね。
OVA版『ミノタウロスの皿』の立花は喧嘩っ早いところがあり、『ドラゴンボール』に登場するピッコロに似たイメージといえるでしょうか。そんな古川登志夫さんの仕事ぶりにも注目してみてくださいね。
『ミノタウロスの皿』でインパクトが大きいのは、人類が家畜として描かれているところでしょうか。そこに狂気を感じて、背筋をゾっとさせるものがあります。
会話はできるけど、価値観が違うことで意思疎通が成り立たないといったメッセージ性も深いし、家畜を食べるといったことに対して、改めて、これまでの認識を考えさせられる内容です。
グロテスクな描写はありませんが、私たちの常識では家畜であるウシの立場に人間を当てはめていることで、妙なリアリティーや狂気を感じさせる内容に仕上げられています。
人によっては食欲がなくなるような内容だと思いますので、食事しながらのご視聴はおすすめしません。食事の意義や意味について、私たち人間は動物の命を食べることで生きていられるのだと痛感させられることでしょう。
22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

OVA版【宇宙船製造法】藤子-F-不二雄のSF短編!ワープ中の事故で不時着した惑星ででのサバイバル!

OVA版【宇宙船製造法】藤子-F-不二雄のSF短編!ワープ中の事故で不時着した惑星ででのサバイバル!

天才漫画として『藤子不二雄』の名前を二分した藤子-F-不二雄さん。そんな彼が生み出した読み切り短編マンガ『宇宙船製造法』は、ワープ中の事故で不時着した惑星でのサバイバルを描いたものです。今回の記事では、それを原作として制作されたOVA版『宇宙船製造法』について、その本編動画やストーリー・魅力などを振り返っていきます。
tsukumo2403 | 395 view
OVA版【みどりの守り神】藤子-F-不二雄のSF短編!終焉世界で追い詰めれていく主人公!

OVA版【みどりの守り神】藤子-F-不二雄のSF短編!終焉世界で追い詰めれていく主人公!

天才漫画として『藤子不二雄』の名前を二分した藤子-F-不二雄さん。そんな彼が生み出した読み切り短編マンガ『みどりの守り神』は、滅亡した人類文明のなかで生き残った主人公たちの活躍を描いたもの。今回の記事では、それを原作として制作されたOVA版『みどりの守り神』について、その本編動画やストーリー・魅力などを振り返っていきます。
tsukumo2403 | 234 view
OVA版【ニューイヤー星調査行】藤子-F-不二雄の短編アニメ作品!哀愁が漂う内容とは?

OVA版【ニューイヤー星調査行】藤子-F-不二雄の短編アニメ作品!哀愁が漂う内容とは?

天才漫画家として『藤子不二雄』の名前を二分した藤子-F-不二雄さん。そんな彼が生み出した読み切り短編マンガ『ニューイヤー星調査行』は、独特の哀愁を漂わせるSF作品です。今回の記事では、それを原作として制作された短編アニメ『ニューイヤー星調査行』について、その本編動画やストーリー・魅力などを振り返っていきます。
tsukumo2403 | 243 view
【藤子・F・不二雄】「異色短編集」ブラック短編選【夢カメラ】

【藤子・F・不二雄】「異色短編集」ブラック短編選【夢カメラ】

藤子・F・不二雄先生といえば「ドラえもん」など児童向けの漫画を思い浮かべますが短編は大人向けのものが多くあります。「異色短編集」の中から、風刺のきいたもの、ブラックなもの、そしてドラマにもなった「夢カメラ」についてまとめました。
成瀬梨々 | 22,925 view
OVA版【ウルトラ・スーパー・デラックスマン】藤子-F-不二雄の短編SF(少し不思議)アニメ!

OVA版【ウルトラ・スーパー・デラックスマン】藤子-F-不二雄の短編SF(少し不思議)アニメ!

天才漫画として『藤子不二雄』の名前を二分した藤子-F-不二雄さん。そんな彼が生み出した読み切り短編マンガ『ウルトラ・スーパー・デラックスマン』は、パーマンを思わせるヒーローものと思いきや、ダークヒーローの生き様を描いたものです。今回の記事では、OVA版『ウルトラ・スーパー・デラックスマン』に焦点を当てて、その本編動画やストーリー・魅力などを振り返っていきます。
tsukumo2403 | 268 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト