80年代にメディアに出ることなく活動した、謎の美女と呼ぶにふさわしい「門あさ美」を憶えていますか?
2018年1月7日 更新

80年代にメディアに出ることなく活動した、謎の美女と呼ぶにふさわしい「門あさ美」を憶えていますか?

美人です。この上なく美人です。しかし、ほとんどメディアに出ることなく、コンサートすら行わなかった門あさ美。いま改めて彼女の曲をきくとその美貌とセクシーな声、意味深な歌詞にきっとやられてしまいますよ!

5,534 view

門あさ美

謎の美人歌手といえば、それはもう「門あさ美」を置いて他にはいません。
門あさ美

門あさ美

まぁ、美人です。色気全開といってもよいでしょう。健康的なお色気とかではなく、本物。当時の青少年は彼女の流し目で瞬殺されたと言われています。

ライブを行わず、メディアへの露出も極端に少なかったということでミステリアスなムードが高まったとはいえ、今となっては画像や映像があまり残っていないというのは残念な限りです。

少ない映像とレコードジャケットで門あさ美の美貌と魅力にせまってみましょう。

Fascination

門あさ美は、1979年9月5日シングル「ファッシネイション(Fascination)」でデビューしました。3ヶ月後の12月5日にはアルバム「Fascination」をリリースしオリコンで79位となっています。
ファッシネイション

ファッシネイション

(1979年9月5日)
ジャケットデザインは野暮ったいですが、モデルが最高ですね。ジャケ買いにふさわしいです。勿論、動く門あさ美もステキです。

門あさ美/ファッシネイション

門 あさ美は1955年10月17日生まれですから、当時24歳ですか。大人っぽいというか、声も含めてセクシーですね。

1年後にリリースされるセカンド・アルバム「Sachet」は、オリコンで16位となります。ファースト・アルバムがそれほどヒットしなかった理由のひとつは、アルバム・ジャケットにあったのではないかと思います。
FASCINATION

FASCINATION

イラストではなく、素直に門あさ美の写真を使っておけば良かったのではないでしょうか?!これ以降は門あさ美の美貌を活かした写真を使ったジャケットとなり、アルバムはヒットします。

Sachet

ファーストアルバムからは「モーニング・キッス」がアルバムと同時にシングルカットされています。これもまたステキな写真ですね。なんとなくデザインはやっぱり野暮ったいですが、モデルがやっぱり最高です。
モーニング・キッス

モーニング・キッス

(1979年12月5日)
「SACHET(サシェイ)」と名付けられたセカンドアルバムは1980年10月5日にリリースされました。ジャケットに門あさ美の顔こそ写っていませんが(裏面には色っぽく写っています)、これななんともセクシーなジャケットですね。
SACHET(サシェイ)

SACHET(サシェイ)

アルバムタイトルの「サシェイ」とは香り袋のことですが、なんとも意味深ですね。アルバムには「やさしい声で殺して」などという色っぽいタイトルの曲が収められておりアルバムの雰囲気を盛り上げています。

意味深といえば、門あさ美は自分の美貌を意識してのことでしょうか、なかなかきわどいタイトルの曲を作っています。例えば5枚目のシングルは「お好きにせめて」です。
お好きにせめて

お好きにせめて

(1981年5月25日)
この表情で「お好きにせめて」と言われると、好きにせめてしまうわけですが、その結果は7枚目のシングルタイトルにあります。
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「私」を「アタシ」と発音する「中原めいこ」がキュート過ぎる!そう、あのやんちゃな感じが。

「私」を「アタシ」と発音する「中原めいこ」がキュート過ぎる!そう、あのやんちゃな感じが。

中原めいこといえば「君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。」ですが、他にも素晴らしい曲が山のようにあります。そして何と言っても彼女自身のやんちゃな感じが実にキュートなんです。残念ながら、1992年のライブを最後に表舞台から姿を消してしまった中原めいこの初期5作品をまとめてみました。
obladioblada | 2,370 view
上品でキレイなお姉さんであるにも関わらず、脱ぎっぷりが素晴らしい夏樹陽子の「さそり」と「美しき標的」

上品でキレイなお姉さんであるにも関わらず、脱ぎっぷりが素晴らしい夏樹陽子の「さそり」と「美しき標的」

この世に「キレイなお姉さん」が嫌いな男などいない(一部例外を除く)。今も昔も憧れの存在、それが「キレイなお姉さん」ですね。70年代に颯爽とデビューした夏樹陽子はその筆頭でしょう。主演映画「新・女囚さそり 特殊房X」と「XX美しき標的」を中心に彼女の魅力にせまってみます。
obladioblada | 19,606 view
オールナイトフジの初代司会者として知られる鳥越マリは、歌も歌っておりました。

オールナイトフジの初代司会者として知られる鳥越マリは、歌も歌っておりました。

オールナイトフジの司会者。その後は女優へと転身する鳥越マリですが、その間に歌手としても活動していました。愛くるしい笑顔に成熟したナイスバディ。そりゃぁ、もう、オジサマ達をとりこにしたものです。
obladioblada | 1,479 view
日本の矢沢から世界のYAZAWAへ。世界に挑み続けた80年代の矢沢永吉。

日本の矢沢から世界のYAZAWAへ。世界に挑み続けた80年代の矢沢永吉。

80年代初頭、日本では向かうところ敵なしで絶頂だった矢沢永吉。次に彼が目指したのはアメリカ進出でしたが、それは思いのほか険しいものでした。世界に挑んだ戦いの歴史。それを刻みこんだ4枚のアルバムがこれです。
obladioblada | 2,912 view
オフコースと言えば何人組を思い浮かべますか?初期の「3人時代のオフコース」の魅力!!

オフコースと言えば何人組を思い浮かべますか?初期の「3人時代のオフコース」の魅力!!

「さよなら」「言葉にできない」「愛を止めないで」などのヒット曲で有名なオフコース。ミドルエッジ世代の皆さんが彼らを思い出すとき、「5人編成」もしくは「4人編成」の姿を思い浮かべると思いますが、実はデビュー時は3人編成でした。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト