【小橋建太VS佐々木健介!!】プロレスバカ二人による、東京ドームを舞台にした壮絶な意地の張り合い!!
2016年11月25日 更新

【小橋建太VS佐々木健介!!】プロレスバカ二人による、東京ドームを舞台にした壮絶な意地の張り合い!!

小橋建太と佐々木健介。お互いに「バカ」がつくほどのプロレス好きで、泥臭い努力と一途な情熱がそっくりな剛腕プロレスラー。2005年のノア東京ドーム大会では、そんな二人の初対決が実現、プロレスファンを大いに沸かせる素晴らしい「意地の張り合い」でした。

14,218 view

二人に共通するのは「プロレスバカ」なほどの情熱

互いにバカ正直なまでのプロレス道を歩みました

小橋建太

小橋建太

小橋 建太(こばし けんた、男性、1967年3月27日 - )は、日本の元プロレスラー。京都府福知山市出身。
1990年代後半から2000年代を代表するプロレスラーの1人。東京スポーツ主催のプロレス大賞、日刊スポーツの読者が選ぶMVPなど、多くの受賞経験を持つ。

2005年の東京ドーム大会で壮絶な試合を繰り広げたものの、翌日から元気にトレーニングを開始している。

2004年から2005年にかけて東京スポーツ新聞の一面企画として特訓シリーズを開始。ゲーセン特訓、北海道蟹特訓など常軌を逸したトレーニングを行った。

2005年の佐々木健介戦では「肉体的にはやっぱりキツイけど、翌日にフリーの佐々木選手は試合があるとレフェリーの西永秀一に聞いたので負けられないと思って道場に来た。でも、練習を始めた頃に西永が走ってきて『佐々木選手は試合がありませんでした』と言うもんだから、仕方がないから練習して帰った」そうである。

一方の佐々木健介は小橋との試合で興奮したためか、試合後の控え室で早速チューブトレーニングや腕立てに励んでいた。
佐々木健介

佐々木健介

佐々木 健介(ささき けんすけ、1966年8月4日 - )は、日本の元プロレスラー、男性タレント。福岡県福岡市南区出身。東福岡高校卒業。

年齢も同じ、プロレスへの情熱も同じ

IWGPヘビー級王座、三冠ヘビー級王座、GHCヘビー級王座と合わせて、初のメジャー3大タイトルを戴冠する快挙を成し遂げた。 2014年2月13日、現役引退を発表し、28年のプロレス生活にピリオドを打った。

プロレスリング・ノア東京ドームで行われた対小橋建太戦では、常識を超えた逆水平の打ち合いを繰り広げ、この年のプロレス大賞ベストバウトに選ばれた。

小橋との試合後、興奮が冷めないことと、小橋が試合後もトレーニングに励むと聞いたことから健介も控え室でチューブトレーニングなどを行った。

翌日は試合はなく、ある雑誌の取材を受けていたが、小橋が「健介は今日も試合があると思ってトレーニングをしていた」という発言をしたと聞き、帰ってすぐトレーニングに励んだ。

小橋の性格

口下手、でもリングの闘いは誰もよりも雄弁

口下手、でもリングの闘いは誰もよりも雄弁

負け惜しみや悪口やデカい口を叩くなどということは一切無縁である。小橋と対戦経験のある鈴木みのるは、「俺に挑発されたレスラーは大抵ムキになって言い返すけど、そうすると向こうの印象が悪くなるだけだし、大体口で俺に勝てるわけがねぇ(笑)。でも小橋はそういうことが無い。あいつこそ真のベビーフェイスだ」と、小橋を評価している。

GHC王者だった時には、ベルトを綺麗に磨き、会話するのが日課であり、ベルトを持参したファンとの撮影会の翌日にもかかわらず、ピカピカに磨かれたベルトを見て付き人だったKENTAや潮崎豪は大変驚いていた。

ファンサービスが丁寧であることも知られている。どんな状況でも必ず笑顔でサインをし、断ることはほとんど無い。2007年11月シリーズより、小橋関連のグッズを会場で購入すると、サイン会がなくても、小橋直筆の「バーニング」サイン色紙がシリアルナンバー付きでもらえる。

小橋自身が幼少期、プロレス観戦に行き新日本プロレス所属(当時)の藤波辰巳にサインを求め、快くサインをしてもらったという思い出があり、デビュー時からファンを非常に大切にしている。

また中学生時代、全日本の試合会場でダイナマイト・キッドへサインを求めるも、キッドに色紙を投げ捨てられたことがあり、これが反面教師となった。

健介のエピソード

こちらも人の良さが顔に出ていますが、リングに立てば仁王の形相

こちらも人の良さが顔に出ていますが、リングに立てば仁王の形相

デビュー当初、全く勝つことができず、初勝利まで203連敗という記録を喫していた。

全日本では小川良成(現:ノア)、新日本では飯塚高史、が同年齢の同期にあたり、若手時代から互いに呼び捨てで接している。

新日本プロレスが全日本女子プロレスと合同で平壌興行を行った際、当時全日本女子プロレス所属であった北斗晶に一目惚れ(しかし、後に当初健介は豊田真奈美を狙っていた事が発覚した。)し、帰国後に結婚を申し込む。北斗もこれを快諾し、異例の早さでの結婚となった。

現在は北斗との間に二人の息子をもうけている。なお、パブリックな場では妻を「北斗」と呼んでいるが、プライベートでは「チャコ」と呼んでいる。現在のフィニッシュムーヴであるノーザンライトボムは、もともとは北斗が考案しフィニッシュムーヴとしていたもので、結婚前後から健介もこれをフィニッシュムーヴとして使用するようになった。一方、北斗は現役時代に健介のオリジナルホールドであるストラングルホールドγを使用している。

小橋建太とは、2005年のドームからの付き合い。ファイトスタイルや体つきが似ていることなどでかなり共通点が多い二人だが、小橋が腎臓癌で入院した際、健介は左眼窩底骨折を患い、同じ時期に入退院をしたり、同じ時期に買った携帯がたまたま全く同じ機種だったり、偶然の所でも通じ合うものがあるという。

中西学 永田裕志 小島聡 天山広吉 真壁刀義らに対するシゴキも有名であったが、ダイヤモンドリングに所属していた西川潤がブログを通じて健介の理不尽なシゴキを告発した。

「しごき」については自身も若手時代、格別に厳しい物を受けている。のちのちに判明するが実は「体もあまり大きくならないし、しごいて辞めさせてしまえ」という長州の指示によるものであった。

2005.7.18 小橋建太 vs 佐々木健介が実現しました

プロレスリング・ノアの東京ドーム大会で実現

剛腕対決!!

剛腕対決!!

「夢の対決」実現の瞬間でした
2005年7月18日、プロレスリング・ノア東京ドームのセミファイナルで二人は激突。この試合は、両者の意地と意地が真っ向からぶつかり合う壮絶な試合となりました。特に互いに一歩も引かないチョップの応酬は、合計218発にも及びます。

伝説の試合としていまなお語り継がれるこの試合、それは両者が一歩も引かなかったことが大きな要因でしょう。互いに脂の乗った時期であり、それぞれが団体のエースとして看板を背負っている時期でした。また何より2人のファイトスタイルが酷似していた点も挙げられます。

また、他にも「夢のカード」実現は多々ありましたが、いわゆる「コンディションのピーク」時期を大きく超えてしまってからの実現が多い中、二人はまさに頂点といってもいい時期の激突でした。

所属団体やキャリアは違うものの、「鍛え上げた体で相手の攻撃を受けきる」ところや、「テクニックよりパワーで相手をねじ伏せる」ところなどは両者に共通しています。さらに「泥臭いほどの努力を重ねてエースに登りつめた」という点では、当時のプロレス界において双璧であったと言っていいでしょう。

壮絶すぎる打ち合い

26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ビッグバン・ベイダー物語は猪木秒殺事件から始まった!空飛ぶ巨漢が新日UWF全日ノアで大暴れ!

ビッグバン・ベイダー物語は猪木秒殺事件から始まった!空飛ぶ巨漢が新日UWF全日ノアで大暴れ!

日本マット界にビッグバンを起こした皇帝戦士ベイダー。170キロの巨漢で空中殺法を炸裂させるプロレスラーは他に類例がない。ベイダーの新日本マット登場から、UWFインター、全日本プロレス、プロレスリング・ノアでの激闘を振り返り、強さの秘密に迫る。
ブラックサワ | 50,811 view
【田上明】「ダイナミックT」もう一人の四天王、三沢亡き後のプロレスリング・ノアを支える田上明。

【田上明】「ダイナミックT」もう一人の四天王、三沢亡き後のプロレスリング・ノアを支える田上明。

1990年代に全日本プロレスでジャンボ鶴田のパートナーとして超世代軍と数々の激闘を繰り広げ、後に川田利明と聖鬼軍を結成して全日本プロレス四天王に君臨した田上明。恵まれた体格を生かしたダイナミックな動きから「ダイナミックT」と称されました。三沢光晴がプロレスリング・ノアを設立した際はともに行動し、2009年三沢急逝の後は2代目社長として活躍しています。
青春の握り拳 | 11,868 view
【秋山準】策士の役を買って出た秋山準、プロレスリング・ノアが一気にメジャー団体に駆け上がった影の立役者はこの人か。

【秋山準】策士の役を買って出た秋山準、プロレスリング・ノアが一気にメジャー団体に駆け上がった影の立役者はこの人か。

全日本五強⇒プロレスリング・ノアのエース⇒全日本プロレス社長へ。波乱万丈のマット界で常に自ら仕掛け行動し続ける賢者、そして「鉄人」バーニング小橋建太の永遠の盟友でもあった秋山準を追う。
青春の握り拳 | 8,029 view
【小橋建太】「ミスタープロレス」まさにプロレス一途に駈け抜けた男!「プロレスの鉄人」とも称された青春の握り拳、小橋建太!!

【小橋建太】「ミスタープロレス」まさにプロレス一途に駈け抜けた男!「プロレスの鉄人」とも称された青春の握り拳、小橋建太!!

1990年代に大型外人レスラーと数々の激闘を繰り広げ、全日本プロレス四天王に君臨した小橋建太。バカがつくほど真面目にプロレス一筋な彼は、いつしか「ミスタープロレス」「鉄人」と称されるようになりました。多くのプロレスラーやアスリートが尊敬するプロレスラー小橋建太の剛腕ラリアットやマシンガンチョップは日々の尋常でない練習量の賜物。青春の握り拳は見る者に勇気を与えてくれました。
青春の握り拳 | 10,116 view
プロレスラー三沢光晴。全日本プロレスのトップからプロレスリング・ノアを立ち上げたエルボーの貴公子

プロレスラー三沢光晴。全日本プロレスのトップからプロレスリング・ノアを立ち上げたエルボーの貴公子

1990年代にスタンハンセンやジャンボ鶴田と数々の激闘を繰り広げ、全日本プロレス四天王に君臨した三沢光晴。数々の難敵を撃破した魂のエルボー、ヘビー級離れした華麗な跳躍力、どんな技も真正面から受け立ち上がる不屈のスピリット。黙して語らない男の美学に私たちは酔いしれました。後にプロレスリング・ノアを設立してプロレス界の頂点に君臨した三沢。2009年に急逝したものの、彼の栄光が色褪せることはありません。
青春の握り拳 | 24,321 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト