昭和の天才少年ギタリスト!鈴木賢司☆Kenji Jammer
2016年9月6日 更新

昭和の天才少年ギタリスト!鈴木賢司☆Kenji Jammer

1980年、天才ギタリストと呼ばれる少年がいた。昭和の終わり、彼Kenji Jammerはストラト1本を持ちイギリスへ渡った。鈴木賢司の演奏を初めて聴いてから、20年以上がたち、当時のギターの音をもう一度聴きたくなり、ネットでさがしてみました。

10,138 view

ギタリスト 鈴木賢司 Kenji Jammer とは

10代の頃より「天才ギター少年」と呼ばれ、レコードデビュー以前にサザンオールスターズのオープニングや内田裕也氏のロックフェスティバルなどに出演。
1983年、EPIC・ソニーよりミニアルバム『ELECTRIC GUITAR』でデビュー。
鈴木賢司(Kenji Jammer)

鈴木賢司(Kenji Jammer)

1964年、東京生まれ。
高校在学時より「天才ギター少年」と呼ばれ、ライブ、コンサートで活躍する。
1983年、19才。Epic Sony recordよりミニアルバム「Electric Guitar」でレコードデビュー。

鈴木賢司 スパークス - YouTube

鈴木賢司の超絶テクニックギター
1985年、スティーヴィー・レイ・ヴォーン、ディープ・パープルの来日公演でオープニングアクトを務めます。

1987年、元クリームのジャック・ブルースと共演、アルバム『INAZUMA SUPER SESSION Absolute Live!!』リリース。このアルバムで共演した際に海外での活動を勧められ、1988年に渡英。活動の拠点をロンドンへと移しました。
http://blog.livedoor.jp/pyung2/archives/55101684.html (398435)

1990年以降はロンドンにて本格的に活動を開始。
1991年リリースのBomb The Bassのアルバム『Unknown Territory』に参加。このアルバムから「Love So True」「Winter In July」そして「Air That You Breath」がUKでチャートインし、BBCのチャート番組<Top Of The Pops>や<The Word>といった音楽番組に数回出演。

1998年よりシンプリー・レッドのメンバーとして、バンド解散の2010年までレコーディング及びワールドツアーにギタリストとして参加。

2015年にバンド結成30周年を迎え活動再開したシンプリー・レッドのニュー・アルバム『ビッグ・ラヴ』にも参加、10月からの大規模な欧州ツアーにも参加が決定。

鈴木賢司 Kenji Jammer 日本での活動

学生服姿の超速弾きギター少年

学生服姿の超速弾きギター少年

1980年に近田春夫のバックバンドのオーディションを受け、近田の目にとまった。
1981年 渋谷Egg-Manで行なわれた桑田佳祐のソロ・ライブの前座で演奏。
1983年、EPIC・ソニーよりミニアルバム『ELECTRIC GUITAR』でデビュー。
サザンオールスターズのツアーに前座で出演、学生服姿で演奏し速弾きが話題に。
天才ギター少年、鈴木賢司

天才ギター少年、鈴木賢司

黒縁めがねをかけた、子供っぽい少年だった。
とにかく、速弾きがすごかった!
日本で活動時の代表作「COSMIC WORDS」

日本で活動時の代表作「COSMIC WORDS」

1984年9月23日、新宿LOFT。アナーキーのライブ。
日本で活動時の代表作はCOSMIC WORDS。

Amazon | 鈴木賢司 | Cosmic Words 通販

¥5,830より
鈴木賢司のCosmic Wordsがお買い得。お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。アマゾン配送商品は通常配送無料(一部除く)。

渡英し、活動拠点をロンドンへ

1988年に渡英、活動の拠点をロンドンへ

1988年に渡英、活動の拠点をロンドンへ

1987年に元クリームのジャック・ブルースと共演(INAZUMA SUPER ESSION)。
1988年ジャック・ブルースに勧められギター1本を持って渡英。

ジャック・ブルース,アントン・フィア&鈴木賢司/イナズマ・スーパー・セッション"アブソリュート・ライヴ" - YouTube

鈴木賢司 - 輝ける7つの海をこえて - YouTube

理由なき反抗/鈴木賢司 - YouTube

「理由なき反抗」
SIMPLY REDのメンバーに

SIMPLY REDのメンバーに

KENJI JAMMER(鈴木賢司)は、'03年の1年間、 UKのバンドSIMPLY REDのワールド・ツアーに参加。 ヨーロッパ、アフリカ、中東、南米、アメリカの各都市をまわった。
Kenji Jammer(Simply Red)

Kenji Jammer(Simply Red)

1998年より2010年の解散までシンプリー・レッドのメンバーとしてレコーディング及びワールドツアーにギタリストとして参加。

その後も、ミック・ハックネル/Mick Hucknallのソロプロジェクトに参加。
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

懐かしさで涙が出そう・・・「FM STATION」のカセットレーベル集めてみたよ!

懐かしさで涙が出そう・・・「FM STATION」のカセットレーベル集めてみたよ!

カセットテープに使っていたカセットレーベル!今回は「FM STATION」のカセットレーベル集めてみたよ!
うーくん | 117,848 view
「ジェフ・ベック」初の公式ドキュメンタリー作品が遂に登場!新宿では「一夜限りの上映会」も開催!

「ジェフ・ベック」初の公式ドキュメンタリー作品が遂に登場!新宿では「一夜限りの上映会」も開催!

ジェフ・ベック初の公式ドキュメンタリー作品「ジェフ・ベック /スティル・オン・ザ・ラン ~ジェフ・ベック・ストーリー」が、DVD・ブルーレイでそれぞれ発売されることが決定しました。発売予定日は2018年3月7日、初回限定生産には“テレギブ”FENDER公認フィギュアが付属します。
隣人速報 | 285 view
忌野清志郎のヒストリーを辿る写真集が15日に発売!愛用楽器150点以上を掲載!!

忌野清志郎のヒストリーを辿る写真集が15日に発売!愛用楽器150点以上を掲載!!

故・忌野清志郎が愛用していたギター&楽器150点以上を掲載した書籍「忌野清志郎 ロッ研ギターショー ~愛蔵楽器写真集~」が3月15日に発売。
red | 1,136 view
ギター・マガジンで70~80年代の歌謡曲を特集!野口五郎とCharが対談!ギタリスト同士が約40年ぶりの邂逅!!

ギター・マガジンで70~80年代の歌謡曲を特集!野口五郎とCharが対談!ギタリスト同士が約40年ぶりの邂逅!!

音楽専門誌『ギター・マガジン2017年4月号』で歌謡曲が特集される。”ギター”に焦点を当てた今月号では、ギタリスト同士である野口五郎とCharの対談や、小室哲哉が歌謡曲を語るインタビュー、プロのギタリストが選ぶ”ギターがカッコいい歌謡曲”等が特集される。3月13日に発売。
【孤高のギタリスト】3大ギタリストの一人、ジェフベック!

【孤高のギタリスト】3大ギタリストの一人、ジェフベック!

エリッククラプトン・ジミーペイジと並び3大ギタリストと呼ばれるジェフベックについて、当時僕が受けたショック・感想を交えながら紹介してみます。
yakushakowai | 1,532 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト