洋楽の中でもボン・ジョヴィ(Bon Jovi)が大好きだった若かりし頃。
2016年6月24日 更新

洋楽の中でもボン・ジョヴィ(Bon Jovi)が大好きだった若かりし頃。

みなさんは若いとき、邦楽or洋楽のどっと派でしたか?どちらも人気の曲を聞きかじっていた筆者は、もちろんBon Joviの楽曲を夢中で聴いたものでした。

7,704 view

独断と偏見で選ぶBon Joviベスト10!!!

あくまで独断と偏見によることをご了承くださいませ。

Bon Jovi - Born To Be My Baby - YouTube

Bon Jovi - Livin' On A Prayer - YouTube

Bon Jovi - You Give Love A Bad Name - YouTube

Bon Jovi - Bed Of Roses - YouTube

Bon Jovi - These Days - YouTube

Bon Jovi - Always - YouTube

Bon Jovi - Hey God (Long Version) - YouTube

Bon Jovi - Runaway - YouTube

Bon Jovi - In These Arms - YouTube

Bon Jovi - This Ain't A Love Song - YouTube

Bon Jovi the Best !!!

BON JOVI The Greatest Hits (all album) - YouTube

Amazon.co.jp: Bon Jovi : Solid Gold - ミュージック

¥2,092
[Solid Gold] Bon Jovi - CD・レコードの購入はオンライン通販アマゾン公式サイトで。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。

Bon Jovi(ボン・ジョヴィ)

Bon Jovi

Bon Jovi

アメリカ・ニュージャージー州出身のロックバンド。
ジョン・ボン・ジョヴィ(Jon Bon Jovi)とデヴィッド・ブライアン(David Bryan)を中心に結成。
その後、リッチー・サンボラ(Richie Sambora)とティコ・トーレス(Tico Torres)が加入。

1984 - 1991年

『夜明けのランナウェイ』でデビュー

『夜明けのランナウェイ』でデビュー

1984年、アルバム『夜明けのランナウェイ』でデビュー。
キーボードを多用したメロディアスな楽曲で、デビュー当初は本国アメリカよりも日本で人気に。

1985年、2ndアルバム『7800°ファーレンハイト』を発表。
アルバムに収録されている「TOKYO ロード」は、日本のファンへ感謝の意を込めて作られた。アルバム曲の中で離別の寂しさを歌った曲が多いのは、1stアルバムの成功で生活が一変しメンバー全員が別れを経験したためであると言われている。

1986年、3rdアルバム『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』を発表。ビルボードチャートで8週連続全米1位となり、1987年年間チャート第1位を獲得する。シングル「禁じられた愛」と「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」は、優れたプロモーション・ビデオとMTVによる強力なプッシュもあってビルボードシングルチャート1位を獲得し、アルバムは全世界で2,800万枚をセールスするなど一躍世界的な人気を得る。
日本では「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」が富士フイルム「AXIA」のCMソングに起用され、CMにはメンバーも出演した。

1987年、日本武道館5公演を含む日本公演が開催。

1988年、4thアルバム『ニュージャージー』を発表し、全米・全英チャートで1位を獲得する。シングル「バッド・メディシン」と「アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー」も全米シングルチャートで1位を記録。日本でも第3回日本ゴールドディスク大賞アーティスト・オブ・ザ・イヤーなどを獲得する。
また、「バッド・メディシン」はSANYO CDラジカセ「ZooSCENE」・家庭用ビデオ規格「S-VHS」CMソングに起用され、CMにはメンバーも出演した。大晦日にはボン・ジョヴィをヘッドライナーとして東京ドームでロック・フェスティバルが開催され、ラット、キングダム・カムらと共演した。

1989年、大晦日に引き続き元日からロック・フェスティバルに出演。その後、大阪・名古屋で単独ライブを開催された。

1990年、2年にも及ぶ過酷なロング・ツアーと連日のハードスケジュールでメンバーが消耗しきってしまい、解散の危機が騒がれる様になる。ジョンは1stソロ・アルバム『ブレイズ・オブ・グローリー』を発表し、全米チャート1位を獲得する。大晦日には再びボン・ジョヴィをヘッドライナーとしてシンデレラ、スキッド・ロウらとの東京ドーム公演が開催された。

1991年、年明けから横浜・名古屋・大阪で単独ライブ開催された。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI(54)が、28年ぶりとなるオール撮りおろし写真集『XY』を発売することが決定しました。
隣人速報 | 207 view
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 157,606 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 153,420 view
楽器店員が選ぶ「好きな邦楽バンド」が決定!60年代から90年代における人気邦楽バンドとは?

楽器店員が選ぶ「好きな邦楽バンド」が決定!60年代から90年代における人気邦楽バンドとは?

島村楽器株式会社は、会社の20代~50代の従業員に対して好きな邦楽バンドに関する調査を実施し、383名から回答を得ました。果たしてどのバンドが上位にランクインしているのでしょうか?
隣人速報 | 3,516 view
懐かしのバンドが目白押し!楽器店員が選ぶ「推しバンド」「加入希望バンド」が決定!!

懐かしのバンドが目白押し!楽器店員が選ぶ「推しバンド」「加入希望バンド」が決定!!

島村楽器株式会社が、このたび従業員に対して洋楽ロックバンドに関する調査を実施しました。その結果、楽器店員が選ぶ「推しバンド」「加入希望バンド」に加え、一番ロックが盛り上がっていたのはどの年代だったのかも明らかに!
隣人速報 | 2,945 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト