2016年11月18日 更新

【暴走族からチーマーへ】私たち世代の不良グループを振り返ってみよう。

「湘南爆走族」や「ろくでなしBLUES」「特攻の拓」などの不良漫画には慣れ親しんでいる世代の私たち。でも本当の歴史はあまり知りませんでしたよね。そこで暴走族からチーマーに至る歴史をまとめてみました。

363,546 view

暴走族の定義

暴走族は主に日本に見られ、オートバイや乗用車を用いて騒音を伴う無秩序な運転をする集団とされます。
集団による交通の妨害や危険をもたらす一連の行動は、主に道路交通法の共同危険行為として罰せられます。また集団の自動車やオートバイは、ほとんどが違法改造車であるため、この点で検挙されることも。

主に1980年前後まで日本全国に存在、当時の社会背景の中で一部ファッション化したような流れがありました。
1980年前後が最盛期とされています

1980年前後が最盛期とされています

警察庁の1980年11月調査では、全国で754グループ、38,902名の暴走族が確認。
これは1980年6月に比べて10.8%増の数字(女性暴走族は948名から1,426名に増加)。
低年齢化も進み、15歳以下の構成員は1976年当時の47名から1,208名へと約25倍に。
1981年にもグループ数はさらに増加し、835グループが確認され、8,255名が検挙(前年比82.5%増)。

1980年代初頭に大ブレイクした「なめんなよ」も暴走族のイメージ

【なめ猫】子供のころ「なめ猫免許証」もってました、何て書いてるのか分かりませんでしたけどね。 - Middle Edge(ミドルエッジ)

【なめ猫】子供のころ「なめ猫免許証」もってました、何て書いてるのか分かりませんでしたけどね。 - Middle Edge(ミドルエッジ)
1980年初頭に大流行した「なめ猫」。子供のころガチャガチャの景品なんかにもなっていましたね。「死ぬまで有効」「なめられたら無効」の意味すら分からずにとにかくカードを集めていました。

「共同危険型」と「違法競走型」

共同危険型暴走族

マフラーを途中で切断するなどして意図的に大きなエンジン排気音を発生させる、あるいは大音響のホーンを鳴らすといった騒音を出したり、何台も車両を連ねて路上を占拠し低速で蛇行走行などを行う形態の暴走族。

活動するテリトリー内で起きる暴走族同士の抗争事件などの暴力的側面や直接的に暴行や恐喝を行う犯罪傾向もあって、1970年代から1980年代にかけて大きく社会問題化。
構成員の多くが若い男性で、女性のみの集団は「レディース」という俗称で呼ばれることも。

不良行為少年の代表格と見られることが多く、1970年代から1980年代にかけ、一種独特の服装や髪型などが暴走族への所属有無にかかわらずファッションとして不良少年全般に広まりました。

違法競走型暴走族

峠道や高速道路などで、排出音の大きいエンジンやマフラーに付け替えた車両を用いることや、ドリフト走行による摩擦音が発生することなどによって、通常の通行車両よりも大きな騒音を出して走る暴走族。「走り屋」と呼ばれることも。

初日の出暴走で振り返る全盛期の暴走族VS警察 - Middle Edge(ミドルエッジ)

初日の出暴走で振り返る全盛期の暴走族VS警察 - Middle Edge(ミドルエッジ)
最近では取り締まりが厳しくなり初日の出暴走が少なくなったと言われています。90年代の全盛期の暴走族VS警察を振り返ってみましょう。

時代を代表する暴走族について

下記、時代ごとに代表的とされた暴走族についての紹介サイトから。

不良少年小史(1) 1970年代 暴走族全盛期(http://rekishiiroiro.blog130.fc2.com/blog-entry-1035.html)
不良少年小史(2) 1980年代 チーマーの出現(http://rekishiiroiro.blog130.fc2.com/blog-entry-1037.html)
より。

画像についてはネット上から得られたものを拝借。

1960年代

当時はまだ高価だったオートバイを集団で乗り回す若者が登場、マフラーを外して爆音を響かせながら走り回る様から「カミナリ族」と呼ばれました。

交通を妨げて疾走することから交通事故が懸念されたものの、時代は高度成長期であったため、社会が大きく変容することのストレスを受けたモラトリアムの範疇として、マスメディアや文化人を中心にある程度容認される傾向も見られる時代でした。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~wo-house/honmoku-golden-37.jpg (877636)

横浜、本牧を中心に「ナポレオン党」という不良グループがあった。彼らはディスコで遊び、車でナンパし、喧嘩もする。ブラックミュージックやロックンロールに傾斜して行き、アフロとリーゼントを合わせた日本の初期の暴走族独特のヘアスタイルも確立してゆく。

1970年代 暴走族全盛期

オートバイが低価格化とともに広く一般へも普及、不良少年達に浸透していくと暴行・恐喝事件を起こす傾向が強くなり、一般市民への暴力事件やグループ同士の抗争事件が社会問題として取り上げられるように。

1972年に富山県富山市中心部の城址大通りから端を発して全国に広がった騒動をきっかけに、「暴走族」の呼び名が広まり警察当局もこの名称を公文書に用い始めます。
東日本では1972年ごろからグループ化が始まり、1974年には確認されているだけで86件の抗争事件が発生。同年にはグループ数の増加が顕著となり、日本各地のグループが「東北連合」、「関東連合」、「武州連合」などといった連合体を結成する動きに。

1975年上半期の時点では、全国に571グループ、約2万3千人が存在しており、包丁、火炎瓶、ヌンチャク、角材や木刀などで武装するグループも登場。
この時代になると社会の安全を脅かす存在として、従来の「モラトリアムの範疇」という論は低調になっていきました。

スペクター

http://misty-family.shumilog.com/files/2012/12/2pec500-460x135.jpg (877642)

構成人数日本一でメンバーは千台以上のバイクと数千人の人数を誇った。

発祥地町田であり国士舘出身の島野友一氏が創立した。スペクター最盛期における最も有名な総長がサラリーマンをやりながら30歳まで総長を続けた三代目総長の加々美恵三氏である。

加々美氏は有名人であったので、極悪などさまざまな暴走族に狙われた。スペクターは新宿・中井、浅草が中心ではあるが、後にどんどん勢力を拡大し神奈川・相模原~三鷹~八王子~千葉・松戸など各地で勢いを増していった。

極悪

http://i.ytimg.com/vi/ewnpjIBdbxU/hqdefault.jpg (877645)

築地・月島極悪、北千住極悪、板橋極悪らが初期で、後に三ノ輪極悪、町屋極悪、梅島極悪、千駄木極悪などが結成された主に東京の下町の暴走族である。

この極悪は暴走族を「右翼化と立て文字化(漢字化)」と喧嘩中心のスタイルへ変化させた。「狂走族」と呼ばれていたのが「暴走族」と呼ばれるようになったのも極悪がきっかけである。ただし、暴走族ではあったがバイクにはあまりのっていなかった。

極悪は国士舘出身が初代だったので右翼的であった。さらに極悪のステッカーには日の丸がデザインされていた。

当時の暴走族のネーミングはブラックエンペラー、スペクター、ジョーカーズ、など「横文字文化」が中心だった。しかし、極悪によって暴走族は立て文字文化に変わっていった。

そしてヘアスタイルも長髪リーゼントから短髪、二グロやアイパ―に変わり特攻服を着たのも極悪が最初と言われる。当時は特攻服でなく戦闘服と呼んでいた。

それまでの暴走族はナンパ目的であったが、極悪は「走る暴力団」などと言われてさまざまな抗争事件をおこした。極悪はどことも喧嘩をし、下町の極悪に対して山の手のスペクターを含めたCRS連合、ZERO、ジョーカーなど、同じ下町同士では錦糸町などを中心とした単独の老舗チーム「一寸法師」とも抗争を起こしている。

ジョーカーズ

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-76-01/jokers53aoyamafamily/folder/420393/21/3079721/img_2?1234916171 (877648)

全日本狂走連盟の中の一つでオシャレで有名なチーム。原宿ジョーカーズ、青山ジョーカーズ、渋谷ジョーカーズ、代々木八幡ジョーカーズなどの地名で推して知る、山の手の暴走族で、極悪とは常に対立していた。

カッコいい暴走族で喧嘩はあまりせず三代目くらいまでは「逃げのジョーカーズ」などと言われたが、四代目大嶋秀元氏が総長になってから火炎瓶を投げたりして戦闘的になっていく。

キラー連合

http://auctions.wing.c.yimg.jp/sim?furl=auctions.c.yimg.jp/img353.auctions.yahoo.co.jp/users/6/2/2/8/tokeiyakuba-org-1369240139229938&dc=1&sr.fs=20000 (877651)

キラー連合は鬼羅連合と表記する事があり、東京から千葉にかけての戦闘的な暴走族として有名だった。20くらいのチームが集まった連合体でありメンバーは4千人ほどいた。

注目すべきは、暴走族史上おそらく最初で最後の女総長でシャコタンブギのモデルにもなった「ノリコ」で、この4千人もの男達を束ねていた。

ブラックエンペラー

 (1707421)

国立発祥。マスコミへの露出で全国的に最も有名なグループ。特に柳町光男監督のドキュメント映画「ゴッド・スピード・ユー」はブラックエンペラー三代目総長(二代目説あり)瓜田吉寿氏にスポットを当てた作品である。

関東連合の中心的チームでもあり、海老蔵事件で有名になった中心人物は、千歳台エンペラーの総長だった事も記憶に新しい。

COOLS(クールス)

http://img-cdn.jg.jugem.jp/211/1387732/20150108_1506184.jpg (877657)

ヘルズエンジェルスを彷彿させるバイカーのようなスタイルの暴走族とは別の路線の不良。

舘ひろしや岩城晃一が所属していた。このグループを暴走族の範疇に入れる人もいる。

【舘ひろし&岩城滉一】矢沢永吉の「キャロル」解散コンサートで親衛隊を務めたクールスの2トップ!! | Middle Edge(ミドルエッジ)

【舘ひろし&岩城滉一】矢沢永吉の「キャロル」解散コンサートで親衛隊を務めたクールスの2トップ!! | Middle Edge(ミドルエッジ)
舘ひろし、岩城滉一。ともにダンディーとしか言いようがない名優二人は、かつてクールスを結成した盟友でもありました。互いの原点ともいえるクールスについて振り返りたいと思います。
72 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

初日の出暴走で振り返る全盛期の暴走族VS警察

初日の出暴走で振り返る全盛期の暴走族VS警察

最近では取り締まりが厳しくなり初日の出暴走が少なくなったと言われています。90年代の全盛期の暴走族VS警察を振り返ってみましょう。
M.E. | 42,019 view
『湘南爆走族ファンブック』発売にファン興奮!作者・吉田聡のインタビューも収録された148ページ!

『湘南爆走族ファンブック』発売にファン興奮!作者・吉田聡のインタビューも収録された148ページ!

暴走族漫画の原点といわれる「湘南爆走族」。今回、『湘南爆走族ファンブック』がモーターマガジン社より発売された。価格は1,370円(税別)。暴走族の漫画が珍しかった時代に登場したエポックメイキング的な大ヒット漫画が大特集された一冊だ。
「週刊少年マガジン」が100万部割れ!編集部が原因をツイートし、悔しさも吐露!

「週刊少年マガジン」が100万部割れ!編集部が原因をツイートし、悔しさも吐露!

漫画誌「週刊少年マガジン」(講談社)の印刷部数(印刷証明付き)が、日本雑誌協会が算定したデータで今年7~9月の平均が99万5017部と、100万部を割り込んだことが分かった。また、その原因について週刊マガジン編集部がツイートしている。
昔はノーヘルで良かった!86年に全てのバイクでヘルメット着用が義務化!

昔はノーヘルで良かった!86年に全てのバイクでヘルメット着用が義務化!

かつてはヘルメット無しの状態、いわゆる「ノーヘル」での乗車も可能な時代があったのを覚えているだろうか。バイクに乗車する際のヘルメット着用義務は1965年から始まり、1986年には原付も含めた全てのバイク、全ての道路でヘルメット着用が義務化された。
ひで語録 | 11,819 view
1987年創刊のヤンキー御用達の雑誌『チャンプロード』が休刊へ!“ヤンキーのバイブル”と言われ、人気を博した!

1987年創刊のヤンキー御用達の雑誌『チャンプロード』が休刊へ!“ヤンキーのバイブル”と言われ、人気を博した!

不良文化を応援する雑誌『チャンプロード』が11月26日発売号をもって、休刊することが明らかとなった。『チャンプロード』は株式会社笠倉出版社が出版している暴走族向け自動車雑誌・オートバイ雑誌。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

オススメ

おすすめ記事