リングに青春をかけた少女達の物語。リングに咲くヒロインたち!歴代女子プロレスアイドルのまとめ(ヌードあり)総勢12名
2016年11月25日 更新

リングに青春をかけた少女達の物語。リングに咲くヒロインたち!歴代女子プロレスアイドルのまとめ(ヌードあり)総勢12名

歴代の女子プロレスのアイドル達、赤城マリ子・マッハ文朱・ビューティーペア・ミミ萩原・クラッシュギャルズ・キューティー鈴木・尾崎魔弓・福岡晶・工藤めぐみ・納見佳容のまとめです。

343,413 view

赤城マリ子

赤城 マリ子(あかぎ まりこ)

赤城 マリ子(あかぎ まりこ)

赤城 マリ子(あかぎ まりこ、1954年1月6日 - )は、岩手県盛岡市出身の元女子プロレスラー。本名・加瀬谷 東子。
中学卒業後に上京。会社員として勤務後、全日本女子プロレスに入門。全女を経営する松永家とは親戚に当たる(これは初代・赤木マリ子の情報)2代目は縁故関係はない。
リングネームは赤木まり子より2代目を襲名(初代はマスクをかぶりマスクド・マリに変身)。後に表記は「赤城マリ子」に変わった。
1970年3月19日デビュー。
1972年10月11日、ジャンボ宮本と組み、WWWA世界タッグを獲得。ペギー黒田、佐々木順子、柳みゆき、マッハ文朱とのタッグでも王座に君臨した。
シングルでも1976年3月15日にジャンボ宮本よりWWWA世界王座を奪取。
選手晩年は覆面ヒールに転向し、シルバー・サタンとのシルバー・ペアを組んだ。
1979年7月引退。フジテレビ「全日本女子プロレス中継」解説者となる。
(出典:Wikipedia)
70年代前半に活躍。女子プロレスの初期の美人スター選手...

70年代前半に活躍。女子プロレスの初期の美人スター選手初代”セクシーパンサ”

http://akagimariko.net/record/images/main.jpg (491637)

マッハ文朱

マッハ文朱(マッハふみあけ)

マッハ文朱(マッハふみあけ)

マッハ文朱(マッハふみあけ、1959年3月3日 - )は、日本の女優、タレント、歌手、司会者。元女子プロレスチャンピオン。本名は渡辺 文枝。熊本県天草郡大矢野町(現・上天草市)生まれ。血液型はB型、身長174cm。三人姉妹の次女。
歌手志望で、1972年、13歳の時、『スター誕生!』に出場し、決戦大会(本戦合格者が出場する、芸能事務所・レコード会社参加の最終審査)まで進出したが、スカウトのプラカードは挙がらなかった。同決戦大会に山口百恵が出場していたことから後に「山口百恵に敗れた」という形容で呼ばれるようになった(なおスター誕生は「勝ち抜き戦」ではなく審査は個別に行われるもので、直接対決に敗れたのではなく20社のスカウトが集中した山口との対比を指した比喩である)。
おじがゴルフをやっていて、ゴルファーになることが決まっていたが、姉が「女子プロレスラー募集」という週刊誌の小さい募集記事を見つけてきた。1974年、15歳の時、姉に勧められ、一転して全日本女子プロレスに入門(結果的に芸能界に縁のあった者や志望者がプロレスに入門するというケースのはしりとなり、ミミ萩原、アストレスなどがそれに続いた)。2011年10月1日付の『朝日新聞』の特集「うたの旅人」におけるインタビューで文朱はプロレス転身について、『スター誕生!』決戦大会後に番組プロデューサーから「いまはかわいい一辺倒のアイドル全盛だから、君は大人っぽくて中途半端だ」と言われたことから、体格と運動神経を生かしてスポーツの路に進むしかないと見極めがついた、と語っている。リングネーム「マッハ文朱」は、巴ゆき子の命名によるものであった。
公称180cmという長身、ルックスの良さ、もって生まれたスター性、前述のごとく歌も歌えることなどからすぐに注目され、旗揚げ後苦難が続いた同団体初のアイドルスター選手となり、従来の女子プロレスのイメージを変え、TVの人気も上がり、同団体の経営が確立した。圧倒的な体格・体力だけでなく格闘技歴があったため、相手選手を壊さないように気をつけながらリングに上がっていたと本人は発言している。
(出典:Wikipedia)
女子プロアイドルの元祖といえる存在

女子プロアイドルの元祖といえる存在

http://members2ami-go.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/02/25/img318.jpg (491641)

https://www.yamano-music.co.jp/docs/jacket-link/Y121121550.jpg (491642)

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-20-73/rahyale/folder/913274/48/22738248/img_0 (491643)

ビューティーペア(ジャッキー佐藤・マキ上田)

ビューティーペア(ジャッキー佐藤・マキ上田)

ビューティーペア(ジャッキー佐藤・マキ上田)

ビューティ・ペア(Beauty Pair)は、かつて日本に存在した女子プロレスラーのタッグチームである。全日本女子プロレス所属。
ジャッキー佐藤(じゃっきーさとう、1957年10月30日 - 1999年8月9日)とマキ上田(まきうえだ、1959年3月8日 - )により、1976年2月24日に結成され、その日に行われたWWWA世界タッグ王座戦で、赤城マリ子・マッハ文朱ペアに勝利し、タイトルを獲得する。ブラック・ペア(池下ユミ、阿蘇しのぶ)との好勝負は人気を不動のものとした。
またRVCより「かけめぐる青春」でレコードデビューし、試合前のリング上で歌う斬新なスタイルで、女子プロレス界のアイドル的存在となる。このレコードは80万枚を売り上げたという[1]。また、当時人気絶頂だった女性アイドルデュオのピンク・レディーと、音楽番組などで度々共演することもあった。
タッグでの必殺技は、ジャッキーがボディスラムで投げつけた相手にマキがコーナー最上段からダイビング・ボディ・プレスを決める「ビューティ・スペシャル」。
しかし、結成から3年後の1979年2月27日、「敗者は引退する」というルールの元で、王者・ジャッキーに挑戦者・マキが挑むビューティ・ペア同士のWWWA世界シングル王座戦が行われ、マキは敗れ引退、ビューティ・ペアは解散した。
(出典:Wikipedia)
ベルサイユのバラのノリで大人気となった伝説のコンビ

ベルサイユのバラのノリで大人気となった伝説のコンビ

https://www.toeich.jp/photo/information/1TT000000183/1TT000000183_detail.jpg (491647)

右:ジャッキー佐藤

右:ジャッキー佐藤

ジャッキー佐藤(じゃっきーさとう、本名:佐藤 尚子(さとう なおこ)、1957年10月30日 - 1999年8月9日)は、日本の元女子プロレスラー。神奈川県横浜市港南区出身。
右下:マキ 上田

右下:マキ 上田

マキ 上田(マキ うえだ、1959年3月8日 - )は、元女子プロレスラー。本名・上田 真基子。鳥取県鳥取市出身。
http://pds.exblog.jp/pds/1/200702/05/32/a0040232_1935381.jpg (491650)

 二人が歌う「かけめぐる青春」も大ヒット

二人が歌う「かけめぐる青春」も大ヒット

ペア対決

ペア対決

負けたマキ上田が引退してビューティーペアは解散した。

ミミ萩原

90 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代のアイドル女子プロレスラー歴伝 「ミミ萩原」「キューティー鈴木」「風間ルミ」「尾崎魔弓」のリングにかけた青春を振り返る

80年代のアイドル女子プロレスラー歴伝 「ミミ萩原」「キューティー鈴木」「風間ルミ」「尾崎魔弓」のリングにかけた青春を振り返る

80年代の前半に大活躍したセクシーパンサーであるミミ萩原さん、80年代後半に大活躍したアイドルレスラーの風間ルミさんとキューティー鈴木さん、そして二人のライバルであった尾崎魔弓さんのリングでの戦いの日々を振り返ります。
ガンモ | 78,269 view
君は観たか?!聴いたか?!歌って踊った女子プロレスのアイドルたち

君は観たか?!聴いたか?!歌って踊った女子プロレスのアイドルたち

70年代後半から80年代、女子プロレスのアイドルたちは歌ってました。踊ってました。リング上とは正反対に力の抜けるような歌唱力のレスラーからプロ顔負けのレスラーまで、レスリングだけでなく歌も歌った女子プロレスラーの振り返りです。
obladioblada | 3,730 view
キューティー鈴木が出した写真集を懐かしむ!アイドルレスラーに夢中だったあの頃!

キューティー鈴木が出した写真集を懐かしむ!アイドルレスラーに夢中だったあの頃!

女子プロレスラーでありながら、美しい容姿からアイドルレスラーとして人気を博したキューティー鈴木。彼女がだした写真集の数々を中心に当時を振り返り思い出に浸る!
ゆうなパパ | 3,914 view
女子プロレス界でヒールのイメージを変えた筋金入りのヒール『尾崎魔弓』

女子プロレス界でヒールのイメージを変えた筋金入りのヒール『尾崎魔弓』

みなさんの中でパッと頭に浮かぶ悪役レスラーは誰でしょう?男だったら、「アブドーラザ・ブッチャー」や「タイガージェットシン」等が代表的だと思います。では女子だったら誰を思い浮かべますか?「ダンプ松本」や「ブル中野」なんかじゃないでしょうか。かつての悪役選手って贔屓目に見ても女性的な印象は受けませんでしたよね。 しかしそこに現れたのが「尾崎魔弓」という、「イイ女系」のレスラーです。根っからのSっ気の雰囲気をまき散らしながらリング上で暴れまくる彼女を今回ご紹介していきましょう。
昭和生まれで平成を駆け抜けたアイドルレスラー『キューティー鈴木』の現在

昭和生まれで平成を駆け抜けたアイドルレスラー『キューティー鈴木』の現在

平成の時代に巻き起こった「女子プロレス」ブーム、かつての三度と大きく違うのは団体が複数存在した事です。 それにより各団体でエースと呼ばれるアイドル的存在のレスラーも出現し、男性ファンの視線を釘付けにしました。 今回はその中で知る人ぞ知る究極のアイドルレスラーである「キューティー鈴木」をご紹介しましょう。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト