【サッカー日本代表】ブラジル撃破!「マイアミの奇跡」を徹底解説!!
2016年11月25日 更新

【サッカー日本代表】ブラジル撃破!「マイアミの奇跡」を徹底解説!!

1996年、日本サッカー「マイアミの奇跡」。震えましたね、あの試合は。ブラジルのシュートが28本、日本は4本という一方的な試合。にも関わらずワンチャンスをモノにしたあの試合は、いまでも忘れられません。いつの日かワールドカップでブラジル撃破を!!

31,443 view

マイアミの奇跡

1996年7月22日 マイアミ・オレンジボウルにて

1996年7月22日 マイアミ・オレンジボウルにて

マイアミの奇跡は、1996年アトランタオリンピック・男子サッカーグループリーグD組第1戦において、日本五輪代表がブラジル五輪代表を1対0で下した試合の日本における通称。

マイアミの奇跡 Full Match 日本vsブラジル アトランタ五輪 - YouTube

日本代表メンバー

監督

西野朗

先発

GK 川口能活
DF 松田直樹
DF 田中誠
DF  鈴木秀人  75分に警告  75分
MF 路木龍次
MF 伊東輝悦
MF 服部年宏  87分に警告  87分
MF 遠藤彰弘  75分に交代退場  75分
MF 前園真聖  キャプテン
FW 中田英寿  82分に交代退場  82分
FW 城彰二  86分に交代退場  86分

控え

GK 下田崇
DF 白井博幸  75分に交代出場  75分
DF 上村健一  82分に交代出場  82分
MF 森岡茂
MF 廣長優志
MF 秋葉忠宏
FW 松原良香  86分に交代出場  86分
一方のブラジルは、ジュニーニョ、ロベルト・カルロス、リバウド、ベベット、アウダイール。そして控えにはあのロナウドが。

ピッチ全体にスター選手をちりばめたようなダントツの優勝候補でした。
事前のテストマッチでは、ブラジルA代表をも撃破していた最強チーム。

アトランタ五輪男子サッカー

圧倒的なブラジル代表

圧倒的なブラジル代表

アトランタ五輪男子サッカー競技は出場16カ国を抽選でA〜Dの4グループに分け、各グループ上位2チームが決勝トーナメントに進出する方式で行われた。
アジア地区予選で2位となり、銅メダルを獲得したメキシコシティ五輪以来28年ぶりに五輪に出場した日本五輪代表はグループDに入り、初戦は南米地区代表のブラジル、2戦目はアフリカ地区代表のナイジェリア、3戦目はヨーロッパ地区代表のハンガリーと対戦することになった。
ブラジル戦は五輪開催都市のジョージア州アトランタではなく、フロリダ州マイアミのアメリカンフットボール球技場マイアミ・オレンジボウルで開催。

ワールドカップ1994年大会でW杯史上初の4回目の優勝を成し遂げたブラジルは、五輪ではまだ金メダルを獲得したことがなかった。ブラジルはワールドカップ1998年大会の予選が免除されていたことで真剣勝負の場がなく、代表チームの強化の意味合いも含め、A代表監督のマリオ・ザガロが五輪代表の監督も兼任。

正規の23歳以下の選手としてロベルト・カルロス、ジュニーニョ・パウリスタ、サヴィオ、ロナウジーニョ、フラビオ・コンセイソンといったすでにA代表で活躍している若手選手を揃えた。さらに、この大会から認められたオーバーエイジ枠に当時のA代表のレギュラーであるベベット、リバウド、アウダイールを加入させ、優勝候補の大本命と目されていた。

大会前にはブラジル五輪代表とブラジルA代表が練習試合を行ない、なんと五輪代表チームが勝っている。

一方、日本は西野朗監督の意向でオーバーエイジ枠を使用せず、Jリーグ所属の23歳以下選手、アジア予選を戦ったメンバーで大会に臨んだ。当時の日本A代表経験者は前園真聖と城彰二の2人のみ、怪我で本戦メンバーから外れた小倉隆史を含めても3人だけだった。

唯一勝つための手立ては「守備」

徹底した情報分析を行った試合前まで

徹底した情報分析を行った試合前まで

ブラジル戦を前にして日本は念入りに情報分析を行い、相手の長所を消すための対策を研究。
ブラジルの強力な2トップの内、スピードがあるFWベベットにはDF鈴木秀人をマークに。
2トップのもう一人は試合が接戦になった場合、FWサヴィオから足元も上手く、高さもあるFWロナウジーニョへ交代することが予想されたため、サヴィオのマークは空中戦も強いDF松田直樹。

司令塔ジュニーニョ・パウリスタ対策としては、左SBが本職である服部年宏のスピードを買って、ジュニーニョに密着マークさせることに。また、GKコーチのジョゼ・マリオは、左足での強烈なシュートを武器にする左SBロベルト・カルロスのシュートパターンやシュートの軌道を、日本の正GK川口能活に徹底的に叩き込んだ。

守備面で万全の手を打つ一方で、攻撃面では打てる手は少なかった。唯一、ブラジル五輪代表にはセンターバックのアウダイールがオーバーエイジとして加入していたが、直前での加入だったためGKジーダとの連係面に不安を抱えていた。

さらに、アウダイールは経験豊富な反面スピードがなく、もう一人のCBロナウド・ギアロ(大会登録名ロナウド)も同様に比較的スピードがなかったため、「ブラジルCB2人の背後のスペースは数少ない狙い目だ」と選手たちに伝えていた。

試合展開

GK川口、神憑りのファインセーブ

GK川口、神憑りのファインセーブ

日本五輪代表は城のワントップ、中田英寿と前園が後方からフォローする3-6-1のフォーメーション。
ブラジル五輪代表はベベト、サヴィオ、ジュニーニョらの技巧と、リバウド、ロベルト・カルロスらの破壊力を織り交ぜた4-4-2のフォーメーション。
ファーストシュートはFW登録された中田のヘディング。ブラジルの出鼻をくじくものの、その後ブラジルは徐々にペースアップし、流動的なポジションチェンジから度々日本ゴールに迫る。しかし、日本の守備陣も冷静に対応し、前半は0-0のまま終了。

ブラジルは後半開始からさらに攻勢を強め、世界最強の攻撃陣が猛然と襲い掛かり、シュートの雨を降らせた。日本はボール保持もままならなくなり、後半はさながら日本サイドだけでのハーフコートマッチと化した。

しかし、日本の正GK川口能活のファインセーブが続き、川口がゴール外に出るだろうと見送ったボールがゴールポストを直撃して難を逃れるなど、日本に運も味方し、両チーム無得点のまま試合は推移していった。

後半19分、ブラジルはFWサヴィオからFWロナウジーニョに交代したが、サヴィオのマークをしていたDF松田が事前の打ち合わせ通り、そのままロナウジーニョにつき、冷静に対応。

ブラジルの選手たちに疲労の色が見え始めた後半27分、左サイドにいたウイングバック・路木龍次が、ブラジルのディフェンスラインとGKの間のスペースを目掛け、山なりのボールを放り込む。
そのボールを狙って、FW城彰二が逆サイドからゴール前に走り込む。それに気づいたブラジルのCBアウダイールが城のチェックに向かったその時、ボールをキャッチしようと飛び出したブラジルGKジーダと激突。

ゴールに向かって転がったボールにボランチの伊東輝悦が走り込み、そのままゴールマウスに押し込んだ。数少ない狙い目であるブラジル代表CB2人の背後のスペースを見事に突いた得点であった。

まさかの失点に焦るブラジルはその後も一方的に攻め続けるが、GK川口の神懸ったセービングと、日本DF陣の抜かれても最後まで諦めずに食らいつく粘りの守備、さらにブラジルのシュートが数本ゴールポストに当たる幸運もあり、無得点に抑えた。ロスタイム2分30秒ほどブラジルの猛攻が続いたが、日本は最後まで守り切った。

最終的にブラジルが放ったシュートは計28本。対する日本のシュートは、たったの4本だった。日本サッカー史上、最高のジャイアントキリングの典型である。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

悪魔の左足・ロベルトカルロス!アトランタ・マイアミの奇跡にも出場!

悪魔の左足・ロベルトカルロス!アトランタ・マイアミの奇跡にも出場!

世界最高の左サイドバックと賞賛されると共に、歴代最高の左サイドバックとも評されたロベルト・カルロス。果敢な攻撃参加によりサイドバックの概念を変えた選手とも言われるが、サッカー始めたのはなんと13歳からだった。
ひで語録 | 4,931 view
アトランタオリンピック最大の衝撃!日本サッカーマイアミの奇跡を振り返る

アトランタオリンピック最大の衝撃!日本サッカーマイアミの奇跡を振り返る

1996年アトランタオリンピック。陸上、競泳、体操、柔道、テニス…と数々のスポーツ競技があるなかで、最大の衝撃!最大の番狂わせ!と言われているのが、男子サッカー日本vsブラジル戦です。いわゆる「マイアミの奇跡」と言われている一戦は、優勝候補と言われていたブラジルの猛攻を守備陣が防ぎ、奇跡の勝利を収めました。その日本サッカー衝撃の一戦を振り返っていきましょう。
yt-united | 2,300 view
【サッカー列伝】「マイアミの奇跡」でゴールを決めた伊東輝悦は未だに現役でした

【サッカー列伝】「マイアミの奇跡」でゴールを決めた伊東輝悦は未だに現役でした

'96アトランタ五輪のブラジル戦でマイアミの奇跡を演出した伊東輝悦。彼は未だに現役です。その鉄人を特集します。
ひで語録 | 2,474 view
創刊40周年!「Number」1001号の表紙はキングカズ・三浦知良!印象深いゴールも振り返る

創刊40周年!「Number」1001号の表紙はキングカズ・三浦知良!印象深いゴールも振り返る

文藝春秋発行の総合スポーツ誌「Sports Graphic Number(略称:Number・ナンバー)」の第1001号(4月16日発売)の表紙に、サッカー界のレジェンド“キングカズ”こと三浦知良が登場しました。
隣人速報 | 529 view
生意気でクール過ぎる名言集『中田語録』彼は言った「メダルより図書券が欲しい」

生意気でクール過ぎる名言集『中田語録』彼は言った「メダルより図書券が欲しい」

1998年に中田英寿がサッカー日本代表にデビューし、初のワールドカップ出場へと導いた。その頃の彼はメディアに対して明らかに懐疑的だった。クールな態度が生意気ともされた中田による名言集『中田語録』から中田らしい言葉をいくつかご紹介する。
ひで語録 | 5,342 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト