トヨタの天才タマゴ 「エスティマ」 。1990年当時、その流線型の未来的ボディーは注目のまとだった!
2017年2月2日 更新

トヨタの天才タマゴ 「エスティマ」 。1990年当時、その流線型の未来的ボディーは注目のまとだった!

その独特なタマゴ型のスタイルに魅せられて初代エミーナのオーナーになりました。

38,561 view

トヨタ・エスティマ(初代)1990年~1999年

1989年に幕張メッセで初開催された第28回東京モーターショーにコンセプトモデルとして初出展。未来的な流線型のデザインは注目を集めた。

1990年5月12日販売開始。車体価格296.5万円 ~ 335万円
発売当時はモノグレード体系・7人乗りの1種類のみで、駆動方式はミッドシップと四輪駆動。サスペンションも前がストラット式サスペンション、後がダブルウィッシュボーン式サスペンションの4輪独立懸架を採用。搭載されたエンジンも2TZ-FE型・直列4気筒2438cc(135馬力)の1種類であった。
実際運動性は、あまりにも非力なエンジンのため散々酷評されました。
http://www.wald-licht.com/~oldcar/gazou/90_t_estima/estima_11l.jpg (574779)

初期型のカラーバリエーション
前期型(1990年5月 ~ 1994年7月)
http://network2010.org/contents/files/mado/aichi_mado_photo/1286_58.jpg (574781)

1993年2月、廉価グレードとして「X」を追加
中期型(1994年8月 ~ 1997年12月)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/e/ef/Toyota_Previa_.jpg/260px-Toyota_Previa_.jpg (574783)

1994年8月の改良で動力不足の解消のため、スーパーチャージャーが装着された。
1996年8月には、それまでの2グレード体系から、上から「G」「V」「X」となる。「V」は「X」のスーパーチャージャー付きモデル。
後期型(1998年1月 ~ 1999年12月)
http://blog-imgs-31.fc2.com/y/o/s/yoshiyoshi4223/TO_S023_F001_M006_1_L_640x480.jpg (574785)

マイナーチェンジを行い外装デザインを一新。また、新たにエアロパーツを装着したグレード「アエラス」を設定。全てのグレードでスーパーチャージャー付きとなった

エスティマエミーナ、エスティマルシーダ 1992年~1999年

5ナンバーサイズに車幅をリサイズ。これにより、爆発的なヒットとなる。
※但し、ガソリン車は2400ccの為、3ナンバー登録となる。
1992年1月発売
トヨタ店では「エスティマエミーナ」車体価格178.3万~322.0万
カローラ店では「エスティマルシーダ」車体価格177.3万~320.6万
※昔、エミーナとルシーダはフロントガラスに仕様の差があり価格に違いがあるとディーラー担当者が言っていましたが本当かな?。

エミーナとルシーダはフロントマスクが違うので見分けがつくが、リアから見るとEMINA、LUCIDAのロゴエンブレムの違いでしか区別がつかない。
※但し初期型に限りルシーダはリアウインカーの色がオレンジの為、後ろから見ても区別がついた。
ロングホイールベースとミッドシップエンジンによる直進安定性は他の1BOXカーとは比べ物にならないほど優れていました。
特に高速道路。高速走行でのコーナリングは秀逸でした。
エスティマエミーナ

エスティマエミーナ

エスティマルシーダ

エスティマルシーダ

エミーナGグレードの運転席まわりです。

エミーナGグレードの運転席まわりです。

発売当時、この流線型のデザインは斬新さを感じました。
ウオークスルー機能を高める為、AT車はステアリングコラム(※但しMT車はフロア式)サイドブレーキは運転席右側(ドアと運転席の間)と変則的でした。
オーディオ下のBOXは冷温蔵庫。缶コーヒーなどを入れておき、結構重宝しました。※ただし500mlサイズのペットボトルは立てて入りませんでした・・・。
エミーナ初期型のカタログ

エミーナ初期型のカタログ

http://www.f8.dion.ne.jp/~youpapa/estima/FAQ/luciemi/emi9201-2.jpg (574794)

初期型では Gラグジュアリー、G、X、f、D、S と細かなグレード分がありました。これにガソリン車とディーゼル車、4WD、ツインムーンルーフの設定等があるわけですからラインナップは相当な数でした。※後日、ジョイフルキャノピーという天井の高いラインナップも追加。

エミーナのデザイン

前期、中期、後期と3度のマイナーチェンジが行われました。
2000年エスティマのフルモデルチェンジでエスティマ、エミーナ、ルシーダすべてが統合され現行タイプに移行されました。
エミーナ

エミーナ

エミーナのトヨタエンブレムは左右ヘッドライトの間に位置。
エミーナ前期型

エミーナ前期型

1992年1月~1994年12月
※画像はジョイフルキャノピー仕様
エミーナ中期型

エミーナ中期型

1995年1月~1996年8月
※画像はジョイフルキャノピー仕様
エミーナ後期型

エミーナ後期型

1996年8月~1999年12月

ルシーダのデザイン

ルシーダ

ルシーダ

代々ルシーダはトヨタのエンブレムがボンネットに付いてます。
出典 b-cles.jp
ルシーダ前期型

ルシーダ前期型

1992年1月~1994年12月
ルシーダ中期型

ルシーダ中期型

1995年1月~1996年8月
ルシーダ後期型

ルシーダ後期型

1996年8月~1999年12月

リアデザイン

エミーナ前期型

エミーナ前期型

エミーナはウインカー部分がクリアー
ルシーダ前期型

ルシーダ前期型

ルシーダはウインカー部分がオレンジ
エミーナ、ルシーダ中期型

エミーナ、ルシーダ中期型

エミーナ、ルシーダ デザイン共通
※画像はルシーダ
エミーナ、ルシーダ後期型

エミーナ、ルシーダ後期型

エミーナ、ルシーダ デザイン共通
※画像はルシーダ

エスティマ(2代目) 2000年~2005年

先代の特徴的な部分であったミッドシップレイアウトをやめ、基本駆動方式はFFに変更。グレードは上から「G」、「X」、「J」でエアロパーツなどが装着される「アエラス」もある。
卵型の丸みを帯びた車体を踏襲しつつも、ミッドシップエンジンを改めカムリをベースとしたFF(前輪駆動)に変更。これによりエンジンの大型化が可能となり、エンジンラインナップはV6 2994ccが先に登場し、2ヶ月遅れで加わった直4 2362ccの2本立てとなる。2001年6月にはハイブリッドモデルが追加された
発表当時に試乗し3.0Lのパワーに驚いたのを覚えている。それまでのエンジンがいかに非力だったということか・・・。
ただ、2代目はこれまでのエスティマより運転席が低くなり視界が低くなったことが残念だった。実際、エミーナからエスティマではなく、エルグランドへ乗り換えてしまった・・・。
トヨタ店ではエスティマT
カローラ店ではエスティマL
エスティマ・ハイブリッドは両店での販売
前期型はリアウインカーレンズの違い(Tはクリアー、Lはオレンジ)、フロントエンブレムの色の違い(Tは赤、Lは青)がある。
後期型はエンブレム色の違いのみで外観の違いはない。
ハイブリッドは両店同じである。
55 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

トヨタが『ハイラックス』を再び日本市場へ導入!タフな作りは健在!夢広がる荷台を使ってレッツアウトドア!

トヨタが『ハイラックス』を再び日本市場へ導入!タフな作りは健在!夢広がる荷台を使ってレッツアウトドア!

9月12日、トヨタ自動車は、国内でのラインナップから外れていた大型ピックアップトラック『ハイラックス』を、日本市場へ導入、販売を開始した。5人乗りのダブルキャブの日本仕様となっている。
歴代【トヨタ・ランドクルーザー】の価格を調査!高額で査定・売却される理由は。

歴代【トヨタ・ランドクルーザー】の価格を調査!高額で査定・売却される理由は。

ランドクルーザーは古くてもボロくても走行距離が多くても中古車市場で高額取引されています。日本国内での販売価格をカーセンサーを使い歴代ランドクルーザーの価格を調査!
「トヨタ×GM」も短命に終わった、所さんのCMも懐かしいトヨタ・キャバリエ。

「トヨタ×GM」も短命に終わった、所さんのCMも懐かしいトヨタ・キャバリエ。

「楽ち~んキャバリエ~♪」など、所ジョージのキャラクターがが前面に打ち出されたトヨタ・キャバリエ。個性的なネーミングもさることながら、トヨタとGM(ゼネラルモーターズ)が組んだことも話題となりました。およそ5年と短命に終わったトヨタ・キャバリエについて。
1966年10月、トヨタ自動車が初代「カローラ」を発表してから50周年!記念の特設サイトが開設!

1966年10月、トヨタ自動車が初代「カローラ」を発表してから50周年!記念の特設サイトが開設!

トヨタ自動車は、1966年10月20日に初代「カローラ」を発表してから50周年を迎えたことを記念する「カローラ50周年特設サイト」を開設した。1966年に日本で生まれたカローラは、今や世界13か国で生産され、150か国以上で年間130万台以上販売されている。
やっちゃえ日産がやり過ぎちゃった迷車たち!    ~メーカー別 マニアック名車 日産編~

やっちゃえ日産がやり過ぎちゃった迷車たち! ~メーカー別 マニアック名車 日産編~

長年、日本の自動車界を支えてきた国産メーカーのマニアックな名車を「マツド・デラックス」が選りすぐってお送り致します!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト