PSで最も衝撃的だったゲームは、バイオハザードだった
2017年1月24日 更新

PSで最も衝撃的だったゲームは、バイオハザードだった

1994年にPlayStationが発売され、家庭用ゲーム機でも3Dポリゴンの時代が始まりました。3Dポリゴンであることはもちろん、そこに恐怖と臨場感を持ち込んだ、ホラーアクションアドベンチャーの名作、バイオハザードについて。

15,574 view

バイオハザード

バイオハザード

バイオハザード

『バイオハザード』(BIO HAZARD, 日本国外ではResident Evil)は1996年にカプコンより発売されたPlayStation用ホラーアクションアドベンチャーゲーム。その後様々なプラットフォームに移植される。
タイトルの「BIO HAZARD」には「生物災害」という意味があり(バイオハザード項も参照)、それを筋としストーリーが展開されている。日本国外のタイトルである「Resident Evil」は、「邪悪なる居住者」という意味をもつ。
売上本数はPlayStation版が日本国内で119万本(初動本数:14万本)。発売前および直後はそれほど注目されていなかったが、口コミにより徐々に売り上げを伸ばし、最終的にはミリオンセラーになるという、ゲームソフトとしては珍しい売れ方をした作品である。当初は販売店もさほど注目していなかったため入荷数をかなり抑えていたらしく、売り切れ店が続出した。

引用:wikipedia
1994年にPlayStationが発売され、家庭用ゲーム機でも3Dポリゴンの時代が始まりました。PS初期の大傑作でかつ、今に続く人気ゲーム、バイオハザード1についてまとめました。

1990年代、ゲームは3Dポリゴンの時代に

3DCGのゲームがアーケードのやって来た!今見るとカクカクですが、当事はバーチャのリアルな動きに驚きました。

バーチャファイター

バーチャファイター

バーチャファイター

1993年12月、当時としては最先端であった3DCGアーケード基板「MODEL1」により世界初の3D格闘ゲーム、『バーチャファイター』がリリースされる。3DCGにおいてはまだ人型のスムーズなアクションさえ珍しかった状況で、2体の人型が格闘をくり広げる映像は、人々の度肝を抜いた。
それまでの格闘ゲームではボタンがパンチとキックを弱・中・強(またはそれに近い形に)に振り分けられていたが、パンチ、キック、ガードという異色のボタンレイアウトを採用している。
リリース当初、あまりに斬新なゲームであったため、人気が出るまで時間がかかったものの、パソコン通信やゲーム雑誌に取り上げられるようになり、人気を博するようになる。セガによる公式全国大会も催され、1994年11月22日にはセガサターンへの移植版がキラーソフト(ローンチタイトル)として発売された。

引用:wikipedia
ゲーセンでバーチャ見て以来、サターンがものすごく欲しくなりました。

リッジレーサー

最近では、ドライブシミュレーターと言う方がぴったりくるリアルなレースゲームが増えてきましたが、最初期の3Dレースゲームと言えばこれ!アーケード筐体が欲しかったです…
リッジレーサー

リッジレーサー

1993年アーケードゲーム(以下、AC)として稼動開始し、後にコンシューマーゲームや携帯電話ゲームにも移植された。高速のままコーナーを速度をほとんど落とさず派手なドリフト走行で曲がり切ったり、高低差により大きくジャンプしたりと、リアリティを度外視した爽快感重視のゲーム性が特徴のレースゲーム。これらの要素は後のシリーズにも受け継がれている。
1994年発表されたセガの『デイトナUSA』と共にテクスチャマッピングを導入した最初期の3Dレースゲームである。ちなみにタイトルの『リッジレーサー』には「峠の走り屋」の意味がある。
AC版からほぼ1年後に登場したプレイステーション(以下、PS)版は、同ハードのローンチタイトルとして発売された。コンシューマー用のオリジナル要素として、ライバルカーの使用や、驚異の能力をもつデビルカーの出現、逆走モードなど、様々な追加要素が導入された。ゲーム起動時の読み込み中に『ギャラクシアン』で遊ぶことができ、以降のシリーズでも起動時ミニゲームで遊べるのが定番となった。

引用:wikipedia
出典 i1.wp.com

PlayStation購入!

リッジレーサーを見てやっぱりプレステにしようと決めました。
PlayStation

PlayStation

PlayStation(プレイステーション)とは、1994年12月3日に発売された家庭用ゲーム機。略称はPS。発売元はソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE)。据え置き型の家庭用ゲーム機史上初めて累計出荷台数が1億台を突破した。レトロニムとしてPS1という表記も存在する。

引用:wikipedia

ソフトの安さに感動するが、他にぱっとしたゲームがない

PSの魅力は、ハードの描画性能や台詞をしゃべることもありましたが、それ以上に嬉しかったのが、ソフトの価格です。10000円突破しようかというスーファミソフトの価格に比べ、PSのCDロムの価格は信じられないような安さで、3本買って1本分のお得感から、無駄にいろいろソフトを買ってしまいました。
しかし、他に目ぼしいソフトもなく、遊び始めの頃は、何よりロードの長さがつらかったですね。3Dいらんから読み込み早くしてくれよーと切実に感じていて、スーファミとPSは同時に稼働してました。
絵柄がガラッと変わったストゼロがPS移植。なんか特典映像がついている。で、見たのがこの動画です。アップされていてびっくりしました。私はこれでバイオハザード知りました。

バイオハザードPS版予告映像 - YouTube

ストゼロのおまけで紹介されたバイオハザード。血が緑色でした。
グロい、が、気になる。どうしようと迷っていた矢先に、ファミ通に載った伊集院光のバイオハザードのレビューに遭遇。うんこちびるぐらい怖いらしい。すげーやってみたい…買う事に決めて近所のワンパクに向かいました。当時は近所の駅前に3軒ぐらいゲーム屋があったし、星電社のゲームコーナーも充実していました…

いきなりひとりになって泣きそう

34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【学校】第17回(1994年度)日本アカデミー賞を振り返る!【西田敏行】

【学校】第17回(1994年度)日本アカデミー賞を振り返る!【西田敏行】

1994年と言えば、PlayStationが発売された年。 オウム真理教による松本サリン事件が発生し、日本に戦慄が走った年でもあった。そんな1994年の日本アカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 91 view
【シンドラーのリスト】第66回(1994年度)アカデミー賞を振り返る!【トム・ハンクス】

【シンドラーのリスト】第66回(1994年度)アカデミー賞を振り返る!【トム・ハンクス】

1994年と言えば、PlayStationが発売された年。 オウム真理教による松本サリン事件が発生し、日本に戦慄が走った年でもあった。そんな1994年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 305 view
ヴィジュアル系ムーブメント到来!黄金期の前半1990年~1994年を振り返る!

ヴィジュアル系ムーブメント到来!黄金期の前半1990年~1994年を振り返る!

ヴィジュアル系の王道と呼ばれるスタイルを作り上げた、ヴィジュアル系三大聖典が生み出されたムーブメント前半。 90年代ヴィジュアル系ムーブメントを知る上で外すことのできないこの前半にどんな作品が生み出されてきたのか、そして次々とメジャーの階段を上がってきたバンドの軌跡を振り返っていきます。
蛍火 | 3,794 view
【サムライスピリッツ~破天降魔の章~】主人公・覇王丸の活躍や登場する必殺技の数々!

【サムライスピリッツ~破天降魔の章~】主人公・覇王丸の活躍や登場する必殺技の数々!

1993年に登場し、その緊張感のあるゲーム性は多くの少年たちを熱くした『サムライスピリッツ』。翌年1994年にはアニメ化も実現し、フジテレビ系列で放映されています。今回の記事は、こちらのアニメ版『サムライスピリッツ~破天降魔の章~』にスポットを当て、本編動画やストーリー・魅力などをご紹介させていただきます。
tsukumo2403 | 276 view
劇場版【ダークサイド・ブルース】近未来の東京を舞台に繰り広げるダークファンタジー!

劇場版【ダークサイド・ブルース】近未来の東京を舞台に繰り広げるダークファンタジー!

もともとは原作・菊池秀行さん、作画・あしべゆうほさんによる少女コミックで、連載から6年の月日を経て、1994年に劇場版アニメとして公開されました。近未来の荒んだ東京を舞台に繰り広げられる壮大なダークファンタジーはなかなかの面白さです。本編動画やストーリー・魅力を振り返っていきますので、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 179 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト