パンクバンド・カステラの「ビデオ買ってよ」覚えてる??
2015年12月1日 更新

パンクバンド・カステラの「ビデオ買ってよ」覚えてる??

パンクバンド・カステラ。インディーズから生まれたバンドで、高い声のボーカルが印象てきでした。

13,313 view

カステラ

http://news.utamap.com/_upimg/18700/aa18798_02_1031164258.jpg (723050)

カステラ(KASUTERA)は、日本の音楽バンド。早稲田大学の音楽サークルのメンバーが集まり、1986年より活動開始。1989年にCBSソニーよりメジャーデビュー。1993年に解散

カステラlive - YouTube

出典 youtu.be
デビューシングル「ビデオ買ってよ」のタイトルと歌詞は、当時バンドファン、ロックファン以外にも衝撃を与えた。ほとんどの楽曲は短く単純ながら、その強烈な歌詞とキャッチーなメロディで構成されているのが特徴だ。

「デート・デート・デート -SPECIAL VERSION-」 カステラ - YouTube

出典 youtu.be
ミュージックステーションにも出てたんですね!!
世界の娯楽 2013年リマスター

世界の娯楽 2013年リマスター

価格:¥2,500+税
100時間連続 2013年リマスター

100時間連続 2013年リマスター

価格:¥2,500+税

ボーカルの大木知之は双子!!

http://kozi-69.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_1d9/kozi-69/m_e159591428320debb7ff1a129cb53291-6e99b.jpg?c=a0 (723059)

どっちがどっちか分からない・・・
http://blog-imgs-50-origin.fc2.com/t/h/e/thepees/ondvds.jpg (723060)

兄の大木温之
http://imgs.ototoy.jp/news/image.php/72878/0 (723061)

兄はThe ピーズと言うバンドのボーカルです。
イメージとしては、ほっこりしてるのが弟(カステラ)、ハードなのが兄(ピーズ)!

ドラムの福田健治さんの娘は 福田麻由子さん!

http://stat.ameba.jp/user_images/19/39/10007212231_s.jpg (723064)

ドラマ「女王の教室」とか出てましたね!

TOMOVSKY

解散後、ボーカルの大木知之がバンドを結成!
TOMOVSKY(トモフスキー、1965年12月14日 - )は、日本の男性シンガーソングライター、イラストレイター。元カステラのボーカリスト・大木知之(おおきともゆき)によるソロユニットである。
http://www.tomovsky.com/GIF/profile/profile2010m.jpg (723068)

あんまり変わらないですねえ。49歳なのにかわいい!
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 150,825 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 139,361 view
ゆるいヒップホップにどことなく大人への憧れを歌うバンド『エレファントラブ』

ゆるいヒップホップにどことなく大人への憧れを歌うバンド『エレファントラブ』

数々のシングルとアルバムを発表し、10年で解散してしまうという大変惜しまれるバンドであります。
星ゾラ | 3,643 view
バンド『サニーデイ・サービス』2015年ついに再結成後から初めての全国ツアー

バンド『サニーデイ・サービス』2015年ついに再結成後から初めての全国ツアー

サニーデイ・サービスの演奏する懐かしいメロディーが心に響きましたよね。
星ゾラ | 2,404 view
ソニックユースのジャケットは、どれもこれも個性的なアーティストが手掛けています。

ソニックユースのジャケットは、どれもこれも個性的なアーティストが手掛けています。

ソニックユースはあまり一般的なバンドではない。聴き手を選ぶと言っていいでしょう。しかし、彼らのアルバムジャケットは音楽に興味がない人が見ても面白いですよ。毎回個性的なアーティストが手掛けていますからね。思わずコレクションしたくなるはずです。
obladioblada | 1,086 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト