手倉森監督は双子ってご存知?ギャンブルで全財産を失った過去も!
2016年11月25日 更新

手倉森監督は双子ってご存知?ギャンブルで全財産を失った過去も!

リオオリンピックサッカー日本代表監督の「手倉森 誠」は、双子なんです!ギャンブルにハマり、全財産を失ってしまう現役時代の豪快なエピソードも!住友金属(現・鹿島アントラーズ)に弟と共に在籍していました。

7,903 view

「手倉森 誠」の現役時代 来歴

元サッカー選手、サッカー指導者。U-23日本代表監督。
1967年11月14日生まれ。青森県三戸郡五戸町出身。

手倉森浩は双子の弟。
JFA公認S級コーチライセンス保有。
現役時代の手倉森 誠(てぐらもり まこと)

現役時代の手倉森 誠(てぐらもり まこと)

青森県五戸高校の3年時に「全国高等学校サッカー選手権大会」に出場。ベスト8まで進出しました。
1986年に高校卒業後は、日本サッカーリーグ2部の住友金属(現・鹿島アントラーズ)に入団します。

また、同時期にユース日本代表に選出され、「アジアユース選手権大会1次予選」に出場しました。

1993年に「NEC山形(現モンテディオ山形)」に移籍。1995年に引退しました。

「双子の手倉森」 兄・誠と弟・浩

リオ五輪代表を率いる手倉森監督は、実は双子である。弟は日本サッカー協会の特任コーチを務める手倉森浩。正直、同じ髪型で並ばれると、どっちがどっちかわからない。
兄・誠(左)と弟・浩(右、ひろし)

兄・誠(左)と弟・浩(右、ひろし)

2006年頃の二人(左が誠、右が浩)

2006年頃の二人(左が誠、右が浩)

兄と共に歩んだ弟・浩の現役時代

青森県立五戸高等学校在籍時に全国高校サッカー選手権で活躍しユース日本代表に選出される。

卒業後、日本サッカーリーグの住友金属(現鹿島アントラーズ)に入団。
名称がアントラーズとなった1992年まで在籍し、1993年にNEC山形(現モンテディオ山形)に移籍。1996年までプレーし、現役を引退した。Jリーグでの試合出場はない。

ベガルタ仙台 手倉森監督  高校時代 - YouTube

弟・浩のアシストを兄・誠がドカン!とゴールに叩き込みます!
双子の兄弟としても有名で、人気サッカー漫画「キャプテン翼」の立花兄弟のモデルとも言われている。仙台では07~10年に弟・浩氏(現JFA復興支援特任コーチ)との兄弟指導者として注目も浴びた。
立花兄弟(政夫・和夫)

立花兄弟(政夫・和夫)

「キャプテン翼」では、双子ならではの必殺シュートもありましたね!

ギャンブルで全財産を使い果たした「手倉森 誠」

住友金属時代はパチンコなどギャンブルに明け暮れていたといい、酷い時にはパチンコ店に手倉森を探しに来たジーコの目から逃れるため、パチンコ台の下に隠れたこともある。

鹿島から戦力外通告を受けた1992年暮れには、やけになって中山競馬場に足を運び、全財産を2日で使いきってしまった(金額については600万円とも1200万円ともされている)。
結果として無一文となったが、翌1993年にNEC山形サッカー部(現:モンテディオ山形)から声がかかり移籍。このことを教訓に、以後ギャンブルはきっぱり止めた。
住友金属時代に同僚だったジーコ(右)

住友金属時代に同僚だったジーコ(右)

28歳の時、石崎監督からの引退勧告

実は、28歳の手倉森監督に引退を勧告したのも、この石崎監督だった。将来のJリーグ入りを目指し、翌年から「モンテディオ山形」とチーム名を変えることが決まっていた95年のシーズン中に「コーチにならんか」と声を掛けられたのだ。

「ショックでしたよ、突然だったし。選手兼任でもいいっていう話だったけど、それは断った。中途半端になったら周りに失礼だから。で、選手を続けたいって言ったらどうなるんですかって聞くと、『だったらクビや。ワシ、使わんもん』だって(苦笑)」

さらに石崎監督の「今辞めれば、同世代の誰よりも経験を積めて、良い指導者になれるぞ」という言葉に背中を押されたという。

「確かにユース代表でチームメイトだった井原やゴン(中山)はクラブでも代表でも第一線で活躍しているけど、俺はJFLでもがいている。この先、選手として陽の目を見ることはもうないだろう。でも、今から指導者の道に進めば、彼らが引退する頃には俺は相当な経験を積んでいるはずだって、自分に言い聞かせて、現役の未練を断ち切ったんだ」
石崎 信弘監督

石崎 信弘監督

手倉森誠に引退勧告をした1995年が、石崎の監督業スタートの年でした。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

名古屋グランパス・「福田健二」壮絶な幼少期を経てデビュー戦で大活躍!シドニー五輪予選は主力でした!

名古屋グランパス・「福田健二」壮絶な幼少期を経てデビュー戦で大活躍!シドニー五輪予選は主力でした!

福田健二。ユース世代の代表でエリートコースを歩んでいました。紆余曲折を経て、世界で活躍したその背中を追いかけます!
ひで語録 | 3,497 view
レフティーモンスター・小倉隆史 94年キリンカップでフランスから得点を奪う活躍!同時に怪我に苦しんだ選手でもありました!

レフティーモンスター・小倉隆史 94年キリンカップでフランスから得点を奪う活躍!同時に怪我に苦しんだ選手でもありました!

小倉隆史。元日本代表FW。名古屋グランパスでプロ選手となり、オランダ二部リーグでも活躍。その後、怪我との戦いが始まりますが、懸命にサッカーに打ち込み、ヴァンフォーレ甲府ではチームに貢献しました。そんな彼のサッカー人生を振り返ります。
ひで語録 | 4,778 view
【サッカー列伝】「マイアミの奇跡」でゴールを決めた伊東輝悦は未だに現役でした

【サッカー列伝】「マイアミの奇跡」でゴールを決めた伊東輝悦は未だに現役でした

'96アトランタ五輪のブラジル戦でマイアミの奇跡を演出した伊東輝悦。彼は未だに現役です。その鉄人を特集します。
ひで語録 | 2,109 view
鹿島の貴公子レオナルド!華麗なリフティングからのゴールはJベストゴールに!

鹿島の貴公子レオナルド!華麗なリフティングからのゴールはJベストゴールに!

Jリーグ黎明期に、ジーコに誘われ鹿島アントラーズに入団。相手ゴール前でリフティングを駆使してDFをかわしながら決めたゴールは今も語り草になっている。1994年のワールドカップでは、肘打ちにより退場してしまった、貴公子・レオナルドを特集する。
ひで語録 | 4,524 view
「第13回日本サッカー殿堂」にJリーグ黎明期に鹿島アントラーズで活躍したジーコが選出される!

「第13回日本サッカー殿堂」にJリーグ黎明期に鹿島アントラーズで活躍したジーコが選出される!

日本サッカー協会は第13回日本サッカー殿堂を発表。個人部門ではJリーグ黎明期に鹿島アントラーズで活躍し、その後日本代表監督も務めたジーコが選出された。今回から新設のチーム部門は1936年、ベルリンオリンピック出場の日本代表チームを選出した。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト