【男子テニス】ピートサンプラスというテニスプレイヤーを知っていますか? 90年代最高の選手でした
2016年11月25日 更新

【男子テニス】ピートサンプラスというテニスプレイヤーを知っていますか? 90年代最高の選手でした

90年代最高のテニスプレイヤーとして、史上最高のオールラウンダーとして語られるピートサンプラスの現役時代についてまとめました。

19,403 view

90年代最強のプレイヤー・ピートサンプラス

錦織の活躍で俄然注目を集めている男子テニス。今の時代、テニス界に君臨するBIG4と言われるプレイヤーがいます。その中でもフェデラー、ジョコビッチは数年間ずれがありますがどちらも圧倒的な強さを誇るトップ中のトップと言われる選手です。
90年代にも圧倒的な実力を持った選手が存在していたのをご存知でしょうか? ピートサンプラス、フェデラーと比較されるオールラウンドプレイヤーです。今回はそのピートサンプラスについて解説をしてみたいと思います。
http://www.kanayama-plaza.co.jp/blog/wp-content/uploads/2009/05/pete-sampras_13.jpg (1079419)

フルネーム Peter Sampras
国籍 アメリカ合衆国
出身地 ワシントンD.C.
生年月日 1971年8月12日(43歳)
身長 185cm
体重 77kg
利き手 右
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1988年
引退年 2003年
ツアー通算 66勝
シングルス 64勝
ダブルス 2勝
生涯通算成績 826勝292敗
シングルス 762勝222敗
ダブルス 64勝70敗
生涯獲得賞金 $43,280,489

引用元:ウィキペディアピートサンプラス
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(1994・97)
全仏 ベスト4(1996)
全英 優勝(1993-95・1997-2000)
全米 優勝(1990・93・95・96・
2002)
優勝回数 14(豪2・英7・米5)
通算14勝は男子歴代2位
http://blog-imgs-34.fc2.com/m/a/b/mabu13/200912131144159c4.jpg (1079421)

グランドスラム最多優勝記録33年ぶりの更新となる通算14回優勝(現在2位タイ記録)、最長記録を10年ぶりに更新となる通算286週のランキング1位保持記録(現在2位)を樹立した。また、ウィンブルドン選手権と全米オープンの最多優勝記録(タイ記録)も保持する。

引用元:ウィキペディアピートサンプラス
ストローク、ボレー、サービス全てのレベルが高いうえに非常に冷静なプレイスタイルで世界最高のオールラウンダーとも称されます。
あまりに強く、冷静であるため面白みのない選手と言われていた面もありますがプレイ自体は人を魅了するテクニックに溢れたものでした。

ピートサンプラスの選手としてのキャリアまとめ

http://ameblobuckup.up.n.seesaa.net/ameblobuckup/o0600045012426381910.jpg?d=a0 (1079424)

グランドスラム決勝
シングルス: 18 (14 タイトル, 4 準優勝)
全豪オープン:2勝(1994年、1997年)
〔準優勝1度:1995年〕
ウィンブルドン:7勝(1993年-1995年、1997年-2000年)[3連覇と4連覇、男子歴代1位タイ]
全米オープン:5勝(1990年、1993年、1995年&1996年、2002年)
[大会歴代4位タイ]〔準優勝3度:1992年、2000年&2001年〕

引用元:ウィキペディアピートサンプラス
1988年 2月に17歳でプロデビューし、同年の全米オープンで
    4大大会初出場。
1989年 全米オープン2回戦で前年優勝者のマッツ・ビランデルを
    破る。この大会では4回戦まで進出した。
1990年 2月にアメリカ・フィラデルフィア大会でツアー初優勝。
    9月9日、全米オープン決勝でアンドレ・アガシを破り、
    「19歳28日」で4大大会初優勝。これにより、全米オープンの
    男子最年少優勝記録を100年ぶりに更新する。
1993年 4月にジム・クーリエを抜き、初めて世界ランキング1位になる。
1993年 - 1994年 ウィンブルドン初優勝。その後全米オープン・
    翌年の全豪オープンを制覇し、4大大会3連勝を飾る。
    ここからサンプラス時代が始まった。
http://www.geocities.jp/tenipuri28/sampras/pete_samprasroland.jpg (1079426)

1993年 - 2000年 
     ウィンブルドン選手権で総計「7勝」を達成。1993年-1995年
     まで3連覇を果たすが、1996年の準々決勝でリカルド・
     クライチェクに敗退。1997年-2000年まで4連覇を果たし、
     ウィンブルドン優勝の男子歴代1位タイ記録に並んだ。
2000年 全米オープン決勝でマラト・サフィンにストレートで敗れ、
“サンプラスの決勝不敗神話”が崩れることになる。
2001年 ウィンブルドン4回戦でロジャー・フェデラーに、
    全米オープン決勝でレイトン・ヒューイットにそれぞれ
    敗れ、1992年以来の4大大会無冠に終わる。
2002年 全米オープンで6年ぶり5度目の優勝。これが最後の4大大会
    優勝になり、同時に彼の現役最後の試合にもなった。

サンプラスのライバル

90年代最高の選手と言われたピートサンプラスですが、実際にランキング1位になり、全盛期を迎えるのは93年以降、特に94年からです。それ以前のライバルとしては同じアメリカのジムクーリエです。
http://matsubara-y.blog.tennis365.net/image/20080416_460330.jpg (1079430)

1990年代初頭に活躍し、全豪オープンと全仏オープンでそれぞれ大会2連覇を達成した。アメリカの同世代男子選手にはアンドレ・アガシ、ピート・サンプラス、マイケル・チャンなどがいて、特にアガシとは少年時代からのライバルだった。ATPツアーでシングルス23勝、ダブルス6勝を挙げる。身長185cm、体重82kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。フルネームは James Spencer Courier (ジェームズ・スペンサー・クーリエ)という。クーリエは元野球少年だったことから、バックハンド・ストロークはまるで野球の左打ちのバッティングのようなフォームであった。

引用元:ウィキペディアジムクーリエ
http://www.ne.jp/asahi/pete/sampras/images/news/Pete_Jim95AO.jpg (1079431)

少年時代からの友人でもある2人、先に世界の頂点にたったのはクーリエでした。そのクーリエからナンバーワンを奪い取ったのはサンプラス。
同じ時代でライバル関係を築いた2人の最高の試合は1995年、全豪オープンの準々決勝です。
出典 www.ne.jp
前回優勝者のピート・サンプラスと少年時代からの仲間ジム・クーリエによる、有名な1995年オーストラリアンの準々決勝だった。サンプラスのコーチで助言者のティム・ガリクソンは大会中にガンと診断され、翌日には飛行機で帰国の途に就く事となった。

きわめて異例な事だが、サンプラス、クーリエ、ティムと(兄弟の)トムは、ティムが翌日に帰国するという試合前夜に全員で夕食を共にした。
結果として4時間を越える試合の末、サンプラスは勝利します。
クーリエはナンバーワン時代にはサンプラスを批判したことも有り、決して友好関係ではなかったかもしれませんが、この試合はそういったことを超越した名勝負となりました。

最高のライバルと言われるアンドレアガシ

http://ytc-passion.up.n.seesaa.net/ytc-passion/image/agassi.jpg?d=a10 (1079434)

史上唯一のキャリア・グランドスラム・オリンピックシングルス金メダル・ATPツアーファイナルチャンピオンシップ優勝の3冠達成者。達成4大大会通算「8勝」は、ジミー・コナーズやイワン・レンドルらと並ぶ男子歴代8位タイ記録。

サンプラス vs アガシ 1991 ATP Tour World Championships - YouTube

出典 youtu.be
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

映画公開40周年記念!「劇場版 エースをねらえ!」が東京・ユジク阿佐ヶ谷にて特別上映決定!!

映画公開40周年記念!「劇場版 エースをねらえ!」が東京・ユジク阿佐ヶ谷にて特別上映決定!!

株式会社トムス・エンタテインメントは「劇場版 エースをねらえ!」の劇場公開40周年を記念し、東京・ユジク阿佐ヶ谷にて同映画の特別上映を決定しました。期間は3月8日(金)から3月15日(金)まで。
隣人速報 | 641 view
IT社長から日本パデルの伝道師へ、玉井勝善さんがパデルを通して創りだす笑顔!

IT社長から日本パデルの伝道師へ、玉井勝善さんがパデルを通して創りだす笑顔!

皆さんは「パデル」というスポーツをご存知ですか?スペインを発祥とするテニスとスカッシュを融合させたようなラケット競技で日本でもいま、急速にプレイ人口が拡がっています。そのパデルを日本で広めたいと人生を賭けた男がいます。玉井勝善さん、その人です。
テニス全米オープン決勝で“大坂なおみ”に破れた『セリーナ・ウィリアムズ』の半端ない凄さ!!

テニス全米オープン決勝で“大坂なおみ”に破れた『セリーナ・ウィリアムズ』の半端ない凄さ!!

9月8日(日本時間9日早朝)テニス・全米オープンの女子シングルス決勝戦で大坂なおみと対戦し惜しくも敗れてしまった、あえての『セリーナ・ウィリアムズ』選手に注目してみました。色々と調べてみると物凄い選手というのが分かりました。
ギャング | 4,974 view
松岡修造!!!  反骨の御曹司、リアルエースを狙え、ラケットを握ったサムライ

松岡修造!!! 反骨の御曹司、リアルエースを狙え、ラケットを握ったサムライ

独特のキャラクターと熱血ぶりで「太陽神」と恐れ崇められる男。 その現役時代は世界の頂点に挑んだが、決して天才タイプではなく力んでしまう不器用なタイプの選手。 ボールを思い切り打って、ひたすらボールを追いかけるというスタイルは、決してスマートでなくケガも多かった。 しかしその感情を込めたパワーは圧倒的だった。
RAOH | 6,465 view
あの偉大なスポーツ選手達が引退した時って何歳だったんだろう?もう”あの頃”の彼らの年齢を超えてしまった

あの偉大なスポーツ選手達が引退した時って何歳だったんだろう?もう”あの頃”の彼らの年齢を超えてしまった

ボクシングや相撲、野球、サッカー、テニスなど、数多くのスポーツや格闘技で輝いた選手達。絶頂期で引退を決めた選手、怪我と戦いながら40歳を超えても第一線で活躍した選手。”あの頃”憧れた選手たちの引退年齢と成績をまとめた。
ひで語録 | 5,079 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト