色気ムンムン♪沢田研二シングルコレクション
2015年9月16日 更新

色気ムンムン♪沢田研二シングルコレクション

子供の頃見た沢田研二の印象は 「派手な格好で変わった人」だった。 でも今ならわかる気がする、彼の生き様と研二イズム♪

7,695 view

沢田研二とは

出生は鳥取県鳥取市で京都府京都市育ち。
妻は女優の田中裕子。前妻は元ザ・ピーナッツの伊藤エミ。

1960年代後半のグループサウンズ全盛期から活躍し、
特に1970年代から1980年代前半にかけてはスーパースターとして日本のポップス界を牽引した。

ソロとしてのシングル総売上は1,239万枚(1982 - 1991年の9年間は歴代1位の座を保つ)。
ザ・タイガース、PYG時代を含めると1,666万枚になる。
沢田研二

沢田研二

1948年6月25日生まれ。
本名、澤田 研二。
ニックネームはジュリー
【ザ・タイガース期】
1967年にシングル「僕のマリー」でデビュー。
セカンド・シングル「シーサイド・バウンド」で人気爆発、続く「モナリザの微笑」、そして「君だけに愛を」で一気にグループ・サウンズ (GS) の頂点へと躍り出る。

1968年8月12日にザ・タイガースが後楽園球場で開催した「真夏の夜の祭典」は、日本で初めてのスタジアムコンサート。
なお、ソロとしてのスタジアムコンサートは田園コロシアム(ザ・タイガース、PYGとしても開催)、大阪球場、ナゴヤ球場、横浜スタジアム、東京ドーム、京セラドーム大阪で開催している。

1969年3月1日、アメリカの音楽雑誌の中でも歴史が長く、最も権威ある音楽雑誌のひとつ『ローリング・ストーン』 (Vol.28) の表紙に登場。
日本版が刊行される前の同誌において、日本人が表紙を飾ったのは、これが最初で最後だった。

1971年1月24日、日本武道館で行われた「ザ・タイガース ビューティフル・コンサート」で解散。日本人として初の日本武道館単独公演。
ローリング・ストーンの表紙に登場

ローリング・ストーンの表紙に登場

最も権威ある音楽雑誌のひとつ『ローリング・ストーン』の表紙に登場。
日本版が刊行されるまで、日本人が表紙を飾ったのは、これが最初で最後。
【PYG期】
ザ・タイガースの解散後、沢田は1971年、新たなバンド・PYGに参加する。
当時、欧米で結成されたブラインド・フェイスやプラスチック・オノ・バンドのようなスーパーバンドを模した形で、ザ・スパイダースから井上堯之と大野克夫、ザ・テンプターズから萩原健一、大口広司、ザ・タイガースから沢田と岸部修三という6人のメンバーによって結成された。

このバンドは沢田と萩原によるツインボーカルで、井上、大野、岸部ら作詞や作曲ができる技巧派が揃い、本格的なニューロックを目指した。

しかし、日本ではまだ反体制のジャンルとするロックを、当時最大手の芸能事務所だった渡辺プロダクションの所属ミュージシャンが演奏することに対し、『芸能界が創り出したもの』としてライブではトマトや空き缶を投げつける聴衆もいた。
PYG

PYG

沢田研二:ボーカル
萩原健一:ボーカル
大野克夫:オルガン
井上堯之:ギター
岸部一徳:ベース
大口広司:ドラムス(~1971年9月)
原田裕臣:ドラムス(1971年9月~)
【ヴィジュアル期】
1974年、日比谷野外音楽堂ライブでインディアンのようなチークをしたり、
1975年の比叡山フリーコンサートでブルーのラメ入りのアイシャドウをするなど化粧はステージでは行っていたが、お茶の間に流れる一般のテレビ番組では控えていた。

しかしマスコミによって「暴行事件」と大きく報じられたことを契機に、沢田はこれまでの意識を変え、「さよならをいう気もない」以降、ヴィジュアルを重視したスタイルをエスカレートさせていく。

1978年に発売した「サムライ」はナチスをイメージする衣装に刺青、
「ダーリング」は水兵のセーラー衣装、
「LOVE (抱きしめたい)」ではスタジオに雨を降らせ、血で染まった包帯を手に巻いた。 「LOVE (抱きしめたい)」は第20回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。
サムライ

サムライ

1978年1月発売。
1978年度年間チャート13位。

76年からのジュリーをチェック

ジュリーの中で何かが変わり始めたとされる76年頃から
彼のシングルジャケットと共に、彼の変貌っぷりを振り返ってみましょう。
コバルトの季節の中で

コバルトの季節の中で

1976年9月発売
さよならをいう気もない

さよならをいう気もない

1977年2月発売
勝手にしやがれ

勝手にしやがれ

1977年5月発売
MEMORIES

MEMORIES

1977年8月発売
憎みきれないろくでなし

憎みきれないろくでなし

1977年9月発売
 サムライ

サムライ

1978年1月発売
ダーリング

ダーリング

1978年5月発売
 ヤマトより愛をこめて

ヤマトより愛をこめて

1978年8月発売
 LOVE (抱きしめたい)

LOVE (抱きしめたい)

1978年9月発売
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

沢田研二のドタキャン騒動における著名人の意見まとめ!!

沢田研二のドタキャン騒動における著名人の意見まとめ!!

昭和を代表するスターである沢田研二(ジュリー)が引き起こした、一連のドタキャン騒動。ワイドショーなどで賛否両論を含めて大々的に報道されていますよね。この記事では、ジュリーの今回の言動に対する著名人の意見をいくつかピックアップしてみたいと思います。
隣人速報 | 5,041 view
誰もが同棲に憧れたという1972年。きっかけは勿論「同棲時代」。由美かおるの初ヌードは必見です!

誰もが同棲に憧れたという1972年。きっかけは勿論「同棲時代」。由美かおるの初ヌードは必見です!

1972年から73年にかけて大ブームとなった同棲。きっかけは漫画の「同棲時代」でした。輪をかけたのが梶芽衣子と沢田研二によるテレビドラマ化。更に由美かおるの初ヌードでも知られる映画化。どれもこれも美しすぎです!
obladioblada | 2,748 view
音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第1弾!まるでカセットテープのような「沢田研二 BEST」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第1弾!まるでカセットテープのような「沢田研二 BEST」をご紹介!

音楽配信サイト「AWA」の公式プレイリスターの「マツドデラックス」こと「山本圭亮」がお送りする「まるでカセットテープのような」シリーズ!それを皆様に聴いて欲しいのでこんな企画をやっちゃったわ!どうかアクセスして聴いて頂戴ね!
アイドル時代の Char って、今聴くと最高の歌謡ロックを演ってるんですよね。

アイドル時代の Char って、今聴くと最高の歌謡ロックを演ってるんですよね。

日本を代表するギタリストの一人Charですが、デビュー当時はアイドルとして一時代を築いていたんです。アイドル時代の Char、軽く見られがちですが今聴くと最高の歌謡ロックを残しているんですよね。
obladioblada | 1,045 view
芸能人のお見合い番組「ラブラブショー」に出演したカップル

芸能人のお見合い番組「ラブラブショー」に出演したカップル

昭和の40年半ばから50年代のかけて、日曜に放送されていたの「ラブラブショー」。芸能人の疑似お見合い番組です。ちまたで話題の男女がゲストカップルに選ばれ、ゲストの付添人数人も登場。ゲストの秘話などを明かしていきます。番組がきっかけで結婚した芸能人や「ラブラブショー」に出演したカップルを紹介します。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト