2017年4月11日 更新

280馬力伝説!1990年前後のハイパワーな日本車たち

これまで、国産スポーツカーがとても元気な年代が何度かありました。2015年も、マツダ・ロードスターが4代目とモデルチェンジを果たし、ホンダからはS660が発売されました。そして、新型NSXの登場も待たれます。

171,435 view
1990年前後に誕生したモデルたちは、今なお、現役として街中で見掛けることもしばしばです。

今回は、1990年を起点に前後3年(1987年〜1990年〜1993年)に登場したクルマをメインにご紹介いたします。

トヨタ スープラ(A70)

ドラマ「東京ラブストーリー」にも登場していました。

ドラマ「東京ラブストーリー」にも登場していました。

劇中では左ハンドルのスープラが登場していましたね。
トヨタのスポーツGT(グランドツーリングカー)、スープラ。ロングノーズ&ショートデッキのアメリカンスポーツスタイルは、5ナンバーサイズの標準ボディーと3ナンバーサイズのワイドボディーの2タイプ、ルーフは通常のノーマルクーペと、エアロトップと呼ばれる脱着式ルーフも選べる。搭載エンジンは、ストレート6(シックス)直列6気筒のみ。2.5L DOHCツインターボ(280馬力)、2L DOHCツインターボ(210馬力)、2L DOHC(150馬力)の3ユニット。それぞれ4速ATと5速マニュアルの選択が可能。グレードは大別すると、2.5Lが「2.5GTツインターボリミテッド」と「2.5GTツインターボR」、「2.5GTツインターボ」。2L搭載車は、「2.0GTツインターボ」と「2.0GT」の全5グレード。ツインターボRは、レカロシート、ビルシュタインショックアブソーバー、トルセンLSD、モモステアリング&シフトノブ、専用ホイールなどを標準装備する。今回リアスポイラーを全車標準装備、フロントエンブレムが七宝焼きから、トヨタマークに変更されている。

トヨタ スープラ(A80)

初の6速MTを搭載。

初の6速MTを搭載。

大型のリアスポイラーも、発売前から話題になりました。
新しいスポーツカー像を提案するTHE SPORTS OF TOYOTA、パフォーマンスの実現をするトヨタスープラ。1810mmワイド&1275mmローフォルムの2+2シーターボディ。パワートレインは、ストレート6(シックス)直列6気筒3Lのみ。自然吸気のDOHC(2JZ-GE:225馬力/29.0kgm)と同ツーウェイツインターボ(2JZ-GTE:280馬力/44.0kgm)の2ユニット。それぞれ4速AT、もしくはツインターボは6速(ゲトラーグ社製)、自然吸気は5速マニュアルの選択が可能。装備充実の「GZ」とスポーティな「RZ」、それに自然吸気「SZ」の全3グレード設定とする。前後異サイズのタイヤに、RZはビルシュタイン社製ショックアブソーバーを採用する。

トヨタ マークII/チェイサー/クレスタ ツアラーV(JZX90)

ツアラーVの5MT車は、稀少車として中古車市場でも人気...

ツアラーVの5MT車は、稀少車として中古車市場でも人気となりました。

ツインターボのツアラーVと、ノンターボのツアラーSもありましたね。
モデル型90系となるマークII、チェイサー、クレスタの3兄弟。マークIIは先進的な美しさを目指したスポーティハードトップ、全車ワイドボディを採用する3ナンバーサイズ。エンジンバリエーションは、直列6気筒ガソリンが4種。2L(135馬力)、2.5L DOHC(180馬力)、2.5L DOHCツインターボ(280馬力)、3L DOHC(220馬力)。直列4気筒ガソリンが1.8L(120馬力)、ディーゼルは2.4Lターボ(97馬力)の全6ユニット。後輪を駆動する。スポーティシリーズとしてツアラーを新設定、ツインターボの「ツアラーV」とノンターボの「ツアラーS」をラインアップする。レギュラーシリーズは、最上級の「グランデG(GRANDE G)」から、「グランデ」、「グロワール(GROIRE)」、「GL」をそれぞれラインアップする。今回設定された「2.0グランデエクセレントカラーパッケージ」は、ハードトップの2.0「グランデ」をベースに特別色のウォームグレーパールマイカと、本革巻きステアリングホイール、ワイヤレスリモコンキーなどを採用した特別仕様車。また、「2.4グロワール エクセレントカラーパッケージ」はハードトップの2.4Lディーゼル「グロワール」をベースに特別色のダークグリーンM.I.Oを設定し、木目調パネルなどを追加採用した特別仕様車である。

トヨタ アリスト(JZS14#)

先ごろ引退を発表した、ジョルジェット・ジウジアーロのデ...

先ごろ引退を発表した、ジョルジェット・ジウジアーロのデザインとしても話題となりました。

その独特のデザインから、好みの分かれる1台でした。
トヨタ高級セダン「クラウンマジェスタ」と基本シャーシをともにする、スポーティアッパークラスセダンのトヨタアリスト(ARISTO)。エクステリアデザインは、「G・ジウジアーロ」主宰のイタルデザインによるもので、空気抵抗値(Cd値)は、0.30を達成する。搭載エンジンは直列6気筒DOHC 3Lの自然吸気(2JZ-GE)と、ツインターボ付(2JZ-GTE)の2種類。それぞれ最高出力230馬力を発生する「3.0Q」、280馬力の「3.0V」とする。ミッションは4速オートマチックのみの設定となる

トヨタ ソアラ(Z30)

2代目までのデザインから大きく変貌を遂げたデザインは賛...

2代目までのデザインから大きく変貌を遂げたデザインは賛否両論でした。

その反面、アメリカ市場では人気を博したようです。
新世代スーパーグランツーリスモとして誕生した、2代目トヨタソアラ(SOARER)。「ロマンと先進性の追及」を基本コンセプトに、サイズ、車格、パワーユニットなど全てにおいてランクアップされたモデルとなった。エクステリアは、フロントマスク内にロービームから独立させた丸型ハイビームを特長とした2ドアクーペボディ。エンジンは、4L V8(1UZ-FE)、2.5Lツインターボ(1JZ-GTE)の2ユニットを搭載する。4速ATか、2.5Lは5速マニュアルも選べる。足廻りに、減衰力を自動制御する「4.0GTリミテッド」は電子制御エアサスペンションや、「2.5GTツインターボL」はピエゾTEMSを採用する。4輪ABSやTRC(トラクションコントロール)など標準、もしくはオプションで設定する。基本ラインアップは、「4.0GTリミテッド」/「4.0GT」、「2.5GTツインターボL」/「2.5GTツインターボ」の4タイプ。4.0GTリミテッドには、新開発GPSナビ搭載車と、世界初の全くコイルバネのないハイドロニューマチック式「アクティブコントロールサスペンション」装着車を用意する。そのサスペンションには、走行状況により車体の振動やロールなどの姿勢変化を抑える、F1などのレーシングカー技術を応用した高次元なもの。アクティブ4WSも備え、車速センサーや舵角センサーに加えて、ヨーレートセンサーを採用した世界初の後輪自動操舵システムとなる。

日産 インフィニティQ45

グリルレスマスクが印象的な、トヨタ セルシオのライバル...

グリルレスマスクが印象的な、トヨタ セルシオのライバルと目された1台でした。

後期モデルではグリル付きとなりました。
インフィニティブランドは、当初より世界最大の自動車マーケットである北米をターゲットにした高級ブランドとして企画され、 89年よりQ45が日本デビュー。コンセプトは「ジャパンオリジナル」。グリルレスマスク+七宝焼き製エンブレムが特徴的なエクステリアに、VH45DE型 V8DOHC 32バルブエンジン。280馬力/40.8kgmの強大なパワーを発生し、GT-Rの4輪マルチリンクサス+アテーサE-TS+スーパーHICAS、4輪マルチリンク+油圧アクティブサスを組み合わせる。フルレンジE-AT(4速オートマチックトランスミッション)は、シフトゲートがニッサン独自のゲート式。運転席SRSエアバッグとABSを全車に標準装備する。

日産 フェアレディZ(Z32)

この美しいスタイリングに憧れを持った方も多いはず。

この美しいスタイリングに憧れを持った方も多いはず。

「スポーツカーに、乗ろうと思う。」このコピーにしびれた方も多いはず。
1969年10月の初代モデルから数えて4代目となる「Z32」型フェアレディZ。全幅×全高が約1800×1250mmの超ワイド&ローの特徴的なデザインを採用するボディは、2シーターと2by2の2タイプを設定。頭上左右にある取り外し可能なガラス製Tバールーフを装備する。搭載エンジンは3L V型6気筒DOHC、230馬力を発生するノンターボと国内初最強280馬力のツインターボの2ユニット。前後マルチリンクサスペンションで後輪を駆動する。

日産 スカイラインGT-R(BNR32)

いまでも、元気な姿を街中で見掛けることができます。

いまでも、元気な姿を街中で見掛けることができます。

GT-Rといえば「サンニイ」という方も少なくないはず。
8代目R32スカイラインは、ダウンサイズしたショートボディのFR駆動5ナンバー。2ドアスポーツクーペと4ドアハードトップスポーツセダンの2タイプ。サスペンションは4輪マルチリンクが奢られる。レギュラーモデルのエンジンは、直列4気筒1.8L(CA18S)と、GTシリーズとなる直列6気筒2L(RB20)は、SOHC(125PS)、DOHC24バルブ(155PS)、DOHC24バルブターボ(215PS)。各グレードで、5速マニュアルと4速ATが選べる。グレードは上から、ターボ搭載「GTS-tタイプM」/「GTS-t」、4WDモデルの「GTS-4」、DOHC搭載「GTSタイプS」/「GTS」、セダンのみにSOHC搭載「GTE」。それに16年ぶりに復活を遂げた「GT-R」は、最新鋭の超弩級スーパースポーツ、そしてグループAツーリングカーレース向けのレーシングベースモデルとなる。直列6気筒DOHC24バルブ・ツインターボ(RB26DETT型)ユニットに、電子制御トルクスプリット式4WDシステムを組み合わせ、5速マニュアルのみの設定となる。

ホンダ NSX(NA1)

まもなく日本でも新型が登場します。

まもなく日本でも新型が登場します。

タイプRの歴史もNSXからはじまりましたね。
大幅な軽量化を軸に、ホンダの最先端技術を結集し、動力性能と運転のしやすさを高い次元で両立させた、新世代のミッドシップスポーツカーNSX。量産車として世界初のオールアルミモノコックボディをはじめとして、エンジン、シャシー、足廻り、シートの構造部材に至るまでアルミ合金を多用し、大幅な軽量化を実現している。搭載エンジンは3L V型6気筒DOHC VTEC。5速マニュアルと4速オートマチックが用意され、MT:280馬力/AT:260馬力と30.0kgmを発生。ABSやトランクションコントロール、エアバッグシステムなど数々の安全装備も採用している。生産にあたっては、高性能・高品質のシビアな条件を充たすため、新たに少量生産の専用工場を栃木に建設。クラフトマンシップをフルに生かす生産システムで、1日25台の規模で生み出される。

マツダ アンフィニRX-7(FD3S)

デビュー当初は255馬力でした。

デビュー当初は255馬力でした。

280馬力に到達したのはモデル末期でしたが、デビューは1991年でした。
3代目のモデルとなる「アンフィニRX-7」は、ロータリーエンジンの特徴を最大限に活かしながら開発した本格スポーツカーである。2代目サバンナRX-7から一新し、全幅1760mmのワイド&ローボディ、255馬力を発生する13B型2ローター・ロータリーエンジン+シーケンシャルツインターボシステムを採用。サスペンションは、前後ダブルウィッシュボーン形式とし、同時に全てのアーム及びリンク類をアルミ化してバネ下重量を大幅に低減した。伝統のフロントミッドシップを基本とする前後重量配分50:50、アルミボンネットをはじめ徹底した軽量化でパワーウェイトレシオを最大で4.90kg/psを達成する。グレードは、「タイプX」、「タイプR」、「タイプS」。最もスポーティなタイプRは5速マニュアルのみ、その他は4速ATも選べる。

ユーノス コスモ

3ローターエンジンの、パワーよりも燃費が話題となりました。

3ローターエンジンの、パワーよりも燃費が話題となりました。

内装の豪華な仕立ても印象的でした。
ユーノスコスモ(EUNOS COSMO)は、ロングノーズ&ショートデッキスタイルの上級ラグジュアリークーペ。エンジンは、280psの3ローターRE(20B:654×3)と、230psの2ローターRE(13B:654×2)、いずれもシーケンシャルツインターボ装着ユニット。ミッションは4速ATのみ。グレードは、20Bには最上級ラグジュアリー「タイプE CCS」とBBS社製軽量ホイール装着「タイプSX」を、13Bには上級「タイプS CCS」と「タイプSX」を設定し、計4タイプ。タイプSXは特別仕様車から両ユニットにグレード化され、タイプEと新たにタイプSにも装着となるCCS(カーコミュニケーションシステム)は、ナビ機能とタッチスイッチによるオーディオやエアコンの操作機能を併せ持つ。今回、ツートーンカラーから単色に変更、新色を設定した。

三菱 GTO

赤いGTOをクルマをよく知らないひとが見ると、フェラー...

赤いGTOをクルマをよく知らないひとが見ると、フェラーリと間違えてしまうことがあったそうです。

GTOの純正色である「フィジーブルー」という名の、鮮やかなブルーメタリックにオールペンするクルマもありました。
「走る・曲がる・止まる」をより高めるために4輪すべてを制御する「オール・ホイール・コントロール理念」という考え方を基本としたスポーツカー、三菱GTO。フルタイム4WDのほか、高度な4輪制御システムを、サスペンション、ブレーキ、ステアリングに採用。1840mmのワイドボディ&ワイドトレッドを持つアメリカンデザインに、 V型6気筒DOHCの3Lを搭載、24バルブは225馬力、インタークーラーツインターボは280馬力を発揮する。クラッシャブル構造のボディや、SRSエアバッグシステム、サイドドアビームなど安全装備を持つ。
いかがでしたでしょうか?

未だに路上で見掛けるモデルも少なくありません。

どのクルマも、日本の自動車史にその名を刻んだと言えるのではないでしょうか?

ダウンサイジングエンジンが普及しつつある昨今、パワーにモノを言わせる次代ではもはやないのかもしれません。

しかし、心の何処かに、この種のクルマの登場を待ち望むユーザーがいることを、自動車メーカーの方にも知っていただけたら…と思います。
38 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

TOYOTA「C-HR」トミカ・ストⅡ・原哲夫・大友克洋の豪華コラボレーションCMを放映!

TOYOTA「C-HR」トミカ・ストⅡ・原哲夫・大友克洋の豪華コラボレーションCMを放映!

TOYOTA「C-HR」の新CMで、「トミカ」や、世界的人気格闘ゲーム「ストリートファイターⅡ」、「北斗の拳」の作者である「原哲夫」、「AKIRA」の作者である「大友克洋」による夢のコラボレーションが実現した。
red | 1,067 view
ジェントルマンなハイクラスセダン「クレスタ」の歴史と魅力

ジェントルマンなハイクラスセダン「クレスタ」の歴史と魅力

1980年代90年代の、トヨタの誇るハイソカー三兄弟と言えば、マークⅡ、チェイサー、クレスタ。なかでも末っ子のクレスタは、一貫してパーソナルセダンとしての道を歩み、当時のトヨタの最高峰クラウンに次ぐ存在のジェントルマンな車でした。今回はそんなクレスタの特集です。懐かしい画像や映像を交えながら、クレスタの歴史と魅力を振り返ってみましょう。
starsky82138 | 9,911 view
遅れてきたルーキー「ミツオカ」の迷車たち~メーカー別マニアック名車  ミツオカ編

遅れてきたルーキー「ミツオカ」の迷車たち~メーカー別マニアック名車 ミツオカ編

国産メーカーのマニアックな名車を「マツド・デラックス」が選りすぐってお送りするわよ!今回は日本国産メーカーのルーキー!ミツオカの名車たちよ!さあ、今回も皆さん楽しんで頂戴ね!
【カロゴンズ】シノラー全開時代の篠原ともえとユースケ・サンタマリア のユニット!「TOYOTA新カローラツーリングワゴン」CMで結成!!

【カロゴンズ】シノラー全開時代の篠原ともえとユースケ・サンタマリア のユニット!「TOYOTA新カローラツーリングワゴン」CMで結成!!

シノラー(篠原ともえ)とユースケ・サンタマリアで結成された「カロゴンズ」。1997年「TOYOTA新カローラツーリングワゴン」CMで「カローラツーリングワゴン=カロゴン」と愛称づけられたところから始まった「カロゴンズ」は、当時シノラーで大ブレイク中だった篠原ともえと、まだ売出し中だったころのユースケ・サンタマリアのバランスが印象的なユニットでした。
青春の握り拳 | 4,534 view
【トヨタ・スープラ(SUPRA)】1990年代スポーツカーブームを懐かしむ、愛車スープラ(SUPRA)JZA70とともに過ごしたの青春。

【トヨタ・スープラ(SUPRA)】1990年代スポーツカーブームを懐かしむ、愛車スープラ(SUPRA)JZA70とともに過ごしたの青春。

1990年代は国産スポーツカーブーム。MR2、セリカ、RX7、180SX、フェアレディZ、シルビア、スカイラインなど魅力的なスポーツカーが数多く登場した時代でした。なかでも私は、愛車だったトヨタスープラ(JZA70)が大好きでした。
青春の握り拳 | 14,538 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト