ゾンビと言えばこの映画!世界中を恐怖に陥れた「ゾンビ」(1978年)を観てみよう!
2016年11月13日 更新

ゾンビと言えばこの映画!世界中を恐怖に陥れた「ゾンビ」(1978年)を観てみよう!

1978年にイタリアとアメリカの合同で製作・公開されたホラー映画「ゾンビ」。世界中を震撼させ、ゾンビ映画の金字塔とも言われる「ゾンビ」は、後のゾンビ映画を量産するきっかけとなります。そんなゾンビ映画の名作であるこの作品をもう一度観てみましょう!

15,427 view

Dawn of the Dead (1978) First Mall Scene

主人公達がモールに到着するシーン(英語)。
※この動画は残酷なシーンはありませんのでご安心下さい。

飽きさせないストーリー展開!

「ゾンビ」の収録時間は115分、ほぼ2時間です(※日本劇場公開版での時間)。
ゾンビ映画、いやホラー映画としてはどちらかというと長めですが、実際見てみると長いからといって冗長に感じる事はありません。
恐怖感以外にも窮地に立たされてどう切り抜けるかという緊張感や、友人との友情を描いた感動シーン、そして時にはゾンビをからかってみるちょっぴり笑えるシーンなどのお陰で、長いと感じる間もなくあっという間に見終えてしまう内容になっています。
「ゾンビ」での1シーン

「ゾンビ」での1シーン

ホラーだけではなく、様々な要素を持つ「ゾンビ」。

実は奥深いメッセージも

「ゾンビ」はホラー映画なのですが、現代社会へのメッセージを持つ社会風刺映画の一面も持ち合わせています。
主人公たちが篭城を決め込む大型ショッピングモールは消費社会となった現代への警鐘が含まれていますし、ゾンビ相手に銃を武器にするというのも銃社会となったアメリカを暗に示しているといえるでしょう。
そしてこの映画で描かれている「ゾンビに感染すると理性をなくし、ただ本能のままに動く」というゾンビ像。人間が理性を亡くしてしまえばいとも簡単にモンスター化するのだ、というのも改めて考えると実に深いですね。
この辺りも「ゾンビ」が名作と言われる所以であると言われています。
一番怖いのはゾンビではなく、人間なのかもしれませんね。
ゾンビという怪物像を通して人間というもののあり方を考えさせられる・・・「ゾンビ」は深い映画です。
その完成度ゆえに、「ゾンビ」はゾンビ映画における名作として名高いようです。

トム・サヴィーニによる優れた特殊メイク

なんと言っても、この映画の存在感を際立たせたものの一つにその特殊メイクがあります。
「ゾンビ」で特殊メイクを担当したのはトム・サヴィーニ。
「13日の金曜日(1980年)」や「バーニング(1981年)」、「悪魔のいけにえ2(1986年)」と数々の特殊メイクを手がけたトムですが、この「ゾンビ」は一躍彼をスターダムにのし上げた作品とも言えます。
既存のゾンビ映画にはかつてなかった映画「ゾンビ」でのリアルな描写・残酷度具合は、見るもの全ての人の肝を冷やし、80年代ホラー映画の発展と進化にかなり貢献する事になります。
ちなみにトムは特殊メイクだけでなくスタントマンや俳優としても様々な作品を手がけており、「ゾンビ」でも暴走族役として出演しています。
トム・サヴィーニ

トム・サヴィーニ

カメラマンとしてベトナム戦争に従軍したトム・サヴィーニは、帰還後特殊メイクアップアーティストに転進し「ゾンビ」でその才能を世に知らしめます。

「ゾンビ」をたっぷり楽しもう!

数多くのバージョンが存在する「ゾンビ」

「ゾンビ」には当初のバージョンの他、数多くのバージョンが存在します。
サウンドトラックの違いやシーンのあるなし等、その違いは多岐に渡りますので、色々と見比べてみると更に深く楽しめるかもしれません。

●「米国劇場公開版」(本編127分)
北米で劇場公開されたバージョンで、日本で最初にソフト化されたもの。
ロメロ独特の暗い味付けが特徴。

●「ダリオ・アルジェント監修版」(本編119分)
アジアやヨーロッパなどで世界中で一番多く劇場公開されたバージョンで、日本劇場公開版のオリジナル版でもある。
サバイバルアクション風な編集が特徴で、音響効果も全てダリオ・アルジェントによる編集で差し替えられており、ファンの多いバージョンである。

●「日本劇場公開版」(本編115分)。
日本ヘラルド映画配給。『ダリオ・アルジェント監修版』を元に残酷シーンの修正・削除、オープニングでのゾンビ発生理由を説明するシーンの追加、エンドクレジット削除などがされている。

●「ディレクターズ・カット版」(本編139分)
ロメロがカンヌ国際映画祭出品のために作ったバージョン。
ロメロ自身は後のインタビューで「不満足な出来だ」と公言している。

この他にも本当のノーカットオリジナルが収録されている「ラフカット版」(約3時間)や、アルジェント版をベースにディレクターズカット版のシーンを編集したドイツ語の「ファイナルカット版」(約156分)等があるようですが、残念ながらソフト化には至ってないようです。

Amazon | ゾンビ ダリオ・アルジェント監修版 HDリマスター・バージョン [DVD] -映画

4,699
「ゾンビ」ダリオ・アルジェント監修版 HDリマスター・バージョン
音楽の大半にダリオ・アルジェントの盟友であるゴブリンの曲が使用され、パニック・アクション的作品に仕上がっています。日本でのファンも多いバージョンです。

Amazon | ゾンビ ディレクターズカット版 HDリマスター・バージョン [DVD] -映画

3,099
「ゾンビ」ディレクターズカット版 HDリマスター・バージョン
ロメロ自身は納得してない編集だそうですが、現在入手できるバージョンの中で一番尺も長く、たっぷりと「ゾンビ」を楽しみたい方にはいいかもしれません。

舞台裏をのぞいてみる!

リアルなゾンビが数多く出現する「ゾンビ」。1990年に製作された「ドキュメント・オブ・ザ・デッド」では、そんな「ゾンビ」の舞台の裏側を見る事ができます。
「ゾンビ」の撮影風景やトム・サヴィーニのメイクアップ風景、当時のスタッフ・キャストのインタビュー等が収録され、、特にジョージ・A・ロメロの談話が興味深いです。
ロメロの劇場映画の名場面等も紹介されており、ロメロファン垂涎の作品になっています。

なお2012年にはこのオリジナル版に加え、リマスタリングと更に編集を加えた最終版をあわせ、製作35周年特別版として製作発表されています。
「ドキュメント・オブ・ザ・デッド」製作35周年特別版

「ドキュメント・オブ・ザ・デッド」製作35周年特別版

1990年に製作された「ゾンビ」のメイキング・フィルム「ドキュメント・オブ・ザ・デッド」。2012年には製作35周年特別版も製作されています。
51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

魔女が住む呪われた赤い館。奇妙な死と不気味な声が!一人では怖くて観れないホラー映画『サスペリア』

魔女が住む呪われた赤い館。奇妙な死と不気味な声が!一人では怖くて観れないホラー映画『サスペリア』

ヨーロッパのバレエ学校に入学したスージー、学校内で次々と殺人が起こる中、スージは学校に魔女が棲んでいる事を突き止めます。またこの映画では、赤や青の原色の色彩が特徴のひとつにもなっています。
星ゾラ | 8,485 view
【エクソシスト】ホラー映画の金字塔「エクソシト」とは…もう一度振り返ってみます。

【エクソシスト】ホラー映画の金字塔「エクソシト」とは…もう一度振り返ってみます。

 1973年にアメリカで制作されたホラー映画「エクソシスト」。「悪魔祓い(祈祷師)」という意味を持つタイトル通り、少女にとりついた悪魔とキリスト教カトリックの神父との壮絶な戦いを描いた本作は、クリスチャンの多いアメリカで、当時、ホラー映画にも関わらず興業収入1位、そしてアカデミー賞(脚色賞・音響賞)をも受賞した名作です。
Yam | 113,747 view
いじめられっ子の怒りが爆発!映画「キャリー(原題:CARRIE)」について

いじめられっ子の怒りが爆発!映画「キャリー(原題:CARRIE)」について

いじめっ子に仕返しがしたい、いじめられた事がある人なら一度は考えたはずです。ある日突然身に付いた超能力によっていじめっ子達に仕返しを果たすキャリーの姿に、現実のいじめられっ子達は溜飲が下がる思いで映画を観ました。この記事では映画「キャリー」について振り返ります。
ホラー映画『ザ・フォッグ』霧の中から現れる亡霊が不気味で怖かった!!

ホラー映画『ザ・フォッグ』霧の中から現れる亡霊が不気味で怖かった!!

鬼才ジョン・カーペンター監督が80年に製作したホラー映画で、不気味な霧の中から現れた亡霊が、100年前の復讐をするために町の人を恐怖に陥れていきます。
星ゾラ | 8,101 view
アーメン!じゃなくて「オーメン」が懐かしい!

アーメン!じゃなくて「オーメン」が懐かしい!

「オーメン」って観てないけど、なんだか不気味な映画でしょ?はい、そうです!内容をまとめてみましたので、ぜひ一読下さい。
ひで語録 | 2,548 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト