このゲーム、自由すぎます!「ロマンシング サ・ガ」はとても自由で面白いゲームでした
2020年6月11日 更新

このゲーム、自由すぎます!「ロマンシング サ・ガ」はとても自由で面白いゲームでした

ロマンシングサ・ガが発売された当時、このような自由なロールプレイングゲームを制作したチームを本当に感心します。ゲームの進行も、エンディングも決まりはありません。自由すぎて面白いロマンシングサ・ガを調査します。

1,325 view

ロマンシングサ・ガとは

 (2197918)

ロマンシング サ・ガとは1992年にスーパーファミコン用ソフトとして、スクウェアから発売されたロールプレイングゲームです。
1989年にゲームボーイ用ソフトとして発売されている、魔界塔士Sa・Gaを初とするシリーズに数えられ第4作目となり、スーパーファミコンとしては第1作目となります。
スクウェアのロールプレイングゲームといえば、やはりファイナルファンタジーを思い出しながら、ロールプレイングゲームで競合しないのかと心配になりますが、そこにはロマンシング サ・ガのゲームの特徴があるようです。

ロマンシング サ・ガの特徴

#1【クリアまでやる】ロマンシング サ・ガ1を振り返る【SFC】

ロマンシング サ・ガの最大の特徴は、自由な物語を描ける「フリーシナリオシステム」です。
普通のロールプレイングゲームでは、パーティーがあったりして登場するキャラクターが多くても操作するキャラクターは一人で、決められたルートで決められた謎を解きながら、ボスがいるラストステージを目指していきます。
フリーシナリオシステムは、ゲームに決められたルートはなく、極端に言えば「ラストステージに向かって自由に進む」ということです。
ゲームのルートはプレイヤーにまかせられていて、ルートの途中にあるイベントを隅々までこなすも良し、町を隅々まで探索するも良し、レベルアップにだけに専念しどこまで強くなれるか孫悟空モードでゲームを進めるも良しなのです。
ロマンシング サ・ガのフリーシナリオシステムは自由なところはいいのですが、初心者にはゲームがどこまで進んでいるかわからない状態に陥ることがあります。
この当時は、「インターネットで検索」という技はなかったので初めてプレイした人はかなり苦労したと思います。

主人公も選び放題

操作できるキャラクターは8人も存在して最初は本当に戸惑います。
さらに、キャラクターには利き腕の設定があり、キャラクターを決めて、ゲームスタートすると、キャラクターごとにゲームスタート前のオープニングが設定の細かさに驚かされます。
キャラクターごとにスタートのシナリオが違えばエンディングも変わるなど、先ほど初心者は苦労をすると記しましたが、一度、どれかのキャラクターでクリアをし、クリアをしたその後から、ロマンシング サ・ガの本当の面白さに気付くことができます。

ゲームを進める時の注意点

ロマンシングサガシリーズ戦闘曲集(SFC)【14曲】

ゲームを開始すると、パーティーを組まなければなりません。
最大6人のパーティーを組むことができ、その仲間は町にあるパブにいるので町をめぐり仲間を探します。
最初は攻撃力と防御力が強いわけではないので、HPに不安があります。
傷薬はHPを回復してくれるので最初に備えておきたいアイテムの一つであり、ゲットするには、道具屋に売っているので必ず備えておいてください。
さらに安心なのが、聖杯をゲットしておくことで、聖杯は回復できる技を覚えることができる上に、攻撃アイテムとして使うと、アンデット系の敵キャラ全てに攻撃することができます。
そして、もう一つきれいな腕輪もゲットしたいところです。
きれいな指輪のメリットは戦闘モードのターン終了ごとにHPを自動回復することができます。
パーティーができるとパーティーの順番を決めなければなりません。
パーティーの順番はメニュー画面から設定することができ、前衛・中衛・後衛と分かれますが、必ずしも前衛から攻撃が始まることがないことを理解しておいてください。
時に敵キャラは後ろから攻撃することがあり、後衛から攻撃が始まることがあります。
このことから、バランスよく、パーティーの順番を決めます。

ゲームの進行に困ったときの目安

ロマンシングサガ クローディア編 1/11

ゲームの中盤に入ったときのイベントの目安は「魔の鳥の秘宝」「皇帝の奇病」があったときです。
さらに終盤に差し掛かると、「モンスター大発生」「デオドールを追って」「モンスター軍団襲来」があります。
さらに、「オールドキャッスル」「最後に待つ試練」「冥府」かあると、いよいよラストステージが迫っている証です。
戦いに備えてアイテムの整理をしてその時を待ちましょう。

ラスボスは強敵サルーイン

[SFC] ロマサガ1 「サルーイン戦」→エンディング(グレイ) Romancing Sa・Ga

ラスボスのサルーインは非常に強敵なのですが、ロマンシングサ・ガは自由にルートを決めラストステージに進むため一概に強いとは言えません。
例えば、途中のルートでひたすらレベルを上げてラストステージにたどり着いたらどうでしょうか。
途中のルートでひたすらアイテムを探し続け、レベルも上げて武器、防具も最強なものを揃えたらどうでしょうか。
どちらもあっという間にサルーインを倒してしまいます。
「ロマンシングサ・ガは簡単」と思った方も多いと思いますが、簡単にクリアすることも、わざと難易度を上げクリアすることも、ロマンシングサ・ガの楽しみ方です。

まとめ

いかがでしたか。
ロマンシングサ・ガはこれまでのロールプレイングゲームの常識を覆したゲームとも言えます。
ロールプレイングゲームでの人気では、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーにやや劣るようですが、私にしてみれば面白さは3ゲームともに同格です。
自由度が高いロールプレイングゲームのロマンシングサ・ガを誰も思いつかない方法でクリアしてみませんか。
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

スーパーファミコンで第1作目であるファイナルファンタジーⅣの間違いない面白さを調査

スーパーファミコンで第1作目であるファイナルファンタジーⅣの間違いない面白さを調査

ファイナルファンタジーファンなら、その当時、確実に期待していたであろうスーパーファミコンでファイナルファンタジーをプレイすることを。その願いが通じたファイナルファンタジーⅣの面白さや前作との変化を調査しました。あなたも新しい発見があるかもしれません。
showta14 | 6,800 view
『ロマンシングサ・ガ3』のゲームでは描かれなかった隠された物語を舞台化!「サガ」シリーズの作曲家・伊藤賢治氏も参加決定

『ロマンシングサ・ガ3』のゲームでは描かれなかった隠された物語を舞台化!「サガ」シリーズの作曲家・伊藤賢治氏も参加決定

1995年にスクウェア(現:株式会社スクウェア・エニックス)から発売された、「サガ」シリーズを代表するゲーム作品『ロマンシングサ・ガ3』を原作にした舞台が4月15日から公演を開始する。その舞台の音楽監修では、「サガ」シリーズでおなじみの作曲家・伊藤賢治氏が参加する。
red | 2,036 view
90年代レトロゲーム「へべれけ」の正統続編が現代ゲーム機に登場!『へべれけ2』が好評発売中!!

90年代レトロゲーム「へべれけ」の正統続編が現代ゲーム機に登場!『へべれけ2』が好評発売中!!

サンソフト(サン電子株式会社)より、1991年に販売された「早すぎたメトロイドヴァニア『へべれけ』」の正統続編となる『へべれけ2』が現在好評発売中となっています。
隣人速報 | 160 view
RPG『MOTHER2 ギーグの逆襲』が2024年で発売30周年!ほぼ日MOTHERプロジェクトが様々な企画を実施!!

RPG『MOTHER2 ギーグの逆襲』が2024年で発売30周年!ほぼ日MOTHERプロジェクトが様々な企画を実施!!

RPG『MOTHER2 ギーグの逆襲』の発売から2024年で30周年となるのを記念し、ほぼ日MOTHERプロジェクトにて多数のお楽しみ企画が実施される予定となっています。
隣人速報 | 199 view
大ヒット!1度は遊んだことのある「スーパーファミコンのカセット」

大ヒット!1度は遊んだことのある「スーパーファミコンのカセット」

スーパーファミコンは、日本だと1990年に販売されました。男の子も女の子も1度は遊んだことのあるゲーム機のひとつではないでしょうか。カセットの種類は多くありますが、その中でもより人気を得たカセットを今回集めてみました。
あやおよ | 829 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト