昭和の魅力的なライバルキャラクター・ダークヒーロー・アンチヒーロー
2016年7月1日 更新

昭和の魅力的なライバルキャラクター・ダークヒーロー・アンチヒーロー

昭和の人気アニメ・漫画(週刊ジャンプ連載漫画など)・特撮作品の主人公と主人公に匹敵する(場合によっては主人公以上に)人気があったライバルキャラ・・ダークヒーロー・アンチヒーローをおさらいしてみましょう。

72,836 view

『聖戦士ダンバイン』の主人公「ショウ・ザマ」とライバル「バーン・バニングス/黒騎士」

『聖戦士ダンバイン』の主人公「ショウ・ザマ」

『聖戦士ダンバイン』の主人公「ショウ・ザマ」

オーラバトラー・ダンバインのパイロット。ミ・フェラリオのチャム・ファウと行動を共にしている。同僚パイロットであるマーベル・フローズンとは両想いであるが、お互いなかなか言い出せない。

高いオーラ力を持ち、初期型オーラ・バトラーのダンバインで多くの新型を打ち破る。後にナの国の女王シーラ・ラパーナより賜った新型可変オーラ・バトラー ビルバインに乗り換え、ナの国・ラウの国からなる連合軍のエースとして、バイストン・ウェルと地上の平和のため獅子奮迅の活躍で戦い続けた。
ROBOT魂 [SIDE AB] ビルバイン

ROBOT魂 [SIDE AB] ビルバイン

バーン・バニングス/黒騎士

バーン・バニングス/黒騎士

バーン・バニングス/黒騎士

バーン・バニングス/黒騎士

バーン・バニングス/黒騎士

ROBOT魂 [SIDE AB] ズワァース

ROBOT魂 [SIDE AB] ズワァース

劇中では試作機に黒騎士が搭乗し、ショウのビルバインと互角の勝負をしていた。その後地上へと戦いの場を移しての戦闘ではビルバインに撃墜される。同型機に再び乗り込んでビルバインと対峙したが、敗退。以後の戦闘では見かけなくなった。
ROBOT魂 [SIDE AB] ズワァース

ROBOT魂 [SIDE AB] ズワァース

ROBOT魂 [SIDE AB] ズワァース

ROBOT魂 [SIDE AB] ズワァース

ROBOT魂 [SIDE AB] ズワァース

ROBOT魂 [SIDE AB] ズワァース

オーラファイター『ガラバ』

オーラファイター『ガラバ』

ショウには今一歩及ばない点が見受けられたが、後にオーラファイター『ガラバ』に乗り換えてからは、搭載された新型のオーラ力増幅装置により、完全に互角に戦えるようになった。

最終決戦終了間際、ショウに対する憎しみが昂じ、怨念の化身へと成り果てた黒騎士(バーン・バニングス)の魂を浄化すべく白兵で最期の勝負を挑み相討ち

「俺は人は殺さない!その怨念を殺す!」

「俺は人は殺さない!その怨念を殺す!」

ショウのビルバインと黒騎士のガラバが大破したために、最後はお互いに剣を持って戦う。
ショウに対する憎しみが昂じ、怨念の化身へと成り果てた黒...

ショウに対する憎しみが昂じ、怨念の化身へと成り果てた黒騎士(バーン・バニングス)

ショウへの復讐のために如何なる手段を用いることも厭わない復讐の鬼と化している。
ショウと黒騎士(バーン・バニングス)は相討ち・・・

ショウと黒騎士(バーン・バニングス)は相討ち・・・

シャアとアムロも相討ちだったが、二人とも死んではいない。

それに比べて、ショウと黒騎士(バーン・バニングス)は相討ちはショッキングでした。
「シーラ・ラパーナ、浄化を・・・」

「シーラ・ラパーナ、浄化を・・・」

ロボットアニメにおける「女王」キャラの完成系と言われる「シーラ・ラパーナ」

ナの国の女王「シーラ・ラパーナ」 制作者側でも彼女の作...

ナの国の女王「シーラ・ラパーナ」 制作者側でも彼女の作画を担当したがるアニメーターが続出するなどの人気キャラだった。

容姿端麗、凛とした佇まいの美少女で、出番はそれほど多くなかったにもかかわらず、制作者側でも彼女の作画を担当したがるアニメーターが続出するなどの人気キャラだった。

シーラをデザインした湖川友謙自身も、初登場話である「赤い嵐の女王」の作画監督を担当できなかったことを悔やんだ(一方で「俺が本当に可愛いと思うキャラって、ああではない」との発言もあるが)ほか、出渕裕は彼女を愛する余り、メカデザイン担当の立場を逸脱してドサクサに紛れて作画しまくったといわれる。
「人々よ、バイストン・ウェルへ帰還します!後は、己の憎...

「人々よ、バイストン・ウェルへ帰還します!後は、己の憎しみの心を地上に残さぬように・・・・ショウ!」

太平洋での最終決戦において、持てるオーラ力を解放し、全ての悪しきオーラを浄化して、戦いを終結させる。

『装甲騎兵ボトムズ』の主人公「キリコ・キュービィー」とライバル「PS(パーフェクトソルジャー)イプシロン」

171 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

ミドルエッジ女子必見!集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、京都・高島屋で開催されます。開催日程は、10月30日から11月10日まで。
隣人速報 | 996 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
連載40周年を迎えた「ガラスの仮面」スピンオフアニメが10月からTOKYO MXで放送!

連載40周年を迎えた「ガラスの仮面」スピンオフアニメが10月からTOKYO MXで放送!

今年、連載40周年を迎えたベストセラー少女漫画「ガラスの仮面」のスピンオフアニメ「3ねんDぐみガラスの仮面」が、10月3日からTOKYO MXで放送されることが明らかとなった。累計発行部数5000万部を超える不朽の名作のアニメ版に期待が膨らむ。
ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。それを記念し、原画展の開催が決定しました。今回二度目となる告知ですが、「なかよし」に連載されていた名作もご紹介します。
隣人速報 | 917 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,954 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト