実は戦争について歌った邦楽の名曲たち
2017年7月17日 更新

実は戦争について歌った邦楽の名曲たち

好きだの会いたいだのを連呼する、甘っちょろくて浮薄な恋愛ソングだけが、J-POPではありません。平和な国・日本においても、「戦争」への問題意識を暗に散りばめた、聴きごたえのある骨太なメッセージソングが存在するので、本稿ではその一部を紹介していきます。

13,931 view

『情けねえ』(とんねるず)⇒湾岸戦争における日本の対応を批判した歌

1990年8月2日、イラク軍によるクウェートへの侵攻が開始されます。世にいう“湾岸戦争”の始まりです。
現地より配信された、無数の光弾が闇夜に舞う国際映像は、まるでコンピューターゲームさながら。そのために「ニンテンドーウォー」などと呼ばれ、当時、世界中の人に衝撃を与えたものです。

日本にとって、対岸の火事で済まされなかったのは、アメリカが多国籍軍を率いて軍事介入したためでした。この好戦的な同盟国から、日本は度々非協力的な姿勢を非難されていたために、立つ瀬がなく、結局金で立場を買うかのように、135億ドルもの拠出金を提供。さらには、実働部隊である自衛隊を現地へ派遣するべく、政令改正までしようとしたのでした。
もはや、弱腰を通り越して、傀儡と表現してもさしつかえないほどの軟弱な外交姿勢ではありませんか。そんな我が国の体たらくに多くの国民が思っていました。「情けねぇ…」と。
とんねるず『情けねえ』

とんねるず『情けねえ』

CDのジャケットは、日の丸を連想させるデザインだった
♪みんな時代のせいだと 言い訳なんかするなよ♪
♪人生の傍観者たちを俺は許さないだろう♪

♪お似合いだぜ おまえにゃ口を閉ざしお休み♪
♪鎖つながれた小犬のように♪

♪遠い国のふしあわせ 対岸の火事なのか♪
♪そんな歴史の涙さえも 誰も見過ごすつもりか♪
改めて歌詞を見てみると、かなり直接的に自国の対応を批判しています。おそらく、当時から毎年多額の税金を納めていた作詞担当の高額所得者・秋元先生からしたら、国民の血税を湯水のように戦争協力費へ流用してしまった日本政府に、相当ご立腹だったに違いありません。

とんねるず "情けねぇ"

『島唄』(THE BOOM)⇒沖縄戦の鎮魂歌

THE BOOM最大のヒット曲として知られる『島唄』。同曲はドレミの「レ」と「ラ」を抜く、琉球音階を取り入れていることでも知られていますが、Bメロだけは、西洋音階、つまり、本土で使用されている音階で歌われています。以下が1番と2番のBメロです。
THE BOOM『島唄』

THE BOOM『島唄』

♪ウージの森であなたと出会い♪
♪ウージの下で千代にさよなら♪

♪ウージの森で歌った友よ♪
♪ウージの下で八千代の別れ♪
『島唄』はTHE BOOMのボーカル・宮沢和史が、「沖縄戦の際、ガマ(洞窟)で亡くなった人たちの魂を空へ解放したい」との想いを込めて書いた鎮魂歌。その中でBメロは、まさに、ウージ(さとうきび)の下(ガマ)で自決した人たちのことを描写しています。

この箇所を本土の音階にした背景には、「本土の犠牲になった人のことを唄うのは、本土の音階でなければならない」という、宮本の強い信念があったのだとか。かくいう宮本も、山梨出身で本土の人間。本土の勝手で、沖縄に多大な被害をもたらしてしまったことへの忍びなさが、彼に沖縄音階の使用を躊躇わせたのでしょう。

ザ・ブーム 島唄 Live

『さよなら人類』(たま)⇒ハルマゲドンで人類が滅ぶ歌

『平成名物TV・三宅裕司のいかすバンド天国』(TBS系)の14代目イカ天キングとなってメジャーデビューした『たま』。そのデビュー曲といえば、オリコン初登場1位を獲得し、売上げ58.9万枚の大ヒットを記録した『さよなら人類』です。
たま『さよなら人類』

たま『さよなら人類』

幻想的なメロディラインで、コミックソングの気さえある同曲ですが、その荒唐無稽な歌詞をよく見てみると、ハルマゲドン的世界観が描かれていると気づきます。特にゾッとするのが、3番の歌詞。
♪あのこは花火をうちあげてこの日がきたのを祝ってる♪
♪冬の花火は強すぎて僕らの身体はくだけちる♪

♪ブーゲンビリアの木の下で僕はあのこを探すけど ♪
♪月の光にじゃまされてあのこのカケラはみつからない♪
ブーゲンビリアとは、熱帯性の低木で、下の写真のような形状をしています。
ブーゲンビリアの木

ブーゲンビリアの木

そう。原爆のキノコ雲を連想させるのです。
38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

菊池桃子・田中美奈子ら、トレンディ女優が"アラフィフ"世代の恋愛エピソードを演じる!!

菊池桃子・田中美奈子ら、トレンディ女優が"アラフィフ"世代の恋愛エピソードを演じる!!

11日放送の、関西テレビ・フジテレビ系特番「ラブドラマバラエティー 50キュン恋愛物語」で、賀来千香子、有森也実、菊池桃子、森口瑤子、田中美奈子ら、"アラフィフ"世代が最近"キュン"とした恋愛を基にしたエピソード・ドラマに出演する。80年代から90年代前半にヒットした曲もドラマで起用されている。
red | 2,140 view
オールナイトフジの初代司会者として知られる鳥越マリは、歌も歌っておりました。

オールナイトフジの初代司会者として知られる鳥越マリは、歌も歌っておりました。

オールナイトフジの司会者。その後は女優へと転身する鳥越マリですが、その間に歌手としても活動していました。愛くるしい笑顔に成熟したナイスバディ。そりゃぁ、もう、オジサマ達をとりこにしたものです。
obladioblada | 1,416 view
不仲説を一蹴!?石橋貴明が「たいむとんねる」の番組中で「浜ちゃん」と発言!!

不仲説を一蹴!?石橋貴明が「たいむとんねる」の番組中で「浜ちゃん」と発言!!

フジテレビ系で放送中のバラエティ「石橋貴明のたいむとんねる」の9月10日放送分にて、石橋貴明の口から「浜ちゃん」という単語が飛び出し、現在ネットを中心に話題となっています。
隣人速報 | 5,488 view
82年の紅白に出場したサザンオールスターズ!三波春夫パフォーマンスで大ヒンシュクだった!

82年の紅白に出場したサザンオールスターズ!三波春夫パフォーマンスで大ヒンシュクだった!

NHK紅白歌合戦が視聴率70%を記録する、厳粛ななる国民的番組だった時代。サザンオールスターズの桑田佳祐は「国民的歌手」三波春夫のコスプレをして歌ったがために、大批判を食らいました。しかし、「受信料は払いましょう」「裏番組はビデオで観ましょう」などと絶叫したパフォーマンスは、今なお伝説として語り継がれています。
こじへい | 5,211 view
【週刊 20世紀Walker】Vol24号 「編集長と助手の昭和ヒットパレード!」第3弾は「伊藤つかさ」

【週刊 20世紀Walker】Vol24号 「編集長と助手の昭和ヒットパレード!」第3弾は「伊藤つかさ」

さあ~【週刊 20世紀Walker】の新企画!その名も「編集長・山本圭亮と助手・富田葵の昭和ヒットパレード!毎週1アーティストをチョイスして編集長と助手のオススメを1曲ずつお送りする至ってシンプルな企画。一部では企画の内容より二人のやり取りが面白いとの怪情報も~w

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト