2017年1月11日 更新

もうすぐ来日公演!ハワード・ジョーンズの最強シンセ・ポップ期を振り返る!

80年代にシンセサイザーを駆使したヒット曲を連発し、「シンセ・ポップの貴公子」「音の魔術師」と呼ばれたハワード・ジョーンズが、2017年1月に来日公演を行います!この機会に、改めて彼の代表曲を振り返りつつ、その魅力に触れてみましょう!

2,108 view

デビュー時の衝撃!

それまでいそうでいなかった、アイドルっぽいルックスで、シンセを弾きながら歌うポップ・シンガーの登場!1983年のデビュー時、すでに28歳になっていたとは思えぬ初々しさでしたが、地道に音楽活動を続けてきただけあって、その音楽性は実に多彩で魅力的!10代の頃はプログレに傾倒し、一時はパンク・バンドにも参加していたというのだから、驚きです。

オウムのような、この髪型!

Howard Jones - Official Website (1811068)

ニュー・ロマンティックス~第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンというブームの中で、フッサフサの髪の毛を強調したヘア・メイクが流行ってましたが、中でもこのハワードのオウムのような髪型は、彼のトレード・マークとして印象に残ってますね!

たくさんのシンセに囲まれて

Howard Jones - Like To Get To... - Live 1983

バンド形態ではなく、演奏はハワード一人!そして、数多くのシンセサイザーを一人で操作し、ゴージャスなサウンドを繰り広げる、まさに音の魔術師!!

キーボードを肩からブラ下げて、ステージを歩きながら演奏

Howard Jones - Conditioning - Live 1983

音源を内蔵しない小型コントローラーとしての、スタイリッシュないわゆるショルキー等が普及する前は、こうしてデカいキーボードを肩からブラ下げていたんですよね。ある意味、斬新でした!ちなみにステージにはもう一人登場しますが、彼はパント・マイム・ダンサーのジェド・ホイル。ハワードだけだと動きが少なくなりがちなステージを盛り上げてくれる、そのパフォーマンスも注目の的でした!

デビュー・アルバム『かくれんぼ』でUK制覇!

Howard Jones - Human's Lib – Amazon(アマゾン)

Howard JonesのHuman's Libがお買い得。お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。アマゾン配送商品は通常配送無料(一部除く)。
4曲のシングル・ヒットを収録し、デビュー・アルバムにして全英1位の快挙!!
New Song

New Song

このデビュー・シングルが、いきなり全英3位の大ヒット!さらに全米チャートでも27位に食い込み、新人とは思えぬ異例の成功を収めました。考えてみれば、デュラン・デュランやカルチャー・クラブ、ワム!などの人気グループでさえも、デビュー曲はそれほどヒットしてなかったのですから、ハワード・ジョーンズの才能と人気が、いかにすごかったのかが分かりますね!

Howard Jones - New Song

What Is Love?

What Is Love?

このセカンド・シングルも、全英2位、全米33位のヒットを記録!「愛って何だろう?」というシンプルな問けですが、相手に依存してしまうような単純なラヴ・ソングは書きたくなかったそうで、そう言われると、ちょっと哲学的な歌詞のようにも思えますね。

Howard Jones - What Is Love

Hide and Seek

Hide and Seek

サード・シングルは、それまでのポップな作風から一転して、暗いムードの楽曲となりましたが、全英12位のヒットに。邦題は直訳した「かくれんぼ」で、日本盤ではファースト・アルバムのタイトルにもなりました。1985年に行われたライヴ・エイドでも演奏された代表曲で、その時はフレディ・マーキュリーのピアノを使っての弾き語りを披露!

Howard Jones - Hide & Seek

Pearl in the Shell

Pearl in the Shell

4枚目のシングルは、明るい70年代風サウンドで、全英7位のヒット!ハワードは70年代に活躍していたアーティストからの影響を受けていることを公言しており、中でもスティーヴィー・ワンダーやEW&F、キース・エマーソンやスティーリー・ダンなどがお気に入りなのだそうです。

Howard Jones - Pearl In The Shell

セカンド・アルバム『ドリーム・イントゥ・アクション』で全米チャートを席巻!

Howard Jones - Dream Into Action – Amazon(アマゾン)

Howard JonesのDream Into Actionがお買い得。お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。アマゾン配送商品は通常配送無料(一部除く)。
全英2位、全米でもトップ10に食い込んだ大ヒット・アルバム!
Like To Get To Know You Well

Like To Get To Know You Well

5枚目のシングルとなったこの「君を知りたくて」は、全英4位のヒット。元々はリミックス集「12インチャーズ」の先行シングルでしたが、後にセカンド・アルバム『ドリーム・イントゥ・アクション』のCDにも追加収録されました(アナログ盤には未収録)。

Howard Jones - Like To Get To Know You Well

Things Can Only Get Better

Things Can Only Get Better

セカンド・アルバムから最初のシングルとなったこの曲は、全英6位だけでなく、全米でも5位にランクインする大ヒットに!いよいよ、アメリカでもハワード・ジョーンズ人気が爆発!当時としては珍しいことに、白人アーティストであるにも関わらず、全米R&Bチャートでも54位に食い込む健闘を見せたのです!

Howard Jones - Things Can Only Get Better

Look Mama

Look Mama

セカンド・アルバムから2枚目のシングルで、全英10位のヒット!母親の束縛から解放され、自分のやりたいようにやらせてほしい、と自由を追い求める姿を描いた歌詞が印象的。

Howard Jones Look Mama

Life in One Day

Life in One Day

セカンド・アルバムから3枚目のシングルとなった、「一日の生命」。全英14位、全米19位のヒットとなりましたが、楽曲そのものよりもプロモーション・ビデオが印象に残っている、という方も多いのでは?それもそのはず、数々の名PVを手掛けたゴドレー&クレームが監督しており、いろいろなCMやテレビ番組のパロディーや、斬新なエフェクトを駆使した映像で、楽しませてくれます。

Howard Jones - Life In One Day

サード・アルバム『ワン・トゥ・ワン』以降、低迷期に突入することに・・・

Amazon.co.jp: Howard Jones : One to One - ミュージック

[One to One] Howard Jones - CD・レコードの購入はオンライン通販アマゾン公式サイトで。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。
No One Is To Blame

No One Is To Blame

この「悲しき願い(No One Is To Blame)」は、元々セカンド・アルバムに収録されていた楽曲ですが、シングルでリリースする際にフィル・コリンズとヒュー・パジャムが再プロデュースすることに。フィルのドラムやコーラスを追加するなど、よりポップなアレンジを施したことで、全米4位のヒットを記録(全英では16位)!そのヴァージョンは、アメリカでリリースされたミニLP『アクション・リプレイ』に収録されたのですが、後にアルバム『ワン・トゥ・ワン』のCDにも追加で収録されたのでした(アナログには未収録)。ちなみにファンの間では、シンプルなセカンド・アルバムのヴァージョンの方が人気があるようで、ライヴではシンプルに演奏することが多いのだとか。

Howard Jones - No One Is To Blame

You Know I Love You... Don'...

You Know I Love You... Don't You?

期待されたサード・アルバムから最初のシングルでしたが、なんと全英チャートでは40位圏内にも入ることが出来ず、ここから徐々に人気に陰りが見えることに。一方、全米チャートでは最高17位と健闘。

Howard Jones - You Know I Love You..Don't You

Amazon.co.jp: Howard Jones : Cross That Line - ミュージック

[Cross That Line] Howard Jones - CD・レコードの購入はオンライン通販アマゾン公式サイトで。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。
Everlasting Love

Everlasting Love

4枚目のアルバム『クロス・ザット・ライン』から最初のシングルでしたが、全英チャートで62位と惨敗。アメリカでは、12位と健闘したものの、かつての勢いが衰えてしまった感は否めませんでした。ちなみに、この曲を共作及び共同プロデュースしているイアン・スタンリーは、ティアーズ・フォー・フィアーズのヒット曲の作者、キーボード・プレイヤーとしても知られています。

Howard Jones Everlasting Love

Amazon.co.jp: Howard Jones : In the Running - ミュージック

[In the Running] Howard Jones - CD・レコードの購入はオンライン通販アマゾン公式サイトで。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。
Lift Me Up

Lift Me Up

1992年にリリースされた、5枚目のアルバム『イン・ザ・ランニング』から最初のシングルでしたが、現時点で最後の全米トップ40圏内ヒットに(最高32位)。残念ながら、いよいよアメリカでも人気を保てなくなってきてしまったのでした・・・

Howard Jones - Lift Me Up

52 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

アメリカの「発明家」へ「スティーヴィー・ワンダー」発注の【シンセサイザー】について調べた

アメリカの「発明家」へ「スティーヴィー・ワンダー」発注の【シンセサイザー】について調べた

ある発明家が、ある理由により、スティーヴィー・ワンダー発注のシンセサイザーを作りました。今回はそれを調べてました。
たまさん | 460 view
【95年】ビートルズの後継者的な「Oasis」が生みだしたマスターピース「Wonderwall」をふりかえる

【95年】ビートルズの後継者的な「Oasis」が生みだしたマスターピース「Wonderwall」をふりかえる

90年代のセンセーショナルなイギリスのロックバンド、アメリカでも日本でもその名を更に知らしめる一曲になった名曲についてふりかえります。
たまさん | 501 view
【90年代】「tetsu」(L'Arc~en~Ciel(ラルクアンシエル)が80年代に感化されたものとは?をまとめた

【90年代】「tetsu」(L'Arc~en~Ciel(ラルクアンシエル)が80年代に感化されたものとは?をまとめた

「ラルクアンシエル」のベーシスト「tetsu」へのインタビューをふりかえりながら、彼が影響を受けた80年代のものをまとめます。
たまさん | 585 view
70年代 80年代 ディスコで流行った曲を紹介します。

70年代 80年代 ディスコで流行った曲を紹介します。

マイケル セガー バンド ドナーサマー ブロンディ 皆さんはどんな曲が好みでしたか。私が好きだった曲をご紹介します。
平成の「聖子ちゃん」を探せ!あの「実話ナックルズ」がグラビアオーディションを開催中!!

平成の「聖子ちゃん」を探せ!あの「実話ナックルズ」がグラビアオーディションを開催中!!

「実話ナックルズ極ベスト 平成の聖子ちゃんを探せグラビアオーディション」が現在開催中!グランプリに輝くと「ナックルズ極ベスト」の表紙を飾れます!参加するなら今しかない!!
隣人速報 | 3,795 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト