OVA版【超獣伝説ゲシュタルト】高河ゆんのRPG風ファンタジー漫画がアニメ化!司祭オリビエと王理の活躍ぶりが面白い!
2021年12月3日 更新

OVA版【超獣伝説ゲシュタルト】高河ゆんのRPG風ファンタジー漫画がアニメ化!司祭オリビエと王理の活躍ぶりが面白い!

漫画家・高河ゆんさんによる作品『超獣伝説ゲシュタルト』。かつて月刊Gファンタジーに連載されていたコンテンツで、ドラマCD・OVA・小説などマルチメディア展開も実現しました。今回の記事では、OVA版『超獣伝説ゲシュタルト』にスポットを当て、その本編動画やストーリー・魅力など振り返っていきます。

180 view

『超獣伝説ゲシュタルト』とは?

『超獣伝説ゲシュタルト』

『超獣伝説ゲシュタルト』

作者:高河ゆん
出版:一迅社
掲載:月刊Gファンタジー
連載:1992年~2001年
巻数:全8巻
『超獣伝説ゲシュタルト』(ちょうじゅうでんせつゲシュタルト)は、高河ゆんによる日本の漫画作品。
1992年から月刊Gファンタジーに連載され、読者からの人気を獲得したコンテンツです。
月刊Gファンタジーといえば、『ファイナルファンタジー』『ドラゴンクエスト』でお馴染みのスクウェア・エニックスが発行する漫画雑誌。その誌面で連載が始まった『超獣伝説ゲシュタルト』も例に漏れず、RPG風ファンタジーといった世界観を踏襲するものでした。
ドラマCD化・OVA化・小説化など、『超獣伝説ゲシュタルト』は漫画コンテンツの枠組みを超えた発展をみせ、OVA版については海外にも輸出されています。
OVA版『超獣伝説ゲシュタルト』

OVA版『超獣伝説ゲシュタルト』

原作:高河ゆん
制作:テレビ東京
   ソニー・ミュージックエンタテイメント
発売:1997年
巻数:全2巻
OVA版『超獣伝説ゲシュタルト』は初期のフルデジタルアニメとしても注目すべき作品で、同時期のアニメ・OVA作品と比較してみても、映像クオリティーの高さでは他を圧倒するレベルを実現していますね。
今回の記事では、こちらOVA版『超獣伝説ゲシュタルト』の内容を中心に振り返ります。

OVA版『超獣伝説ゲシュタルト』の本編動画・ストーリー

Gestalt #1

Gestalt #2 (完)

三つの大陸と七つの海がある世界。そして、七つの海を超えると、その先にはゲシュタルト島と呼ばれる島があり、そこには、どんな願いをも叶える超獣伝説があるといいます。ヴァサリア教団の司祭・オリビエは神の教えに疑問をもち、その答えをゲシュタルト島の超獣伝説に求めるため、旅に出るところから物語は幕を開けます―――。


赤ん坊のころにオリビアを拾い、これまで親代わりに育ててきたヴァサリア教団の司祭・メサイアはそんなオリビアの行動を阻止し、オリビアをヴァサリア教団に連れ戻そうと、ダークエルフのスズを雇って追手として差し向けるのでした。

オリビエは旅の道中で奴隷として売られていた少女・王理に出会います。道理的に人身売買を受け入れられないオリビアでしたが、自分自身が王理を引き受けなければ、他の商人に買われてしまうという現実を目の当たりにし、王理と共に旅をすることに。
王理は何者かに声が出せなくなる魔法”サイレス”がかけられており、その魔法をオリビアが解いてあげたことで、二人はまともにコミュニケーションを取れるようになります。そして、オリビアは王理が自分自身の旅の目的地であるゲシュタルト島の出身であることを知り…

OVA版『超獣伝説ゲシュタルト』の魅力とは?

RPG風の世界観を意識した演出が堪らないOVA版『超獣伝説ゲシュタルト』。

オリビアに魔法を解いてもらうまで、王理は声を発せないでいますが、それまでの期間も、王理のセリフはウインドウ表示されていて、オリビアとのコミュニケーションは取れている様子でした。

このウインドウ表示といった演出こそ、RPG風の世界観を意識したものだといえますよね。主人公の旅立ちから始まり、荒野を旅したり、街中ではイベントが発生するというようなストーリー展開も、どこかRPGをプレイしているかのような錯覚に陥ります。
このような演出の数々は、ゲーム好きのユーザーを本編に惹き込んでしまうでしょう。
https://www.irasutoya.com/2013/02/blog-post_3308.html (2318220)

ちょいエロ要素も男性ファンには堪らないポイントですよね。別に濡れ場があるわけでもないし、おっぱいやヌードが拝めるサービスショットがあるわけでもありません。
しかし、オリビアの魅力にメロメロの王理やスズをはじめ、敵役においても、蒼子に好意を寄せるダークエルフ・カーマインの誘惑にはエロスが漂っています。
おっぱいの描写も秀逸なのも見逃せないポイント。女性キャラクターの胸は、それぞれの動きに合わせて適度に揺れていて、言葉で表現するなら、まさに”たゆんたゆん”というような擬音語がぴったりです。露骨に性的要素をアピールするようなコンテンツではありませんが、さり気ないエロスという部分もOVA版『超獣伝説ゲシュタルト』の魅力といえるでしょう。

出演している声優陣にも注目したいですね。

荒木香恵さん

子安武人さん

菊池正美さん

国府田マリ子さん

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

OVA版【ねこひきのオルオラネ】夢枕獏によるファンタジー小説のアニメ化!ほのぼのとした世界観が堪らない!

OVA版【ねこひきのオルオラネ】夢枕獏によるファンタジー小説のアニメ化!ほのぼのとした世界観が堪らない!

『ねこひきのオルオラネ』は小説家として有名な夢枕獏さんが生んだ短編のファンタジー小説です。1979年に発売され、1992年にはオリジナルビデオとしてアニメ化も実現しています。今回の記事ではOVA版『ねこひきのオルオラネ』について、その本編動画やストーリー・魅力などを振り返っていきます。
tsukumo2403 | 172 view
OVA版【甲竜伝説ヴィルガスト】ガチャポン発!ファンタジーRPGを題材にした人気コンテンツ!

OVA版【甲竜伝説ヴィルガスト】ガチャポン発!ファンタジーRPGを題材にした人気コンテンツ!

1990年初めにバンダイより発売されたガチャポン商品『甲竜伝説ヴィルガスト』。ガチャポンRPGと銘打たれ、商品の構成・種類・販促が見られ、一定のファンから支持されました。今回の記事では、OVA版『甲竜伝説ヴィルガスト』にスポットを当てて、その本編動画やストーリー・魅力などを振り返っていきます。
tsukumo2403 | 417 view
OVA版【ドラゴンハーフ】人間とドラゴンのハーフ・ミントが活躍するギャグ&お色気作品!

OVA版【ドラゴンハーフ】人間とドラゴンのハーフ・ミントが活躍するギャグ&お色気作品!

RPGに登場するファンタジー世界を舞台に、お色気&ギャグといった方向性を組み合わせた漫画『ドラゴンハーフ』。OVAによる映像化も実現し、原作コミックの緩い雰囲気が見事に再現されました。今回の記事では、OVA版『ドラゴンハーフ』にフォーカスを当てて、本編動画やストーリー・魅力などご紹介させていただきます。
tsukumo2403 | 583 view
OVA【シャーマニックプリンセス】ストーリーや各話エピソード・本編動画をご紹介!

OVA【シャーマニックプリンセス】ストーリーや各話エピソード・本編動画をご紹介!

1990年代後半に制作・販売されたOVA『シャーマニックプリンセス』。可愛い女性キャラクターたちの活躍を描いたコンテンツで、内容としては本格ファンタジーといった内容の作品です。今回は全6話各話の本編動画・エピソードを紹介していきますので、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 430 view
「トップをねらえ3」きたる! スタジオガイナが新作アニメ4本の製作を発表!

「トップをねらえ3」きたる! スタジオガイナが新作アニメ4本の製作を発表!

2014年にガイナックスから誕生したスタジオガイナが、「トップをねらえ3」「蒼きウル」をはじめとした新作アニメ4本の製作を発表しました。初代「トップをねらえ!」は1988年製作の人気OVA作品。「蒼きウル」のもととなっているのは多くの監督たちに伝説的作品として語られる「王立宇宙軍 オネアミスの翼」だ。
ニュースFレン | 4,977 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト