【70年代歌手】独特の訛りとキャラクターで歌手として活躍した演歌歌手、新沼謙治
2018年9月10日 更新

【70年代歌手】独特の訛りとキャラクターで歌手として活躍した演歌歌手、新沼謙治

数々の歌手を輩出したマンモスオーディション番組「スタ誕」から出てきた男性歌手、新沼謙治。その独特な雰囲気と特徴のある東北訛りでアイドルのような活躍で一躍トップスターとなった新沼謙治の全てを知りたい!

4,990 view

ヒット曲と名曲

1975年の決戦大会で五木ひろしの「哀恋記」という曲をを歌って合格した新沼謙治がデビューしたのは翌年の1976年2月でした。
おもいで岬

おもいで岬

作詞はスタ誕の審査員も務めていた阿久悠、作曲は川口真、編曲はあかのたちおの3人で歌手、新沼謙治がスタートしました。

おもいで岬

ド演歌という路線でもなく新沼謙治のにや雰囲気や特徴に合わせたような曲です。この曲の後に続く曲もこの路線を大きく変えることなく歌手活動を続けていきます。もちろんアイドルに並ぶような人気があったのですが、デビュー当時のキャッチフレーズは「気持ちよく悲しい男」ということでした。なんとなく納得してしまうのは私だけでしょうか。
嫁に来ないか

嫁に来ないか

1976年6月1日発売
新沼謙治といえば、「嫁に来ないか」と思う人は多いと思います。もちろん新沼謙治の代表曲でもあり最大のヒット曲でもあるので間違いではないですが、この曲はデビュー曲と思っている人も多いと聞きます。

嫁に来ないか

この曲のヒットで同年の「第18回日本レコード大賞」「第7回日本歌謡大賞」の新人賞を受賞し、年末のNHK紅白歌合戦にも初出場をしています。

この当時の歌声はストレートに歌っている感じです。晩年の「嫁に来ないか」は発売当時のストレート感に歌い続けた貫禄を感じることができる歌い方になっています。

嫁に来ないか

新沼謙治がリリースしたシングル曲はデビューした1970年代には14曲、1980年代には17曲、1990年代には12曲、2000年代には9曲、2010年代には10曲と62曲あります。その中でも私が個人的に好きな曲があります。「嫁に来ないか」も素朴な感じでいいのですが、1987年2月21日に発売された「津軽恋女」はメロディーも歌詞も唸ることなく歌い上げるスタイルの新沼謙治に合わせたかのようでとても心地よく聞くことができる逸曲です。
津軽恋女

津軽恋女

1987年2月21日発売

津軽恋女

この曲はまさにデビュー当時のキャッチフレーズ「気持ちよく悲しい男」がピッタリな感じで情緒を感じさせてくれます。

歌番組では女性演歌歌手が歌っています。ほかにも作曲を担当した大倉百人もセルフカバーをしていますね。

津軽恋女:長山洋子

大倉百人「津軽恋女」

こんな人もカバーしていました。外資系のIT企業に就職したいと2018年5月に芸能活動を休止した演歌歌手のジェロがカバーアルバムの中で歌っているようです。
歌詞 「津軽恋女」ジェロ (無料) | オリコンミュージックストア (2046249)

ヒット曲はもちろん名曲がたくさんあり個人的に選んでしまいましたが、しっとりと聞かせてもらある新沼謙治の曲の中でどんな曲が好きですか?
62 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「和製プレスリー」本郷直樹の歌手人生…闘病・足切断の試練

「和製プレスリー」本郷直樹の歌手人生…闘病・足切断の試練

1970年代前半に「和風エルビス・プレスリー」と呼ばれデビューした演歌歌手の本郷直樹。にしきのあきら(錦野旦)や野村真樹(将希)らと人気を博した。2021年8月に亡くなった本郷直樹の歌手デビューした時代、俳優活動、晩年の病気や足切断などを時系列で追ってみた。
【70年代歌手】デビューはアイドル?!コミックソングから演歌まで吉幾三の才能を覗き見しちゃう!

【70年代歌手】デビューはアイドル?!コミックソングから演歌まで吉幾三の才能を覗き見しちゃう!

70年代にアイドル歌手としてデビューした吉幾三。演歌歌手としてのイメージが強いが他にも多才な活動をしている!吉幾三になるまえの活動から最新情報まで吉幾三の才能を覗き見しちゃお♪
はんまのまま | 4,209 view
いろいろあった!ピンク・レディーグッズあれこれ

いろいろあった!ピンク・レディーグッズあれこれ

女性アイドルデュオとして一世を風靡したピンク・レディー。その爆発的人気に伴い、巷では様々なピンク・レディーグッズが販売されていました。この記事では、ほんの一部ではありますが懐かしのピンク・レディーグッズを振り返ってみました。
ハナハナ | 69 view
郷ひろみ、アイドルからの旅立ち

郷ひろみ、アイドルからの旅立ち

1972年に颯爽とデビューし、瞬く間に全国の女の子たちのハートを鷲掴みにしてスーパーアイドルとなった郷ひろみ がアイドルから脱皮し自分の道を歩き始めるまでを追ってみました。 それにしても今でもカッコイイ郷ひろみ ですが、アイドル時代はなんともカワイイですよ。
obladioblada | 353 view
60代、70代で離婚した女性芸能人・熟年離婚の共通点

60代、70代で離婚した女性芸能人・熟年離婚の共通点

元アイドルや女優の熟年離婚が世間で注目を集めている。60歳以上で離婚した女性芸能人たちにほぼ共通する夫との“年の差”や“格差”だ。出会いと結婚事情、そして熟年離婚に至るまでの経緯とは。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト