思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第11回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』70年代編
2018年6月27日 更新

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第11回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』70年代編

金曜夜8時「ワールド・プロレスリング」で繰り広げられた、数々の名勝負が記憶に刻み込まれているプロレス、そしてアントニオ猪木。過去に何度も発表されているアントニオ猪木の自伝漫画化の中から、70年代に発表された漫画『アントニオ猪木物語』をご紹介。

1,320 view
先頃遂に実現した歴史的な米朝会談の映像を見ていて、思わず脳裏に浮かんだのが燃える闘魂、アントニオ猪木の姿だった。
燃える闘魂、アントニオ猪木!

燃える闘魂、アントニオ猪木!

なにしろ北朝鮮でプロレスの試合を行ったり、個人的に訪朝して拉致問題解決に働きかけるなど、ここ最近の世界的な歩み寄りよりも遙か以前に、個人レベルの外交力で世界平和の架け橋となろうとしていた、この偉大なプロレスラーにして政治家である、アントニオ猪木。
金曜夜8時と言えば、『ワールドプロレスリング』

金曜夜8時と言えば、『ワールドプロレスリング』

未だに我々ミドルエッジ世代にとっては、金曜夜8時「ワールド・プロレスリング」で繰り広げられた、数々の名勝負が記憶に刻み込まれている。そう言えば、子供の頃に猪木の自伝や修業時代のエピソードを漫画で読んだ、そんなミドルエッジ世代の方々も多いのではないだろうか。そこで今回は、時代を越えて過去に何度も発表されているアントニオ猪木の自伝漫画化の中から、まず70年代に発表された漫画『アントニオ猪木物語』を振り返ってみようと思う。

漫画『アントニオ猪木物語』概略

掲載誌表紙

掲載誌表紙

本作が掲載されたのは、「別冊少年チャンピオン」1974年9月号。
作者はこの頃週間少年マガジンで、『愛の戦士レインボーマン』のコミカライズ版を描かれていた小島利明先生。
アントニオ猪木が、1972年に新日本プロレスを旗揚げした直後に描かれた本作は、後の様々な伝説や名勝負が誕生する前だけあって、今見返すと非常に中途半端で薄い内容に思えるのが残念!だが、この時期のアントニオ猪木に対しての世間の認識を知る上では、逆に最良の資料と言えるかも知れない。
PS2用ソフトにも、伝説の腕折りシーンが!

PS2用ソフトにも、伝説の腕折りシーンが!

ちなみに、猪木がタイガージェット・シンの腕を折る伝説の事件が起きたのも、この作品が掲載された翌年のこと。
では、果たしてこの伝記漫画の中では、一体どんなエピソードが披露されていたのだろうか?

漫画『アントニオ猪木物語』内容紹介

本作の扉絵

本作の扉絵

実は祖父が猪木の名付け親だった!

実は祖父が猪木の名付け親だった!

アントニオ猪木の本名、寛至の由来が語られる冒頭部分。
父親が突然亡くなったことで、一家の運命は大きく変わるこ...

父親が突然亡くなったことで、一家の運命は大きく変わることになる。

何と猪木は11人兄弟だった!石炭商を営む猪木の父は当時横浜でも1,2を争う大金持ちだったが、横浜市の市議選に立候補した昭和24年、その父が急死!一家の生活は祖父が面倒を見ることになる。
後年描かれた他の伝記漫画と本作が異なる点、それは猪木が一家でブラジルに渡るまでの描写が長いことだ。

実はこの伝記漫画では、祖父がサンパウロに住む友人から仕事を手伝って欲しい、との連絡を受けてブラジルへの移住を決めたと描かれている。だが、後年描かれた伝記漫画では、父親が亡くなって生活が厳しくなったために、ブラジル移住を決意した様に描かれているのが普通なので、今見ると逆に「あれっ?」と思う展開になっているのが興味深い。
ブラジルへの移民の旅の途中、祖父が亡くなってしまう。

ブラジルへの移民の旅の途中、祖父が亡くなってしまう。

こうして父を亡くした猪木一家は、ブラジルへと移民の旅に出ることになる。
だが、長い船旅の途中で祖父が急死!船の決まりで遺体はブラジルまで運ぶことが出来ず、残念ながらそのまま海へと流されてしまったというこのエピソードは有名で、他のアントニオ猪木伝記漫画でも同様の描写が登場することが多い。ちなみに祖父の具体的な死亡の原因が描かれている場合もあれば、こうした遺体の処理について全く触れられていない漫画も存在する。
希望の地だったはずのブラジルの現実に愕然とする猪木一家。

希望の地だったはずのブラジルの現実に愕然とする猪木一家。

後の必殺技のヒントは、意外な所に!

後の必殺技のヒントは、意外な所に!

実はこの部分も、後年のアントニオ猪木伝記漫画とは異なる部分だ。
ブラジルに着いてからの、過酷な農場での労働が描かれている場合がほとんどなのだが、本作は猪木と祖父の絆に焦点を当てて描かれているため、ブラジルでの厳しい生活や苦労は殆ど登場しないのが珍しい。コーヒー豆の収穫で軍手が破れて手が血だらけに!そんな良く知られたエピソードが一切登場しない上に、後の力道山からのシゴキのエピソードも省略されているなど、全体的に子供向けの内容に統一されているのが、この伝記漫画の特徴だと言える。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第12回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』80年代編

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第12回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』80年代編

プロレスラーの象徴ともいえる「アントニオ猪木」前回は、新日本プロレス旗揚げ直後の1974年に、「別冊少年チャンピオン」に掲載された伝記漫画をとりあげたが、今回はタイガーマスクの登場に沸いた1980年代のプロレスブーム期に発表された、『実録まんが・アントニオ猪木』を振り返ってみよう。
滝口アキラ | 1,476 view
思い出の「昭和有名人マンガ劇場」:第10回 ルーマニアの白い妖精『コマネチ物語』!

思い出の「昭和有名人マンガ劇場」:第10回 ルーマニアの白い妖精『コマネチ物語』!

僅か14歳ながら、モントリオール・オリンピックの大舞台で次々と10点満点を連発し、最年少での個人総合優勝を果たしたナディア・コマネチ。「白い妖精」と呼ばれたその姿は、今でも覚えている人は多いでしょう。今回はそのナディア・コマネチの伝記漫画である『コマネチ物語』を紹介します!
滝口アキラ | 968 view
【訃報】元プロレスラーのマサ斎藤さん、死去。猪木との伝説の死闘「巌流島の決闘」とは?

【訃報】元プロレスラーのマサ斎藤さん、死去。猪木との伝説の死闘「巌流島の決闘」とは?

元プロレスラーで1964年の東京五輪ではレスリング代表としても活躍したマサ斎藤さんが、7月14日に亡くなっていたことが明らかとなりました。75歳でした。この記事では伝説の「巌流島の決闘」にもスポットを当てます。
隣人速報 | 3,949 view
思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第13回  ローリング・ドリーマー!『ジャンボ鶴田物語』

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第13回 ローリング・ドリーマー!『ジャンボ鶴田物語』

プロレスファンの中で今でも最強レスラーの呼び声が一番高いのは、やはりこの人「ジャンボ鶴田」。ジャンボ鶴田が生きていれば、プロレス界の構図も今とはガラッと違っていたのではと思わせるほどの逸材でした。豪快でありながら華麗なファイトで一時代を築いた正統派レスラー、「ジャンボ鶴田物語」を紹介します!
滝口アキラ | 2,103 view
【漫画で格闘技】タイガー・ジェット・シンが新宿伊勢丹前で猪木夫妻を襲撃!ヤラセ?リアル?警察が新日本プロレスを厳重注意!

【漫画で格闘技】タイガー・ジェット・シンが新宿伊勢丹前で猪木夫妻を襲撃!ヤラセ?リアル?警察が新日本プロレスを厳重注意!

1973年に新日本プロレスのタイガー・ジェット・シンが、妻である倍賞美津子と新宿にいたアントニオ猪木を襲撃するという『新宿伊勢丹襲撃事件』を起こす。以降、「因縁の対決」となったタイガー・ジェット・シンとアントニオ猪木について、並木モッズのイラストで振り返る。
並木モッズ | 2,897 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト