世界観あるノリがいい曲と個性溢れるメンバーが素敵な『CASCADE』
2015年12月16日 更新

世界観あるノリがいい曲と個性溢れるメンバーが素敵な『CASCADE』

打ち込みによるテクノサウンドと生演奏。そしてボーカルTAMAちゃんの歌声が合わさり、印象的な曲で耳に焼きつきます。

2,960 view

『CASCADE』えびす温泉からバンドデビュー

『えびす温泉』(えびすおんせん)は、1994年から19...

『えびす温泉』(えびすおんせん)は、1994年から1995年までテレビ朝日で放送されていた音楽バラエティ番組。

「イカ天」を踏襲したようなオーディションによる新人発掘が主な内容。「イカ天」と同じくアミューズ企画の為、5週勝ち抜きでキングなどのシステムが類似する。

CASCADE、Moon Child、スケボーキング、犬神サーカス団・・・など数々のバンドや歌手が出演しました。
えびす温泉の中でもカスケードは多く取り上げられ話題をよんでました。

CASCADE - Kill Me Stop (live at Ebisu Onsen) - YouTube

えびす温泉時代のカスケード
出典 youtu.be
バンド『CASCADE』1993年結成。1995年11...

バンド『CASCADE』1993年結成。1995年11月デビュー。

1995年11月、音楽オーディション番組『えびす温泉』で5週連続勝ち抜いたことをきっかけにデビュー。

2002年8月30日、Zepp Osakaでのライブを最後に“終わり”を迎える。

2009年2月14日、午前0時にTAMA、MASASHI、HIROSHIの3人による再始動を発表。
楽曲は打ち込みによるテクノサウンドと生演奏の同期によるものにあどけないボーカルで歌われるスタイルが多い。
メンバーのルックスやTAMAのボーカルスタイル等からヴィジュアル系バンドとして扱われることも多かった。
時折、ギターのMASASHIがTAMAに代わってボーカルを務めることもある。
ファンからは、『カスケーダー』と呼ばれているらしい。
メンバー紹介

メンバー紹介

ピンクのロンTを着ているのがTAMA (タマ 1月13日 - ) : ボーカル、京都府出身、B型。
水色のTシャツを着ているのがMASASHI (マサシ 11月30日 - ) : ギター、鹿児島県出身、A型。

ミッキーの七分袖Tシャツを着ているのがMAKKO (マッコウ 6月24日 - ) : ベース、山梨県出身、O型。


黄色いジャケットを着ているのがHIROSHI (ヒロシ 9月18日 - ) : ドラムス、岡山県出身、A型。
出典 yaplog.jp
TAMAとHIROSHIは、『CASCADE』を結成する前もバンド活動をしていました。

TAMAは、1990年代初期にヴィジュアル系バンド妖花のベーシストとして玉水(ギョクスイ)名義でベーシストとして活動。
HIROSHIは、1990年代初期にロックバンド AIDSと∀NTI FEMINISMのドラマーとして活動。
2009年2月に再結しますが、MAKKOは解散後バンドに戻らず現在バックバンドなどで活躍している。

CASCADE - FLOWERS OF ROMANCE (Live) - YouTube

『CASCADE』の中で最も人気があった曲。
『FLOWERS OF ROMANCE』でオリコン最高位5位を獲得。
出典 youtu.be

TV番組のエンディングとして

『CASCADE』の曲は、数々の番組でエンディングに起用されていました!!
・なりきりボニー&クライド (テレビ朝日系ウイークエンドドラマ 『金魚のフン』 エンディング・テーマ)

・YELLOW YELLOW FIRE (日本テレビ系 『進め!電波少年』 エンディング・テーマ)

・S.O.S ロマンティック (テレビ朝日系 『所さんのこれアリなんじゃないの!?』 エンディング・テーマ)

・cuckoo (NHK 『ポップジャム』 エンディング・テーマ)

・コングラッチェ (日本テレビ系アニメ 『金田一少年の事件簿』 エンディング・テーマ)

全 金田一ED- YouTube

『CASCADE』のコングラッチェ
出典 youtu.be
・TOKYOダーリン (日本テレビ系料理バラエティ 『モグモグGOMBO』 エンディング・テーマ)

・Sexy Sexy, (フジテレビ系アニメ 『学校の怪談』 エンディング・テーマ)

・STRAWBERRY MOON (テレビ朝日系クイズバラエティ 『世界痛快伝説!!運命のダダダダーン!』 エンディング・テーマ)
エンディング曲を見ると懐かしい曲がズラリとありますね。

『CASCADE』デビューしてから20周年目

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 122,917 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 100,637 view
PERSONZ、今までのアルバムをアナログレコードで再レコーディング!ライブスタイルを再現!!

PERSONZ、今までのアルバムをアナログレコードで再レコーディング!ライブスタイルを再現!!

結成30周年の2015年までに、約3年の年月をかけて24年振りの武道館公演を成し遂げたPERSONZ。今回、原点から進化遂げる企画として、今までのアルバムをアナログレコードで再リリースする予定だ。アナログサウンドで、ライブやレコーディングの時に近い音を再現する。
red | 1,385 view
サウンドから視覚イメージまでトータルプロデュースする個性派ヴィジアル系バンド『GUNIW TOOLS(グニュウ ツール)』

サウンドから視覚イメージまでトータルプロデュースする個性派ヴィジアル系バンド『GUNIW TOOLS(グニュウ ツール)』

不可思議な世界観を生みだしていたバンドで、初期にはデジタル技術を駆使した重い嘆美サイケを聴かせていたが、後にはギター・ポップ寄りの感性を見せていました。
星ゾラ | 8,812 view
ミュージシャンにとって重要なライブ会場【日本武道館】80年代の解散ライブなど、武道館ライブを振り返る。

ミュージシャンにとって重要なライブ会場【日本武道館】80年代の解散ライブなど、武道館ライブを振り返る。

今も昔も、ミュージシャンにとって、日本武道館は重要なライブ会場となり、解散/引退ライブなどが多い。今回は80年代の有名アーティストたちの武道館ライブを振り返ってみましょう。
M.E. | 17,441 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト