巨人・モスビー!1992年はモスビー効果と称された活躍をした!
2016年11月25日 更新

巨人・モスビー!1992年はモスビー効果と称された活躍をした!

メジャー通算169本塁打を引っ提げ、巨人入り。優勝を目指せるチームを探し、巨人に辿り着いたモスビー。陽気なキャラはクロマティ2世とも言われた。1992年のモスビーはデビュー戦でホームランを放つなど印象に残る活躍が多かった!

7,642 view

来日するまでのモスビーの来歴

≪アマチュア時代≫

1959年、アーカンソー州の綿花農家で8人兄弟の末子として生まれた。

子供の頃はバスケットボールが好きでガードを務め、綿花畑を走り回って俊足が鍛えられたという。
オークランド高校(英語版)で野球を始めると才能が開花し、打球がライト後方の民家のガラスを頻繁に割るほどだった。

自身は大学に進んでバスケットを続けたかったが、1978年のMLBドラフトでトロント・ブルージェイズから1巡目(全体2位)に指名を受け、豊かではない家族を助けるためにプロ入りを決めた。
ブルージェイズ時代の背番号は「15」

ブルージェイズ時代の背番号は「15」

≪ブルージェイズ、タイガース時代≫

メジャーデビューは1980年。その後もなかなか打撃が開花せずに苦しいシーズンを送りますが、俊足を活かした守備範囲の広さを武器に徐々にその地位を確立していきます。

1983年には打率.315をマークし、シルバースラッガー賞を受賞。MVP投票でも14位に入る票を集めました。

セイバーメトリクス提唱者として名高いビル・ジェームズは当時モスビーを評して、「彼の強みは力強くかつ率も残せるバッティング、守備範囲の広さ、ベースランニング、打者としての辛抱強さであり、弱点はない」と述べ、モスビーがMVPに輝くべき選手であるとしていました。

1980年代のブルージェイズの外野は主に中堅モスビー、左翼ジョージ・ベル、右翼ジェシー・バーフィールドという布陣であり、その高い能力から「ブルージェイズ最高の外野手トリオ」「メジャー最強外野陣」と呼び讃えられていました。
ブルージェイズ時代

ブルージェイズ時代

1980年代後半から故障を抱えるようになり、万全のコンディションで野球に臨めなくなっていく。
背中と足の故障の影響で徐々に打撃成績を落としていった。
1990年に移籍したデトロイト・タイガースでは目立った成績を残せなかった。

最終的にはモスビーはメジャー12シーズンで1588試合に出場した。
通算成績は6574打席(5815打数)、1494安打(打率.257/出塁率.332)、169本塁打、737打点、869得点、280盗塁だった。
デトロイト・タイガース時代

デトロイト・タイガース時代

モスビーは非常に明るい性格で、その陽気さも含め、当時「クロマティ2世」とも呼ばれていた。
懐かしの助っ人外国人「ロイド・モスビー」の特集だった。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【デーブ大久保】がホームランを打つと必ず勝つという「不敗神話」があった!

【デーブ大久保】がホームランを打つと必ず勝つという「不敗神話」があった!

1992年にトレードで西武から巨人に移籍したデーブ大久保さん。その時「大久保が打てば負けない」という「不敗神話」があったといいます。一体どんな内容だったのでしょうか?さっそく振り返ってみたいと思います!
つきねこ | 1,900 view
巨人の三本柱の一角・斎藤雅樹の「野球殿堂入りを祝う会」に王貞治ら球界関係者350人が出席!

巨人の三本柱の一角・斎藤雅樹の「野球殿堂入りを祝う会」に王貞治ら球界関係者350人が出席!

巨人・斎藤雅樹2軍監督の「野球殿堂入りを祝う会」が東京・文京区の東京ドームホテルで開かれた。王貞治ソフトバンク球団会長を始め、金田正一氏、堀内恒夫氏、原辰徳前巨人監督、高橋由伸監督ら球界関係者350人が出席した。
読売ジャイアンツの名選手、クロマティと篠塚和典が、TV番組でバッティングセンターでのホームラン打ちに挑戦!

読売ジャイアンツの名選手、クロマティと篠塚和典が、TV番組でバッティングセンターでのホームラン打ちに挑戦!

日曜・朝の番組『帰れまサンデー』(前10:00~11:15)に読売ジャイアンツの名選手、クロマティと篠塚和典が登場。「バッティングセンターでホームランを打つまで帰れない!」の第2弾に挑戦。番組ではクロマティの現役時代の名場面シーンも放送された。
巨人と台湾のOB選抜戦で、王貞治が「一本足打法」を披露!両軍ナインはベンチ前で整列、球場のファンは総立ち!

巨人と台湾のOB選抜戦で、王貞治が「一本足打法」を披露!両軍ナインはベンチ前で整列、球場のファンは総立ち!

両国のレジェンドが集まった巨人と台湾のOB選抜戦は15-11で巨人OB選抜が逆転勝ちした。試合では”世界のホームラン王”の王貞治氏が1968年の台湾キャンプ以来、48年ぶりに故郷で打席に入り、豪快なスイングを披露した。
【リーグ優勝の瞬間】読売ジャイアンツ編

【リーグ優勝の瞬間】読売ジャイアンツ編

まだクライマックスシリーズ制度が導入されていない頃、ペナントレースが今よりもずっと価値があった頃、各球団のリーグ優勝決定の瞬間、その年の戦いぶりをご紹介しています。今回は読売ジャイアンツのリーグ優勝決定の瞬間(1990、1994、1996)を集めてみました。
和尚 | 1,802 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト