巨人・モスビー!1992年はモスビー効果と称された活躍をした!
2016年11月25日 更新

巨人・モスビー!1992年はモスビー効果と称された活躍をした!

メジャー通算169本塁打を引っ提げ、巨人入り。優勝を目指せるチームを探し、巨人に辿り着いたモスビー。陽気なキャラはクロマティ2世とも言われた。1992年のモスビーはデビュー戦でホームランを放つなど印象に残る活躍が多かった!

5,131 view

元メジャーリーガーのロイド・モスビー!巨人で活躍!!

1959年11月5日生まれ。米国アーカンソー州出身。
右投左打、ポジションは外野手。
ニックネームはShaker。

身長 6' 3" =約190.5 cm、体重 200 lb =約90.7 kg

巨人(読売ジャイアンツ)時代の背番号は、ウォーレン・クロマティも付けていた「49」だった。
巨人時代

巨人時代

【プロ入り】 1978年 ドラフト1巡目(全体2位)
【初出場】 MLB / 1980年5月24日、NPB / 1992年4月21日
【最終出場】 MLB / 1991年10月6日、NPB / 1993年8月28日
ロイド・モスビー

ロイド・モスビー

1992年に年俸80万ドル(推定)で巨人入り!

1992年開幕後も所属球団が決まっていなかったところ、読売ジャイアンツと年俸80万ドル(推定)で入団に合意した。なお、クリーブランド・インディアンスからもオファーを受けていたが日本の野球に興味があり優勝できるチームを希望していたため、巨人入りを決めたという。

「オレはデトロイトでもトロント(ブルージェイズ)でも優勝経験がない。東京ジャイアンツは日本で一番歴史があり、一番優勝しているチームだと聞いた。ぜひここでチャンピオンになりたい」とも。

4月12日に来日し、4月21日の対ヤクルト戦でNPBデビューし、この試合でホームランを放っている。
クロマティの次に活躍した巨人の助っ人外国人だった!

クロマティの次に活躍した巨人の助っ人外国人だった!

出典 ameblo.jp
同年は96試合の出場ながら打率.306、71打点という好成績を残した。
また、途中入団ながらホームランは25本塁打を記録。
「モスビー効果」を称され、チームが最下位から2位にまで浮上する原動力となった。

11月20日に年俸140万ドル(推定)で残留契約を結んだ。

1992年 巨人vs横浜大洋4回戦

4:46~ 選球眼の良さも垣間見れる一打席。そして、右中間への豪快な一発!
1993年はブルージェイズ時代の同僚バーフィールドが加入し、再び右中間コンビを組んだ。
しかし、開幕2戦目の4月11日の対横浜戦で空振りした際に右脇腹に挫傷を負い、さらに6月7日には右足親指の捻挫のためアメリカに帰国し、フランク・ジョーブの診察を受けている。

6月23日に日本に戻ったが、回復が遅かったため巨人はミッキー・ブラントリーを7月に獲得している。
復帰後は打撃にムラがあり、シーズン終了前の10月17日にアメリカに帰国してそのまま退団した。

1993.4.10 巨人vs横浜1回戦 25/28

3:15~ 大魔神・佐々木との勝負!惜しくも三振に倒れる。

モスビーのプレースタイル

状況に合わせたチームプレーを行ない、打席や守備位置で常に体を動かす陽気なパフォーマンスでチームメートやファンに好評を博していた。

スイングスピードは非常に速く、低めへの投球にも強いといった特長があった。
研究熱心な点と合わせ巨人のコーチだった中西太から打撃を高く評価されている。

また、俊足・強肩で打球の読みも鋭く、守備範囲が広いため中堅手を主に務めていた。フェンスに激突しながら捕球する場面もしばしば見られた。
サインカード

サインカード

走塁面ではMLBで通算280盗塁を記録するなど、積極的な走塁も売りだったが、日本では盗塁はそれ程多くはなく、盗塁成功率は低かった。

三振はやや多く、出塁率はやや高いといった具合だった。

1992年9月18日、シーズン終盤に値千金のサヨナラヒット!

【巨人4―3ヤクルト】二塁走者、巨人・吉原孝介捕手の気迫にヤクルト・古田敦也捕手のミットから白球がこぼれた。低い姿勢でじっと本塁上のクロスプレーの行方を見ていた小林毅二球審の両腕が大きく横に広がった。

 敗色濃厚の巨人が5連打で見せた執念のサヨナラ勝ち。残り12試合。負ければヤクルトに代わって3位に転落し、首位阪神の背中が遠くなる一戦。絶対に落とせない試合で白星をもぎ取ったのは元大リーガー、ロイド・モスビー中堅手の一打だった。

 「ワオ!」。雄たけびを上げながらお立ち台に駆け上った助っ人は興奮しながら一気にまくし立てた。「最高の気分。絶対にピッチャーの方にプレッシャーがかかる場面。1球目からいこうと思っていた。ベンチにあきらめているヤツなんていなかった。たまたま最後にオレが打っただけで全員で勝った試合だ。これで優勝だ」。

懐かしいモスビーの応援歌!

G 読売ジャイアンツ[巨人] 49 ロイド・モスビー 応援歌

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【デーブ大久保】がホームランを打つと必ず勝つという「不敗神話」があった!

【デーブ大久保】がホームランを打つと必ず勝つという「不敗神話」があった!

1992年にトレードで西武から巨人に移籍したデーブ大久保さん。その時「大久保が打てば負けない」という「不敗神話」があったといいます。一体どんな内容だったのでしょうか?さっそく振り返ってみたいと思います!
つきねこ | 889 view
巨人の三本柱の一角・斎藤雅樹の「野球殿堂入りを祝う会」に王貞治ら球界関係者350人が出席!

巨人の三本柱の一角・斎藤雅樹の「野球殿堂入りを祝う会」に王貞治ら球界関係者350人が出席!

巨人・斎藤雅樹2軍監督の「野球殿堂入りを祝う会」が東京・文京区の東京ドームホテルで開かれた。王貞治ソフトバンク球団会長を始め、金田正一氏、堀内恒夫氏、原辰徳前巨人監督、高橋由伸監督ら球界関係者350人が出席した。
読売ジャイアンツの名選手、クロマティと篠塚和典が、TV番組でバッティングセンターでのホームラン打ちに挑戦!

読売ジャイアンツの名選手、クロマティと篠塚和典が、TV番組でバッティングセンターでのホームラン打ちに挑戦!

日曜・朝の番組『帰れまサンデー』(前10:00~11:15)に読売ジャイアンツの名選手、クロマティと篠塚和典が登場。「バッティングセンターでホームランを打つまで帰れない!」の第2弾に挑戦。番組ではクロマティの現役時代の名場面シーンも放送された。
巨人と台湾のOB選抜戦で、王貞治が「一本足打法」を披露!両軍ナインはベンチ前で整列、球場のファンは総立ち!

巨人と台湾のOB選抜戦で、王貞治が「一本足打法」を披露!両軍ナインはベンチ前で整列、球場のファンは総立ち!

両国のレジェンドが集まった巨人と台湾のOB選抜戦は15-11で巨人OB選抜が逆転勝ちした。試合では”世界のホームラン王”の王貞治氏が1968年の台湾キャンプ以来、48年ぶりに故郷で打席に入り、豪快なスイングを披露した。
【リーグ優勝の瞬間】読売ジャイアンツ編

【リーグ優勝の瞬間】読売ジャイアンツ編

まだクライマックスシリーズ制度が導入されていない頃、ペナントレースが今よりもずっと価値があった頃、各球団のリーグ優勝決定の瞬間、その年の戦いぶりをご紹介しています。今回は読売ジャイアンツのリーグ優勝決定の瞬間(1990、1994、1996)を集めてみました。
和尚 | 961 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト