1980年代のNHKの『連続テレビ小説』(朝の連続テレビ小説)の歴代ヒロイン
2016年2月18日 更新

1980年代のNHKの『連続テレビ小説』(朝の連続テレビ小説)の歴代ヒロイン

1980年代のNHKの連続テレビ小説は、おしんの最高視聴率62.9%をはじめ40%や50%以上が当たり前で、今では考えられないくらいドラマ高視聴率時代でした。1980年代の「なっちゃんの写真館」(1980年4月7日) 西城夏子役:星野知子から、「おしん」少女編(第1回~第36回)(第1部)谷村しん(田倉しん)役:小林綾子や「澪つくし」(1985年4月1日) 古川かをる役:沢口靖子、「和っこの金メダル」(1989年10月2日から1990年3月31日) 秋津和子役:渡辺梓まで、19作品のヒロインを振り返ってみましょう。朝の連続テレビ小説はフレッシュな新人女優の登竜門的な役割や大女優となるブレイクのきっかけを果たしていました。

29,086 view

1980年代のNHKの『連続テレビ小説』(朝の連続テレビ小説・朝ドラ・連ドラ)の歴代ヒロイン

「なっちゃんの写真館」(1980年4月7日) 西城夏子役:星野知子
「虹を織る」(1980年10月6日) 島崎佳代役:紺野美沙子
「まんさくの花」(1981年4月6日) 中里祐子役:中村明美
「本日も晴天なり」(1981年10月5日) 桂木元子役:原日出子
「ハイカラさん」(1982年4月5日) 野沢文役:手塚理美
「よーいドン」(1982年10月4日) 浦野みお(時田みお)役:藤吉久美子
「おしん」少女編(第1回~第36回)(第1部)谷村しん(田倉しん)役:小林綾子
「おしん」青春・成年期(第2部)谷村しん(田倉しん)役:田中裕子
「おしん」中年期・老年期(第3部)谷村しん(田倉しん)役:乙羽信子
「ロマンス」(1984年4月2日) 小島はる役: 樋口可南子
「心はいつもラムネ色」(1984年10月1日) 藤谷美和子、真野あずさ
「澪つくし」(1985年4月1日) 古川かをる(吉武かをる・梅木かをる)役:沢口靖子
「いちばん太鼓」(1985年10月7日) 三田寛子、藤真利子
「はね駒」(1986年4月7日) 橘りん役:斉藤由貴
「都の風」(1986年10月6日) 竹田悠(吉野悠)役:加納みゆき
「チョッちゃん」(1987年4月6日) 北山蝶子役:古村比呂
「はっさい先生」(1987年10月5日) 早乙女翠役:若村麻由美
「ノンちゃんの夢」(1988年4月4日) 結城暢子役:藤田朋子
「純ちゃんの応援歌」(1988年10月3日) 小野純子役:山口智子
「青春家族」(1989年4月3日) 阿川麻子役:いしだあゆみ・阿川咲役:清水美砂
「和っこの金メダル」(1989年10月2日から1990年3月31日) 秋津和子役:渡辺梓

NHK連続テレビ小説「なっちゃんの写真館」(1980年4月7日) 西城夏子役:星野知子 平均視聴率は39.6%、最高視聴率は45.1%

NHK連続テレビ小説第25作「なっちゃんの写真館」(1...

NHK連続テレビ小説第25作「なっちゃんの写真館」(1980年4月7日) 西城夏子役:星野知子

『なっちゃんの写真館』(なっちゃんのしゃしんかん)は、1980年4月7日 - 10月4日に放映されたNHK連続テレビ小説第25作である。

男性上位の時代にカメラマンを目指し、仕事と家庭を両立させた女性の人生を描く。作品のモデルとなったのは立木義浩の母親・立木香都子。
1980年の平均視聴率は39.6%、最高視聴率は45.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

「なっちゃんの写真館」のあらすじ

太平洋戦争をはさんでの徳島を舞台にしており、当時徳島にあった海軍航空隊のエピソードが登場する。ある日、3人の学徒兵が外出がてらに主人公の家で記念写真を撮る。後日そのうちの1人が不意に写真館を訪れ、夏子とキャッチボールをする。それからほどなくして写真館に一通の手紙が届く。「この手紙が読まれる頃私たちはもうこの世にはおりません…」3人はアメリカ艦隊に突入する特攻隊員だった。
(出典:Wikipedia「なっちゃんの写真館」)
出典 ameblo.jp
「なっちゃんの写真館」(1980年4月7日) 西城夏子...

「なっちゃんの写真館」(1980年4月7日) 西城夏子役:星野知子

男性上位の昭和初期に、女性ながらカメラマンを志して徳島から上京、後に家業の写真館を継いだ夏子(星野知子)の爽やかな人生を描く。
出典 ameblo.jp
「なっちゃんの写真館」 西城夏子役:星野知子

「なっちゃんの写真館」 西城夏子役:星野知子

「なっちゃんの写真館」 西城夏子役:星野知子

「なっちゃんの写真館」 西城夏子役:星野知子

出典 ameblo.jp
「なっちゃんの写真館」(1980年4月7日) 西城夏子...

「なっちゃんの写真館」(1980年4月7日) 西城夏子役:星野知子

出典 ameblo.jp
星野知子

星野知子

星野 知子(ほしの ともこ、1957年10月3日 - )は、女優、エッセイスト。新潟県長岡市出身。新潟県立長岡高等学校、法政大学社会学部卒業。大学では環境問題をテーマとする金山行孝ゼミに所属した。本名は星野路子。身長170cmの長身。

1980年度放送のNHK連続テレビ小説 『なっちゃんの写真館』でデビュー。1981年から85年にかけてフジテレビ系列の『サザエさん』(ドラマ版)でサザエ役を演じた。 幻の湖(1982年)で映画デビューを果たす。

1987年10月から1989年9月にはテレビ朝日(ANN)系列の午後7時20分放送開始のニュース番組『ニュースシャトル』でキャスターを務めた。現在はドラマ、紀行番組出演の他、エッセイストとしても活躍中。
2008年5月12日に朝日新聞の記者(4歳年下)と入籍。2009年に神奈川県鎌倉市に新居を構えた。
(出典:Wikipedia「星野知子」)
星野知子さんは、1980年度放送のNHK連続テレビ小説...

星野知子さんは、1980年度放送のNHK連続テレビ小説 『なっちゃんの写真館』でデビュー。

NHK連続テレビ小説「虹を織る」(1980年10月6日) 島崎佳代役:紺野美沙子 平均視聴率は38.5%、最高視聴率は45.7%

NHK連続テレビ小説第26作目「虹を織る」(1980年...

NHK連続テレビ小説第26作目「虹を織る」(1980年10月6日) 島崎佳代役:紺野美沙子

『虹を織る』(にじをおる)は、1980年10月6日 - 1981年4月4日に放送されたNHK連続テレビ小説第26作目。

維新の志士を数多く輩出した城下町・萩に生まれ、青春期には若い情熱を宝塚歌劇団の舞台に注ぎ、退団後もたえず新しい生き方を求め続けた一人の女性をユーモアを交えて明るく描いた。
1980〜81年の平均視聴率は38.5%、最高視聴率は45.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

島崎佳代(ヒロイン):紺野美沙子(本格デビュー作)
(出典:Wikipedia「虹を織る」)
「虹を織る」(1980年10月6日) 島崎佳代役:紺野...

「虹を織る」(1980年10月6日) 島崎佳代役:紺野美沙子(本格デビュー作)

青春の情熱を宝塚歌劇団の舞台に注ぐヒロイン・佳代(紺野美沙子)が、退団した後も絶えず新しい生き方を求め続けたその半生を、激動の昭和史の中で、詩情とユーモアを交えながら明るく爽やかに描く。大地真央、新珠美千代、葦原邦子など、宝塚関係者も多数出演して話題になった。
「虹を織る」 島崎佳代役:紺野美沙子

「虹を織る」 島崎佳代役:紺野美沙子

紺野 美沙子(こんの みさこ、1960年9月8日 - )は、日本の女優、エッセイスト。
東京都狛江市出身。国連開発計画(UNDP)親善大使。内閣府「災害被害を軽減する国民運動サポーター」。称号は日本吟醸酒協会名誉吟の騎士など。

父はNHK交響楽団ホルン奏者で、慶應義塾高等学校音楽教諭。母方の祖母は岩手県陸前高田市出身。母方の祖父は福島県の出身。

カリタス小学校からカリタス女子中学校、慶應義塾女子高等学校を経て慶應義塾大学文学部国文学科卒業。学位は文学士 (慶應義塾大学)。

1980年、NHK連続テレビ小説『虹を織る』のヒロインを演じる。『武田信玄』『あすか』など多数のテレビドラマ、「細雪」「オットーと呼ばれる日本人」「きんぎょの夢」「現代能楽集イプセン」などの舞台や映画に出演。また『紺野美沙子の科学館』の司会やナレーションなど、俳優以外の活動でも知られる。

1992年、TBSテレビ事業局文化事業部プロデューサーの篠田伸二と結婚。1998年、国連開発計画親善大使の任命を受け、アジア・アフリカの各国を視察するなど、国際協力の分野でも活動中。
著作に、親善大使として訪れた国や人々について綴った「ラララ親善大使」(小学館刊)がある。2010年秋より「紺野美沙子の朗読座」主宰。
2016年1月、岐阜県図書館名誉館長に就任。
(出典:Wikipedia「紺野美沙子」)
「虹を織る」 島崎佳代役:紺野美沙子

「虹を織る」 島崎佳代役:紺野美沙子

「虹を織る」 島崎佳代役:紺野美沙子

「虹を織る」 島崎佳代役:紺野美沙子

NHK連続テレビ小説「まんさくの花」(1981年4月6日) 中里祐子役:中村明美 平均視聴率は37.1%、最高視聴率は42.4%

NHK連続テレビ小説第27作「まんさくの花」 中里祐子...

NHK連続テレビ小説第27作「まんさくの花」 中里祐子役:中村明美

『まんさくの花』(まんさくのはな)は、1981年(昭和56年)4月6日から10月3日まで放送されたNHK連続テレビ小説第27作である。

父と三人の娘の生き方を通して、現代の家族のあり方を見つめた作品。ヒロインが最後まで結婚しないというのは、当時の朝のドラマでは珍しい事例だった。

連続テレビ小説といえば「戦争を挟んだ時代に生きた女の一代記」という路線が定番だった時代に、「完全な現代劇」として制作された(その前の現代劇作品は1976年度後期の大阪制作『火の国に』で4年半=9期ぶり)が、本作品以降は定番路線に戻った(その後の現代劇作品は1989年前期の『青春家族』)。

ヒロインは、当時無名塾の超難関テストを突破して、早稲田大学を卒業したばかりながら今作で本格女優デビューを飾った中村明美。
1981年の平均視聴率は37.1%、最高視聴率は42.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。
(出典:Wikipedia「まんさくの花」)
136 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【訃報】「渡る世間は鬼ばかり」で知られる脚本家・橋田壽賀子さん死去。著名人から続々と追悼のコメントが届く!

【訃報】「渡る世間は鬼ばかり」で知られる脚本家・橋田壽賀子さん死去。著名人から続々と追悼のコメントが届く!

テレビドラマ「渡る世間は鬼ばかり」「おしん」などで知られる脚本家・橋田壽賀子さんが4日、急性リンパ腫のため静岡県熱海市内の自宅で亡くなったことが明らかとなりました。95歳でした。このたびの橋田さんの訃報に対し、数々の著名人が追悼のコメントを発表しています。
隣人速報 | 323 view
靖子専用車両?卒アル閲覧禁止?沢口靖子のデビュー前における美少女伝説の数々(噂含む)!!

靖子専用車両?卒アル閲覧禁止?沢口靖子のデビュー前における美少女伝説の数々(噂含む)!!

大物女優として現在も活躍を続ける沢口靖子。デビューする前から、地元・大阪では美少女として有名な存在であり、数々の伝説を残しています。この記事では、沢口のデビュー前における伝説について振り返ってみたいと思います。
斉藤由貴、南野陽子、浅香唯のヨーヨーさばきが蘇る!「スケバン刑事」3部作が一挙見Blu-rayとなって登場!!

斉藤由貴、南野陽子、浅香唯のヨーヨーさばきが蘇る!「スケバン刑事」3部作が一挙見Blu-rayとなって登場!!

1985年から1987年にかけて放送され、社会現象となった学園アクションドラマ「スケバン刑事」シリーズの名エピソードを一挙収録した『スケバン刑事 3部作一挙見Blu-ray』の発売が決定しました。
隣人速報 | 6,085 view
ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
【訃報】俳優・湯浅実さん死去。「中学生日記」の風間先生役など

【訃報】俳優・湯浅実さん死去。「中学生日記」の風間先生役など

昭和から平成にかけて活躍した俳優・湯浅実(ゆあさ・まこと)さんが、8月3日に誤嚥性肺炎のため東京都内の病院で亡くなっていたことが明らかとなりました。84歳でした。
隣人速報 | 2,017 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト