1980年代のNHKの『連続テレビ小説』(朝の連続テレビ小説)の歴代ヒロイン
2016年2月18日 更新

1980年代のNHKの『連続テレビ小説』(朝の連続テレビ小説)の歴代ヒロイン

1980年代のNHKの連続テレビ小説は、おしんの最高視聴率62.9%をはじめ40%や50%以上が当たり前で、今では考えられないくらいドラマ高視聴率時代でした。1980年代の「なっちゃんの写真館」(1980年4月7日) 西城夏子役:星野知子から、「おしん」少女編(第1回~第36回)(第1部)谷村しん(田倉しん)役:小林綾子や「澪つくし」(1985年4月1日) 古川かをる役:沢口靖子、「和っこの金メダル」(1989年10月2日から1990年3月31日) 秋津和子役:渡辺梓まで、19作品のヒロインを振り返ってみましょう。朝の連続テレビ小説はフレッシュな新人女優の登竜門的な役割や大女優となるブレイクのきっかけを果たしていました。

20,128 view

1980年代のNHKの『連続テレビ小説』(朝の連続テレビ小説・朝ドラ・連ドラ)の歴代ヒロイン

「なっちゃんの写真館」(1980年4月7日) 西城夏子役:星野知子
「虹を織る」(1980年10月6日) 島崎佳代役:紺野美沙子
「まんさくの花」(1981年4月6日) 中里祐子役:中村明美
「本日も晴天なり」(1981年10月5日) 桂木元子役:原日出子
「ハイカラさん」(1982年4月5日) 野沢文役:手塚理美
「よーいドン」(1982年10月4日) 浦野みお(時田みお)役:藤吉久美子
「おしん」少女編(第1回~第36回)(第1部)谷村しん(田倉しん)役:小林綾子
「おしん」青春・成年期(第2部)谷村しん(田倉しん)役:田中裕子
「おしん」中年期・老年期(第3部)谷村しん(田倉しん)役:乙羽信子
「ロマンス」(1984年4月2日) 小島はる役: 樋口可南子
「心はいつもラムネ色」(1984年10月1日) 藤谷美和子、真野あずさ
「澪つくし」(1985年4月1日) 古川かをる(吉武かをる・梅木かをる)役:沢口靖子
「いちばん太鼓」(1985年10月7日) 三田寛子、藤真利子
「はね駒」(1986年4月7日) 橘りん役:斉藤由貴
「都の風」(1986年10月6日) 竹田悠(吉野悠)役:加納みゆき
「チョッちゃん」(1987年4月6日) 北山蝶子役:古村比呂
「はっさい先生」(1987年10月5日) 早乙女翠役:若村麻由美
「ノンちゃんの夢」(1988年4月4日) 結城暢子役:藤田朋子
「純ちゃんの応援歌」(1988年10月3日) 小野純子役:山口智子
「青春家族」(1989年4月3日) 阿川麻子役:いしだあゆみ・阿川咲役:清水美砂
「和っこの金メダル」(1989年10月2日から1990年3月31日) 秋津和子役:渡辺梓

NHK連続テレビ小説「なっちゃんの写真館」(1980年4月7日) 西城夏子役:星野知子 平均視聴率は39.6%、最高視聴率は45.1%

NHK連続テレビ小説第25作「なっちゃんの写真館」(1...

NHK連続テレビ小説第25作「なっちゃんの写真館」(1980年4月7日) 西城夏子役:星野知子

『なっちゃんの写真館』(なっちゃんのしゃしんかん)は、1980年4月7日 - 10月4日に放映されたNHK連続テレビ小説第25作である。

男性上位の時代にカメラマンを目指し、仕事と家庭を両立させた女性の人生を描く。作品のモデルとなったのは立木義浩の母親・立木香都子。
1980年の平均視聴率は39.6%、最高視聴率は45.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

「なっちゃんの写真館」のあらすじ

太平洋戦争をはさんでの徳島を舞台にしており、当時徳島にあった海軍航空隊のエピソードが登場する。ある日、3人の学徒兵が外出がてらに主人公の家で記念写真を撮る。後日そのうちの1人が不意に写真館を訪れ、夏子とキャッチボールをする。それからほどなくして写真館に一通の手紙が届く。「この手紙が読まれる頃私たちはもうこの世にはおりません…」3人はアメリカ艦隊に突入する特攻隊員だった。
(出典:Wikipedia「なっちゃんの写真館」)
出典 ameblo.jp
「なっちゃんの写真館」(1980年4月7日) 西城夏子...

「なっちゃんの写真館」(1980年4月7日) 西城夏子役:星野知子

男性上位の昭和初期に、女性ながらカメラマンを志して徳島から上京、後に家業の写真館を継いだ夏子(星野知子)の爽やかな人生を描く。
出典 ameblo.jp
「なっちゃんの写真館」 西城夏子役:星野知子

「なっちゃんの写真館」 西城夏子役:星野知子

「なっちゃんの写真館」 西城夏子役:星野知子

「なっちゃんの写真館」 西城夏子役:星野知子

出典 ameblo.jp
「なっちゃんの写真館」(1980年4月7日) 西城夏子...

「なっちゃんの写真館」(1980年4月7日) 西城夏子役:星野知子

出典 ameblo.jp
星野知子

星野知子

星野 知子(ほしの ともこ、1957年10月3日 - )は、女優、エッセイスト。新潟県長岡市出身。新潟県立長岡高等学校、法政大学社会学部卒業。大学では環境問題をテーマとする金山行孝ゼミに所属した。本名は星野路子。身長170cmの長身。

1980年度放送のNHK連続テレビ小説 『なっちゃんの写真館』でデビュー。1981年から85年にかけてフジテレビ系列の『サザエさん』(ドラマ版)でサザエ役を演じた。 幻の湖(1982年)で映画デビューを果たす。

1987年10月から1989年9月にはテレビ朝日(ANN)系列の午後7時20分放送開始のニュース番組『ニュースシャトル』でキャスターを務めた。現在はドラマ、紀行番組出演の他、エッセイストとしても活躍中。
2008年5月12日に朝日新聞の記者(4歳年下)と入籍。2009年に神奈川県鎌倉市に新居を構えた。
(出典:Wikipedia「星野知子」)
星野知子さんは、1980年度放送のNHK連続テレビ小説...

星野知子さんは、1980年度放送のNHK連続テレビ小説 『なっちゃんの写真館』でデビュー。

NHK連続テレビ小説「虹を織る」(1980年10月6日) 島崎佳代役:紺野美沙子 平均視聴率は38.5%、最高視聴率は45.7%

NHK連続テレビ小説第26作目「虹を織る」(1980年...

NHK連続テレビ小説第26作目「虹を織る」(1980年10月6日) 島崎佳代役:紺野美沙子

『虹を織る』(にじをおる)は、1980年10月6日 - 1981年4月4日に放送されたNHK連続テレビ小説第26作目。

維新の志士を数多く輩出した城下町・萩に生まれ、青春期には若い情熱を宝塚歌劇団の舞台に注ぎ、退団後もたえず新しい生き方を求め続けた一人の女性をユーモアを交えて明るく描いた。
1980〜81年の平均視聴率は38.5%、最高視聴率は45.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

島崎佳代(ヒロイン):紺野美沙子(本格デビュー作)
(出典:Wikipedia「虹を織る」)
「虹を織る」(1980年10月6日) 島崎佳代役:紺野...

「虹を織る」(1980年10月6日) 島崎佳代役:紺野美沙子(本格デビュー作)

青春の情熱を宝塚歌劇団の舞台に注ぐヒロイン・佳代(紺野美沙子)が、退団した後も絶えず新しい生き方を求め続けたその半生を、激動の昭和史の中で、詩情とユーモアを交えながら明るく爽やかに描く。大地真央、新珠美千代、葦原邦子など、宝塚関係者も多数出演して話題になった。
「虹を織る」 島崎佳代役:紺野美沙子

「虹を織る」 島崎佳代役:紺野美沙子

紺野 美沙子(こんの みさこ、1960年9月8日 - )は、日本の女優、エッセイスト。
東京都狛江市出身。国連開発計画(UNDP)親善大使。内閣府「災害被害を軽減する国民運動サポーター」。称号は日本吟醸酒協会名誉吟の騎士など。

父はNHK交響楽団ホルン奏者で、慶應義塾高等学校音楽教諭。母方の祖母は岩手県陸前高田市出身。母方の祖父は福島県の出身。

カリタス小学校からカリタス女子中学校、慶應義塾女子高等学校を経て慶應義塾大学文学部国文学科卒業。学位は文学士 (慶應義塾大学)。

1980年、NHK連続テレビ小説『虹を織る』のヒロインを演じる。『武田信玄』『あすか』など多数のテレビドラマ、「細雪」「オットーと呼ばれる日本人」「きんぎょの夢」「現代能楽集イプセン」などの舞台や映画に出演。また『紺野美沙子の科学館』の司会やナレーションなど、俳優以外の活動でも知られる。

1992年、TBSテレビ事業局文化事業部プロデューサーの篠田伸二と結婚。1998年、国連開発計画親善大使の任命を受け、アジア・アフリカの各国を視察するなど、国際協力の分野でも活動中。
著作に、親善大使として訪れた国や人々について綴った「ラララ親善大使」(小学館刊)がある。2010年秋より「紺野美沙子の朗読座」主宰。
2016年1月、岐阜県図書館名誉館長に就任。
(出典:Wikipedia「紺野美沙子」)
「虹を織る」 島崎佳代役:紺野美沙子

「虹を織る」 島崎佳代役:紺野美沙子

「虹を織る」 島崎佳代役:紺野美沙子

「虹を織る」 島崎佳代役:紺野美沙子

NHK連続テレビ小説「まんさくの花」(1981年4月6日) 中里祐子役:中村明美 平均視聴率は37.1%、最高視聴率は42.4%

NHK連続テレビ小説第27作「まんさくの花」 中里祐子...

NHK連続テレビ小説第27作「まんさくの花」 中里祐子役:中村明美

『まんさくの花』(まんさくのはな)は、1981年(昭和56年)4月6日から10月3日まで放送されたNHK連続テレビ小説第27作である。

父と三人の娘の生き方を通して、現代の家族のあり方を見つめた作品。ヒロインが最後まで結婚しないというのは、当時の朝のドラマでは珍しい事例だった。

連続テレビ小説といえば「戦争を挟んだ時代に生きた女の一代記」という路線が定番だった時代に、「完全な現代劇」として制作された(その前の現代劇作品は1976年度後期の大阪制作『火の国に』で4年半=9期ぶり)が、本作品以降は定番路線に戻った(その後の現代劇作品は1989年前期の『青春家族』)。

ヒロインは、当時無名塾の超難関テストを突破して、早稲田大学を卒業したばかりながら今作で本格女優デビューを飾った中村明美。
1981年の平均視聴率は37.1%、最高視聴率は42.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。
(出典:Wikipedia「まんさくの花」)
136 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

連載40周年を迎えた「ガラスの仮面」スピンオフアニメが10月からTOKYO MXで放送!

連載40周年を迎えた「ガラスの仮面」スピンオフアニメが10月からTOKYO MXで放送!

今年、連載40周年を迎えたベストセラー少女漫画「ガラスの仮面」のスピンオフアニメ「3ねんDぐみガラスの仮面」が、10月3日からTOKYO MXで放送されることが明らかとなった。累計発行部数5000万部を超える不朽の名作のアニメ版に期待が膨らむ。
NHK大河ドラマの「社会的影響力」:流行語の発生・ドラマゆかりの地への観光の起爆剤としての効果

NHK大河ドラマの「社会的影響力」:流行語の発生・ドラマゆかりの地への観光の起爆剤としての効果

NHK大河ドラマは1年という放送期間の長さ、ご当地番組的な要素があるため、関連する舞台への観光が急激に盛り上がるなど、かなりの地域活性化=経済効果があります。1987年の「政宗ブーム」のように大河がヒットすればするほど、大きな大河ドラマバブルが起きました。また大河ドラマの社会的影響力の強さから、数多くの流行語も生まれました。大河ドラマに出演したことで一流スターの仲間入りを果たした俳優も多いです。社会的影響力が大きかった高視聴率の代表的な大河ドラマをピックアップして、ドラマから流行語が生まれ、観光への起爆剤となった流れを振り返ってみましょう。
ガンモ | 11,642 view
中学生日記!名優を何人も輩出!いじめや性の悩みを中学生が演じ、50年も続いた名物番組でした!

中学生日記!名優を何人も輩出!いじめや性の悩みを中学生が演じ、50年も続いた名物番組でした!

NHKドラマ「中学生日記」は現役の中高生が出演。素人の演技がリアルに見え、様々な問題提起を視聴者に行っていましたね!
ひで語録 | 62,809 view
【「有吉反省会」出演】海外では国賓扱いも…国民的ドラマ「おしん」を演じた小林綾子は今!

【「有吉反省会」出演】海外では国賓扱いも…国民的ドラマ「おしん」を演じた小林綾子は今!

1983年、NHK朝連続テレビ小説『おしん』で国民的な人気を博した小林綾子。成人してからもドラマや舞台に活躍している小林。『おしん』が海外でもヒットしたことで国によっては国賓級の待遇を受けることもあるという彼女が今夜「有吉反省会」に出演する。今改めて小林のこれまでを振り返る。
またお | 15,869 view
NHK『連続テレビ小説』(朝の連続テレビ小説)の1990年代の歴代ヒロイン

NHK『連続テレビ小説』(朝の連続テレビ小説)の1990年代の歴代ヒロイン

1990年代のNHK『連続テレビ小説』の19作品のヒロイン役を演じた女優を振り返ります。荻野目洋子・鈴木京香・桜井幸子・石田ひかり・松嶋菜々子・竹内結子といった豪華なメンバーがヒロイン役を演じています。80年代の連続テレビ小説にヒロイン役で出ていた紺野美沙子さんや手塚理美さんが、90年代ではヒロインの母親役で出ています。
ガンモ | 28,489 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト