Mr.マリックのテーマでお馴染み!80年代以降の音楽に革命を起こした「Art of Noise」
2020年1月5日 更新

Mr.マリックのテーマでお馴染み!80年代以降の音楽に革命を起こした「Art of Noise」

イギリスのエレクトロニック・ミュージックグループ「Art of Noise」。同グループのサンプリングを多用した音楽性はその後の音楽シーンに影響を与えました。

640 view

イギリスのエレクトロニック・ミュージックグループ「Art of Noise」

イタリア未来派の画家、作曲家、楽器発明家である ルイージ・ルッソロの論文「騒音芸術(Art Of Noises)」をグループ名の由来とするアート・オブ・ノイズ[2]は、トレヴァー・ホーンが立ち上げたZTTレコーズのサウンドエンジニアからなる、正体不明のユニットとして結成された。ZTTレコーズからチャイナ・レコードへ移籍した際に、アン・ダドリー(キーボード担当)、J.J.ジェクザリック(サンプリング担当)、ゲーリー・ランガン(ミキシング担当)、ポール・モーリーのメンバー名が公表された。
 (2160375)

1978 年「レディオスターの悲劇」をヒットさせたバグルズのトレヴァー・ホーンは、80年代に入るとプロデュース業が中心になりました。

イエス「ロンリー・ハート」やフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド「リラックス」等数々のヒット曲をプロデュース、プロデュースされた曲によく使われていた「ジャン!」という音(オーケストラルヒット)は一世を風靡しました。
 (2160376)

このオーケストラルヒットはオーケストラからサンプリングしたもので、一般的にはトレヴァー・ホーンが発明したというイメージがありますが、実際にはトレヴァーは指示出しのみで楽曲づくりには直接参加せず、 3 人のエンジニアによるサウンドチームが音作りを行っていました。 (わかりやすく言うと一時期の小室哲哉とシンセの音を作ってた浅倉大介みたいなモンですね。)
 (2160378)

彼らはアート・オブ・ノイズとして 84 年にデビュー、彼らのサンプリングを多用した音楽性はその後の音楽シーンに影響を与えました。

前置きが長くなりましたが、今回はアート・オブ・ノイズの曲をご紹介していきます。 彼らの音楽はインストゥルメンタル中心で、現在でもテレビ番組の BGM によく使われているので、結構聴いた事があると思いますよ~。

曲紹介

Beat Box

トレヴァー・ホーンが主宰した ZTT レーベルから鳴り物入りでリリースしたデビュー曲。

その図太く「ボン!カン!」と鳴るドラムの音、車のエンジン音や録音した声などのサンプリングコラージュ、そしてアウトロの美しいピアノという展開で多くの評論家・リスナーに衝撃を与え、一時期は ZTT 社歌とも呼ばれるようになりました。

Art of Noise - Beat Box Version 1 (ZTIS 103)

ドラムパターンから分かるようにヒップホップからの影響が窺えますが、これはトレヴァーとメンバーがプロデュースしたマルコム・マクラレン「Duck Rock」でヒップホップのサウンドに挑戦、その時の肥やしがそのまま使われていたため。

「Duck Rock」もなかなかイカスアルバムですので是非聴いてみてください。

Legs

日本ではマジシャン・Mr.マリックの出囃子として有名な曲ですね。このミステリアスな曲調はマリック本人のイメージにも一役買ったのではないのでしょうか。

この曲はセカンドアルバムに収録されていますが、この頃メンバーはトレヴァーに反旗を翻し ZTT からレーベルを移籍する事に。実際に楽曲を作っているのは自分達なのにトレヴァーの手柄になっていた事、またトレヴァーのスキャンダラスな戦略(演奏する予定だったにも関わらず、実際にはテープをバックにダンサーが踊っているだけのライブなど)についていけなくなったなど様々な理由があったそうです。

The Art of Noise - Legs (Official Video)

話をマリックの方に戻しますと(主題そっちだっけ?)この曲が初めて使われたのは1989年の木曜スペシャル。
超能力と魔術を合成した「超魔術」と観客からの質問をゴリ押しでごまかすために使われた「ハンドパワー」はたちまち流行語になりました。 その後のマリックの大活躍ぶりは言うまでもありません。

しかしまあ「ハンドパワー」なのに「Legs(脚) 」とはこれいかに。

KISS(featuring Tom Jones)

イギリスの松崎しげる(今勝手に名付けた)ことトム・ジョーンズをボーカルに起用し、プリンスのヒット曲をカバー。 当時は原曲発表から 2 年後という速さでカバーした事、また大御所歌手をフューチャーした事が大きく話題になり、グループとしても過去最大のヒット曲になりました。

Tom Jones and Art Of Noise - Kiss (Official Video)

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

バッチでもバッジでもなく、バッヂ。今や伝説のバントと呼ばれている「The BADGE」の音楽を聴いてくれっ!

バッチでもバッジでもなく、バッヂ。今や伝説のバントと呼ばれている「The BADGE」の音楽を聴いてくれっ!

ブリティッシュ・ビートにポップなメロディ。そこに絶品のコーラス。これがザ・バッヂのサウンド。シンプルでタネも仕掛けもありませんが、その分、思いっきり熱いロックン・ロールを聴かせてくれます。
obladioblada | 875 view
90年代を代表するボーイズグループ「Take That」その軌跡を振り返る

90年代を代表するボーイズグループ「Take That」その軌跡を振り返る

90年代はボーイズグループの全盛期。その先駆けとなったイギリスのグループ「Take That」の歴史をみてみよう!
sara1225 | 408 view
20世紀を代表するコメディ映画「ピンク・パンサー」。その人気の秘密は???

20世紀を代表するコメディ映画「ピンク・パンサー」。その人気の秘密は???

印象的なテーマソングに愛嬌溢れるアニメのキャラクター。1964年の劇場公開以降コメディ映画として今なお人気の「ピンク・パンサー」で忘れられないのは、ピーター・セラーズ演じる初代のクルーゾー警部。その人気の秘密をたっぷりと知って頂きましょう。
obladioblada | 1,148 view
懐かしい「マジシャン」といえば?

懐かしい「マジシャン」といえば?

オモシロ系のマジシャンから超魔術まで!活躍されていたマジシャンはたくさんいらっしゃいますよね!「引田天功」の大脱出はドキドキしたなぁ~!印象に残っているマジシャンについて語りましょう!
ガイリッチーの出世作『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』イギリスでは年間興行成績1位を記録!

ガイリッチーの出世作『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』イギリスでは年間興行成績1位を記録!

1998年8月に公開されたイギリス映画『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』。監督で脚本も務めたガイ・リッチーの出世作と知られ、親友で製作を担当したマシュー・ボーンと組んで映画化を実現させました。
ひで語録 | 356 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト