【「歴史群像10月号」関ヶ原合戦の真実】東軍と西軍と創作者と研究者と読者がいりまじる《関ヶ原合戦》。確かな研究が多くの資料に彩られた快雑誌が登場。
2017年9月10日 更新

【「歴史群像10月号」関ヶ原合戦の真実】東軍と西軍と創作者と研究者と読者がいりまじる《関ヶ原合戦》。確かな研究が多くの資料に彩られた快雑誌が登場。

確かな内容とまとめ方に定評のある《歴史群像》シリーズ。10月号は《関ヶ原》の特集。著者は日本有数の関ヶ原研究家、白峰旬教授。

1,454 view

「歴史群像10月号」関ヶ原合戦の真実

 鶴翼の陣を敷く西軍、右翼左翼そして後曲に展開する東軍。
 早朝の井伊直政の抜け駆けに始まり一進一退の攻防、家康による味方への銃撃、そして小早川秀秋の裏切り、大谷吉継の奮戦、後日談――

 これらのストーリーに対し動きを仕掛けているのが「歴史群像」の10月号。
歴史群像10月号

歴史群像10月号

商品概要

 歴史群像10月号

・定価:本体935円+税
・発売日:2017年9月6日(水)
・判型:B5/184ページ
・電子版:あり
・発行所:(株)学研プラス

【歴史群像ホームページ(学研デジタル歴史館)歴史群像10月号紹介ページ】
http://rekigun.net/magazine/index.html#2017-0904

【購入ページ】
・Amazon
http://amzn.to/2exvivO

・楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rb/15105642/

・セブンネット
http://7net.omni7.jp/detail/1205503190

関ヶ原の戦いについて

 いやー、「夏も終わって関ヶ原の戦いの季節がきましたね!」という小粋なジョークでトバしていこうかと思っていたのですが〝関ヶ原の戦いは10月なのでジョークになりませんでした〟
 (´つヮ⊂)ウォォ
 

 当時は西軍と東軍に分かれ、あるいは九州などで熾烈な争いが繰り広げられた関ヶ原ですが、現在では《資料》《創作者》《研究者》のあたりで激しい争い(?)が展開されているようです。

 基本的に強いのは《創作者》のカードのようです。
 彼らの手にかかれば例えば三国志なんかも

・関羽が青龍円月刀を持っている。
・張飛の名前がブレる。
・劉備軍に〝赤兎馬と同じ速さで走る人間〟がいる。
・〝赤壁の戦い〟
・〝諸葛亮〟の存在。

 と脚色されます。朝飯前です。
 三国志から創作要素を抜くと〝登場人物が数人ふっとぶ〟のはおそろしい話だなと思います。
 逆に〝赤兎馬と同じ速度で走る人間〟とかが実在していたらちょっとやってられないわけですが。

 さて戦国時代に視点を移しますと、

・槍をふりまわしていたはずの服部半蔵が〝忍者〟になる。
・豊臣秀次がやたらと殺生を好む。
・秀吉がやたらと秘密裏に人と会う。
・秀吉が一夜で城をつくったというのも怪しい。
・伊達政宗が刀の鍔を眼帯にしている。
・〝真田十勇士〟
・巌流島の決闘をはじめとする剣豪譚

 《天下人》という存在に極端に近いか極端に遠いで増える傾向があるようです。
 近頃は三国志だろうが戦国武将だろうが〝戦艦だろうが女の子にする〟時代ですので並大抵のことでは驚かないようになってきている気もしますが。
ジャイアントロボでも絶好調の孔明先生

ジャイアントロボでも絶好調の孔明先生

 〝関ヶ原の戦いに創作が入らないわけがない〟という話に繋がったらいいなあという気持ちで書いていました(小声)

 今回「歴史群像」において《脚色》と《通説》と対峙している研究者はどなたかと申しますと、白峰旬氏です。
 大事なことなので繰り返します。白峰旬氏です。
白峰 旬(しらみね じゅん、1960年 - )は、日本の歴史学者。別府大学文学部史学科教授。専攻は日本の近世城郭。三重県四日市市出身。1985年(昭和60年)、上智大学大学院修士課程修了。1998年(平成10年)、名古屋大学にて博士(歴史学)取得。論文の題は「近世城郭史の基礎的研究」。
2003年(平成15年)に別府大学文学部助教授となり、2009年(平成21年)から別府大学文学部教授。文献史学の観点から近世城郭や歴史上の事件などについて研究しており、2007年から2012年まで石川県の金沢城調査研究所における金沢城石垣構築技術等比較研究事業で客員研究員も務め、研究紀要「金沢城研究」第6~9号において調査報告を行なった。
 あれ、手が震える。
 なぜだろう〝書いたものを教授にチェックしてもらう日々〟から離れて久しいはずなのに。

 教授、専攻が近世城郭、文献史学に通じている、〝関ヶ原に関する著書多数〟なので〝本物のなかの本物〟の方ではないでしょうか。
 さすが学研とでも言うべきかこれは〝本気〟ですね。

 すでに歴史を趣味としている方はもちろん、どこかのタイミングで歴史を知りたいと思っていた方、もうちょっと歴史力を上げたいと思っていた方、〝関ヶ原で活躍して立身出世したい〟という方にはもってこいの1冊にしあがっているようです。
 ……こういうのって通常《企画にあわせて専門家の意見を取り入れる》だと思うのですが、「歴史群像」は〝専門家の研究をビジュアル化しました〟と言っても通じるのがすさまじい。

 趣味用ではなく〝論文の参考資料用〟に購入しようかな……

関ヶ原に挑むアナタを支えてくれる頼もしい資料たち

「群雲、関ヶ原へ」

群雲、関ヶ原へ〈上〉

群雲、関ヶ原へ〈上〉

群雲、関ヶ原へ〈下〉

群雲、関ヶ原へ〈下〉

 著者は雑誌ライター出身の岳宏一郎氏。
 関ヶ原の時代にタイムスリップしたかのような臨場感をウリにするタイプではなく、現代の視点と表現を用いた作品。

 持ってくる資料の量と使い方が抜群にうまく、語り口は軽妙。かといって題材を軽んじていることがない明瞭にして手堅い作品。
23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 975 view
コギャルだった方必見!あの伝説のギャル雑誌「egg」がwebメディアとして復活しました!

コギャルだった方必見!あの伝説のギャル雑誌「egg」がwebメディアとして復活しました!

株式会社エムアールエーは、2014年に休刊したギャル向けファッション雑誌『egg』を2018年3月21日(水)よりwebメディアとして復活しました。様々なSNSや媒体を使ってガールズカルチャーのトレンドを毎日発信します!
隣人速報 | 2,338 view
あの「月刊ムー」が横須賀市とコラボイベントを開催!独自の視点で横須賀の歴史を解明します!!

あの「月刊ムー」が横須賀市とコラボイベントを開催!独自の視点で横須賀の歴史を解明します!!

あの「ムー」と横須賀市がまさかのコラボ!横須賀の歴史ミステリーを解明する謎解きイベントが開催されます!
隣人速報 | 396 view
80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 2,058 view
懐かしさで涙が出そう・・・「FM STATION」のカセットレーベル集めてみたよ!

懐かしさで涙が出そう・・・「FM STATION」のカセットレーベル集めてみたよ!

カセットテープに使っていたカセットレーベル!今回は「FM STATION」のカセットレーベル集めてみたよ!
うーくん | 118,093 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト