留まることを知らないのは性への探求心だけではありません。シリーズも底なしのエマニエル夫人
2017年5月10日 更新

留まることを知らないのは性への探求心だけではありません。シリーズも底なしのエマニエル夫人

独特の映像の美しさ で70年代に大きな話題となった官能映画エマニエル夫人。当時としてはセンセーショナルだった性の解放というテーマが受け、パリにある「凱旋」という映画館では11年間も上映を続けました。その後、数々の続編が作られていきますが、エマニエルと名のつく作品は全世界で70を超えるほどになっています。

25,852 view

Emmanuelle

エマニエル夫人、なんと官能的な響きなのでしょう。映画の内容を知っていようといまいと関係なく、官能的な世界に引っ張り込まれそうになります。
エマニエル夫人

エマニエル夫人

監督:ジュスト・ジャカン
脚本:ジャン=ルイ・リシャール
製作:イヴ・ルッセ=ルアール(フランス語版)
主演:シルヴィア・クリステル
音楽:ピエール・バシュレ
撮影:リシャール・スズキ
配給:ヘラルド
公開:1974年6月26日
上映時間:91分
「エマニエル夫人」とは、1974年に公開されたフランス映画です。ファッション写真家として有名だったジュスト・ジャカンが監督しており、そのためか、ソフト・フォーカスを基調とし、全てのシーンがまるで絵画のような美しい映像となっています。
官能映画であるにも関わらず「エマニエル夫人」は世界的に大ヒットし、パリのシャンゼリゼ通りにある「凱旋」という映画館では何と11年間も上映を続けたそうです。

映画が大ヒットした要因のひとつにピエール・バシュレが担当した美しい音楽があげられます。聴けば映画と直結するテーマ曲も世界的にヒットしています。

Pierre Bachelet -- Emmanuelle 1974 avec lyrics, Paroles

そして、主役のエマニエル夫人を演じるのは、これが2作目となるシルビア・クリステルです。美しくも初々しいシルビア・クリステルは、まさにはまり役といえます。
シルビア・クリステル

シルビア・クリステル

生年月日:1952年9月28日
没年月日:2012年10月17日(満60歳没)
出生地:ユトレヒト
国籍:オランダ
この映画が画期的だったのは官能恋愛映画だったにもの関わらず、多くの女性が映画館に足を運んだというところにあります。当時は社会現象となるほど珍しいことでした。
エロチックではあっても嫌らしくない、美しい映像と音楽、そして何よりもシルビア・クリステルの初々しい魅力があったからこそ多くの女性ファンをも獲得したといえます。

【ストーリー】
エマニエルは、バンコクに住む外交官の妻で、幸せな日々を過ごしていました。しかし、裕福ではあっても刺激のない毎日に退屈していたところ、エマニエルは知人の紹介で「性の儀式」を受け入れることになります。最初は戸惑い大人しかったエマニエルですが、南国の明るい日差しの中、徐々に性の解放とその真理を追求するため自分を開放し、大胆な女性へと変貌していくのでした。

この後、続編が作られますが、性に目覚めたエマニエルが「真実の愛」を見つける旅を続けるというのがシリーズを通してのテーマで、内容としては変わりません。
 (1863377)

映画:「エマニエル夫人」より
性の開放というテーマそのものが当時センセーショナルだったのでしょうか。登場人物が詩的に性愛観を語るのがフランス映画っぽい。シルヴィアクリステルはとてもかわいいです。演技やファッション、舞台であるバンコクのエキゾチックな風景など堪能できました。

Emmanuelle 2

「エマニエル夫人」の大ヒットを受けて、翌年1975年には続編となる「続・エマニエル夫人」が公開させます。主演はもちろんシルヴィア・クリステルですが、監督も脚本も、そして音楽も担当は変わっています。
続・エマニエル夫人

続・エマニエル夫人

原題:EMMANUELLE II L'ANTI VIERGE
製作:1975年
公開:1975年12月20日 フランス映画 90分
監督・脚本:フランシス・ジャコベッティ
脚本:ロベール・エリア
出演:シルヴィア・クリステル
出典 jacsa.me
注目すべきは、やはり音楽でしょうね。前作があまりにも素晴らしかったので、後任の音楽担当はかなりのプレッシャーがかかったと思いますが、「続・エマニエル夫人」の音楽はフランシス・レイです。
フランシス・レイといえば、「男と女」、「愛と哀しみのボレロ」、「ある愛の詩」など数々の映画音楽を手掛けている巨匠ですね。さすがに前作に負けず劣らず素晴らしい楽曲を提供しています。

Francis Lai & Sylvia Kristel 映画「続エマニエル夫人」 Emmanuelle II L'Anti Vierge

シルビア・クリステルの歌声が、なんとも初々しく可愛らしいですね。

Goodbye Emmanuelle

前作「続・エマニエル夫人 」から2年後、シリーズ最終作「さよならエマニエル夫人」が公開されます。1977年のことです。

続編とはいえ、またまた制作スタッフは監督はじめ脚本も音楽も変わっていますが、内容に大きな変化はありません。タイトルからも分かるように、これがシリーズの最終作です。
さよならエマニエル夫人

さよならエマニエル夫人

監督:フランソワ・ルテリエ
製作:イヴ・ルッセ=ルアール
脚本:フランソワ・ルテリエ、モニク・ランジェ
撮影:ジャン・バダル
音楽:セルジュ・ゲンズブール
フランシス・レイの後釜となると、音楽はこれまた大変だったことでしょう。受ける音楽家が居ないのではないかと、こちらが思わず心配してしまいそうになるほどです。しかし、フランスという国は懐が深いですね。この大役を立派に努め上げたのは、なんとジェーン・バーキンの長年のパートナーであるフランスの問題児、セルジュ・ゲンズブールです。
心配無用の美しい曲ですね。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

映画『続エマニエル夫人』西洋人は東洋に来ると性に開放されるの?

映画『続エマニエル夫人』西洋人は東洋に来ると性に開放されるの?

70年代に一世を風靡したR指定の大人の映画『エマニエル夫人』。東洋の街を舞台に繰り広げられる官能の世界、エマニエル夫人シリーズ第2作目の映画『続エマニエル夫人』。西洋人は東洋に来ると性に開放される!?見どころと日本では知られていない原作者のエマニュエルについて。
映画「パリのめぐり逢い」自由の国フランスの三角関係を学びましょう。

映画「パリのめぐり逢い」自由の国フランスの三角関係を学びましょう。

浮気症の夫と妻、不倫をする若い女性のストーリーです。1967年に発表された古い映画ですが、単なる三角関係に終わらないところが、自由の国フランスの映画です。原題の意味は、生きるために生きる。登場人物それそれの生き方や人生の課題への取り組み方を学びましょう。
70年代のミッシェル・ポルナレフは日本独自の売られ方をしていたんですよねぇ。

70年代のミッシェル・ポルナレフは日本独自の売られ方をしていたんですよねぇ。

母国では今でも国民的歌手として人気の高いミッシェル・ポルナレフ。日本でも70年代は絶大な人気を誇っていたのですが、日本とフランスでは受け入れられ方が違い、違う曲がヒットしていました。日本オリジナルのジャケットやタイトル曲で本国とは少し違うイメージ作りをして、それが成功したんですね。
obladioblada | 770 view
憧れの青春ヒロイン「山口いづみ」。いつだって彼女は等身大のキレイなお姉さん。

憧れの青春ヒロイン「山口いづみ」。いつだって彼女は等身大のキレイなお姉さん。

永遠のキレイなお姉さん山口いづみ。そりゃもう憧れの青春ヒロインそのものといえます。しかも、主役としてドンと出てくるのではなく、脇に控えていながらキラリと光るブラウン管の恋人です。
obladioblada | 2,699 view
1998年、日本が初出場したフランスワールドカップの興奮を憶えていますか!?

1998年、日本が初出場したフランスワールドカップの興奮を憶えていますか!?

日本中が熱い声援を送った、日本が初出場のワールドカップ!皆さんは誰とどこで応援しましたか?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト