2016年11月25日 更新

【鈴木健】黄金期が過ぎようとしていた西武を再び優勝に導いた主砲。

高校通算本塁打記録・83本を引っさげ鳴り物入り西武に入団した鈴木健だが、レギュラー陣の分厚い壁に阻まれる。だが、西武の黄金期を支えたメンバーが次々とチームを去った時、新四番・鈴木健が危機を救うのだった。

16,227 view

高校生離れした長距離打者

埼玉の強豪・浦和学院の主力として甲子園にも2度出場した鈴木健選手。当時の日本最多記録である、高校通算本塁打83本という記録を引っさげ、1987年のオフにドラフト1位で西武ライオンズに入団します。
鈴木健選手の高校時代

鈴木健選手の高校時代

鈴木選手が入団した頃の西武ライオンズは正に「黄金時代」でした。西武の成績を振り返ると…。
1982・83年(日本一)85年リーグ優勝(日本シリーズで阪神に敗れる)、86、87(日本一)
この数字は正に驚異的。この黄金時代を支えるレギュラーメンバーという分厚い壁が鈴木選手の前に立ちはだかるのです。

「二軍の帝王」と呼ばれた選手たち

鈴木健選手は高卒2年目の1989年で早くも一軍に昇格。初安打も放ちます。1990年は2軍で打率.364、さらに1991年は打率.401を記録し、2年連続でイースタン・リーグ首位打者に輝くなど若いうちからその実力は高く評価されていたのですが、何せ当時の西武のレギュラーには、一塁には清原和博選手、三塁には石毛宏典選手、指名打者にもデストラーデ選手ら不動のレギュラーがいて、この様に二軍では打ちまくっていても鈴木選手はなかなか一軍の出場機会に恵まれないという日々が続くのです。
 (1570634)

俗に二軍では打ちまくっていても、外国人枠の問題や、ポジションの関係で一軍に上がれず、一軍に上がっても思うような成績を残せない選手のことを「二軍の帝王」などと呼ばれるのですが、この当時西武ライオンズの二軍には、鈴木健選手の他に、垣内哲也選手、バンバークレオ選手、大久保博元選手らといった他球団では充分クリーンナップを打てる力をもっていながら一軍で成績を残せない「二軍の帝王」と呼ばれる選手が数多くいたのです。
西武ライオンズ時代の大久保博元選手

西武ライオンズ時代の大久保博元選手

1992年にシーズン途中に巨人に移籍した大久保博元選手が大活躍した事は当時の西武の選手層の厚さを示す事になりました。

一軍定着。そして…。

そんな鈴木健選手がまずチャンスを掴んだのが1992年の事。代打として成績を残し、日本シリーズでも逆転本塁打を放つなど活躍。以降は一軍に定着。1995年には三塁手のレギュラーを奪取します。

鈴木健逆転ホームラン

ヤクルトとの日本シリーズで大活躍!
出典 youtu.be
ですが、この1995年シーズンは、チームは阪神大震災後「がんばろう神戸」を掲げたオリックスの前に敗れました。西武ライオンズがリーグ優勝を逃すのは、1989年以来の事でした。
翌96年もオリックスがパリーグを連覇。そして、この年のオフ、清原選手がFAで巨人に移籍。
鈴木健選手が主力として活躍するのとは裏腹に、西武ライオンズの黄金期が終わろうとしていたのです。
FAで移籍した清原選手

FAで移籍した清原選手

西武ライオンズの新たな時代へ

オリックスに連覇を許し、黄金期の西武を支えたレギュラー選手達がチームを去った。
鈴木健選手が清原選手の変わりに四番に座ったのはそんな時でした。西武ライオンズが迎えた最大の危機と言っていい1997年シーズン、鈴木健選手は大活躍します。この年、鈴木選手は、打率.312、19本塁打、94打点と打ちまくります。この年の出塁率.431というのはリーグ最高記録で、鈴木選手は最高出塁率のタイトル、ベストナインを受賞します。
 (1570618)

鈴木選手らの活躍で1997・1998年、西武ライオンズはリーグ連覇を果たします。
1998年シーズンも鈴木選手は大活躍します。プロ入り初の135試合フル出場を果たし、2年ぶりに本塁打が20発超え、チームもパリーグを連覇。日本一は逃すのですが、鈴木選手の他にも、高木大成、松井稼頭央、大友進、小関竜也、石井貴、豊田清、西口文也といった新生ライオンズを支える選手達が育っており、98年オフには横浜高校から松坂大輔投手を獲得。西武ライオンズは新たな黄金期を築こうとしていました。鈴木健選手は紛れもなくその中心にいたのです。

トレード移籍、復活。

この様にリーグ連覇に貢献した鈴木健選手ですが、2000年ごろから成績が急降下します。2001年オフに監督が東尾監督が辞任。2002年シーズンから伊原監督に変わると、鈴木選手の出場試合数は激減。一方チームはアレックス・カブレラ選手が日本プロ野球タイ記録の年間本塁打55本を記録するなどの活躍を見せ、チームは独走でリーグ優勝を果たします。(日本シリーズでは巨人に4連敗)
 (1570751)

2003年にヤクルトに移籍すると、岩村明憲選手が故障した事を受けて三塁手のレギュラーに定着。すると打率.317、20本塁打、95打点と自己最高の成績を残し、ベストナインおよびカムバック賞を受賞します。2004年は岩村選手が故障から復帰すると、鈴木選手は一塁手へ転向。打率.289、15本塁打、65打点と2年連続で安定した好成績を残すのです。

鈴木健現役最終打席

横浜の三塁手・村田選手の「粋な計らい」の後に感動的なシーンが生まれます。
出典 youtu.be
しかし、2005年に怪我をしたことをきっかけに二軍暮らしが続いた鈴木健選手は2007年9月20日に、現役引退を表明。10月4日の横浜ベイスターズ戦で、8回裏1死の場面で代打出場した鈴木選手はファウルで粘りながらも15球目をセンター前にヒットを放ちました。
※この時横浜のサードを守っていた村田選手が実に「粋な計らい」をします。

引退・そして今

引退後の鈴木選手

引退後の鈴木選手

引退後は、野球解説者の傍ら友人であるプロゴルファー小山内護選手のキャディーとしても活躍しています。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

【ドミンゴ・マルティネス】ファンに愛され、惜しまれた長距離砲

【ドミンゴ・マルティネス】ファンに愛され、惜しまれた長距離砲

「マルちゃん」の愛称で親しまれたマルティネス選手。 清原和博がFAで去った西武ライオンズの救世主的役割を果たし、その後、巨人でも活躍。 ファンに強烈な印象を残した彼の日本での球歴を振り返る。
和尚 | 17,083 view
【ロベルト・ペタジーニ選手】ゴジラ松井に打ち勝った「最強助っ人」の一人

【ロベルト・ペタジーニ選手】ゴジラ松井に打ち勝った「最強助っ人」の一人

1998年に来日したヤクルトたぺタジーニ選手は、来日1年目から松井秀樹と壮絶な本塁打王争いを繰り広げる。松井選手が大リーグに行った後は読売ジャイアンツ、晩年はソフトバンクに在籍。3球団で活躍した彼の球歴を振り返る。
和尚 | 11,107 view
【東尾修投手】黒い霧に覆われた低迷期~黄金時代の夜明けまで飛び続けた「トンビ」

【東尾修投手】黒い霧に覆われた低迷期~黄金時代の夜明けまで飛び続けた「トンビ」

「黒い霧事件」により、主力投手がチームを追放。翌年から入団間もない東尾投手がローテーションを担う事になる。長い長い低迷期からその夜明けまで投げ続け、そして引退後も監督としてライオンズに貢献した東尾投手の球歴を振り返る。
和尚 | 9,871 view
玄人好みの職人・辻発彦はいかにして「日本球界最高の二塁手」と称されるようになったか?

玄人好みの職人・辻発彦はいかにして「日本球界最高の二塁手」と称されるようになったか?

ぼやきの名人・野村克也をして「日本プロ野球におけるベストナインを選ぶなら、セカンドは辻」と言わしめた名手。そして現在近いうちに監督になるであろう日本人プロ野球指導者のひとりである辻発彦。アマチュア時代は無名の選手だったからがここまでのしあがれたのはなぜかをひもとく。
t-matsu | 20,856 view
松崎しげるのライオンズ球団歌『地平を駈ける獅子を見た』がリニューアル!所沢が本拠地となり40周年で球場も改修へ!!

松崎しげるのライオンズ球団歌『地平を駈ける獅子を見た』がリニューアル!所沢が本拠地となり40周年で球場も改修へ!!

プロ野球の埼玉西武ライオンズは、2018年に埼玉県所沢市に本拠地を構えて40周年の節目を迎える。長年ファンに愛されてきた松崎しげるのライオンズ球団歌『地平を駈ける獅子を見た』のリニューアルバージョンが制作された。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト