身長157cmという小柄な体の中にある、誰よりも巨大な才能を持つ殿下ことプリンス
2016年7月27日 更新

身長157cmという小柄な体の中にある、誰よりも巨大な才能を持つ殿下ことプリンス

眼に見える奇跡というものがあるとすれば、それはプリンスのことでしょう。余りにも巨大で、いつまでも尽きることのない才能の持ち主。その素晴らしさはとても言葉では言い表せません。だからこそ、人はプリンスを天才と呼ぶのでしょう。

2,157 view

概略

プリンス

プリンス

1958年6月7日 - 2016年4月21日
天才そう言って差支えないでしょう。いえ、むしろ他に呼びようがありません。
音楽界において、唯我独尊、唯一無二、そうした存在がプリンスです。

1958年6月7日、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリスの生まれです。出生名をプリンス・ロジャーズ・ネルソン(Prince Rogers Nelson)。そうです。プリンスというのは本名なんです。

因みにマドンナもプリンスと同じく1958年生まれで本名です。同じ時代にプリンスとマドンナが居たというのは何か不思議な因縁のようなものを感じます。
この2人は1989年に発売されたマドンナのアルバム「ライク・ア・プレイヤー」の中の「ラヴ・ソング」という曲で共作&デュエットしています。
マドンナ

マドンナ

プリンスと共演した当時は付き合っていたという噂があったマドンナ。
実際には分かりませんが、晩年のプリンスは、セクシャル路線をやめる。後はマドンナに任せると言っていることからも2人の信頼関係が伺えます。
プリンスはミュージシャンと言えばミュージシャンですが、マルチ・インストゥルメンタリスト、シンガー、作詞家、作曲家、音楽プロデューサーであり、27種類以上の多種多様な楽器を演奏し(レコーディングはほとんど1人で行っている)、ロックンロール、ハード・ロック、ファンク、ソウル、ブルース、ゴスペル、ジャズ、ヒップホップ、ディスコ、サイケデリックなど、ありとあらゆる音楽スタイルをミックスさせ独自の音楽を確立しました。
プリンス

プリンス

これまでにアルバム・シングルの総売り上げは1億2000万枚を超えており、12枚のプラチナアルバムと30曲の全米トップ40シングルを持っています。

影響を受けたミュージシャンは、ジェームス・ブラウンやスライ・ストーンなどでファンクからの影響は大きいようですが、ギタリストとしてはジョニ・ミッチェルとカルロス・サンタナから影響を受けたそうです。なかなか興味深いはなしですね。

プリンスの誕生

プリンスの父親ジョン・L・ネルソンはプリンス・ロジャーという芸名で1960年代後半までプリンス・ロジャー・トリオというバンドをやっていました。
17歳年下の母親マティは、ジャズ歌手だったそうです。

プリンスはジュニアハイスクール時代に友人や従兄弟らとバンドを結成します。
いくつかのバンドに参加しているうち徐々に頭角を現し、ミネアポリス・サウンド(シンセサイザーを主体としたファンクミュージック)の中心的存在となります。

そして、メジャー・レーベルがプリンス争奪戦を繰り広げる中、1977年にワーナー・ブラザーズと契約。当時19歳の少年としては破格の契約金とセルフ・プロデュースの権利を獲得しています。

しかし、19歳のデビュー前の時点でセルフ・プロデュースの権利を要求するということ自体スゴイですね。
フォー・ユー

フォー・ユー

原題: For You
発売日: 1978年4月7日
レーベル: Warner Bros. Records
こうして1978年4月に記念すべきデビューアルバム 「フォー・ユー 」が発売されます。
プリンス1人で作り上げたといわれる「フォー・ユー 」は全米163位どまりでしたが、シングルカットされた 「ソフト・アンド・ウェット」はR&Bチャートで12位まで上がっています。

ソフト・アンド・ウェット

Prince- Soft and Wet
このアルバムは、若き日のプリンスが当時足繁く通っていた地元ミネアポリスのクリス・ムーン・スタジオに於けるセッションで培われたアイデアやテクニックがベースとなっています。若くしてワーナーとの破格の契約を勝ち取り(経緯を話すと長くなるので割愛)若き天才いざ華麗なデビュー!…と本人が意気込みすぎてしまった為か、当初のレコーディング予算を大幅に超過してしまうなどの事態を招き、かえってアルバム全体の印象として肩に力が入り過ぎてしまい、真価を発揮しきれなかった…かのような印象も受けます。(これも若気の至りというのでしょうか)

全ての楽器をプレイし、全作詞作曲、及びセルフプロデュースをこなす…というプリンスの代名詞とも言えるこのフレーズが、既にこの時点からスタートしている辺りにプリンスの並々ならぬ自信と意欲が垣間見えます。

プリンスの栄光

1978年にデビューしてから1981年までのプリンスの作品はヒット・チャートを賑わすことはありませんでしたが、今聞いても素晴らしい曲がいくつもあります。

しかし、プリンスを語るのであれば、やはりバックバンドをザ・レヴォリューションを組んでから、つまり1982年からということになるかと思います。

プリンスは、1982年に2枚組アルバム「1999 」をリリースし、大ブレイクします。
1999

1999

原題: 1999
発売日: 1982年10月27日
レーベル: Warner Bros. Records
タイトルの1999はプリンスの描いた世紀末。現実をノストラダムスのように予言して的中させたもの。MTVアワードから出演依頼を受け、断ったことも有名。
一曲目の1999からLittle Red Corvetteへ続き、後は殿下の思うまま、最後まで聞かされてしまう。
収録されている曲は全て素晴らしい。RockなものFuncなもの、そしてSlow Ballad。何一つ文句の付けようがない完璧なアルバム。

1999

Prince 1999
そして翌1984年プリンス最大のヒットアルバム「パープル・レイン 」が発表されます。発表初週だけで100万枚を売り上げたこのアルバムは、全米で1300万枚、全世界で1500万枚にも達しました。
アルバムは全米1位、シングルカットされた 「When Doves Cry(1位)」、「Let's Go Crazy(1位)」、「 Purple Rain(2位)」、「I Would Die 4 U(8位)」、「Take Me With U(25位)」の5曲も軒並み大ヒットしています。
パープル・レイン

パープル・レイン

原題: Purple Rain [A]
発売日: 1984年6月25日
レーベル: Warner Bros. Records
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『あいのり』が地上波にベッキーと共に戻ってくる!1月12日(金)からラブワゴン出発進行~!

『あいのり』が地上波にベッキーと共に戻ってくる!1月12日(金)からラブワゴン出発進行~!

2018年1月12日(金)24時55分より『恋愛観察バラエティー あいのり』の最新シリーズ『あいのり:Asian Journey』が地上波で放送される。90年代後半から放送され、視聴率20%を超えたドキュメンタルバラエティー番組が復活する。
プリンスが手掛けた外仕事を振り返る!

プリンスが手掛けた外仕事を振り返る!

プリンスの突然の訃報に驚かされてから、早一年。色々な楽器を変幻自在に演奏するマルチ・ミュージシャンであり、緻密なスタジオ・ワークから、華やかなライヴ・パフォーマンスまで、まさに天才と呼ぶのにふさわしい活躍を見せてくれた殿下。その音楽性はジャンル横断的に幅広く、遂には自身の作品だけでは飽き足らず、他アーティストへの楽曲提供やプロデュース、変名サイド・プロジェクトなども数多く手掛けていたことで知られていますね。また、殿下が作り上げた魅力的な楽曲は、様々なアーティストたちによってカバーされることも多かったのです。今回は、そんなプリンスが残してくれた他アーティスト作品の数々を振り返ってみたいと思います。
Gaffa | 3,430 view
「あいのり」が配信番組で年内に復活!ラブワゴンのメンバー募集がスタート!!

「あいのり」が配信番組で年内に復活!ラブワゴンのメンバー募集がスタート!!

フジテレビで1999年10月から2009年3月まで放送された人気番組『恋愛観察バラエティーあいのり』が、「FOD(フジテレビオンデマンド)」と「Netflix(ネットフリックス)」で、配信番組「あいのり REBOOT」(仮)として復活することがわかった。
red | 1,011 view
1999年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!(後編)

1999年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!(後編)

1999年に解散した日本の芸能グループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは始めて解散を発表した年を記しています。今回解散したグループが多い為前編と後編の2回に分けました。
ギャング | 5,602 view
こんなの覚えてる!?『イヤーキャンドル』耳掃除してると思っていたら!!

こんなの覚えてる!?『イヤーキャンドル』耳掃除してると思っていたら!!

今から20年以上前に流行った?チョットしたブームになったイヤーキャンドル(Ear Candle )。耳の穴にロウソクみたいな物を刺して燃やすと耳垢掃除が出来るという物でした。
ギャング | 4,354 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト